編集  

SWATシリーズ(ゲーム)単語

スワットシリーズ

SWATシリーズとは、Sierra Entertainmentから発売されたRTS及びFPSPCシリーズが展開された。

概要

ロサンゼルス警察(LAPD)をはじめ、アメリカの様々な警察機関に設置されているSWAT及び同様の特殊部隊テーマにしたゲームプレイヤーSWATの突入部隊やスナイパーを操作し、事件を解決していく。

通常のRTSFPSと決定的に異なる点はプレイヤー警察官であり、現実の規定や戦術に基づいている点。その為、で敵(被疑者)を制圧することに制限がある、制圧よりは逮捕が好まれる、非致死性武器が用意されるといった違いがある。

この記事ではSWATシリーズと、その前シリーズであるPolice Questについても触れていく。

Police Quest

Police Questの記事も参照

1987年から展開されたアドベンチャーゲームシリーズであり、SWATPolice Questの流れをんで開発された。

Police Questではプレイヤーはパトロール警官や刑事となり、で起きる様々な事件に対応していく。刑事主人公の数多のアドベンチャーゲームよりリアルさを重視している。どのくらいリアルかというと、出勤して制服着替えるところからゲームを始めなければならないぐらい。各作品のタイトルは発売順に以下の通り。

1~3作カリフォルニア州リットンという架が舞台となっており、カリフォルニアハイウェイトロール(CHP)の元警官であるジム・ウォールズが監修していた。4作は元LAPD本部長ダリル・ゲイツを監修に招き、LAPDの殺人刑事となるものであった。

以下に記すとおり、ともすればマニア以外からはクソゲー判定を受けかねない程にリアルさを重視している。しかしその拘りこそが、SWATシリーズの特徴に繋がっているとも言えるだろう。

SWAT

正式名称はDaryl F.Gate's Police QuestSWATSWATシリーズの始まりにして、アドベンチャー世代の終焉ともなった初代SWAT監修はOpen Seasonと同じくダリルゲイツ。LAPDから名称やロゴの使用許可を受けている。

SWAT2

正式名称はPolice Quest : SWAT2。今までとは大幅にシステムが変更されRTSになった。しかし名称を見れば分かる通り、ゲームシステムに違いはあるもののPolice Questの作品群とされている。

プレイヤーの立場は、LAPDメトロリタディビジョンD小隊(SWAT)を揮する小隊長の警部補(Lieutenant)である。画面の顔写真を見るとモーガンフリーマンっぽい。コールサインは10D。DはDeltaではなく、アメリカ警察消防フォネティックコードに基づきDavidと発音される。ボスコがDavidなのと同じ。小隊長は揮下にあるエントリーチームやスナイパー活用して事件解決をす。ステージによってはK-9ヘリコプター装甲車活用できる。

事件解決のためには以下の事柄を達成しなければならない。

  1. 被疑者全員逮捕又は
  2. 人質の救出

機材や装備としては上記の他、犯人の説得の為にスローフォン(Throw Phone)を使うこともできる。これは警察犯罪交渉人と直結している有線電話である。これで交渉し投降することができれば、隊員の死傷リスクも減って良い。

プレイヤーは現場揮だけでなく、SWATの管理も負っている。具体的にはエントリーチームの編成、隊員の技育成、装備の調達など。育成や調達にはコストがかかるので、警察から貰う予算内でやりくりする必要がある。隊員が死傷するとやりくりが大変なので、なるべくそうならないようにするのが大事であろう。

SWAT3:Close Quaters Battle

再び方向転換し、流行していたFPSとなったのが本作。副題にあるClose Quaters Battleの通り、建物など狭隘な場所での近接戦闘を扱っているのが特徴。監修はダリルゲイツ

プレイヤーが操作するのはLAPD SWATのエントリーチームを揮するエントリーリーダーで、階級は巡査長(Senior Lead Officer)である。本来ならその上に分隊長である巡査部長、さらに上に小隊長である警部補がいるが姿は見えず、ブリーフィングで警部補のが聞ける程度。プレイヤーは自分を含めた5名からなるエントリーチームを率いて建物内にエントリーし、犯人逮捕又は制圧、人質の救出を行う。エントリーリーダーや隊員は複数のものから選べ、プレイヤーキャラも固定ではない。

これまでで述べたとおり、射撃は実際の警察官が課せられている射撃規定に準じて行わなければならない。つまりの前に被疑者がいたからと言って、いきりないぶっ放せば良いというものではない。被疑者がを構える、あるいは撃ってきているのならばこちらも射撃して構わないが、をただ手に持ってうろついているのであれば撃ってはならない。もしそこで撃ったらゲームオーバーとなってしまう。射撃規定を満たしていない状況では、投降を呼びかけるなどして逮捕の機会を作る。

SWAT3事に事件を解決する上でもう重要になるのは、揮下にある隊員への命令である。4名の部下は二人づつレッドブルーに分かれており、別個に、あるいは全員に命令を下すことができる。命令はドアの開錠、エントリー、爆発物の解除、ある方向を見る、フラッシュバンや催涙ガスの使用など。エントリー方法はダイナミックステルスの二つがあり、例えば施錠されているドアの中へダイナミックエントリーを命じれば、小爆発物で鍵を破壊し、フラッシュバンを投げ込んで勢い良く突入していく、など。

後に新しいマップやスキンが導入された追加パックや、本体と追加パックが一体となったエリートエディションが発売された。

SWAT3日本語吹替版では郷里大輔が10Dのを担当した。

SWAT4

前作と同様のFPSSWATシリーズで初めてLAPDと関係となった作品だが、テーマは引き継いでいる。前作よりグラフィックが強化され、また使える装備も増えた。これも前作と同様だが、自分を含めた5名からなるエントリーチームを揮して事件を解決していく。舞台はニューヨークっぽい東海味の。但しニューヨークNYPDが舞台と言うわけではない。

装備では非致死性武器テーザー銃が加えられたり、またゴム弾が飛び散る非致死性のグレネードが加わるなどしている。

そして今は・・・

ということでシエラ自体が親会社に解散させられたので、SWATシリーズも出なくなってしまった。既に出ている作品のうち、Police QuestパックとSWAT1~3については、GOG.comからダウンロード販売の形で購入する事ができる。

ダリル・ゲイツ

これまで述べたように、SWATシリーズの基礎の構築において重要な役割を果たしたのはダリルゲイツである。彼はどのような人物なのか、英語版wikiに基づいて簡単に紹介したい。

1926年生まれ。ロサンゼルスグレンデールと、ロサンゼルスハイランドパークで育つ。フランクリン高校卒業後に軍に入り、WW2太平洋戦線に従軍。パサデナ専修学校、南カリフォルニア大学で学ぶ。1949年にLAPDに入り巡査拝命。当時のLAPD本部長ウィリアム・H・パーカーの運転手に命じられる。その後は順調に出世し、1978年から1992年まで第49代LAPD本部長

ゲイツが警視だった1965年、部下のジョンネルソン巡査が「少数精鋭の部隊」の編成を発案した。以後この部隊の検討を行い、1967年に承認。トロリタディビジョンにD小隊として設置した。つまり彼とネルソン巡査SWATの産みの親と言うわけである。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/swat%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29
ページ番号: 4851283 リビジョン番号: 2278089
読み:スワットシリーズ
初版作成日: 12/03/23 14:09 ◆ 最終更新日: 15/10/21 20:58
編集内容についての説明/コメント: Police Questに関する記述を当該記事へ移した
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SWATシリーズ(ゲーム)について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/04/25(水) 01:10:56 ID: KfQn5hiQ6u
下手なアクションとかくて面ゲーム
あと犯罪現場がリアル
2 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 07:24:02 ID: F260TDkxRU
GOG.comでのSWAT4:GOLDの配信開始おめでとう
3 : ななしのよっしん :2018/01/11(木) 21:45:32 ID: okMSBksYBP
SWATシリーズの精を継ぐゲームが他の会社から出ないかな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829