単語記事: The Elder Scrolls

編集
TES関連項目 帝国軍からのお知らせ】
帝国は常に「The Elder Scrolls」関係の項を探している。
その気があるなら「TESシリーズの関連項目一覧」に行け。

The Elder Scrolls(略:TES)はベセスダ・ソフトワークスが開発したコンピュータRPGシリーズである。

概要

長大な歴史られた正統派ファンタジー作品。タムリエルTamriel)と呼ばれる大陸とその周辺の小大陸を舞台に様々なストーリーが繰り広げられる。

一人称視点オープンワールドRPGであり、広大世界の中を自由に冒険できるのが特徴。メインクエスト以外に、様々なサイドクエスト、突発的なイベントがあり、メインクエストに縛られない自由度の高さが売り。それに合わせて成長システムもまた自由度が高く、様々なロールプレイを楽しめるように作られている。その子は初代Arenaから最新作まで代わっておらず、作品を経るごとにシステムグラフィックが強化されている。

三作Morrowindより、MODと呼ばれるユーザーゲーム内容を変できる拡システムを導入しており、ユーザーコミュニティにより、日々ゲーム世界は拡大している。

The Elder Scrollsって?

The Elder Scrollsシリーズゲーム内に登場する巻物のこと。日本語版では「星霜の書」と訳されている。

これまでに起きたことを記す歴史書であり、これから先に起こることが記されている予言書でもある。次の作品が出るたびに「また別の書が見つかった」という設定で物語が展開されている。ただしグレイビアードの長パーサーナックスいわく「予言書としての機は"星霜の書"にあるの一部に過ぎない」とのこと。

エルフ調あるいはドワーフ調と見られる意が施された金属の筒に入っており、ツマミを引っぱり出すと巻物の中には魔方陣などが描かれた一枚だけ入っている。代のころに作られたといわれる高度な巻物で、人知を越した特殊な存在であるため、いかなる手段をもってしても内容変や破壊は不可能。また、巻物は複数存在しているが勝手に増えたり減ったりするらしい(シロディールには十数巻置かれていたことがある)。

書を読むためだけに修練を積んだ僧侶が、適正な準備や手順を行ったうえでようやく読めるという代物であり、一般人を含め手順を視した者や修練を積まない者が閲覧すると内容が得られないどころか失明してしまう。ただし例外として、バカか、あるいはドヴァキンTES5主人公)のように星霜の書自身が許可した者などは閲覧しても影がない。 [1]

なおドワーフたちは、機械を用いて書の内容を辞典に書き出すという高度な技術をすでに確立させている。

シリーズ一覧

ナンバリングタイトル

The Elder Scrolls: Arena
The Elder Scrolls: Arena 1994年 MS-DOS 第三紀 389
タムリエル全土が舞台。
The Elder Scrolls II: Daggerfall
The Elder Scrolls II: Daggerfall 1996年 MS-DOS 第三紀 405年
リアック湾が舞台。
ハイロック南部
ハンマーフェル北部)
The Elder Scrolls III: Morrowind
The Elder Scrolls III: Morrowind 2002年 Windows
Xbox
第三紀 427年
モロウウィンド地方が舞台。
Tribunal 2002年 Windows
Xbox
Bloodmoon 2003年 Windows
Xbox
The Elder Scrolls IV: Oblivion
The Elder Scrolls IV: Oblivion 2006年 Windows
Xbox360
PlayStation3
第三紀 433年
シロディール地方が舞台。
Knights of the Nine 2006年 Windows
Xbox360
PlayStation3
Shivering Isles 2007年 Windows
Xbox360
PlayStation3
The Elder Scrolls V: Skyrim
The Elder Scrolls V: Skyrim 2011年 Windows
Xbox360
PlayStation3
第四紀 201
スカイリム地方が舞台。
Dawnguard 2012年 Windows
Xbox360
PlayStation3
Hearthfire 2012年 Windows
Xbox360
PlayStation3
Dragonborn 2012年 Windows
Xbox360
PlayStation3

オンラインタイトル

The Elder Scrolls Online
The Elder Scrolls Online 2014年 Windows 第二紀 582年
シロディール地方が舞台のMMORPG

外伝

外伝
The Elder Scrolls Legends: Battlespire 1997年 MS-DOS
The Elder Scrolls Adventures: Redguard 1998年 MS-DOS
The Elder Scrolls Travels: Stormhold 2003年 Java ME - 携帯電話向け
The Elder Scrolls Travels: Shadowkey 2004年 N-Gage
The Elder Scrolls Travels: Dawnstar 2004年 Java - 携帯電話向け

世界観

別記事を参照 → タムリエル

※もしくは関連動画を参照。

書籍

関連動画

ムービー

音楽

世界観について

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *たとえドヴァキンでも適正な手順をふまなければ一般人と同様に失明する。星霜の書は知のない者には不活性であるため、バカの場合は閲覧しても良い影はないが逆に悪い影もない。ある意味では最強か。 → 星霜の書の効果について(Skyrim Library)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/the%20elder%20scrolls
ページ番号: 4798165 リビジョン番号: 2244400
読み:ジエルダースクロールズ
初版作成日: 12/01/08 10:52 ◆ 最終更新日: 15/08/10 10:12
編集内容についての説明/コメント: スタイルを書物風に変更、関連コミュの設置、動画の追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

The Elder Scrollsについて語るスレ

98 : ななしのよっしん :2017/01/11(水) 01:31:08 ID: 8+NNNsKhhm
>>96
マジかい…開発中の新規IPとやらに期待しておくか
99 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 18:29:27 ID: qhKRgIUi0o
世界観が凝っててワクワクさせてくれるけど知名度はまだまだ低いほうだからかなしい
画集とか和訳ノベライズとかも見かけないし
The Elder Scrolls:VIが発売されたら日本でもFFDQ並みの知名度になるんだろうか
いつかデフォルメサイズじゃなくて実寸大のサイズで冒険してみたい
100 : ななしのよっしん :2017/01/13(金) 06:27:32 ID: HGPruw38QL
>>99
容量1TB必要になりそうだなw
101 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 11:47:59 ID: 4KnSM6BOXc
>>99
その二つ並ってことは一般受けしなくちゃ到達できないから、文化背景の違いなんかも考えるとかなり厳しいと思うよ
ちょうど、日本で多大な支持があるドラクエ海外では100万規模に留まっている、を逆の立場にした感じでさ

>>100
その頃には、HDDの容量も100TBクラスになっているだろうからへーきへーき
102 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 18:48:43 ID: oqBIdYIZAn
Skyrimも発売時ネット上では相当話題になってたと思うけどね
売上とか知名度はしらん
103 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 17:36:46 ID: 4Am+ePAOhN
質が高いからと言って大衆受けする訳でもいからなぁ
と言うかTESストレートにエグかったりするのも厳しい
元々年齢層の高いユーザーに向けたゲームなのも難点
104 : ななしのよっしん :2017/03/04(土) 02:05:28 ID: n1Dc/BLGpP
ぶっちゃけこの手の洋物RPG日本メジャー化は理。重視する部分が違いすぎるもん。
例えばSkyrimって凄いけど、振るアクションとか雑いよね。世界をシミュレートするという視点では確かに正しい計算をやってるんだろうけど、そのせいで戦闘自体にはあんまり快感がない。シナリオも同様で、自由度が高いのは素晴らしいが、文化差を考慮してもはっきり言ってキャラは弱い。
この辺を解決しないとメジャー化はまず理だが、やっちゃうと今度は独自の魅がなくなるという。
105 : ななしのよっしん :2017/03/04(土) 02:11:50 ID: 3NGgrdLMIv
新作ゼルダインタビュー見て世界観重視で作るのは日本じゃ厳しいことを痛感させられたなぁ
その上で作っちゃった任天堂も大概おかしいが他が真似するのも理すぎる…
106 : ななしのよっしん :2017/03/17(金) 02:32:06 ID: 8+NNNsKhhm
>>104
アクションが雑なのはただ単にこのスタジオが苦手なだけだと思う
世界観に合った手すぎないマシアクションがあるはずだし
107 : ななしのよっしん :2017/03/20(月) 03:28:59 ID: n1Dc/BLGpP
うん。だからそれは重視してないってことなんだよ。思想的に気合入れる理由を理解できないと言ってもいい。
日本RPGの戦闘が物理的にリアルかみたいなところをも大して気にしないのと同様、Skyrimの開発者にとっては「オートカッコよく攻撃するボタンではなくを振るボタンだ」という直結した因果関係やアクションにかかる時間的なリアルさが重要なのであって、もっとこうすればいわゆるゲーム的に気持ちいいんじゃないかという部分は枝葉なんだよね。
仮にそういうところで調整を入れたとすると、ルールに対する例外が増えることになるからゲーム全体ではなものになってしまう。「物理リアル世界がまるごとそのままある」というあの感じを出すためには、あれぐらい突き放してないと表現としてバランスしないだろうと思うんだけど、日本の多数プレイヤーの快楽原則からは外れてるし、今後「良」してくるとも思えないんだ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015