単語記事: Shadowverse

編集

Shadowverse』は、Cygamesより配信されているデジタルTCGアプリである。
公式放送などでの略称は「シャドバス」が用いられるが、一般的には「シャドバ」の略称が多く用いられている。

概要

「災いの

突如として現れたの物体を人々はそう呼んだ

それは、救いの

それは、終焉を導く

それは、新しい世界への

世界を覆うの陰が人の心に影を生む

世界が闇で満ちたとき

虚無への門が開かれる


———ゲーム公式サイト Introduction より

Shadowverse
ジャンル 本格スマホカードバトル
提供 / 開発 Cygames
イラストレーター 麻呂 / 香川太郎
音楽 池頼広
価格 基本無料アイテム課金制)
必須環境 iOS 8.0以降 / Android 4.1以降
配信開始日 2016年6月17日

ダークファンタジー世界プレイヤーの分身であるリーダー同士、あるいはそれに扮した影と呼ばれる何者かとの戦いをカードゲームで表現した、本格カードバトルゲームスマートフォン版から配信が始まり、現在PC版(DMMSteam)も配信されている。

神撃のバハムート世界観を元にしており、カードイラストも同じものが使用されている。[1]リーダーメインストーリーを進めて戦闘を重ねるごとにその明らかになっていく。「Shadowverse」は、直訳すると「影の篇」。

2016年1月より、かなしぃ優木かな)、かおるん佐倉薫)、ずっち(石上静香)がMCを担当する『動く』ラジオ番組が、公式ニコニコチャンネルより動画として定期的に配信されている。

ゲームシステム

PvPの対戦ゲームであり、ランクを賭けて戦うランクマッチで勝利し、ランクを上げることが一つの標ではあるが、ソロプレイとしても上述のメインストーリーのほか、CPUと戦うプラクティスモード、特殊ルールで戦うアリーナが用意されている。

ニコニコ生放送で配信する機が搭載されており、簡単に配信ができることも大きな特徴である。

カード

カードにはキャラクターである「フォロワー」のほかに、場に設置する「アミュレット」、そして呪文である「スペル」といった種類があり、「PP」と呼ばれるコストを支払うことでプレイする。レアリティは「レジェンド」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の4種類で、それぞれの色が異なる。

カードデッキは「エルフ」「ロイヤル」「ウイッチ」「ドラゴン」「ネクロマンサー」「ヴァンパイア」「ビショップ」の7つのクラスから選び、それぞれに対応したカードから40枚で構築する。

上記7クラスとは別に「ニュートラル」のカードも存在する。これはどのクラスを選択していても使える汎用カードである。

全てのカードには、イラスト部分がホロ仕様になり躍動している「プレミアムカードバージョンが存在する。
カードの性としては通常バージョンと一切変わらないが、デッキプレミアムカードで埋める事が出来た場合はかなり

リーブを使うことでカードの裏面を自分好みに変えることが可カード輸入元の『神撃のバハムート』のスリーブや同じCygames製の『グランブルーファンタジー』のイラストのスリーブもある。(また、グランブルーファンタジーに登場したキャラグラブルと同じ声優が担当している)

カードの入手方法

メインストーリークリアする
キャラに個別に用意されたメインストーリークリアすることで手に入る。
初期からあるデッキ(デフォルトデッキ)とこの方法で手に入るカードは「プライズカード」と呼ばれ、パックから入手できる通常のカードとは区別されている。必ず3枚で1デッキに使える分がセットで手に入るが、エーテル分解する事ができず、通常のパックから出てくる事もない。プライズカードにもプレミアムカードバージョンは存在するが、やはりパックからの入手ではなく、アチーブメントの報酬としてのみ手に入る。
カードパックを購入する
課金アイテムであるクリスタル、もしくはゲーム内通貨であるルピーを使って購入する。パックの単価はいずれも100だが、クリスタルに限り毎日1パックだけ半額で購入できる。1パック8枚入りで、必ず1枚はシルバー以上のカードが封入されている。クリスタルで回す場合のガチャ単価はRM換算で200円前後。排出確率レジェンド:ゴールド:シルバー:ブロンズが、それぞれ1.5%:6%:12.5%:80%
カードを生成する
入手したカード分解することで取得できる「レッドエーテル」を用いて入手状態に関わらず好きなカードを作ることができる。そのため、特定クラスのみを使用するといったスタイルを取るのであれば他クラスカードすべてを分解することで、課金額などを抑えてデッキを構築することも可である。
分解で得られるエーテル、および生成に必要なエーテルレアリティによってのみ決まり、例えば同じレジェンドであればどのカードを生成するのでも3500エーテルで固定。またプレミアムカードを生成する事はできないが、プレミアムカード分解する事は(プライズカードでなければ)できる。プレミアムカード分解した場合、同じカードでも通常バージョンより2.5倍前後エーテルを多く得られる。

クラス

エルフElf / アリサArisa - CV:優木かな
妖精、そして幻獣カードを扱うクラスで、リーダー番をエルフ少女。貧弱だが低コストなフォロワー「フェアリー」を入手する効果や手札回収効果によってフォロワーを「回して」攻めるのが特徴。ターン中、3枚以降にプレイすることで効果を発揮するカードや、このカードプレイされるまでにプレイされたカード枚数に応じて強化されるフォロワーや効果を発揮するアミュレットが存在する。単体のカードパワーよりもコンボで攻めるテクニカルな立ち回りが要される。
ロイヤルRoyal / エリカErika - CV:石上静香
騎士団・軍隊をモチーフにしたクラスで、リーダーアレスター王に仕える武闘メイド兵士による場の展開指揮官による強化で相手をガンガン攻めるのが特徴。ゲーム開始時、最も安いコストで下位ランク一線級のデッキが組めるため課金プレイヤー向けではあるが、より強いデッキを組みたい場合は複数のレジェンドゴールドカードを要される。速攻や中盤など複数のがあるが、どの構築でも基本的に扱いやすく、初心者にもお勧めのクラス
ウィッチWitch / イザベルIsabelle - CV:佐倉薫
魔術師らしくスペルの扱いに長けたクラスで、リーダーは禁忌の死者蘇生す宮廷魔術師女性。盤面をコントロールするカードが豊富で、更にスペルを使用するたびに手札で強化される「スペルブースト」、それ自体には何の効果もない「土の印」アミュレットを設置しそれを消費することで強な効果を生む「土の秘術」が特徴。スペルブーストの追加ターン取得スペルずっと俺のターン!することも可スペルの使用タイミングなど、上級者向け要素はあるが使いこなせれば強クラス
ドラゴンDragon / ローウェンRowen - CV:杉田智和
ドラゴンモチーフにしたクラスで、リーダー行方不明になっていた元騎士団長カードを使うためのPPを増加させて、相手よりもく高コスト帯のカードを使用できる、いわゆるランプ戦術が最大の特徴。相手フォロワーにダメージを与えたり、手札を捨てるのと引き換えに強な効果を発動させるなど攻撃寄りのカードが多い。さらにPPが7に到達すると「覚醒」状態となり、様々なフォロワーが強を使えるようになる。覚醒をどの程度活用するにしても高コスト帯に到達しないことには始まらないので、限られたPP上昇効果を持つカードを有効利用しよう。
ネクロマンサーNecromancer / ルナLuna - CV:小倉唯
ゾンビ幽霊などの死霊をモチーフにしたクラスで、リーダー幽霊屋敷に暮らしていた少女墓地をリソースとして強な効果を発揮する「ネクロマンス」を持つスペルと破壊時に効果を発揮する「ラストワード」を持つフォロワーが多く、それらが相互に作用し合っている関係で非常に高い対応を持つ。反面、カード単体の性は一部を除いて落ち着いているため、他のクラスべて単体でゲームを動かすほど突出したパワーカードがない。ロイヤルとは違う形だが分かりやすい展開があるので、こちらも初心者と小さい女の子が好きな人に向いている。
ヴァンパイアVampire / ユリアUrias - CV:諏訪部順一
悪魔と不死者だがネクロマンサーべるとのある吸血鬼モチーフクラスで、リーダーは長年封じられていた最後のヴァンパイア。攻撃時に与えたダメージリーダーの体を回復させるドレインを持つフォロワーと、リーダーの体を代償に強な効果を発揮するスペルやアミュレットを持つ。リーダーの体が10以下で発動する「復讐」状態になるとフォロワーが大幅に強化され、その多くがドレインや必殺、疾走などを得るため非常に攻撃的になる。非常に上級者向けだが、一度ペースを握ってしまえば相手ターン中はライフを安全圏に、自ターン中は「復讐」状態で苛に攻めるというループが成立し、勝ちを磐石にできるほどの制圧をもつ。
ショップBishop / イリスEris - CV:井上喜久子
教会や職者をモチーフにしたクラスで、リーダーは町外れの大聖堂で祭を務めている女性ターン経過で発動する「カウントダウン」付きのアミュレットから出現するコストパフォーマンスの高いフォロワーと攻撃対を制限する守護、体回復が大きな特徴。カウントダウンアミュレットは時間差がつくため使いづらいと思われるだろうが、このカウントを消費させるを持つフォロワーや直接破壊するフォロワーなどを絡めることで緩和できる。また、破壊時の効果を発動させずに取り除ける「消滅」効果を豊富に持つこともビショップの特徴で、墓地にも行かないのでネクロマンサーに代表される墓地利用にやや強い。なお、カウントダウンアミュレットの効果は破壊されると発生するラストワードなので、アミュレットの破壊で効果の阻止はできない。

他のゲームとの関係性

神撃のバハムート
同じCygames製のゲームで前述の通りシャドウバースカードは全て神撃のバハムートからの輸入。
カードが召喚される際の台詞は全て神撃のバハムート時のカード台詞かそのキャラクターストーリーに沿ったものとなっている。
例えばエルフ少女・リザの召喚時の台詞の『あの人』とは元になったカードリンクゲイン・リザ」の説明を見ると神撃のバハムート主人公である騎士のことであるとわかる。
また同ゲームではキャラクター達が活躍するシナリオが毎開催されており、過去イベントは全て神撃のバハムート内で観ることができるのでキャラクター着が湧いた人はプレイすることをオススメする。
ゲーム内では他にもカードリーブリーダーキンといった形で登場している。
グランブルーファンタジー
同じくCygames製のゲームCygamesゲームにはスターシステムといった形でキャラデザインそのままで他のゲームキャラクターが登場することがあるのでグラブルで見たことあるキャラクターボスシャドウバースにも登場している、と思った人も多いかもしれない。
ただしシャドウバースはあくまで神撃のバハムートを元にしていてグラブル自体とは繋がりがなく、パーシヴァルジークフリートといったキャラもこちらでは単なる同名の別人。
こちらは基本フルボイスヴァンピィフォルテといった人気キャラクターも輸入されているため興味を持った人はこっちもやってみるのもいいだろう。
ゲーム内ではカードリーブデザインとしてのみ登場しているがリーダーキンの項がわざわざタイトル別で分けられているためグラブルキン実装される可性は十分にある。
2017年2月には相互コラボという形でグランブルーファンタジー内に本作の要素が登場する。その時の中身から、本作とグランブルーファンタジー全に別世界のお話であるということが明確になった。コラボではアリサルナの両名がキャラクターとして仲間になり、ベルエンジェル白銀の矢が報酬として入手可。また、ストーリーではモルディカイが登場し、ボスキャラクターとして立ちはだかる。加えてコラボ開始に併せ、元々グランブルーファンタジーに登場していたクレイゴーレムSR召喚石として実装された。
本作側では「グランブルーファンタジー版」の各キャラクターカード)のエンブレムやスリーブが期間限定のログインボーナスや報酬として実装される。

関連動画

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

ニコニコ大百科に記事があるカード

脚注

  1. *ファミ通AppアンドロイドNo.27より
    - 『神撃のバハムート』の世界観を元にしたTCGというのは、企画当初から決まっていたのでしょうか?
    木村「そうですね。『神撃のバハムート』でこういったカードゲームやってみたいといったが前々から聞こえていたので、ならそれでいってみようと。」

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/shadowverse
ページ番号: 5428518 リビジョン番号: 2502656
読み:シャドウバース
初版作成日: 16/06/26 20:58 ◆ 最終更新日: 17/06/26 20:46
編集内容についての説明/コメント: カード1件・関連項目2件追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

elf

Shadowverseについて語るスレ

4542 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 23:06:40 ID: Mk2zNX/Fpp
まぁ文句言うのもちゃんとナーフ来てからだな、霊気ガチャみたいな悲劇が来ない事を祈るよ…
4543 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 23:20:25 ID: e6AxB8TiKD
>>4537
PPブーストはそのターンの行動をほぼ破棄する代わりに次のターン以降は相手よりも強い動きが出来るようになるのがメリットなのに回復、高いスタッツ(しかも進化システムのおかげで盤面もある程度取れる)を場に置きながら更に次のターン以降は相手より1PP分強い動きが出来るのはおかしいだろ!

でも一番悪いのはドラゴンPPブーストさせてくれなくて巫女が追加される原因となったROB環境だわ(白目
しかも>>4537の言う通りなんか巫女を取れるカード増えてるし今のシャドウバース的には巫女は適正カードだな
4544 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 01:06:30 ID: To3FCR2kwJ
巫女構築デッキ来たからサイゲが「絶対環境善しない」ということがわかった。
あれだけ騒がれてた巫女なのに構築デッキ作るほど運営環境読めてないし、
よくよく見るとウロボロスも入ってるっていうね。

とあるサイゲにシャドバぬっころされた動画で言ってた
アリスと倉木を修正しても前環境悪が悪さするってこういうことなんだなって。
売り出す予定の構築デッキナーフなんかしたら売れなくなるからするわけないしな…
4545 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 01:32:09 ID: sc8wuSP+9d
もうスタン落ちしよ?
ゼロからすべてをやり直す
4546 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 01:55:59 ID: QcoAu7jQ4b
舞踏の存在と呼びインペリアルなんてゴミレジェ連発したのが悪いわ
4547 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 03:19:38 ID: 870XLRNmmz
舞踏自体は一応エクスキューションの相互互換(アミュ破壊できない代わりバーン効果)だから、
当時の採用率はともかくとして、なぜ作られたのかは理解できるが、
呼びとインペリアルに擁護不要な性だったよな。
てか、エボルヴのレジェンドが全体的にパワー不足なのもある。
当時の環境だとティアセラフオリヴィエ。次点でメアリーくらいしかレジェ相当のパワーあるのなかった。
オデンは後に復権したけど、ティアオリヴィエはもう今では不足だし、
メアリーもそれするよりダメージ稼ぐ手段が増えすぎたし。
セラフも最近の大会に入賞するまではイージスおk言われるくらい見かけなかった)
4548 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 07:14:49 ID: pyQZ8U5dex
そりゃ小学生が考えるようなカード出しまくって、調整やテストプレイもしてないんじゃれるのは当然
のなる木を々に折るなんて、こいつら子供かってレベル

カードは他DCGパクッたりコンボ重視でカードデザインしたり、テストプレイ募で人集めて1ヶくらいやらせたり、他DCGみたいにナーフを頻繁に行えばそうそう人が減ることはかっただろうに

最初はHSのカードをパクったのに何で運営方法やカードの調整なんかもパクらかったのか、もはや意味不明
4549 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 12:58:02 ID: JNQaqOyd/J
コンボ重視でカードデザインしてもデザイナーコンボつまんねって言われるし
上手くやらないと今のじゃないほどに環境が偏るぞ
遊戯王が通った
4550 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 13:03:30 ID: Mk2zNX/Fpp
ガチデザイナーデッキほんとこれ以上にワンパだからな…
4551 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 13:22:03 ID: SYyvLLa1FX
他のには気休めだろうが通る前に止める手段は用意されてるけどこれは棒立ちしかないから較にならんと思うが
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829