単語記事: SJ30

編集

SJ30とは、2代目スズキ・ジムニーの形式の一つである。通称「サンマル」

概要

2代目ジムニーには年代順にSJ30JA71JA11・JA12・JA22と5つの形式があるが、その中でも日本で最後の2サイクルの4輪自動車と言う事で高い人気を誇るのがSJ30である。

1981年に登場し、それまでの男性的なデザインから、直線基調のデザインで幅広い人気を博した。エンジンキャリイにも搭載された、先代からのキャリーオーバーのLJ50である。この当時はすでに淘汰されつつあった2サイクルエンジンであるが低回転域でのりに定評があった為、敢えて2サイクルエンジンを搭載した。

キャッチコピーは「Tough&Neat」である。決して「頑丈でニート」という意味ではなく「頑丈でこぎれいな」という意味である。

登場当初は5グレード用意され、数度のマイナーチェンジの末、1987年JA71全移行されて生産中止となった。

なおJA71登場当初は出特性から保険の意味合いで引き続きラインナップされていた。

2サイクル継続の背景

SJ30が登場した1981年当時、軽自動車で2サイクルなのはスズキダイハツだけであった。但し、ダイハツの場合は軽免許対策の名継続生産されていたにすぎず、360ccの旧規格であった。実際、同年度内にはモデル止となっているので、新規格の550ccに対応した2サイクル事実スズキだけであった。

元々、GTシリーズハスラーシリーズに代表されるように2サイクルメインに据えたメーカーであり、4輪でもそれに変わりはなかった。しかし、排ガス規制によって4サイクル転換待ったなしであった。しかし、スズキは4サイクルのノウハウに乏しく、一時フロンテにライバルダイハツの4サイクルエンジンを搭載すると言う屈辱を味わったのだが、それを乗り越えて自社開発のFエンジンを作り上げた。

しかし、完成した4サイクルのFは低速のりが2サイクルべても不足しており、オフロードで走らせるにはまだまだ熟成不足であった。一方、排ガス規制は貨物登録の4ナンバーの場合は緩かったのでジムニーには引き続き2サイクルでも問題ないと判断した。実際4ナンバー登録のアルトジムニーキャリイは登場の段階では2サイクルのみであった。ちなみに5ナンバーフロンテにも2サイクルは存在した。5ナンバーはより厳しい基準になるにもかかわらず、排ガス対策が施されており、2サイクル大家であるスズキの面躍如であった。

2つの2サイクルエンジン

ジムニーに搭載されるエンジンはLJ50と名乗っており、1987年の生産中止まで搭載されていた。このエンジンキャリイフロントハッチ(フロンテの商用バンモデル。設計が異なり、こちらはFR)にも搭載されており、キャリイもまた1986年までラインナップされるなどスズキの2サイクルエンジンの礎を担ってきた。原冷2気筒360ccの実用エンジンであるFB型であり、冷化したL50、そこに550cc化に伴い1気筒追加してLJ50という進化の系統をたどってきた。実用エンジンベースなので走りの良さやフィーリングよりもむしろ低速からのり強さが身上であった。搭載されてた種が種なので、FR用であった。キャリイに搭載されていたこともあり、流用も非常に容易であった。

一方、同じく2サイクルエンジンであったT5というエンジンがあった。「2サイクル550cc・3気筒」と言う共通項があり、設計も共通している部分があるが、大きな違いは駆動方式に起因するクランクケース周りの設計である。当時、であったセルボやフロンテはRRであり、ギアケースエンジン部分にほぼ一体となるように設計されていた。これらRR用の車両に搭載されたエンジンT5A型と名乗っている。そののちに登場したFFアルトT5B型を名乗っている。T5の祖は360冷3気筒のLC10であり、これを冷化したLC10W、排気量アップしたT4Aという進化の系統をたどった。なので共通部分は多くても、成り立ちは全く別物である。出特性も異なっており、パワーウォーズ時代を駆け巡った為にやや高回転域を得意とし、前述したとおりFFやRRに搭載されていたこともあり、T5クランクケースギア部分が一体となっているなど見方によってはまるっきり別物のエンジンともいえる。なのでそのまま互いのエンジンパーツを融通することは難しい。

人気の秘訣

既に生産中止より30年近くなり、同時期の多くのが既にスクラップになっており、部品供給も難しくなっている中でもで未だに第一線で走れるも多いSJ30ジムニー。何故ここまで人気があるのか?

元々、ライバル不在でその手の需要に大量に生産されていた事もあるが、2代目ジムニー自体が長いモデルライフであった為、部品の融通が割合に可であること、最後の2ストロークエンジン人気が集中している為、各々のショップが独自の商品を出してきた事があげられる。そしてその2ストロークエンジンも同じく当時大量生産していた軽トラックキャリイから移植が可であったことなどがあげられる。

また体も形式部分はシャーシ依存する為、ボコボコになって交換する事になっても余程の事がなければ特段の手続きも必要なく、2代目であれば割合容易にポン載せが可である。中にはマイティボーイアルトと言った種の体を載せる変態猛者もいる。この他、オーバードライブなしの4速が基本のSJ30高速道路ではキープレフトを強いられたり、ピストン焼き付きの恐怖との戦いであるが、5速に換装すればキープレフトは変わらなくても、エンジンにかかる負担は格段に小さくなる。

こうしてまだまだ多くのSJ30が生きながらえている格好となる。何が言いたいかと言うとJA71犠牲になったのだ

グレード

とバンの2種類が存在し、の範囲によって3種類、バンは装備の内容によって2種類が用意された。ジムニーは形式記号SJ30」とは別に機種記号として「○○-○1」が存在し、マイナーチェンジごとに1つづつ加算されていく。以降、この機種記号を併記する。SJ30は5まで存在した。

なお、検証の表記はは「ボンネット」、バンは「バン」と表記される。

1のみに存在したで、通称は「キャンバスドア」である。ドアを含めて屋根はすべてである。初代以来続いてきたオールであるが、ホロを外せば、700キロを切る軽量体に物を言わせ、4輪のTS250(ハスラー)にもなったであろう。

をとるとドアもなんもないので、ドアの部分にはシートベルトに似た格好の仕切りベルトがつけられた。

しかし、やはりドアでは心もとなかったのか、人気は出なかったと思われ、2以降には継承されなかった。

FK

1~4まで存在したであり、通称は「ハーフメタルドア」である。ドアは下半分はであるが、上半分はホロであり、前のウィンドウが可動式となっている。またBピラーも付いており、これはロールバー兼用となっている。F程でないにしろ、軽快さを肌で感じる事のできるグレードである。「宇宙刑事ギャバン」で一条が乗っていたのはこれの

FM→JM

最後まで存在したで通称は「フルメタドア」。ドアがサッシ付きであり、前のウィンドウは番こそ付いているものの、倒すとドアの部分のサッシが立ってしまう。2に移行した際にグレードがJMに変更された。

VA

1~4まで存在したバンで実用に絞って装備がされている。

VC→JC

のJMと共に最後まで存在したバンである。VAより装備を充実させて、プライベートにおける使用でも過不足はない。

宇宙刑事ギャバン

宇宙刑事ギャバン」でギャバンこと一条として登場。ハーフメタルドアであり、画面を所狭しと駆け巡るその姿に世の子供たちはサイバリアンやドルギランと同じように羨望のまなざしで見つめた事であろう。「ギャバン」と言うキーワードで通じる程である。劇中においてはジープと言われている。

なお、どういうわけかナンバー黄色の軽ではなく、普通車ナンバーとなっている。

あだ名

SJ30」の30から「サンマル」と言われる事が多いが、「局地戦闘機」と言うあだ名も存在する。

局地戦闘機」のあだ名は最新JB23であっても走破出来ない事もあるモーグルや岩場と言った極悪路をタコの如く吸いつくように走破する様を例えて名づけられているが、その一方でそれ以外のステージ、特に一般では交通の流れに乗るのがやっとであり、得意分野以外はてんでダメな様も合わせて例えている。

ニコニコ動画では…

ジムニー関係の動画は数多く存在するが、現行のJB23を別とすれば、同じく名JA11の20件に次いで多い。

2サイクルエンジンの4輪スズキ以外ではど2気筒であり、2サイクル3気筒エンジンスズキしか採用しておらず、往年の名ウォータバッファローことGT750やサンパチことGT380と同じ構成なのでエンジン音だけ聞けばそっくりな為、このタグが貼られる事がある。

また、セット鈴菌タグも貼られる事がある。より大が苦労する極悪路を難なく走破する変態的とも言える性を軽でやってのけてる事、2サイクル特有の煙かぐわしき排ガス二の3気筒が強ウィルスを発生させている。

関連動画

2サイクル3気筒の独特のエンジン

GT750。音を聴きべて頂きたい。

ディースワップの例

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/sj30
ページ番号: 4995112 リビジョン番号: 2462500
読み:エスジェーサンマル
初版作成日: 12/11/11 02:28 ◆ 最終更新日: 17/02/24 01:22
編集内容についての説明/コメント: エンジン関係加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SJ30について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/12/22(日) 21:08:32 ID: O8ynVI1ggO
>何が言いたいかと言うとJA71犠牲になったのだ

ちょっとワロタwwww
しかし、なかなかSJ30に対するが感じられるいい記事だな
2 : ななしのよっしん :2014/04/21(月) 21:00:21 ID: y6coKpijHp
記事の「タフ&ニート」は、ダイハツ・タフトじゃないか?
しかし、部品とりも含めたらサンマル5台買ってる(一般会員)としては、連コメしたくなる記事だ・・・記事立てマジTHX!
頼むから、みんなコメントしてくれ、な。
とりあえず、今からサンマル買う人に。
ブレーキフルードが不自然に減るのは、マスターシリンダークラックの可性が高い。まあ、鋳物だしな。
したがって、カップ交換とかの小手先修理のは避けるべし。
3 : ななしのよっしん :2014/05/02(金) 21:54:22 ID: kaCTOULvwG
LJ50エンジンに関しては、SJ10時代のシリンダーオイルがあるタイプ最強だと思う。
なにしろ焼きつかない。混合給油で使う場合を除いて、整形の正確さなど、アドバンテージは高い。
ただし、サンマルに乗せるためにはラジエターを前進させるか、クランクを交換する必要がある。
4 : ななしのよっしん :2015/01/12(月) 12:00:26 ID: kaCTOULvwG
記事の「宇宙刑事ギャバン」だが・・・
いま画像検索で確認したかぎりでは、SJ40だな。輸出用カルタスの1000CCエンジンで、ナンバーだ。オーバーフェンダーサイドステッカー、6本ホイールナット。
5 : ななしのよっしん :2015/03/03(火) 22:03:11 ID: KcBc/ed7e9
シャリバンシャイダーと勘違いしてない?
その二者だと確かにSJ40が使われてるけど
ギャバンジムニーでオバフェンもステッカー何も無いエンジンも間違いなくLJ50だよ
それなのにナンバーついてるから「おや?」という話
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829