単語記事: SecondLife

編集

SecondLifeとは、リンデンラボ社が運営するメタバース(仮想世界)である。ユーザーは略してSLと呼ぶことが多い。

特徴

3DCGによる商用メタバース(仮想世界)である。

ゲーム内には、友達同士が集まって会話できるカフェ、多くの人がダンスし、DJ音楽を流すクラブミュージシャンストリーミングオーディオによって行うライブコンサート、土地を持っていなくてももの作りができるサンドボックス(砂場)など、様々な活動のための場所が存在する。特にチャット趣味を実現する場として利用するユーザーが多い。フリー商品も多く出回っており、日本人ユーザーは一切をかけずに利用する人も多い。

他のユーザーとのコミュニケーション方法は普通文字チャットと、Skypeのようにマイクを用いたボイスチャットがある。また、文字チャットは内容を即座に別言に変換する翻訳アイテムもあり、他言ユーザーともある程度チャットできる。

セカンドライフはほとんどのオブジェクトユーザーによって作られており、著作権も作ったユーザーに帰属する。オブジェクトとは、乗り物などの3Dオブジェクトや、テクスチャ、サウンド等のあらゆる物をす。LSLという、Javaに近いスクリプト言語オブジェクトを制御することもできる。

概要

SF小説「スノウ・クラッシュ」を参考にリアルネットワークスの元CEOフィリップローズデルが考案したサービスである。旧・リンデンワールド

2013年6月20日現在、全世界で約3600万アカウントが登録されており、そのうちアクティブユーザー数は約100万人。日本では2~3万人がアクティブプレイしている。※1

見たゲームっぽい一方、非常に自由度が高いため、ゲームであるという意見とゲームではないという意見が存在する。実際は公式サイトでは「Free 3D Virtual world」としている。

ものづくりはセカンドライフ制作ツールだけでも作れるので、簡単なものなら作った経験のあるユーザーが多い。作ったものは配布、販売、あるいは他人の製作物を貰う、購入することも可である。
ゲーム内通貨であるリンデンドル(L$)※2は、270L$≒1ドルに相当し、いつでもリアルマネーとゲーム内通貨の交換が出来る。ユーザーはこの通貨を使ってゲーム内での取引、商行為を行う事も出来る。

世界SIM※3と呼ばれる256m四方の土地単位で区切られている。多くのSIMがつながったメインランドと呼ばれるリンデンラボが運営する大陸と、単体か関連SIMのみで構成されるプライベートSIMとがある。総面積東京都と同じくらいである。

SIM丸ごとや小さな土地まで様々なタイプの土地が存在し、借りることもできる。これらはイベントやカフェやショッピングモール作り等、法令および規約の範囲内で自由に行うことができる。


※1:一人で複数のアカウントを取得できる点に注意

※2:規約上はトーク

※3:Simulatorの略、Webサービス等で使われているサーバー上を3DCGシミュレーションソフトが稼働している。このサーバーユーザーリンデンラボ社から借りるホスティングサービスとの一面もある

国内のブームと変遷

セカンドライフ日本ではオワコンと言われている。しかし世界視点で見れば、10年続く、現在100万人のアクティブユーザーがいるそれなりの規模のゲームである。日本ではセカンドライフネットビジネスの場としてのみ報道し続けた偏りが、日本国内のセカンドライフブームとその後の衰退を招いた。

セカンドライフRMTリアルマネートレード)ができるので、2006年11月にはSL内の土地取引で100万ドルの財産を築いた人が現れ、全世界で知られることになった。日本企業も話題性による広告効果を狙い次々とSIMを作り、稼ごうと新規登録したユーザー、物見遊山に登録したユーザーが増加し、ブームは加熱した。

しかし、ハコモノを作っても広告効果が薄いと知った日本企業2008年以降軒並み撤退し、流行好きのユーザーも次々やめていった。英語が苦手なユーザーチャットもままならず、当時はすりんくなどの日本人運営施設検索サイトもなかったため、少し世界を歩き回り「外国人しかいなくてわけわからない、つまらん」と評価し、々にやめていった。つまり、セカンドライフネットビジネスとして盛り上げ、冷めてオワコンと評価したのである。

一方、海外では、今も変わらず多くのコミュニティが活動を続けている。また、日本人英語が苦手な人でも、日本語圏のコミュニティを見つけた人の多くは、今もセカンドライフに定着している。セカンドライフネットビジネスとして利用する人は2007年2013年の今もごく少数のみで、多くの人は趣味でつながるコミュニケーションツールとして利用している。

なお、現在セカンドライフがどうなっているか知りたい場合は、最近の改善点をまとめた動画YouTube公式アップされているので、これが分かりやすい。

セカンドライフの始め方

1.情報収集にはソラマメが中心である。メタバース専門(実質ほぼセカンドライフ)のブログサイトで、日本人ユーザーの多くがここを利用しているが、近年はGoogle+日本人コミュニティができつつあり、情報の再共有をしている。

2.セカンドライフ日本語公式ページから登録できる。16才以上でメールアドレスを持っていればOK。登録後ビューワをDLインストールしてログインできる。16~17才マナー重視のエリアのみ行け、18才以上はどのエリアにもアクセスできる。

3.日本人がいる場所はすりんく検索できる。

テクノロジー

技術面では3DCGクロノスグループ策定のopenGL物理演算マイクロソフト下のHavokを利用している。2007年にはWindward Mark Interactive社WindLightを買収して導入したことによりリアルを再現に成功している。

2013年に画像処理を新設サーバーで行うクラウドゲーミング技術に対応し非マシン、たとえばタブレットなどモバイル機器でも快適にプレイできる途が立った。それを利用して2014年にonLiveが「SLGo」を有償にてサービス開始したもののソニーによる知的財産権の買収があり2015年4月サービスが終了した。2016年現在リンデンラボも含め同等のサービス提供の動きはない。

多様なデバイスでプレイ

セカンドライフ公式ビューワの他に、様々なサードパーティ製ビューワが作られている。PC用ビューワではFirestormアンドロイド用ビューワではLumiyaが有名である。そーなのかー

また、ヘッドマウントディスプレイOculus Riftに対応したサードパーティ製ビューワもあり、SLプレイできるデバイスは多様化している。

2007年当時は「セカンドライフハイスペックPCが必要」といわれていたが、現在サーバーが安定し、ユーザーPCハイスペックになってきたため善されている。執筆者の経験上、4GBメモリCPUCeleron G530でも楽に動作する。

OpenSimについて

近年、有志がセカンドライフの技術をハックし、OpenSimulatorという、メタバースオープン技術の開発を進めている。ソースコードここからDLでき、Linuxサーバの知識があれば、個人でもサーバを立てメタバースを作ることができる。海外では既に企業や団体、学校などが様々な用途でこれを利用し、セカンドライフ生系ともいえるメタバースを構築している。

OpenSimを利用したメタバースとして、でも自由に参加できるパブリックグリッドではOSgrid企業運営している商用グリッドではInWorldzが最大規模である。しかしアクティブユーザー数は2013年8月現在OSgrid3773人、InWorldzが6894人であり、100万人のアクティブユーザーがいるセカンドライフべて、まだ明期にある。

OpenSimに関する詳しい情報は、Hypergrid Businessなどの海外サイトで知ることができる。

新プラットフォーム

2016年現在リンデンラボにて新プラットフォーム「Sansar(サンサール)」の開発が続いている。ユーザー間では通称SecondLife2またはSL2と呼ばれいる。ただし現在のプラットフォームとの互換性はないとしている。

関連動画

ニコニコ提供しているサービスのうちニコニコ動画およびニコニコ生放送との親和性が高く、それらと上手に組み合わせることでマシニマゲーム内を撮影編集した動画作品)、ミュージックビデオダンス動画実況動画の作成、音楽活動、ストリーミング配信ができる。

ミュージックビデオの作例

モーションも扱うことができ、MikuMikuDanceのような動画の作成も可である。→SLダンス動画を参照。

セカンドライフ内で音楽活動、コンテンツ構築を行うChouchouライブ映像など

 

関連コミュニティ

 

関連商品

サービス考案のきっかけになったSF小説「スノウ・クラッシュ

原題「The Making of Second Life」。大げさなビジネスの話はく、リンデンラボ試行錯誤の歴史など。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/secondlife
ページ番号: 3839327 リビジョン番号: 2449725
読み:セカンドライフ
初版作成日: 09/06/28 13:56 ◆ 最終更新日: 17/01/17 22:15
編集内容についての説明/コメント: 公式サイトに合わせてゲームとの文言を削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SecondLifeについて語るスレ

27 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 10:57:10 ID: Q5Kjd+nqIa
セカンドライフ内の不動産売買で生計を立てるって言ってた人と今のユーチューバーが被るんだよなあ
28 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 14:18:07 ID: QTXSk2/kUL
数年前にNHKに出演した人がラジオに出演してたけど
札束取り出すシーンヤラセだって暴露してた
29 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 19:03:06 ID: kGDrBaylVt
仮想間で生き延びる「1920年代のベルリン」 | AUTOMATON
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/the-1920s-berlin-project-in-second-life/
30 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 16:46:17 ID: jjfuETbBOR
このクソゲーまだ存続してるのを動画で知った
31 : ななしのよっしん :2017/02/27(月) 11:59:41 ID: 5G6LYGnwwU
関連項にしれっとmeet-meが入っててワロタ
32 : ななしのよっしん :2017/03/13(月) 11:08:21 ID: YwBifGXN28
もうケモナー以外残ってない印
33 : ななしのよっしん :2017/03/21(火) 12:08:03 ID: xnH9d0u9+/
>>31
まあ同じメタバースとして、つうか出た頃は日本SecondLifeみたいにニュースになってたからね
淫夢系動画が上がって結構伸びてるってのはmeet-meの状況を見ればそうもなるか
34 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 10:55:26 ID: LD97cjRSJO
あらゆるネットゲーム移民を建設する淫夢民ユダヤ人中国人か何か?
35 : ななしのよっしん :2017/03/26(日) 02:13:27 ID: xnH9d0u9+/
イノリティ?が思い思いのコミュニティを形作る。SecondLifeらしい使い方かもしれない…
36 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 03:09:00 ID: xnH9d0u9+/
>>32
ケモナーネタとかあるけどSecondLifeであればどのレベルでも妥協することなく全開に出来るし、なるほどケモナー向きなのかもな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015