単語記事: TBS

編集

曖昧さ回避

TBSとは、以下を表す。

  1. 東京放送ホールディングス - TBSグループの持株会社。
  2. TBSテレビ - 関東地方を放送対象地域とするテレビ放送局。2009年4月1日、株式会社東京放送より放送免許を継承した。本項で解説。
  3. TBSラジオ - 関東地方を放送対象地域とするAMラジオ放送局。2001年10月1日、東京放送から放送免許を継承し分社化された。
  4. ターナー・ブロード・キャスティング・システム(Turner Broadcasting System) - アメリカの放送局。
  5. ターン制度戦略ゲーム(Turn-Based Strategy) - シミュレーションゲームの一種。

 
TBS


1955年4月1日 開局
親会社:株式会社東京放送ホールディングス [東証1部:9401]
株式会社TBSテレビ [非上場]
Tokyo Broadcasting System Television, Inc.

東京都港区赤坂五丁目3-6

))) 東京スカイツリー (((
地デジ 6(UHF 22ch)
地上アナログ放送(VHF 6ch) は 2011年7月24日に終了しました

概要

  • 中波ラジオ放送局として開局した。このため当初は「ラジオ東京」という社名で、テレビ部門は旧コールサインから「KRテレビ」、および「ラジオ東京テレビ」と名乗っていた。長らくラジオ・テレビの両部門を持つ関東地方唯一の民放局だったが、2000年の組織改革でラジオ部門が「TBSラジオ&コミュニケーションズ」として分離され、それに伴い翌2001年にテレビのコールサインもJOKR-TVからJORX-TVに変更された。
  • このグループ再編と同時にTBSは、AMラジオ単営局の「TBSラジオ」の他、テレビ番組制作会社の「TBSエンタテイメント」「TBSスポーツ」「TBSライブ」、テレビの放送免許を保有しグループ統括会社でもある「東京放送」に分割された。その後2004年のグループ再編でテレビ製作部門3社が合併し「TBSテレビ」となり、 2009年4月には放送免許も「東京放送」から継承された。
  • 現在、TBSアナウンサーもTBSテレビの所属となっている。
  • 関西地区におけるネット局は、当初関西初の民放テレビ局であった大阪テレビ放送(OTV)とネットを組んだ。その流れで後身の朝日放送(ABC)と1970年代半ばまでネット関係にあったが、朝日新聞社の「新聞資本とテレビネットワークが捩れているのはおかしい!」という横槍により、1975年にNETテレビ(現:テレビ朝日)のネット局であった毎日放送(MBS)へとネットチェンジし現在に至っている。このときの遺恨がきっかけで、現在でもTBSとMBSは犬猿の仲である。
  • 旧社屋の敷地はかつて練兵場があったため、兵隊の幽霊が出るので有名な場所であった。現在、再開発によってその場所には2008年3月「赤坂サカス」がオープンしている。
  • TBSのドラマで横浜市内のロケ地が多いのは、「TBS緑山スタジオ・シティ」が神奈川県横浜市青葉区にあるためである。かつてベイスターズのオーナー企業であったなど、横浜とは何かと縁がある。
  • 設立時には複数の新聞社の共同出資、1974年に毎日新聞社の傘下に入ったが、3年後に毎日新聞社が経営危機に陥り、銀行などとの共同出資で別会社を設立し、事業を移管した。この際、親子関係を解消している。
  • 他のキー局とは違い、新聞社からの大幅な出資がなかったことで、2000年代に入って楽天が株を大量取得し経営統合を迫った。しかし賛同する株主は少なく、最終的に楽天は買収を断念した。
  • 2008~2010年頃は放送業界の構造不況により放送事業の収入が激減していた。副業の不動産事業(赤坂サカスや緑山スタジオなど)の収入が放送事業の5倍の収益を誇ってカバーしていたので、『赤坂不動産』『Tokyo Building System』と揶揄されることもある。2008年12月期の連結決算は、純損益が549億7700万円の赤字となっていた。

論調

現在では全般的に左派リベラル、反日、媚中、媚韓の論調である。ことさら自民党および自民党政権には敵対的で、民主党には政権の誕生以前から安倍政権の誕生まで一貫して応援する論調を展開した。

報道においても、韓国、北朝鮮に関するニュースを国内ニュースよりも優先することが多く、日本のテレビ局なのかも疑問視されるほどである。特に「ひるおび!」「サンデーモーニング」で顕著となっている。

「民放の雄」「報道のTBS」「ドラマのTBS」(過去)

よく過去のTBSを語る際に「民放の雄」「報道のTBS」「ドラマのTBS」と言われることがあるが、これには創立時の以下のような理由がある。

  • よく「毎日新聞社系放送局」と誤解されるが実はあまり関係がない。創立時に毎日新聞社も関わったものの、朝日新聞社や読売新聞社とも合弁で設立されており、たまたま当時最も毎日新聞社が放送局設立の準備が進んでいたためそれに乗っかったというのが正しい。
    その後、新聞社資本の整理で読売は日本テレビ、朝日はテレビ朝日に資本を集中する関係でTBSと縁が切れ、毎日も1970年代に事実上倒産したためTBSの株式を売却して毎日とも完全に縁が切れたと言われている。このためTBSは現在独立系放送局である。楽天による株式買収劇もこれが遠因となった。
  • TBS がかつて「民放の雄」と言われたのはここに理由のひとつがある。同じく老舗局の日テレには読売の影響が大きいため、地方新聞社が放送局を開局しネットワー クを組む際に読売系の日テレを嫌い、独立系のTBSとネットを組むところが多かった。そのため他局よりも早期にNHKと並ぶニュースネットワーク 「JNN」を組むことが出来、「報道のTBS」の名をほしいままに出来た訳である。この優位は1980年代まで続いたが、他局も全国ネットワークを確立し たこととTBSビデオ事件などの重大不祥事が多発したことが原因で失墜した。
  • TBSが「ドラマのTBS」と言われたの は、読売系の日テレとの差別化がきっかけである。開局直後から読売巨人軍の後楽園球場の試合中継独占や、力道山の所属した日本プロレスの中継番組という切り札を持っていた日テレと比べ、TBSはスポーツ分野では圧倒的に遅れを取っていた。そのためにドラマ、特にホームドラマを積極的に製作した。これが後の ドラマ制作の土台となって現在に至っている。

この黄時代を崩壊させたTBSにとって忘れたい過去の四天王として、「ニュース22 プライムタイム」「ムーブ(またはザッツ!」「TBSビデオ事件」「総力報道!THE NEWS」がある(注:「ムーブ」は後に「関口宏の東京フレンドパークII」と「上岡龍太郎がズバリ!」といったヒット番組2本を誕生させるきっかけとなったため、「ムーブ」を除いた「三悪」と言われる場合もある)。詳しくは各自ググれ。

ただし、東日本大震災の時の報道以降は最近のTBSとは思えないほどの報道の質の高さという絶対的な要因とお台場の大失態という相対的な要因でまだまだ大きな批判をされている報道番組は存在するものの「報道のTBS」の底力を見せてくれた。

視聴率

  • 1980年代までは上位グループの一角であった。過去に「8時だョ!全員集合」や「ザ・ベストテン」など、日本のテレビ番組史に名を残す数多くの名番組を生み出し、視聴率はビデオリサーチが調査を始めた 1963年から1981年までゴールデンタイム(19時から22時まで)19年連続全局中首位であった。
  • しかし、1990年代以降慢性的に視聴率低迷に喘いでおり、決定的な対策ができないまま現在に至っている。
    • 1980年代にフジテレビ、1990年代に日本テレビに抜かれ、近年ではついにテレビ朝日にも抜かれて、今では民放4大キー局の中では最下位となっている。
    • 2012年にはついに売上高もテレビ朝日にも抜かれ、名実ともに4大ネットワークのキー局中最下位に没落した。
    • かつてはテレビ朝日が長年言われ続けていた「ふり返ればテレビ東京」がTBSの代名詞になりつつある。
    • 近年では週間視聴率ランキングに日曜朝の「サンデーモーニング」「がっちりマンデー!」が顔を出すこともあるほどゴールデンタイム・プライム(夜19時~23時)の番組の視聴率が悪い。
  • 1980年代後半から視聴率浮揚策として大幅改編を繰り返しているが、やればやるほど視聴率が低下して混乱に陥る負のスパイラルが続いている。

TBS 怒濤の1年

2009年4月 社運をかけた新番組がスタート
  • NHKの「ニュース7」に対抗し、平日19時台のバラエティーを枠移動させてまで「総力報道!THE NEWS」をスタートさせた。
  • 制作費とタレントにかかるギャランティーを大幅カットするため、
    「ピンポン!」「愛の劇場」「ひるドラ(旧:ドラマ30)」「2時っチャオ!」を終了させ、
    これを1本の長時間生ワイド番組「ひるおび!」にした。
2009年度 ・・・この改編が大コケ
  • しかし、鳴り物入りで始まった「総力報道!THE NEWS」は平均視聴率4~6%台と大コケ。「ひるおび!」も平均視聴率が2%台と、テレビ東京にすら負けることが珍しくない視聴率まで激減した。さらに、19時台の視聴率が悪化したことによって20時以降の番組にも悪影響を与える結果となり、「振り返ればテレビ東京」どころか「前を見るとテレビ東京」「横を見るとNHK教育」「振り向けばTOKYO MX」とまで揶揄されるほどの視聴率悪化の悪循環に陥った。
    • 「総力報道!THE NEWS」は同時間帯の視聴率が最低になることも少なくなく、テレビ東京のアニメ(「ポケットモンスター」「イナズマイレブン」等)にすら負ける事態が頻発した。また、この改編に伴い19時台後半のスポンサーがローカルになったため、系列局が自前でスポンサー探しをしなくてはならなくなり不満も続発した。
  • TBSは伝統的に水曜日の視聴率が非常に悪いが、2009年6月3日は20時台の「水曜ノンフィクション・関口宏モトをたどれば」が2.8%(以下関東地区)の極端な低視聴率を記録。それを引きずり、あとの「夫婦道」が6.3、「クメピポ」が6.6と回復せず、その日トップの16時台の「水戸黄門(再放送)」の7.7%、「みのもんたの朝ズバッ!」7時台の7.4%(5時台は3.9%)を下回るという事態が発生。さらには「水曜ノンフィクション」は次回予告があったのにもかかわらず、この視聴率をもって6月4日に突然打ち切りを決断した。
    • 2.8%という視聴率がどれほど酷いのか。同じ週に放送されたTBSの深夜アニメ「けいおん!」が2.0%だった ことを考えればわかりやすい。水曜夜20時のゴールデンタイムの番組と木曜深夜26時頃の深夜アニメの視聴率の差が1%以内。この数値だと指標的にはほぼ誤差の範囲内である。
    • なお、この穴埋めで放送4日前に急遽決まった「激安バラエティー」の初回視聴率は3.6%と少し上向いた。
    • 2014年春以降のTBSの水曜ゴールデン帯は「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー」→「水トク!」→「水曜日のダウンタウン」といった布陣であり、平均視聴率は概ね8~10%程度にまで改善している。その分、当時がいかに酷かったかが窺い知ることが出来るだろう。
  • この春の改編における平日昼の視聴率低下も凄まじく、5~6%台だった視聴率が改編後2ヶ月で平均3.5%まで低下した。
2009年 高視聴率を取っても根付かない視聴習慣
  • 意外に思うかもしれないが、2009年の年間高視聴率番組ランキングにおいて上位10番組のうち4番組がTBSで放送された番組である。NHK総合・テレビ朝日が各2番組、日本テレビ・フジテレビが各1番組しかランクインしていないので、TBSの成績の良さが際立つ。
    • 第1位 プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助×亀田興毅 43.1%
    • 第3位 2009ワールドベースボールクラシック東京ラウンド日本×韓国 40.1%
    • 第6位 2009ワールドベースボールクラシック決勝・日本×韓国 36.4%
    • 第9位 情報7days ニュースキャスター 30.4%
  • しかし、2009年の局別の年間視聴率(1月~12月)ランキングではついにテレビ朝日にも抜かれ民放4位に転落、ゴールデンタイム(19時台~21時台)10.0%・プライムタイム(19時台~22時台)10.1%一桁落ち目前にまで追い込まれた。
    • いわゆる「第二の開局」改編を行って以降の、2009年度の局別の年度視聴率(2009年4月~2010年3月)ランキングで見ると、ゴールデンタイム(19時台~21時台)9.5%・プライムタイム(19時台~22時台)9.8%一桁落ちしてしまった。
2010年3月 何事も無かったように元に戻る
  • 「イブニングワイド」は放送時間を20分拡大。また、平日19時台はバラエティに衣替え。「関口宏の東京フレンドパーク2」は元の時間(月曜19時)へ帰ってくる事となった。

…が、翌年度も視聴者離れに歯止めがかからず、そしてついにその時がやってくる。

2010年5月。歴史的敗北を記録
  • 2010年5月13日のTBSのゴールデンタイム(19時~22時)の合計視聴率は、6.3%。
    そして、同日の同時間帯のテレビ東京の合計視聴率は、6.4%
    ついに、番組単位だけでなく、時間帯区分でテレビ東京に負けるという、歴史的敗北を喫してしまったのである。
    しかもこの月は、合計2週もテレビ東京に負けたらしい。
    敗因は、好調の「和風総本家」の裏で放送されていた「ウンナンのラフな感じで」が苦戦を強いられていたことが大きいとされているが、アズマックスがメインの「和風総本家」が7%前後の視聴率を記録している裏で、ウンナンをメインに据えた番組をぶつけて5%程度しか取れなかったというのは、いくら不調のTBSであったとはいえ、お寒いにも程がある状態であったと言ってもいいだろう。
  • さすがに全時間帯区分ではテレビ東京に負けることはないものの、その後も振るわない状態が続き、前述のとおり現在も万年民放4位の座に甘んじていた。

2010年代前半は停滞の時代

  • 2011年に、韓流ごり押しを行っていたフジテレビに対するデモが行われたが、関係者などから「嫌なら見るな」とおごり高ぶった発言が繰り返された。しかしそれをきっかけに平均視聴率は急落した。
  • 2013年、TBSでは2年に一度の恒例「世界陸上」で平均視聴率を稼ぎ、さらにはドラマ「半沢直樹」が予想外の大ブレイクをしたことで、8月の平均視聴率で3位に上がる奇蹟を見せた。
  • しかし、「世界陸上」「半沢直樹」以外に局視聴率を押し上げるような番組に欠けている状況は変わりなく、上記2番組終了後は再び4位に転落している。
  • 2014年には遂にプライムタイムの週間視聴率でもテレビ東京に負ける週が出始めており、視聴率低迷の深刻さにさらに拍車がかかっている。
  • 2014年度は一応民放3位に浮上した…が、平均視聴率は低迷期の頃から上がらず、横這いの状態が続いている。3位に浮上した理由は、ただ単にフジテレビが勝手に落ちてきただけのことである。

現在の状況~復活の兆し

  • 2015年度のゴールデン・プライム帯の平均視聴率は9.8%と前年より微増。他局が全て数字を落とす中TBSだけが唯一ポイントを上げ、復活の兆しを見せている。暗黒の時代を迎えてから約7年、この間に現場スタッフが若返ったことで状況が好転しつつあるようだ。
  • 2016年現在においては、20時~22時枠の2時間特番やレギュラー番組といった「21時またぎ」編成の多用で他局との差別化を図っている。現在のTBSでは19時台や22時台に概ね8~10%程度のそこそこの視聴率が期待できる番組が揃っているものの、21時始まりの番組に弱いところがあったためであり、要するに視聴率のピークを迎える21時になっても他局へチャンネルを変えさせない作戦に出たものといえる。レギュラー番組ながら2時間枠に拡大した『モニタリング』は枠拡大後も平均10%以上の安定した視聴率を記録するなど一定の成果を出している。その結果、2016年4~9月期ではゴールデン帯でジリ貧傾向にあるテレ朝と並び民放2位タイの位置にまで浮上している。

アニメについて

TBSのアニメ枠は週当たり夕方1枠+深夜4枠の合計5枠(再放送などを除く)。(関連項目:TBS木曜深夜アニメ枠)
そのうちTBS自身が製作したアニメは深夜の2枠のみであり、他3枠は系列局であるMBSからの逆ネット(「日5」「アニメイズム」)となっている。現在のTBS製作枠は木曜深夜に放送されているが、フジテレビ製作のアニメ枠「ノイタミナ」と一部放送時間がかぶっており、ファン層の奪い合いが続いている。

日本のテレビアニメ黎明期である1960年代頃は比較的多くアニメが放送されていたが、いわゆるTBSの黄時代される1970年代~80年代にはテレビアニメ製作には消極的であった。皮肉にも、TBSが再びアニメ製作に注力するようになったのは視聴率が斜陽化した1990年代後半以降である。
現在民放キー局の中でもテレビ東京に次いで本数が多く、また毎年夏に「TBSアニメフェスタ」というイベントを大々的に行なっていることからもアニメに力を入れていることが伺える。

木曜深夜にアニメ枠が固定されたのは2004年10月以降(「ジパング」「ローゼンメイデン」)。それ以前は深夜帯情報番組「ワンダフル」の中で帯アニメとして放送(「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」「Di Gi Charat」等、1990年代後半頃)されたり、火曜深夜に放送(「ちっちゃな雪使いシュガー」「ちょびっツ」等、2000年代初頭)されたりしていた。

2011年5月には、「けいおん!」、「インフィニット・ストラトス」の作品の売り上げが高いことから、「アニメのTBS」を確立すると発表した。もっと早く気付け

悪しき特徴

TBS製作のアニメとして近年ではAIR、kanon、CLANNADなどのKey作品、及びけいおん!などが高い人気を得たが、これらのTBS製作アニメにはある共通点が存在する。

それは地上波での放送の際はわざわざサイドカットした4:3の映像で放送していたということである。
またBSでの放送の際は16:9での放送を行うものの、長々とした注意書き(著作権に関するもの)が本編中に挿入される(正直かなり邪魔に思えるときもある)

なお系列局であるMBS・CBC製作の作品では、標準を16:9としており、このようなサイドカットは行われていない。

このような放送をしていることについて、TBSは公式なコメントを出していないものの、アニメファンの間では「DVDの売り上げを伸ばすため」というのが概ねの見解である(レンタルも地上波と同じサイドカットであるため)。
深夜アニメにとってはDVDの売り上げが非常に重要になるとはいえ、テレビ局の立場を利用した一方的な戦略に憤る視聴者も少なくない。

このサイドカットは2001年10月から行われてきたが、2009年10月からようやく地上波放送もBSと同じ映像で放送するようになった。8年間もこの放送形態を続けていたことになる。

また最近では「けいおん!」の初回限定版をBlu-rayのみで売り出すという暴挙にも出た。

パンチラについてはテレ東と並び非常に厳しく規制されており、原作でどれだけ派手にパンチラされていようともアニメにおいては絶対に鉄壁スカートである(おかずじゃなくて主食だもん!!を参照)。

ニコニコ動画においても、自社の権利所有作品において、本編の名シーン集は数万再生でも消さないのに、それを使ったと思われるMADは数日で削除されるなど、削除の基準が非常に曖昧である。

他のキー局と同じく、自社製作のアニメはネット配信を全くと言っていいほど行っておらず(代わりにBS-TBS、TBSチャンネルでの放送を行っているが、JNN系列全局での放送をやらかしたことも)、地方民涙目な状態が続いていたが(ただし旧作はいくつかチャンネル配信を行っているものもある)、2011年夏・秋アニメの「THE iDOLM@STER」で初めてニコニコチャンネルでのネット配信(各話1週間のみの限定配信)、2012年夏の「恋と選挙とチョコレート」で初めて新作の永続配信(有料)、そして2013年冬の「ささみさん@がんばらない」の途中から無料での配信が始まった。

また、2014年7月22日にはTBS・MBSで放送された、もしくは放送中のアニメのグッズを販売する「アニまるっ!」という通販サイトが開設された。

TBSが協賛するニコニコチャンネル

TBSオンデマンド~以外は、いずれもかなり前に更新が止まっている。

TBSの番組

ニコニコ大百科に記事があるTBS制作の番組を追加してください。MBS、CBC等系列局制作の番組は該当局の記事に記載してください。

アニメ

木曜日

 現在放送中のアニメ

 ▽青春×機関銃
 ▽城下町のダンデライオン

過去に放送していたアニメ

1960~80年代
  • オバケのQ太郎 1965年8月~1967年6月
  • パーマン 1967年4月~1968年4月
  • チャージマン研! 1974年4月~6月
  • ザ☆ウルトラマン 1979年4月~1980年3月
  • プラレス3四郎 1983年6月~1984年2月
  • ビデオ戦士レザリオン 1984年3月~1985年2月
  • 超獣機神ダンクーガ 1985年4月~12月
  • ワンダービートS 1986年4月~11月
  • 笑ゥせぇるすまん 1989年10月~1990年9月、1991年3月~1992年3月、7月~9月
1990年代
  • 少年アシベ 1991年4月~12月
  • OH!MYコンブ 1991年5月~9月
  • ドラゴンクエスト ダイの大冒険 1991年10月~1992年9月
  • 少年アシベ2 1992年10月~1993年3月
  • B'T-X 1996年4月~9月
  • 逮捕しちゃうぞ 1996年10月~1997年9月
  • アニメがんばれゴエモン 1997年10月~1998年3月
  • さくらももこ劇場 コジコジ 1997年10月~1999年9月
  • セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん 1998年1月~4月
  • アキハバラ電脳組 1998年4月~9月
  • 浦安鉄筋家族 1998年6月~8月
  • 魔術士オーフェン 1998年10月~1999年3月
  • 逮捕しちゃうぞSpecial 1999年3月~4月
  • 魔術士オーフェン Revenge 1999年10月2日~2000年3月
  • Di Gi Charat(ワンダフル版 スペシャル含む) 1999年11月~12月、2000年8月、12月、2001年4月、8月
2000年代
  • サクラ大戦TV 2000年4月~9月
  • 無敵王トライゼノン 2000年10月~2001年3月
  • 逮捕しちゃうぞ SECOND SEASON 2001年4月~9月
  • RAVE 2001年10月~2002年9月
  • ちょびっツ 2002年4月~9月
  • ヒートガイジェイ 2002年10月~2003年3月
  • GetBackers-奪還屋- 2002年10月~2003年9月
  • 忘却の旋律 2004年4月~9月
  • ローゼンメイデン(旧アニメ版) 2004年10月~12月
  • ジパング 2004年10月~2005年3月
  • AIR(TV版) (BS-i (現・BS-TBS)制作) 2005年1月~3月
  • ああっ女神さまっ 2005年1月~7月
  • 苺ましまろ 2005年7月~10月
  • BLACK CAT 2005年10月~2006年3月
  • ローゼンメイデン トロイメント 2005年10月~2006年1月
  • びんちょうタン 2006年2月~3月
  • xxxHOLiC 2006年4月~10月
  • ああっ女神さまっ それぞれの翼 2006年4月~9月
  • あさっての方向。 2006年10月~12月
  • Kanon(京アニ版) (BS-i (現・BS-TBS)制作) 2006年10月~2007年3月
  • ひだまりスケッチ 2007年1月~3月
  • 神曲奏界ポリフォニカ 2007年4月~6月
  • おおきく振りかぶって 2007年4月~9月
  • 怪物王女 2007年4月~9月
  • 逮捕しちゃうぞフルスロットル 2007年10月~2008年3月
  • CLANNAD 2007年10月~2008年3月
  • xxxHOLiC◆継 2008年4月~6月
  • To LOVEる -とらぶる- 2008年4月~9月
  • ひだまりスケッチ×365 2008年7月~9月
  • 夜桜四重奏 2008年10月~12月
  • CLANNAD~AFTER STORY~ 2008年10月~2009年3月
  • 明日のよいち! 2009年1月~3月
  • PandoraHearts 2009年4月~9月
  • けいおん! 2009年4月~6月
  • ヴァイス・サヴァイヴ 2009年6月~9月
  • 大正野球娘。 2009年7月~9月
  • けんぷファー 2009年10月~12月
  • にゃんこい! 2009年10月~12月
  • ヴァイス・サヴァイヴR 2009年12月~2010年3月
2010年代
  • ひだまりスケッチ×☆☆☆ 2010年1月~3月
  • おおかみかくし 2010年1月~3月
  • おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 2010年4月~6月
  • 会長はメイド様! 2010年4月~9月
  • けいおん!! 2010年4月~9月
  • アマガミSS 2010年7月~12月
  • それでも町は廻っている 2010年10月~12月
  • インフィニット・ストラトス 2011年1月~3月
  • 夢喰いメリー 2011年1月~4月
  • 緋弾のアリア 2011年4月~6月
  • 電波女と青春男 2011年4月~6月
  • THE iDOLM@STER  2011年7月~12月
  • まよチキ! 2011年7月~9月
  • 僕は友達が少ない 2011年10月~12月
  • キルミーベイベー 2012年1月~3月
  • アマガミSS+ plus 2012年1月~3月
  • あっちこっち 2012年4月~6月
  • さんかれあ 2012年4月~6月
  • 恋と選挙とチョコレート 2012年7月~9月
  • この中に1人、妹がいる! 2012年7月~9月
  • ひだまりスケッチ×ハニカム 2012年10月~12月
  • 武装神姫 2012年10月~12月
  • ささみさん@がんばらない 2013年1月~3月
  • 僕は友達が少ないNEXT 2013年1月~3月
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2013年4月~6月
  • フォトカノ 2013年4月~6月
  • ステラ女学院高等科C3部 2013年7月~9月
  • ローゼンメイデン(新アニメ版) 2013年7月~9月
  • アウトブレイク・カンパニー 2013年10月~12月
  • IS〈インフィニットストラトス〉2 2013年10月~12月
  • 魔法戦争 2014年1月~3月
  • 桜Trick 2014年1月~3月
  • ブレイドアンドソウル 2014年4月~6月
  • 僕らはみんな河合荘 2014年4月~6月
  • RAIL WARS! 2014年7月~9月
  • 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 2014年7月~9月
  • 甘城ブリリアントパーク 2014年10月~12月
  • 俺、ツインテールになります。 2014年10月~12月
  • 幸腹グラフィティ 2015年1月~3月
  • 銃皇無尽のファフニール 2015年1月~3月
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 2015年4月~6月
  • レーカン! 2015年4月~6月

特撮番組

  • ウルトラシリーズ ※1966年~
    • ウルトラQ 1966年1月~7月
    • ウルトラマン 1966年7月~1967年4月
    • ウルトラセブン 1967年10月~1968年9月
    • ウルトラファイト 1970年9月~1971年9月
    • 帰ってきたウルトラマン 1971年4月~1972年3月
    • ウルトラマンA 1972年4月~1973年3月
    • ウルトラマンタロウ 1973年4月~1974年4月
    • ウルトラマンレオ 1974年4月~1975年3月
    • ウルトラマン80 1980年4月~1981年3月
  • アイアンキング 1972年10月~1973年4月
  • 電光超人グリッドマン 1993年4月~1994年1月

※2011年放送開始のアニメ「ウルトラマン列伝」シリーズはテレビ東京にて放送。

一般

現在放送中の番組

帯番組
  • ひるおび! (月)~(
  • Nスタ (月)~()、(日)
  • NEWS23 (月)~(
週一放送
  • パナソニックドラマシアター (月) ※旧名はナショナル劇場 1964年~
  • ぴったんこカン★カン (
  • 王様のブランチ (土)
  • 報道特集 (土)
  • 日立 世界ふしぎ発見! (土)
  • 情報7days ニュースキャスター (土)
  • COUNT DOWN TV (土) 深夜
  • ランク王国 (土) 深夜
  • がっちりマンデー!! (日)
  • サンデーモーニング (日)
  • サンデージャポン (日)
  • アッコにおまかせ! (日)

特番

  • 輝く!日本レコード大賞 1959年~
  • オールスター感謝祭 1991年~
  • SASUKE 1997年~

過去に放送していた番組

  • 愛の劇場 1969年~2009年3月
  • 8時だョ!全員集合 1969年~1985年
  • 月曜ロードショー 1969年~1987年
  • Gメン'75 1975年~1982年
  • クイズダービー 1976年~1992年
  • ザ・ベストテン 1978年~1989年
  • 噂の刑事トミーとマツ 1979年~1982年
  • クイズ100人に聞きました 1979年~1992年
  • 3年B組八先生 1979年~2008年
  • 朝のホットライン 1981年~1990年
  • 風雲!たけし城 1986年~1989年
  • テレビ探偵団 1986年~1992年
  • 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ 1986年~1992年
  • 三宅裕司のいかすバンド天国 1989年~1990年
  • 渡る世間は鬼ばかり 1990年~2011年
  • ブロードキャスター 1991年4月~2008年9月
  • どうぶつ奇想天外! 1993年10月~2009年3月
  • 関口宏の東京フレンドパークⅡ 1994年~2011年
  • ウンナンの気分は上々。 1996年~2003年
  • うたばん 1996年~2010年3月
  • はなまるマーケット 1996年~2014年3月
  • みのもんたのサタデーずばッと 2002年~2014年3月
  • きょう発プラス! 2005年~2006年
  • イブニング・ファイブ 2005年~2009年3月
  • 朝ズバッ! 2005年~2014年3月
  • 2時っチャオ! 2006年~2009年
  • ピンポン! 2006年~2009年
  • アナCAN 2008年~2009年9月
  • 総力報道!THE NEWS 2009年4月~2010年3月
  • クイズ☆タレント名鑑 2010年~2012年

アナウンサー

入社年 (性別)名前 備考
2015年 宇内
上村彩子
2014年 宇垣美里
皆川玲奈
品田亮太

2013年 小林由未子
笹川友里
国山ハセン
熊崎風斗

2012年 林みなほ
2011年 古谷有美
吉田明世
2010年 小林悠
佐藤渚
石井大裕
2009年 江藤愛
田中みな実 2014年退社。
2008年

加藤シルビア
山本匠晃
枡田絵理奈 2015年退社。
2007年 井上貴博
杉山真也
2006年 出水麻衣
水野真裕美
伊藤隆佑
2005年 青木裕子 2012年退社。
いろいろ噂されていた矢部浩之(ナインティナイン)と結婚。
新井麻希 2010年退社。
岡村仁美
2004年 赤荻歩 嵐・櫻井翔とは学生時代からの知り合い。
蓮見孝之
2003年 小林麻耶 2009年退社。
高畑百合子
高野貴裕
2001年
竹内香苗
TBS代表「地デジ推進大使」。数々の武勇伝を持つ女子アナ。
2012年退社。
藤森祥平
2000年
久保田智子
山内あゆ 回文アナウンサー。
1999年 豊田綾乃
佐藤文康
海保知里 2008年退社。
1998年
外山恵理
駒田健吾
新タ悦男 「タ」の字はカタカナである。
1997年
小倉弘子
安住紳一郎 TBSの顔。フジテレビ「笑っていいとも!」のトークコーナー
“テレフォンショッキング”に出演したこともある。
伊藤隆太
1996年 木村郁美
小笠原亘
1995年 小川知子
小島慶子 アクの強いキャラクターで知られる。愛称は「オジキ」。
「BATTLE TALK RADIO アクセス」「小島慶子 キラ☆キラ」など
ラジオパーソナリティとしても活躍。
2012年退社。
堀井美香
土井敏之 元NHKアナウンサー。
1994年 進藤晶子 2001年退社。
長岡杏子
升田尚宏
1993年 清水大輔 元札幌テレビ所属。
初田啓介
1991年 秋沢淳子
安東弘樹
1989年 小林豊 背が低いため、「小林少年」の愛称で親しまれる。
斎藤哲也 「はなまるマーケット」の「クイズママダス」のコーナー司会で有名。
1988年 清原正博
佐古忠彦
向井政生
1987年 長峰由紀
1986年 岡田泰典
戸崎貴広
1984年 椎野茂 ニコニコではベイスターズ戦での毒舌実況で有名。
柄沢晃弘 1991年退社。現在はWOWOWのアナウンサー。
1983年 浦口直樹
1981年 柴田秀一
1979 林正浩
1977年 吉川美代子 2014年定年退職。
三雲孝江 1990年退社。
1976年 鈴木順 「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)でもお馴染み。
かつては立派な髭を蓄えており、『騙し絵』とも呼ばれた。
2013年定年退職。
生島ヒロシ 1989年退社。
1975年 宮澤隆 2012年定年退職。
1967年 久米宏 1979年退社。
宮内鎮雄 「風雲!たけし城」「CBSドキュメント」など主にナレーション仕事で活躍。
2005年定年退職。

※死去した人物、1966年以前及び1968~1974年に入社したアナウンサー、退社ではなくアナウンス部から異動した人物、退社後に原則としてアナウンサー以外の仕事を行っている人物は記載していません。これらに該当する人物でも、定年退職した人物や特記すベき有名人は例外として記載しています。

削除状況

この動画は株式会社東京放送の権利を侵害していたため、
または申し立てがあったため削除されました。
→調べる
この動画は株式会社TBSテレビの権利を侵害していたため、
または申し立てがあったため削除されました。
→調べる
この動画は在京テレビ局6社へ提出した申入書に基づき、
テレビ放送番組と判断したため削除されました。
→調べる

なお、反日報道が全開で、それに関する糾弾動画が顕著になっているため、在京テレビ局の中では削除工作に必死である。

TBSが削除した動画・コンテンツ一覧

※過去に削除されたものです。参考までにどうぞ。

全編使用による削除

  • 苺ましまろ
  • AIR(TV版)
  • Kanon(京アニ版)
  • CLANNAD
  • ひだまりスケッチ×365
  • ローゼンメイデン
  • チャージマン研!

一部使用による削除

関連商品

外部リンク

関連項目

地デジ BSデジタル
1 NHK 総合 NHK BS1
2 NHK Eテレ ---
3 tvk 神奈川県 NHK BSプレミアム
テレ玉 埼玉県
チバテレ 千葉県
とちテレ 栃木県
群馬テレビ 群馬県
4 日本テレビ BS日テレ
5 テレビ朝日 BS朝日
6 TBS BS-TBS
7 テレビ東京 BSジャパン
8 フジテレビ BSフジ
9 TOKYO MX 東京都 WOWOW
10 --- スターチャンネル
11 --- BS11
12 放送大学 TwellV

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/tbs
ページ番号: 349488 リビジョン番号: 2426554
読み:ティービィーエス
初版作成日: 08/07/14 00:23 ◆ 最終更新日: 16/11/10 20:26
編集内容についての説明/コメント: 現在の状況を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

TBSについて語るスレ

588 : ななしのよっしん :2016/08/13(土) 23:14:34 ID: u2L1n9O4N6
いったん落ち着こうぜ

「あ~子どもの頃に♪ 見上げてた空はオールマイトレジャ~♪」

今回は「まもなく!!」で引っ張るなよ
589 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 19:56:04 ID: EXl5eNWRaI
この間やってた世界のドッキリを日本でやるっていうドッキリ番組が超ヤバかった
何アレ、酷いなんてもんじゃない、もう大学生の悪ノリレベル
もう雑すぎてツッコミが追いつかない、も手間も掛かってるのにほとんど失敗してるし
明らかに企画崩壊してるのに強引に進行したり、もう大失敗なのに成功的な扱いするし、失敗VTRをそのまま流すとか理解できない、イッテQでやってるノリが自分たちでも出来るとでも思ったのか
極め付きは、ドッキリなのにホラー企画として芸人達呼んで、連続で仕掛けるとか頭わいてんじゃないかと疑うレベル
フジが悪い意味で目立ってるけどTBSのバラエティ班も相当ヤバいな
590 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 11:50:18 ID: /FerDu1Y0h
そんなあなたには藤井健太郎をおすすめする
591 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 03:28:28 ID: qdcwU86OXS
フジはセンスが無いだけ。関テレとかはまともだし
TBSは本社から地方局に至るまで技術が無い
592 : ななしのよっしん :2016/10/27(木) 16:48:50 ID: errQjphyil
初田とか言うゴミカスいつまで飼ってんだよ
他にいないのかここは
593 : ななしのよっしん :2016/11/09(水) 01:38:06 ID: errQjphyil
>>591
関テレとか一番クソだろ
594 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 15:25:34 ID: iuf5E5YjSP
この局は他に比べて所謂「オタク晒し上げ」が多い気がするなぁ
595 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 18:10:43 ID: C0hTo3CI8D
加筆で追加された箇所に「スタッフの若返りで視聴率上昇傾向が出てきている」ってあるけど、黄期のスタッフが現場を去る際に次の世代へのバトンタッチに失敗したのがその後の長期低迷のきっかけのひとつになったそうね 現場を経験したことのない人間が急にプロデューサーとかやらされてたのにダウンタウンがキレてしばらくTBSに出たがらなかったとか聞いたことある
一度焼け野原になった後、そこからようやくまともな人間が育ってくるのに20年くらいかかった
フジテレビも人事異動しまくって現場が大混乱していると聞くけど、TBSと同じ道を歩むのかなぁ...
596 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 15:42:56 ID: OEFvQBR+Ig
<ネットで見つけた気になる書き込み>

鈴木史郎さんが「南京事件の検証番組作りたい」と言っただけで
直ちに干されたことを考えると
マスコミにとって生命線なんだろうな>南京大虐殺

TBSの山口・NY支局長も
「ベトナムに韓国軍の慰安施設があった」って資料をスクープした途端に
営業に飛ばされるしこれもマスコミにとって生命線か

赤坂の不動産王、放送事業は最早趣味の世界、関東キー局で最も早く在外勢力乗っ取られた放送局、
ハングルの読み書きが出来ない奴は一生ヒラ社員のTBSなら、まあ然もありなんな事ですね。
597 : ななしのよっしん :2017/01/03(火) 17:33:55 ID: DYwdyCixlT
>>597
水曜日のダウンタウンやスター名鑑で
プロデューサーやってる藤井さんの話聞く限り
後輩がクレイジージャーニー作ってるって言ってたし
ひとまずの世代交代はできたんだろうなって感じするわ。
藤井さんもまだ36で結構若いし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015