単語記事: T-34

編集  

T-34とは、第2次世界大戦時のソ連軍のとなり、その後も長きにわたり使用されている中戦車である。
ロシア語では「テー・トゥリーツァチ・チィトゥィーリ」と読む。

概要


初期ソ連の集大成ともいえる傑作戦車
当時のソ連戦車であるBT戦車スペイン内戦やノモンハン事件を経験し防御に問題が多いと解り、その機動を維持したまま強化することを的に開発された戦車である。
不可侵条約を結んだナチス・ドイツの侵攻によって開始した独ソ戦(露:大祖国戦争 独:東部戦線)でⅢ号戦車Ⅳ号戦車に対抗できる中戦車として序盤から終盤まで使われた。
物量戦車であり、大戦中はT34/76が35,000輌以上、T34-8525000輌以上、合計し戦後も含めると84,000輌以上が生産されたという。

誕生


快速戦車であるBTシリーズは機動は申し分かったもののスペイン内戦等でドイツ37mm対戦車等によってスパスパ貫通させられる事態が多発し機動を維持しつつ防御の増加を狙う新BT(A-20)計画がスタートした。
このA-20計画のサブ案としてA-32が登場する。
A-20べA-32は機動で劣っていたが正面装甲が32mmと20mmのA-20より重防御でA-20の複雑な走行機した単純さ、A-20が搭載した45mmより強(年代的にはオーバースペック気味)な76mmを搭載していた。
どちらを採用するかで揉めたが採択中に戦争が勃発し、ますます装甲との重要性が上昇、A-20計画は破棄となりA-32良ののちT-34として制式採用された。

戦史


独ソ戦開始当初は満足な数もノウハウも弾もなく(独ソ戦開始時T-34弾は備蓄12%!)経験豊富なドイツ軍されていた。
しかし41年中期から猛速度での量産体制に入ったT-34ドイツ軍モスクワ攻略時に大量投入されモスクワ防衛に貢献する。
その後42年、43年と良を加えつつ44年にはT-34より強ドイツ軍戦車であったティーガーパンターに対抗する為のT-34-85が登場、大戦末期には膨大な犠牲の上運用ノウハウも上昇し損を大幅に上回る数もえた本は数々の反攻作戦でのソ連戦車を務め、独ソ戦ソ連の勝利となって終了する。
余談だが戦後あっちこっちに輸出され、朝鮮戦争の初期は大きな戦果をあげたり、その後も中東戦争ベトナム戦争ユーゴスラビア紛争などなど息の長い活躍をしている。今でもアフリカやアフガンでは運用されているそうな。

性能


一言で言えば機動、防御火力バランスが良い性
幅広履帯は軟弱地の多いソ連土で機動を発揮し、傾斜装甲によって実厚以上の防御を誇り、火は過剰気味な程に強だった。
だが積極的に傾斜装甲を取り入れたため内部は極めて狭く初期のには2名しか入れなかった為長が撃手も兼用するという有り様、各種機器も抜群の性!とはお世辞にも言えず照準装置やクラッチ異常な重さ等欠点も数多く、線に至っては43年までは積んでないT-34も多々あった。
戦闘面で言えば独ソ戦当初はドイツ戦車Ⅲ号戦車が立たずⅣ号戦車がギリギリ対抗可な状態であり基本スペック値は独戦車を圧倒していた、それに加えそれまでドイツ軍での戦車であった37mm対戦車弾を命中させてもコンコンノックする事しか出来なくなった為ドア・ノッカーとの不名誉な称号を頂くこととなりドイツ兵器に多大な影を落とした(T-34ショック
しかしT-34無双を黙って見ているドイツでもⅣ号戦車タイプの応急処置で時間を稼ぎ75mm対戦車生産やティーガーパンターと言った化物達を生み出し対抗する。
当初無双を誇ったT-34スペックも上記の欠点を減らす良、装甲増加を何度か行っていたがこの時期になると多大な良を加えたⅣ号戦車トントンでありティーガーパンターにはとなっていた。
それに対抗し44年に85mmを搭載した新T-34-85)が登場、未だに能面ではティーガーパンターに並ぶこと敵わなかったがギリギリ対抗可となり後述する生産性は維持したままであった。

生産


T-34は極めて多くの生産数を誇るがシンプルな設計や生産性良等にを込めた結果である。
設計もに差が大きいソ連内工場や過酷なソ連の気を考慮し部品毎の遊びも多にとり信頼性も高めた。
論その分性は低下する)
42年までは性良案等は生産を阻するとして全て却下していた、質より数を取ったのである。

その代わり生産性向上にはを入れT-34部品数は3分の2に、価格と生産時間は半分にまで向上させる事に成功している

ただし急ぎに急いだ生産である為42年までの鋳造は敵弾が当たると貫通するのではなく割れと言った質が極めて悪いモノも度々あり戦車兵達が席に乗るのを避けた時期もある、表面仕上げ等もかれ鋳造バリがデカデカと残り最初期T-34のようなピカピカな外見は大変に悪化した。(性能面では妥協しなかったが)
前線のT-34数が安定してきた42年後半からは性良案も認め始めたが生産性を大幅に下げるモノは未だ認められなく大規模であるT-34-85の生産開始は44年だがドイツ降伏までには生産数25000輌を誇っている
(同じ44年からドイツ降伏まで生産されたドイツⅣ号戦車J3000輌程である)

戦車兵として見れば性向上に前向きでなかった事は悔やむべきだが1人の兵として見れば
周囲を見渡せば必ずT-34がいるという現実を与えた

製造が安い速いと言うけれど感覚としては?


昨今のインターネット時代なので調べれば号やパンターT-34の価格は出てくるだろう、でもマルクルーブルでは実感がいし銭価値をべてもピンと来ない、あまつさえソ連社会主義国であるために銭計算にも苦労するだろう。
そこで工作時間でべてみよう、製造にかかる労働はそのままコストに反映されるからだ、ここでの工作時間とは品物を1人で作ったらの工作時間である(工数)

参考にはА. Ю. Ермолов "Танковая промышленность СССР в годы Великой Отечественной войны". Москва, 2009. С. 152, 261.を元にしておく、尚ソ連は工場ごとの製作にばらつきが有るために上と下を同時に明記にしておく

T-34は1942年だと8100~6900時間かかる計算だ、これが45年のT-34(-85)だと3400~3100時間まで下がっている
よってT-34均して42年で7600時間、45年では3250時間としよう

対する独の中戦車パンターはDで117100時間かかっていたのがA~Gでは均値55000時間まで下がっている、しかしこの数字は工場爆撃による損を避けるための分散製造の値なので20%カットしよう(分散製造では20%余計な工数=工場から工場への輸送等、がかかる為)
よってD93680時間、A~G44000時間かかると仮定できる

と、ここまでくると較しやすい。当時独で売られていたビートルという自動車1000マルク、これは今の現代日本銭感覚から言うと7585万円の数字である、なのでコレを表されてるパンター価格に当てはめて見るとA~Gパンター9300万~1億500万円くらいなのだなと解る、パンター1台作る時間でT-34-85は13.5台作れるので690~780万円くらいの感覚となる。T-34安すぎね?となるだろうがこの計算はパンターが工数&資材の価格であるのに対しT-34は工数のみでの計算なのでこうなる、なのでコレに原価計算を加えよう。現代日本で売られている100万自動車は資材代で60万かかると言われている、つまり6割だ、これをパンター価格に合わせてみよう(自動車戦車では資材割合も違うだろうが許してくれ)

めるとA~Gパンターの工賃は3720万円~4200万円となる、ここから再度T-34価格を計算してみるとT-34工賃は280~310万円となる、次に資材代を加えよう、しかし単純に計算すると工数があまりにも違うためにT-34はまたしても凄く安くなってしまう、その為に資材代は重量でべてみよう。
パンター45トンであるため5580~6300万円が資材代とする、1トン辺りに計算すると124~140万円となる、T-34-8532トンであるために4000~4500万円かかる計算になる、この資材代と工賃を合わせよう、すると・・・

T-34(-85,45年)価格=4280万~4810万円

と仮定できる、論この数字は独ソ2を2人の対等な人間(HoIシリーズ等でを1人で運営するような)とイメージししかも現代日本円感覚と当時のビートル自動車計算も含めたガバガバ計算と言える、この数字をテストに書いたらっ恥間違いなしだ、しかし感覚として「安いな~高いな~」というモノが数字でなく感覚として伝わってくれると嬉しい
ついでに較としてパンターA~Gが9300万円とするとⅣ号戦車7700万円、ヘッツァー4000万円、ティーガー2億2000万円、ティーガーⅡ2億6000万円くらいの感覚になる

ソ連のT-34ショック


独ソ戦勃発後、ドイツ軍は各地で出現したT-34KV-1KV-2といったソ連戦車に対して衝撃を受けたことは有名な話である。

それを巷では「T-34ショック」と呼称されるが、実はソ連も「ショックを受けていたりする。

ことの発端は、1940年に独ソ不可侵条約の交渉にて、ドイツから手に入れたⅢ号戦車T-34較したさいである。その較試験によってソ連Ⅲ号戦車べ装甲・武装では確かにT-34の方が優れていたが、機動・乗員の効果的な配置・トランスミッション系統・エンジンの静粛性といった様々な面で衝撃を受ける。実際にT-34の問題点は「大量生産」といった物量で補っている部分もあった為、個々で対するするさいには、その車両の搭乗員のに左右されることを意味した。(戦車は機能面についてのスペックも重要であるが、搭乗するのは「人間」であることを留意しなければならない)

この報告に対してソ連軍の首防人民副委員兼砲兵局長クリクソ連邦元帥装甲車両総局長フェドレン戦車中将西部特別軍管区令官パヴロフ上級大将)は事態を鑑みたのか、「T-34完成するまでは、前であるBT-7Mの生産に注するべき」と進言している(この提案は却下され、後日様々な失態を犯したクリーク元帥達は軍法会議行きとなる。これは余談であるが、クリーク元帥スターリンに対して大粛清への意見状をつきつけた一の人物であり、独ソ戦前~初期におけるT-34弾生産を妨したのも彼である)

その重装甲・武装・優れた生産性をもってドイツに衝撃を与えたT-34であるが、一方でソ連T-34を介してドイツ戦車に衝撃を受けていたという事実も記しておきたい。

※M・バリチャンスキーT-34 第二次世界大戦最良の戦車」より

総評


大戦中、本に性能面で勝った戦車は数多い。しかし、中々の性と生産数を両立するT-34は現代まで続く戦車史の中で間違いなく最優良戦車の1つであり、T-34独ソ戦でのソ連勝利への貢献は決して小さくいだろう。

余談


T-34ショックを受けたドイツではT-34に対抗する為の戦車T-34コピーでというドイツにとってはしい提案が出た、T-34調の結果エンジンアルミでありアルミに苦しんでいたドイツコピー案を見送る事になった。
だがここでの調結果は新戦車設計に強いヒントとなり有名なパンター等が誕生している。


また信頼性が高い本であるがそれを明として荒れ地や沼に棄されていたT-34が燃料を入れるだけ、あるいは工具程度の簡単な整備で自走可となったエピソードが豊富でTV等で見たという方も多いはずである。

更に本には様々なバリエーションがあるとされる

前述した通りのT-34-85の前であるT-34も例えば戦中ドイツは様々なバリエーションT-34A~Fとアルファベットをつけて区別していた・・・が、当の生産&使用であるソ連ではT-34T-34-85くらいしか区別していない、これは大雑把と言うか何と言うか・・・
更に生産工場毎にや部品の形が微妙に異なる為ドイツ軍人は元より後年のモデラー達も泣くはめになった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

第二次世界大戦時のソ連軍の戦車
戦車快速戦車 BT(戦車) / T-26
戦車 T-28中戦車 / T-34
戦車 T-35重戦車 / KV-1 / KV-2 / IS(戦車)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/t-34
ページ番号: 4151066 リビジョン番号: 2540980
読み:ティーサンジュウヨン
初版作成日: 09/09/02 05:03 ◆ 最終更新日: 17/11/17 14:32
編集内容についての説明/コメント: 価格比較の書き忘れを書き足し
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

T-34について語るスレ

197 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 22:33:33 ID: NNFaEhi0NI
>>196
立チヌ
198 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 23:02:11 ID: 1CpvJ1QwpH
ハンマーいて動かす” ”運転手の体重が減する”
なんてネタにされる程悪名の高い当トランスミッション
どの程度かは知らんがシンクロメッシュの導入で善されてるのよね
199 : ななしのよっしん :2018/04/09(月) 19:20:55 ID: P1dY2vQQVD
まぁ善する間があったら増やせ!方針だった1942年中までに限れば、惨憺たる状況だったのが実態
・「ハンマーく」と言えば頑丈そうだが、実際はその上で速攻歯車が丸坊主になるトランスミッション
65時間(実態は当然それ以下)の寿命しかないエンジン
・大転輪のみなので悪路に強いが、バネが粗悪なのも相まって安定性が最悪なサスペンション
ソ連装甲兵器研究所が送ったデータではオーバーホールしないで走れる距離200kmとされたし
前半のT34機械的に相当ヤバい代物だったのは間違いない
(怖いのが撃破されるまでの均時間がぶっ壊れる均時間を大きく下回ったからスルーされた節がある点)
有名な米軍アバティーンでの調でも、火や防御姿勢の評価は高い一方機械的信頼性はボロカス

ギアチェンについては、実際戦闘中ハンマー振りかぶってる訳にも行かなかったようで
不整地での戦闘中だと3速も困難で、ど2速(15㎞/h!)で戦ってたそうだ
ただ1943年あたりになると一息付けた間に様
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
200 : ななしのよっしん :2018/04/09(月) 19:39:27 ID: P1dY2vQQVD
1943年頃になると初期から較して様々な面で善が図られたようで
・工場疎開が落ち着き生産ラインの安定
工作機械の刷新及び焼き入れの善によるギア歯車やスプリング等の部品強度
トランスミッションの一新
エンジン寿命の低さの因だったエアクリーナーを一新

・・・等々と、内部機構で言うと初期とは別物になっている。この辺はやっぱり米国の助が大きい
中盤以降ソ連ドイツ顔負けな機動戦をも行うようになったが、
大量のトラック戦車の信頼性向上によって初めて可となった事。
アメリカの助くても、初戦でモスクワが落ちない以上はソ連が負ける事はいだろうけど
機械的信頼性が初期レベルのままだとしたら中盤以降の機動戦は非常に困難であり
反攻ペースは史実より大きく遅れるのは間違いないだろうね
201 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 02:13:58 ID: KzJ4znan7X
実際自前で弾とかトラックや重などなど大量に作ってるしバグラチオン作戦での成功でレンリースが増加した感じだからなぁ
202 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 23:39:49 ID: 1CpvJ1QwpH
>>199 >>200
やっぱり元からの地に加えて外からのを取り入れる事が重要なのかもね

ドイツにしても、あれだけのを持てたのは占領したの施設や技術、人材を取り込んだ故で
特にシュコダを擁するチェコスロヴァキアを手中に収めた事は大きかったと聞くし
203 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 23:53:22 ID: HJDSDTd86/
チェコの工業すごかったらしいね
204 : ななしのよっしん :2018/04/13(金) 00:07:15 ID: XBHAzoJyKo
>>199 >>200
あとから部品が供給されるまで線機は小、中隊長のみ装備だったのもあるかと(供給後は全に装備)

>>203
独のSd Kfz 234ディーゼルチェコ製だっけ
205 : ななしのよっしん :2018/04/14(土) 07:50:39 ID: 9+IfrhPie3
連合と枢軸は19世紀以前からの努の差がと地だもんな
206 : ななしのよっしん :2018/04/14(土) 22:32:56 ID: 1CpvJ1QwpH
>>204
そう、タトラ製の103エンジンが使われてた>Sd Kfz 234
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829