単語記事: SNK

編集  

株式会社SNK (SNK CORPORATION) とは、日本ゲームメーカーである。

曖昧さ回避
  1. 株式会社エス・エヌ・ケイ旧SNK) - かつて存在した日本ゲーム会社。本項の体。詳細は個別記事を参照。
  2. 新日本空調株式会社 - 日本調機器メーカー。「snk.co.jp」のドメインは同社が保持している。

概要

倒産したエス・エヌ・ケイ知的財産権を一括譲渡された同社の後継会社。2001年8月に設立し、設立当初の社名は「株式会社プレイモア」であった。

後継ではあるが、元はエス・エヌ・ケイの系列会社で、且つエス・エヌ・ケイの直接出資により出来た経緯を持つため、SNKにとってエス・エヌ・ケイは前身ではなく体である。しかし、SNKプレイモア時代はエス・エヌ・ケイが前身であるとよく間違えられていた。なお、現在の社名になることが決定した際、公式においてはエス・エヌ・ケイを「前身」としている(※2016年11月1日付のニュースリリースより)。エス・エヌ・ケイ現在、区別のため「旧SNK」とも呼ばれている(以下よりエス・エヌ・ケイについては「旧SNK」の呼称で表記する)。

倒産直前に旧SNK子会社化したアルゼとは権利関係で何度も訴訟に発展したが、その全てで勝訴している。

当初は版権管理が専門の会社であり、開発は同じ系列会社の「株式会社ブレッツァソフト」、販売は「株式会社サンアミューズメント」が行う分立状態だった。更には財政基盤の弱さ故に、約2年間は韓国EOLITH Co., Ltd.(イオリス)やMEGA ENTERPRISE Co., Ltd.(メガエンタープライズ)が開発スポンサーになっていた。ザ・キング・オブ・ファイターズKOF2001とKOF2002イオリスロゴが、メタルスラッグ4メガエンタープライズロゴが、それぞれ表記されていたのはその為である。

2003年旧SNK創業者の川崎英吉に「SNK」を名乗ることが許可され、プレイモアは「株式会社SNKプレイモア」に、サンアミューズメントはブレッツァを吸収し「株式会社SNKネオジオ」にそれぞれ称した。翌年SNKプレイモアSNKネオジオを吸収し、単独でのゲーム開発・販売が再開された。

以降は格闘ゲーム製作を軸に、コンシューマゲームパチスロ携帯コンテンツ制作を行っていた。SNK人気キャラクターが登場するパチスロ携帯アプリは良く話題になった。あとどき魔女

パチスロは自社ブランドゲームを使ったものや、オリジナル萌えキャラを使った萌えスロを作ることが多い。自社ブランドゲームを使った機種だけでなく、パチスロオリジナルの機種も評価が高かった。

当時は旧作の焼き直しばかりと批判されることが多く、プレイモアを捩って焼き「芋屋」と蔑称された。毀誉褒貶はあれど旧SNKの流れをむ正統な後継ではあることは正しく認識すべきである。

2015年中国企業37Games37ゲームス)社が約80億円でSNKプレイモアを買収したことが明らかになった(※実際は37ゲームスが出資しているイギリス企業Ledo Millennium(レド・ミレミアム)社を通じた買収なので、現状はこのレド社の子会社である)。同時に、この時までSNKプレイモアの約8割を旧SNK創業者である川崎英吉夫妻が所有していたことが明らかになった(※参照記事)。この買収は、中国を始めとした旧SNK時代から続くSNKブランドアジア圏における人気が衰えていないことも背景にあると観られている。買収された後、ゲーム事業の強化を進める一方、遊技人口の減少と規制強化で業界の先行きが不透明であることを理由にパチスロ事業からの撤退を発表した。余談だが、SNKプレイモア時代のロゴにある"PLAYMORE"の「O」の部分はスロットゲームコインイメージして描かれている。

2016年4月には旧SNK時代のコーポレートロゴとコーポレートメッセージを復活させた(※2016年4月25日のニュースリリースより[PDFファイル])。これは「ゲームパチスロSNK」から転換し、原点に立ち返ってゲーム事業に専念するという対外的なメッセージを含む。

2016年12月1日には商号(社名)を株式会社SNKに変更した。名実共に「2代目SNKの誕生である。

2019年7月31日まで、ファンコミュニティ催するオフライン大会をSNKサポートする「SNK e-Sportsサポートプログラム」が実施中。SNKがこれまでに発売した全ての格闘ゲームが対となる。要望を受け2年続けて期間を延長し、支援大会は2018年5月時点で250を数えている。

主な作品

パチスロ

関連動画

関連商品


 

関連コミュニティ 

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/snk
ページ番号: 4259832 リビジョン番号: 2588847
読み:エスエヌケイ
初版作成日: 10/01/15 10:00 ◆ 最終更新日: 18/05/12 21:38
編集内容についての説明/コメント: eサポ期間延長とタイトル追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SNKについて語るスレ

385 : ななしのよっしん :2017/09/02(土) 10:14:00 ID: Sl3eOOHHDd
どき魔女VRに決まってんだろ
386 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 14:26:12 ID: mbcWbZb6Yr
技術も人員も足りない状態で理してkofみたいな多人数格ゲー作るより
中規模で虎餓サムスピあたりの続編、リメイクを丁寧に作って実績をまた重ねていってほしいな
387 : ななしのよっしん :2018/01/12(金) 15:32:39 ID: 03DnDgIvk0
>>383
その1本がSNKヒロインズ Tag Team Frenzy
KOFXIVの技術を活かして女子のみの格ゲー出してきたか…
388 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 22:17:44 ID: G9lzRUHUEi
XIIIUM』作ってくれないなぁ・・スマホKOFみてかあドットKOFの新作を見たくなった。それこそ最後のドットKOFとして。
389 : ななしのよっしん :2018/01/27(土) 04:30:19 ID: V7F2KP54ay
>>388
スマホゲーのパーツ動きでアニメーションしてないキャラ本家ドットKOF製作を同列にるなよ…
大体、15周年のロゴになってるのにKOF12にいなかったストーリーガッツリ絡んでるのにKOF13に出れないアーデルハイドとか見てると、消去法で選出するくらい製作期間も費用も甚大だったのが分かる。
ていうかKOF紅茶で見たけどKOF13リリースした頃に開発チームが速攻で解散した(調整版は所詮チームが居なくても出来る)。久木野昭は退社。山本メタスラに移った。ドッターまた集めるなんてことも二度といだろう。
390 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 03:52:41 ID: dNpfy/m3o+
韓国企業どき魔女に染まっておっぱいお尻パッドと連動したどき魔女VRを発表すると信じている
趣味が似通った韓国ならきっとあの作品の良さを理解するはず
391 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 07:15:44 ID: rtzGgq3R9/
キャラ流用させて格ゲー以外作った方がまだ売れるやろ
392 : ななしのよっしん :2018/04/19(木) 21:43:05 ID: 9ak7Gw2yhz
SNKが新ゲーム機を作るそうですぜ。
しかも過去ファンの待望する過去タイトルを収録したものだそうで、えぇ。
そうか、セガに続いて冒険したくなったなのかなら仕方ない。
393 : ななしのよっしん :2018/05/10(木) 15:53:46 ID: 9ak7Gw2yhz
ネオジオミニ正式発表されました。

ネオジオタイトル40本内蔵のコンパクトなアーケードゲーム筐体になっております。
394 : ななしのよっしん :2018/05/20(日) 02:23:31 ID: /tC/rRLbjl
なあ 
つべにある3Dアニメナンナンダ?(゜Ο゜)?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829