単語記事: Stig

編集

The Stigとは、BBC自動車番組TopGearに登場する多き備品である。

噂では、ここで彼の概要について述べるとか

The Stig

StigTopGear専属のテストドライバーで、同番組内でレビューしたを特製サーキットで走らせるのが仕事である。

その独特の存在感から英国はもとより、ヨーロッパ全土、はては日本の一部のネット住民から絶大な人気を誇る。

ドライバーとしての実は圧倒的で、全く狂いのない走行ライン、一の隙もないハンドリング、正確アクセルワークと、F1ドライバー較しても互に渡り合えるマスタークラスドライバーとのこと。

名人タイムアタックでは、一般部門最速に大差をつけ圧倒。
1:44.4秒という初代タイムは、F1ドライバーべても最速クラス。S17現在でも、これより速いのはルーベンス・バリチェロセバスチャン・ベッテルだけである。

また24時間耐久レースでは、数段劣るマシンを駆ってファテストラップを記録したり、

F1イギリスGPのイベントで現役最強ドライバー

「あれは相当な腕だ、F1に何らかの形で関わったドライバーに違いない」

と言わせるなど、とても人間とは思えない。

  • 容姿

のレーシングスーツを着せ、ヘルメットシンプソン Diamondback)を被せ、堂々と腕を組めば完成

ドライビング中は当然のこと、それ以外の時でもトレードマークシンプソンのヘルメットを脱ぐことはい。このヘルメットとレーシングスーツは彼の正装であり、2008年National Television Awards授賞式において、周りがタキシードやドレスを着ている中、堂々とレーシングスーツ姿で壇上に上がった。

彼は自慢のヘルメットが濡れるのを極端に嫌っており、天時には堂々と黄色を差してぐ姿も確認されている。

何故か、ヘルメットシンプソンからアライの物に変更している状態を幾度か撃されている。安全のためなのか、いはトヨタ社のクルマを運転するからか。依然として理由は不明。

だがそれ以外は常にシンプソンのヘルメットで押し通しており、彼に割り当てられた休憩室にいるときだけが、彼の秘められた素顔を見る一のチャンスである。

おこのレーシングスーツ耐久はかなりの物で、ダイナマイトの大爆発にも傷一つ付かなかった。

本当に、とても人間とは思えない。

  • 発言・行動

基本的に全く喋ることがないため、ただでさえ秘的なイメージがさらに秘的になっており、近年はその実態を巡って様々な憶測が乱れ飛んで方々を賑わせている。

しかし、有名人レースコーナーにおいて出演者に的確にアドバイスを与えていたりするなど、発言自体はあるのではないかという説もある(もっとも、喋ったと確認されたわけではなく、前記のAwards授賞式で行ったように文字などを使用している可性もある)。

基本的に移動はスタッフに運ばれるか、“堂々と歩くかの二択であり走ったりはしない。

基本的にお金の概念は理解していないらしく、支払いはクレジットカード公共交通機関ではICカードを利用している。

ここ数年、Stigスカウトのインストクター賞受賞記念に渡されたバッジを踏みつけ、スカウトに対し暴れる、一方的カードゲームに怒って机をひっくり返したり、TopGear Golden Cock Award受賞時に渡されたGolden Cockを気に入りリチャード・ハモンドを突き飛ばしたりと、かなり暴化していることが確認出来る。

最近、モールス信号で発言するStigや、カジノのスロットマシーンの“念波”で操作する姿が撃されており、その生態がさらにカオスになっている。

とても人間とは思えない。

・・・しかし、2009年6月21日の放送にて、The Stigの中からミハエル・シューマッハが出現したのは確認されている。

これは単なるスペシャルゲストの演出なのか、Stigの存在を記号化するメッセージなのかそれとも・・・?しかし、Stig中の人などいない!

 

  • 幼少期

シリーズ13、14の予告CMは、Stigの幼い頃の様子をうかがう事ができる非常に重な映像でもある。

CMにはTop Gear会者(ジェレミー・クラークソンリチャード・ハモンドジェームズ・メイ)の幼少期の様子も収められているが、これを見る限り、4人とも体的には成長しているものの、精的には大して成長していないようだ。

Stigは当時からレーススーツヘルメットという姿だったようで、それらは「身に着けている」のではなく、「体の一部」なのではないかとすら思えてくる。

 

噂では、初期のシリーズには黒いStigが出演していたとか

現在The Stigという名称は基本的に全てヘルメットを被った方(※以降、Stigと呼称)をしているが、

現在Stigより前に、Stigと呼ばれるドライバーが同番組でテストドライバーを務めていた。

現在ではそのドライバーを旧Stig、または彼の色にちなんでStigと呼ばれていて、現ドライバー較がしやすいためにStigと呼称するのがより一般的なようである。

StigStigべてかなり人間的なドライバーである。

Stigが滅多にミスをしないのに対して、Stigドライビングは較的ミスも多く不安定さが立っていた。

だがそれでも、そのスキルは一般的な玄人のそれをかに駕しており、TV番組のテストドライバーとしては世界最高クラスの技術を持っていたことは確かである。

スズキ リアナ”でのタイムは1:46.0と、デイモン・ヒルよりわずかに速い。(だが、ルーベンス・バリチェロによってこの記録は破られた)

また、運転の前に綿密に打ち合わせをしたり、をしっかりとチェックしたりと

非常に人間らしい

今やTopGear伝説の一つとして残っているのが、このStigの最後である。

空母上でのドラッグレースの最中に予想外の事故で永遠に帰らぬ人(?)となった。

非常に人間らしい最後である

その後に代役で登場したのがStigである。

また後にペリー・マッカーシーとかいう、元F1ドライバーStigの正体だと自分の書いた本の中で述べているが、
番組がそれを認めているわけではないので、“あくまでも正体であることをする人間がいる”だけである。
StigStigであり、断じて中の人などいない!      断じて・・・・

噂では、現在のStigは三代目だとか

その二代Stigも、爆破されたりに沈められたりといった扱いに嫌気が差したのか、備品の分際でTopgearを脱走してしまう。

三人組は憤り、「裏切り者」「ユダ」と罵って写真の巣にしたりしたが、時すでに遅し。

どうなるものかと思われたが、ベツレヘムの地で新たなStigを発見したことで事なきを得た。

三代目Stigも、二代とほぼ同等のタイムを出せる模様である。

噂では、彼の従兄弟達も同番組に出演しているとか

Stigには世界各地に従兄弟達がいる。

アメリカン・ホリデー・チャレンジで登場した、アメリカに住むStig従兄弟

非常に巨大な身体が特徴である。 

噂では、彼はCIA実験失敗例だとか。また、チーズ以外の物は口にしないとか。

アフリカスペシャルで登場した、アフリカに住むStig従兄弟

非常にワイルドファッションで、ラリードライバーとしての実Stigを上回るかもしれない。

噂では、「ライオン・キング」を1780回も見たとか。また、二の親友はアフリカ水牛だとか。

トラック運転手で、アメリカ従兄弟並みの巨体が自慢、見分けるポイントは右腕が日焼けしているかどうか

他にはないド迫ドライビングで、モンスタートラックを爆走させる。

噂では、ジャスティン・ヘイワード(Justin Hayward:イギリスプログレバンド「ムーディー・ブルース」のギタリストソロでも活躍)の「Forever Autumn」を1年中聴くとか。また、世界最大のポルノコレクションを持っているとか。

※この項■■■によって粛清されました。

Stigと同じヘルメットを被った水着美女で、Stigの横で泳いでいる姿が確認されている。

ある意味Stig以上のである。

従兄弟かどうかも、彼女なのかも、なのかも、なのかも、母親なのかも、

はたまたただのヘルメットを被った美女なのかも、現状では全く分かっていない。

自作電気自動車企画で登場した全身緑色Stig従兄弟。名前はジャネット・スティグ・ポーター(ジェレミー・クラークソン命名)。

ヘルメットにはソーラーネルが内蔵されており、靴はサンダルエコ?らしさを前面に押し出している。

企画会者三人が制作した電気自動車ハンマーヘッド-i イーグル・スラスト」の耐久レースドライバーとして参加するがレーススタート35分後に同の搭載しているディーゼル発電機の排気管が外れていたために内に充満した排ガス一酸化炭素によって死亡(笑)した。

£5,000のスポーツサルーンチャレンジで登場した、スティグとほとんど見分けの付かない従兄弟ヘルメットには収まりきらない長を後ろに垂らしている事と、女性的な胸の膨らみがある(ように見えない事もない、かも知れない)事が特徴。「"スティギー"レイサイラスだ」とはジェームズの弁。

一般的なドイツ人のイメージ、と言ってしまうと失礼かも知れないが、それに違わない淡々とした絵にしかならない……かと思えばそうでもなく、自であるはずのメルセデス・ベンツ190Eを発進させようとして、うっかりバックしてしまうようなっ気も持ち合わせている。

 
  またの名をティフ・ニーデルともいう。Stigが消えてしまったため、有名人レースで運転導役として活躍した。
  ティフ・ニーデルとは、TopGearの宿敵、FifthGearMCである。

イギリス道路A73の近くにあるウィストンの牧場、トップギアの極秘の牧場でStigを丹精込めて育てているが、そのほとんどが本を書くようになったり、絵画の才が開いたりなど間違った方向に育ってしまう。だが、その中でも優れたStigは次の新しいStigとなる。

先日BBCから流失した、Stig牧場の映像が下にある。(ちょうど日本では別動画流出で騒いでいたが、実はこれを隠すための流出とか。)

レースゲームForza Motorsport 5」及び「Forza Motorsport 6」に登場。チャンピオンシップにおいて彼と1対1のレースをすることもある。精密な調の結果、ほぼStigで間違いないそうなのだが、コードに致命的な欠陥があり、その結果「腕前があれば勝てるかもしれない」という違いがある。
噂では、200種類以上のプリンターと互換性があり、3年間の有償補償までついてるとか。

噂では……

ティグには様々な噂がある。

偽のほどは確かではないが、とにかく色々ある

だが本人はこの噂を快く思っていないのか、の前で噂を始めたジェレミーを突き飛ばす場面もあった。

……だらけのStigです

 

噂では、ここで彼に関連する動画を挙げているとか

  • 類似品ヘルメットを被っただけなのに間違われた人たち)

 

噂では、彼に関連する商品もあるとか

噂では、彼に関連するコミュニティもある(のかも知れない)とか

The Stigに関するニコニコミュニティを紹介してください。

噂では、彼に関連する項目もあるとか


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/stig
ページ番号: 3118560 リビジョン番号: 2269836
読み:スティグ
初版作成日: 09/05/11 21:06 ◆ 最終更新日: 15/10/04 00:22
編集内容についての説明/コメント: デジタルいとこに追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


The Stig

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Stigについて語るスレ

108 : ななしのよっしん :2012/12/23(日) 16:07:50 ID: 4jwBqwQwWO
三代目stig説明文見たときに「時すでに時間切れ」という言葉が使われていたがどういう意味なんだ?普通は「時すでに遅し」じゃね?何かの間違いかな?
109 : 削除しました :削除しました ID: Os7C3tgphz
削除しました
110 : ななしのよっしん :2013/01/09(水) 00:41:53 ID: 6Rs9MUyjQe
>>102
>>sm19632047
111 : ななしのよっしん :2013/01/26(土) 22:54:58 ID: 4jwBqwQwWO
109
ブロント語についてはわかったんだが、関係ない記事でブロント語って使っていいもなの?
112 : ななしのよっしん :2013/09/04(水) 01:02:14 ID: yLKJ8ea9Qz
BSフジでやってるやつ見たらリサイクルセンターで捨てられてて笑ってしまった
113 : ななしのよっしん :2013/10/11(金) 19:55:07 ID: tSX6BVM3j9
ゲームに出てくるのはデジタルいとこだったのかw
114 : ななしのよっしん :2014/10/01(水) 14:54:02 ID: 6qYu9l+eG5
史上最速のゆるキャラ
115 : ななしのよっしん :2015/06/28(日) 14:18:43 ID: oYnb901dTy
何気なくTop Gear test trackのストリートビュー見たら、思いっきStigが映ってて笑ってしまった。調べてみたら、そういう企画があったのね。
116 : ななしのよっしん :2015/11/12(木) 19:32:37 ID: KPjGlTyu6B
wikipedia情報だとスタッフ2010にstig
ペリー・マッカーシーだって言してるっぽいね
ペリー・マッカーシーはいわくつきのチームだったアンドレア・モーダのセカンドドライバー
F3000中堅だった
当時F1ドライバーとしてはほとんど見向きされてなかった人だな
それでも一般人よりよっぽど上手いんだろうけど、「人間臭い人懐っこい人」だったらしい
117 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 04:11:16 ID: NOO4t2eq2I
初代は元F1ドライバーのペリー・マッカーシーで二代は元F3ドライバーのベン・コリンズ
そして三代目現在も不明、簡単に割れないようにしてるのか複数人説もある
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015