単語記事: Strv.103

編集

 Strv.103(Stridsvagn 103)は、スウェーデン陸軍で運用された第二世戦車(MBT)。別名Sタンクとも呼ばれていた。現在はすべて退役済。バルカン」はタミヤが勝手に付けた商標です。

概要

 スウェーデンは中立である都合上、基本的には防御戦闘が体となることが考えられた。1950年代まで英国センチュリオン戦車を用いていたが、次期戦車としてスゥエーデン軍当局が作り出したのがStrv.103、別名Sタンクである。その独特なデザインは今でも特筆されるべきものがある。

 まず、外見上の最大の特徴としてが存在しないことが挙げられる。スウェーデン内が起伏にとんだ地形が多いため、体前面投影面積を極限まで押さえるためになんとを取り除いて105mmライフル体へ直接搭載するという極端なデザインがなされることになった。

 がない場合ため、照準には体旋回は必要になる問題もあり、射撃後の地変更の兼ね合いもあるためわざわざ後進用操縦席まで準備する熱の入れようだった。また傾斜地において常に最適な射撃位置を確保するためのサスペンションによる姿勢制御機も取り入れられており、この方法は地球の反対側、同じ様に起伏に富んだ地形で防御戦闘を行う日本74式戦車以降の戦車にも取り入れられることになる先進的な手法になった。

 またを持たないことでハードルが下がり、一バズル式弾薬庫と自動装填装置を採用。毎分15発の発射速度を誇る。加えてL7系列のとしてはしく独自の長身化(L62修が施され、全般的な初速の向上も図られている。後にイスラエルM111APFSDSの導入も行われ、T-62などは十分撃破できる装甲貫通も付与された。

 動としてディーゼルガスタービンという二種類のエンジンを一緒に搭載していることも大きな特徴である。これは燃費の良いディーゼルエンジンと、立ち上がりが良く大出を得られるガスタービンエンジンをいいとこ取りするための工夫であるが、整備性が低下するためか試作車両を除けばSがタンクが最初に採用していた機構である(他にはルクレールフランス仕様)が同様のシステムを採用している)。

 そのレイアウトも先進的なものであり、メルカバ同様体前部にエンジンを置く形をとっていた。しかし、メンテナンス用ハッチを置く必要から最も必要な体前面の装甲に制限が生まれるため、必然と防御は体の傾斜による避弾経始に頼ることになってしまう。第3世代戦車が運用を始めたAPFSDSのような高速徹甲弾ではこのような傾斜形状を効化されてしまうため、防御にかなりの疑問符がつく結果となってしまった。防御に関して付け加えるならば、CではHEAT弾対策のため防護柵が前面に増設されている。 

 その他の特徴として、MBTとしては一、搭乗者が一人でも操縦と射撃が可という点が挙げられる。通常でも①長②操縦手(兼手)③通信手(兼後方操縦手 兼非常時の装填手)の計3名での運用を前提としており、長席、後方操縦席でも操縦・火器管制が可となっている。


 がないため、防御後の攻勢において必要となる行進間射撃(走行しながらの射撃)などが行えないなどのデメリットも大きく、結果的にスウェーデン陸軍はStrv.103の運用を期に終了、退役させることになった。以後スウェーデン陸軍は後継車輌としてレオパルド2系列の車輌(Strv.121、Strv.122)を導入することとなる。

 外見上類似点のある第二次大戦時の突撃とは用途も成り立ちも異なり、あくまで待ち伏せ戦術というスウェーデン情に特化したコンセプトのもとに生まれたユニーク車輌であったが故、その思想は後の戦車には受け継がれなかったと言える。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/strv.103
ページ番号: 4131897 リビジョン番号: 1935428
読み:エスティアールブイイチマルサン
初版作成日: 09/07/27 13:35 ◆ 最終更新日: 13/12/04 22:08
編集内容についての説明/コメント: L74主砲について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

Strv.103について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2009/08/27(木) 19:32:08 ID: yd5UxLEtmr
ワンマン戦車
2 : ななしのよっしん :2011/07/23(土) 12:16:33 ID: /byWsAP1J8
駆逐戦車とか突撃とどう違うとゆーのか
3 : kei :2011/10/26(水) 00:29:41 ID: WBN3KMu8lu
この動画もいいよ
>>sm13239826
4 : ななしのよっしん :2012/04/19(木) 01:09:53 ID: 8iE9ksJr/g
短命とこの記事じゃ書いてるけど、量産開始が1967年で運用終了は1990年代に入ってからです。
これを短命っつーてしまったら「短命」じゃない戦後戦車なんてそれこそT-54M48くらいしかいかと。
5 : ななしのよっしん :2012/10/04(木) 08:48:55 ID: t/2dB3zVot
この戦車大好き
6 : ななしのよっしん :2012/12/28(金) 15:59:31 ID: a28RH+0mXR
このデザインソ連が採用して戦列歩兵式に大量運用した方が長持ちした気がする……。
7 : ななしのよっしん :2013/01/03(木) 20:08:41 ID: F8OIUEmvK6
戦列歩兵式に大量運用できるほどのがあるなら 普通戦車量産したほうがいいって
Sタンク駆逐戦車も結局待ち伏せ専門だから使い方がかなり限定的だし
8 : ななしのよっしん :2013/04/22(月) 20:48:18 ID: rQVs2EJTCh
ディーゼルガスタービンのハイブリッドエンジンルクレールも採用しとるぞ
9 : ななしのよっしん :2013/07/17(水) 23:03:44 ID: m0IH2Vo8t8
メカとして進化したバージョンも見てみたかった
120mmガスタービンエンジンのみになってるはず
10 : ななしのよっしん :2013/08/20(火) 17:51:09 ID: l6d+EMlO0N
後継として計画されてたStrv.2000は、140mm+という代物だったらしい。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015