単語記事: THE LAST OF US

編集

THE LAST OF US』 (ザ ラスト オブ アス)とは、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売中のPlayStation3専用ソフトである。ジャンルサババルアクション。開発はアンチャーテッドと同じノーティドッグが担当する。

2014年8月21日PS4で「The Last of Us Remastered」が発売予定。全てのダウンロードコンテンツが収録され、映像PS4最適化され、よりリアルなものとなる。

概要

クラッシュ・バンディクーシリーズ、『ジャック×ダクスターシリーズ、『アンチャーテッドシリーズを手がけたアメリカノーティドッグが開発するアクションゲームノーティドッグゲームとしては初のCERO:Z定。
サウンド映画『Brokeback Mountain』と『Babel』でオスカー作曲賞に2度いたGustavo Santaolalla氏が担当している。

アンチャーテッドシリーズ同様、三人称視点で進行するアクションアドベンチャーゲーム
舞台となる世界は、の菌類が蔓延したことで人類の大半が死滅し文明も滅びた過酷な状況にあり、
プレイヤーは中年男性ジョエルを操作し、限られた資素材弾薬)を集めながら、人ではなくなった“感染者”や、かろうじてパンデミックを生き残りながらも他者の命を奪って生活している"生存者"達と闘いつつ、少女エリーを連れてアメリカしていく。

開発元のDruckmannく、本作は「ホラーゲームと言うよりラブストーリー恋愛ではなく親子の)かもしれない」とのこと。

海外の発売日より約三週間後の2013年7月3日時点で全世界340万本の出荷本数(DL版販売本数含む)を記録。
これは2013年Playstation3ソフト最多セールスであり、同時にPlaystation3の新規IPにおける史上最速ペースのセールスとなった。

数々のメディアレビューで高得点を獲得した非常に評価の高いゲームである。また、同年にGTAVという超大作ゲームがあったにもかかわらず、ゲーム史上最多のゲーム・オブ・ザ・イヤーGOTY)を獲得した。

複数のDLCが発表されている。シングルキャンペーン向けDLCも含まれており、これはノーティドッグ作品としては初。※下で解説

ストーリー

アメリカ合衆国を襲った、未曾有のアウトブレイク

原因不明の病原菌に蝕まれた感染者に脅える人々。
感染の拡大を防ぐため、軍によって強制的に隔離されたかつての大都市は、荒の一途を辿っていた。

20年経った現在も状況は進展せず、物資を巡る生存者同士の争いが続く。
病原菌に有効な抗体もなく、感染の被は止まる所を知らない。
強権的な軍に抑圧された生活を強いられる中、多く者は自らの命を守るために
信条や徳、誇りを捨てて手を汚すを選んだ。

病原菌のパンデミックで全てを奪われ、己のためだけに行動する事で、
この荒みきった世界を生き抜いてきた男、ジョエルミラー

ブラックマーケットでの取引を生業としている彼は、とある仕事エリーという十四歳の少女と行動を共にする事になる。

絶望しかない世界で、ジョエルエリーの長い路が今、始まろうとしていた。

登場人物

主人公 

ジョエル - Troy Baker  日本語吹替:山寺宏一

冷酷な中年男性。 生きるためなら手段を選ばない非情な性格の持ち
世界崩壊後は隔離地域のブラックマーケットで密輸を行って生計を立てている。
いわゆるアンチヒーロータイプキャラクターエリーとはを通じて、信頼関係を築いていくことになる。

日本語版の取扱説明書6ページに"ジョエルミラー"とあるがこれは非公式
英語版の解説書、英語版の公式サイト英語攻略本ゲーム中には彼のフルネームは一切記載されていない
(SECJは過去にもアンチャーテッド主人公、ネイサン・ドレイクをネイト・ドレイクと記載してた前例あり)

エリー - Ashley Johnson 日本語吹替: 潘めぐみ 

軍が統治する都市で育った14歳少女
年齢の割には大人びた性格であり、
世界崩壊後に生まれているため、崩壊前の世界を知らない。

日本語版の取扱説明書6ページ"エリーウィリアムズ"とあるがこれは非公式
英語版の解説書、英語版の公式サイト英語版の攻略本ゲーム中には彼女のフルネームは一切記載されていない
(SECJは過去にもアンチャーテッド主人公、ネイサン・ドレイクをネイト・ドレイクと記載してた前例あり)

勢力

隔離地域を統治している武装兵。ルールを破った者や、感染した者は直ちに処刑する。
「配給カード」と引き替えに食糧の配給も行っている。
をもって隔離地域の治安を維持している組織。

ファイアフライ

マーリーンという女性リーダーとした軍への抵抗組織。
隔離地域へ禁輸品を持ち込んで戦を蓄えていたが、
軍との抗争で壊滅的な打撃を受ける。

ハンター

隔離地域から見捨てられた生存者の集団。
グループ意識が強く、生き残るために常に物資を探している。
自分たちの縄りを侵す者や、物資を奪いに来た者は容赦なく殺する。

インフェクテッド感染者

の病原菌に感染した元人間。感染の度合いによって外見と行動パターンが異なり、
感染初期段階は「ランナー」、頭部が変形した第二段階は「ストーカー」、
頭部が原形を留めていない第三段階は「クリカー」と呼ばれている。

人間が感染者に噛まれる事で菌に感染。徐々に正気を失っていき、概ね二日でインフェクテッドに変異してしまう。

 マルチプレイ

概要

プレイヤーファイアフライハンターのどちらかの勢を選択し、戦闘を通じて物資を集めて自分のチームを拡大しつつ、12週間を生き延びる事が標。
なお一度選んだ勢は12週生き延びるか、人口が0になってゲームオーバーになるまで変更は出来ない。

ルール

「物資争奪戦」と「生き残り戦」の二つのルールから選択する。いずれも4vs4のチーム戦である。
対戦が終了し、チームの決着が付くと1日経過と見なされる。(12週間生存=84ラウンド生き抜く事になる)

物資争奪戦

死亡しても一定時間後に復活が出来る。ただし、1チーム全体での復活回数が20回までと決められている。
相手チーム全滅させるか、タイムアップ時に残りの復活回数の多い方が勝利。

生き残り戦

ラウンド制で、死亡した場合はラウンド中の復活はない。
相手チーム全滅させるか、タイムアップ時の残人数が多いとラウンドを取った事になり、4ラウンド先取で勝利となる。

人口

自分が所属するコミュニティメンバー数であり、これを増やしていく事でアイテムアンロックなどが発生する。
(他のプレイヤーチームを組んでいる、と言うわけではなくマルチプレイモード用のパラメータである)

戦闘の総獲得スコア(部品)に応じて物資を得る事が出来、物資で自分のコミュニティにいる人間を養っていく事になる。
多くの物資を稼ぐと自然と人口が増えていくが、人口に応じて養うのに必要な物資数が増える。
物資が不足するとメンバーは徐々に飢餓状態や病気となり、やがて死んで人口が減っていく。

全滅してしまうとゲームオーバーチーム全滅させずに12週間を生き抜く事が的である。

ゲームプレイ

ほぼシングルプレイと同様の操作。マップ中には工具に入った資があり、これを各々回収してアイテム工作しつつ、敵チームメンバーを殲滅していく事になる。
なお資チームで分け合うのではなくプレイヤーごとに取得できるため、資回収で遠慮する必要はい。

操作においてシングルプレイと異なる点は以下の通り。

  • 周りの音を探知する"聞き"の使用頻度・時間に制限がある。
  • 敵に照準を合わせた状態でR3を押下するとマーキング(スポット)が出来る。
  • L3を押下すると、キャラクターカスタマイズで選択したジェスチャーを行う

その他にダウンした敵にとどめを刺す・ダウンした味方を生する、工作画面/Respawn待ち画面から「ストア画面」を開き、戦闘中に獲得した部品を消費して装備のアップグレードが出来る、といったマルチプレイ用の要素がある。
(体くなったプレイヤーダウン状態となり、即死亡とはならないため、生や追撃によるとどめ等の要素がある)

なお工作で作成できるアイテムシングルプレイと同様だが、一部アイテムは必要素材が変更されている。

カスタマイズ

外見のカスタマイズの他に、武器やスキル(装備していると特殊な効果が得られる)のカスタマイズがある。
戦闘に影する武器・スキルは装備ポイントが設定されており、合計装備ポイントの上限に抵触しないように
メインウェポンサブウェポンスキル、ストアで追加購入できる「購入専用武器」の選択を行う。

イベント

チーム生存期間がある程度進むとイベント(事件)が発生。
任意の条件を選択後、一定期間経つとイベントが終了。条件の達成度合いに応じて人口が変動する。                      

関連動画

トレイラー・開発者インタビュー

 
 

発売前に開されたプレイシーン

 

E3プレイ動画と同じロケーションのプレイシーン
中盤以降の他の生存者との戦い方が違うバージョンで、新しい敵のリアクションが確認できる。

追加ストーリー「Left Behind ‐残されたもの-」

ノーティドッグ初となるシングルモードの追加コンテンツが、日本では2014年2月14日から1500円(税抜)で配信中。主人公は「エリー」(めぐみ)で、親友「ライリー」(田村睦心)とともにボストン軍事寄宿学校に通っていた時の物語だ。特典として出演者インタビュー日本語字幕版など複数の映像コンテンツも付いてくる。

 

関連商品

開発の経緯:ジャック×ダクスターとの関係

ノーティドッグは「アンチャーテッド」の開発が一段落したタイミングPS3の「ジャック×ダクスター」の最新作の開発をはじめた。しかし3ヶほど開発したものの、ゲームコンセプトや内容といったものが「ジャック×ダクスター」の世界観にあわないと判断し、「ジャック×ダクスター」ではなく新規のタイトルとしてそのゲームを開発することに方針を変えた。そして発売されたのが「ラストオブアス」である。ラストオブアスの開発者インタビューで「ジャック×ダクスター」の新作が今後ノーティドッグで作られるかという質問に、上記のPS3の「ジャック×ダクスター」のプロジェクトを進めていた開発者は「そうなるといいですね。私でないかが作るかも」と答えている。

ゲーム内で「ジャック×ダクスター」の人形が子供部屋にあったり、おもちゃ屋さんにはボードゲームがあったりするなどカメオ出演もしている。

関連項目

外部リンク

 日本語版公式サイト


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/the%20last%20of%20us
ページ番号: 4781549 リビジョン番号: 2241778
読み:ザラストオブアス
初版作成日: 11/12/12 03:25 ◆ 最終更新日: 15/08/04 19:07
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「ポストアポカリプス」を追加しました。全体のhtmlと、「開発の経緯~」の項の文章の細部を調整しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

THE LAST OF USについて語るスレ

497 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 13:43:15 ID: bAwm6KBq7e
>>496
敵が人間、っていう解釈も少し極端じゃないか?
ビルやトミーみたいに心を許せる人間は他にもいたし、
サムの兄弟に同情したからこそ一時はワクチン開発に積極的だった。
最後の選択の場面だって「他の人間を使えばいい」と言ってる。
選択肢エリーだったから人類を見捨てただけで敵視していたわけじゃないと思う。
498 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 16:46:37 ID: 2InWlviRCo
>>497
極端ではないとは思うが
序盤は感染者が脅威なのに対して、火炎放射器が手にはいるころには楽に対処できるようになる
逆に人間の場合、初めのうちは強な武器を使ってこないが、物語が進むにつれ攻撃手段が多になり感染者以上の脅威となっていく
バイオテロパンデミックを扱う他の作品なら大抵ラスボスに化け物を据えてくるのに対して、人間を据えていることからも製作者の意図が読み取れるはず

作中ジョエルの親しい人物に最も危を加えたのは人間、サラが死んだ後ハンター紛いなことをしていたことやヘンリーとの会話から分かるように、ジョエルは人間を信用していない
サムとヘンリーの死因が感染によるものだったために一時使命感に駆られたが、人食い集団との殺し合いを経た後では「をやめてトミーの元に帰ろう」と言うほどまでに使命感が弱まっている(エリーと別れたくないからでもあるが)
ラストで武器を持っていない医者だろうが容赦なく殺せるのは、マーリーンとのやり取りで人間を自分のする者を奪う存在だとみなしたから
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
499 : サンズ :2016/12/05(月) 17:05:01 ID: cSE/vo31kh
は子供がいないしまだ若いからを失うということがどれだけ辛いのか想像もつかない。
だが、ジョエルがそういう行動に出るだろうということくらいは想像がつく。
もし家族が奪われそうになっているのなら、そこで行動しないわけがない。たとえ血が吹き出ようと泣き喚こうと、絶対に許さん
そしてジョエルはもはや家族同然のエリーを奪われる寸前だった。
だから動いただけ。
それだけだろ?この話は。
いたって単純、シンプル
「ジョエルは確かに人類の最後の希望ファイアフライを潰した。だけど、だからって君はジョエルを責められるの?」っていう投げかけじゃないのか?

日本ではジョエルだって意見をよく見かけるが、海外コラムとかだと圧倒的にジョエル支持が多いよ。
同調圧力社会のせいで個人の考えより周りへの考えを尊重しようって発想が多すぎる。
いざラスアス世界みたいな状況になったら絶対そんな連中はのたれ死ぬだろ・・・。
500 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 18:57:14 ID: X8CTnJGZcP
シナリオも好きだったけどマルチプレイも楽しみだ
501 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 20:48:35 ID: bAwm6KBq7e
>>499
どっちが正しい、って話じゃないんだから日本海外の違いはそれはそれで面いと思うし、
そういう意見をする人がいたって別にいい。
502 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 21:16:18 ID: n/hdIN4s5P
ジョエルクズってより、どちらがエリーにとって納得の行く結末になるかで考えると、どちらとも言えん気がする
まぁ死んだら元も子もいわけだが・・・
503 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 21:26:04 ID: eOJ4nwVnn6
1の終わり方が一旦は完結してた形とってただけに下手にいじると非難殺到だろうなぁ
504 : サンズ :2016/12/05(月) 21:32:21 ID: cSE/vo31kh
>>501
そりゃどう考えるかはそいつの勝手だろう。
だけどただ一つ言えるのは、はそんなとは仲良くなれんってことだ。
エリーのために命かけるのは当然だろ。何を見てきたんだよって思う。
505 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 00:54:45 ID: caxZ4QhYj3
エリーを犠牲にするかファイアフライを潰すかのマルチエンディングのほうが良かったかもな、どっち選んでも苦い終わり方だけども

てかジョエルエリーで続編は出して欲しくなかったわ
同じ世界観で別のかの話にすれば良かったのに
506 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 03:15:40 ID: cvQbuh8Eed
ジョエルエリーの話としては一区切りついてたけど、あの世界って何も問題解決してないからな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015