単語記事: the pillows

編集

the pillowsとは、日本ロックバンドである。アウイェー!

ミュージシャン一覧

概要

一般的な称は「ピロウズ」。

1989年9月16日結成。結成以後、数多くの名曲を生み出しながら、「これぞ」というヒット曲を持たず活動を続けている。メジャーデビュー後はポニーキャニオンからキングレコードavexを経て、自レーベルの「DELICIOUS LABEL」に所属。CDの販売はキングレコードへと戻っている。

ファン達のことを「バスターズ」と呼び、『LITTLE BUSTERS』という楽曲はファンのための曲となっている。間違っても曲名に「!」を付けてはならない。

長い活動歴の中で、自らの音楽の方向性を「第1期」、「第2期」、「第3期」、「第4期」と呼称している。それぞれの時期で音楽の方向性が異なり、近年のthe pillowsの曲からは想像もつかない曲調のものさえある。

例えば、「第1期」当時のリーダー上田ケンジの脱退後から「第2期」にかけてはソウルミュージックボサノヴァなどへの傾倒が見られる。同時期は、こういった他ジャンル音楽を幅広く取り込んだ"渋谷系"音楽グループの全盛期ということもあり、セールスには結びつかず不遇の時代であった。

(ただしバンド結成25周年を祝して行われた2期中心のライブ『“Do You Remember The 2nd Movement?”』で、現在pillows的にアレンジされたこれら2期の楽曲が演奏され、バンドメンバーく色々と思うところ大であったらしい)

また同時期は、彼らが商業的成功を追及していた時期でもある。しかしながら成功に至らなかった時期でもあり、徴的な出来事としては、本人達も傑作だと信じて疑わなかった『Tiny Boat』のセールス失敗が挙げられる。

…とはいえ、不遇の時代だったこの時期に他ジャンル音楽を貪欲に取り込んだことが、結果的にバンドとしての"体(音楽性の引き出しや演奏スキル)"をつけたということも本人たちのるところである。

上記の『Tiny Boat』のセールス&タイアップ失敗や、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTとの対バンなどを経験から、「インディーズに後退しても"本来やりたい"音楽演奏したい」、という山中さわおの決断に真鍋佐藤が合意。代表曲のひとつ、『ストレンジカメレオン』を生み出すと共に急速にロックへとを切り、「第3期」がスタートした。その方向性は、ブリット・ポップなどのイギリス音楽からオルタティヴ・ロックパワーポップを志向した音楽といえる。

活動歴が長いため、交友関係も幅広い。結成15周年記念にリリースされたトリビュートアルバムでは、様々なアーティストバンドが参加していることで話題となった。また多くのフォロワー、あるいは影を受けたその後のバンドも多い。結成25年周年記念のトリビュートアルバムでは若手バンドたちを中心としてthe pillowsの楽曲が演じられてもいる。

2009年9月16日には、結成20周年を祝って武道館ライブを行った。1万枚のチケットは販売開始後10分で売。大成功する(が、山中さわお本人はどうも記憶が曖昧でDVDを見て思い出しているとの発言をしている)。

ただしその後の5年間、the pillowsにとって最大のトラブルが発生することになるとは20周年時には思いもつかないことだった。
山中さわお本人が志向する(ピクシーズブリーダーズなどの)USオルタナ的サウンドへの傾倒が深化するとともに他の二人(真鍋佐藤)との音楽的思考の乖離が発生する。もともと多数の楽曲を作詞作曲、そして若手バンドプロデュースを数々こなし始めた山中さわおには、自分の経験値と二人のギャップがもはやありありと見えていたという。
作曲にあたり、三人のやり取り(山中の作ったメロディーラインに対して二人がアレンジリアクションを返す)が次第に山中がこれをリード、というより全部をまかない始めるようになったという。その中でのバンド活動の慣れがメンバー間の温度差も生じることとなった。

the pillows山中さわおワンマン・バンドでならば問題がない。だが山中本人は、バンドらしいバンドをやりたいと選択。このままでは良くないと、とった行動はリハビリと称してのthe pillows初めての一年間あまりに渡る(2012.6~2013.8)活動休止だった。
その間、山中ソロ活動とプレデターズの活動に入る。他の二人、真鍋吉明はソロ活動・アルバム佐藤シンイチロウももう一つのバンドであるビーズの活動に没頭することになる。

2013年the pillowsは活動を再開。第一期のBa、上田ケンジとともに第一期中心の楽曲ライブ、第二期中心のライブを行い、自分たちの足元と過去を振り返るようにライブ活動からスタートした。

山中さわおの選択はthe pillowsでのオルタナ色追求を諦め(というわりには最新作の『ムーンダスト』でもまだオルタナ色が強かったりするのだけれど)、ロックンロールへの傾倒を深めていくのだと各種のインタビューで答えている。あくまで3人の化学反応的音楽バンドらしいバンドでいたいという発言とともに、本人く、「末期」(第4期)の始まりだと告げてもいる。 

2015年、16年の長きにわたってサポートBa.を務めていた鈴木解雇するとの報道があり、山中さわお本人もPodcastにおいて理由を説明。本人く、長きにわたる諸問題、問題行動がエスカレートするなどしてこれがまることもないことが理由とのこと。ベースと友達を同時に二人失った気持ちだとのこと。今後のサポートBa.については固定でおくかはまだ未定とのこと。

永遠のブレイク寸前

バンドを紹介する文章に「永遠のブレイク寸前」といった、もの悲しいキャッチフレーズがついていたりもするのが特徴だったりもする。加えて、キングレコード時代の低予算PVが哀愁と涙を誘う。

後のインタビューライブMCなどで山中ったところによれば、ベスト盤発売後の時期にキングレコード社内で大きな方針転換があり「ride on shooting star」のヒットなどでブレイク寸前だったthe pillowsの予算が大幅に削られてしまったという。そのため『バビロン 天使の詩』のPVは一行AA(Д)すら制作されるほどのB級漂う出来となり、PVまで撮られたシングル『この世の果てまで』は発売そのものをお蔵入りにされた。

この不遇はavex移籍まで続き、山中ほかメンバーを悩ませたという(その苦悩の時期に作られた曲が「昇らない太陽」)。現在でこそ、結成20年の現在すらセールスは右肩あがりと言われる。

そして念願のavex移籍後は予算も潤沢になりPVも手の込んだ質の高いものに…と思いきや、山中く「PVは基本的にあっさり作っている」とのことでキングレコード時代と大差ないPVが多いのは気のせいではない…と思われなくもない。

YOUR ORDER』のPVでは、手間隙・予算もかかる割にチープに見えてしまうコラージュアニメーションの手法を(バビロン 天使の詩リベンジとして)用いたため、ちょっとばかり物議をかもした。これについては山中さわおく「モンティ・パイソンみたいなカンジで」とのことなので、それを狙って作った感がある。

漫画・アニメとthe pillows

漫画アニメとの繋がりが深いのが特徴の一つである。

2000年から2001年にかけてガイナックスProduction I.Gによって制作されたアニメフリクリ』に、題歌となった『Ride on shooting star』をはじめ多くの楽曲を提供した。

2005年に発売された3枚サウンドトラックフリクリNo.3』は全曲がthe pillows自らの選曲であり、実質的なthe pillowsベストアルバムとなっている。この影アメリカメキシコなどでライブを行うほど(特定分野が好きな人達へ)著名になった。

2005年に放送されたアニメBECK』の最終回the pillowsモデルとしたバンド「ザ・ヒーロウズ」が登場し、そのボーカリスト山中さわおが演じている。

2008年週刊少年ジャンプ35号に掲載された篠原健太漫画SKET DANCE』で、スケット団の3人が『funny bunny』を演奏するシーンが登場した。この話が収録された単行本第6巻の帯には、山中さわおによるコメントが寄せられている。その後、ツタヤでの無料レンタルCDジャケットイラスト篠原健太が手がけている。

またこの前後、携帯電話着メロダウンロードで『funny bunny』が一位になったことがニュースにも取り扱われた。この他、数多くの漫画などでタイトルなどにthe pillowsの楽曲名が引用されるなどケースがある。

この他、アニメMOONLIGHT MILE」のED曲として「スケアクロウ」「BOAT HOUSE」(第1,2シーズン) アニメBEN10」の(第1シーズン)ED曲として「Ladybird girl」が使われている。

2007年より連載が始まり2009年アニメ化もされたかきふらい漫画けいおん!』では、the pillowsメンバーを由来にしたと考えられる名前のキャラクター(山中さわ子真鍋和鈴木純佐藤アカネ)が登場しているが、公式な発表はい。

ただし山中さわお自身はこの件について知っているらしい。自らがパーソナリティをつとめるラジオ番組で「山中さわ子っていうキャラクターが居るらしいんだけど。でも楽曲提供とかそういう話は全く来ないんですけど(笑)」と漏らしていた。

2010年、新曲の『Rodeo star mate』がTVアニメスティッチ! いたずらエイリアンの大冒険』OPに使われることが発表される。…が、その微妙タイアップぶりにファンの間ではこれまた微妙空気が流れている気がしないでもないが、さわお的にはスティッチキャラ設定(かわいい顔して生物兵器)に惚れ込んで曲を作ったらしいから気のせいだよきっと。

2011年、上記SKET DANCEアニメ化タイアップとしてエンディングテーマに「Comic SonicFunny BunnyRock Stock Version)」が使用されたほか、翌2012年にはアニメ65話以降のEDとして山中作詞作曲した世界屋上で見渡せた」が使用されている。

メンバー

1968年12月7日生まれ。北海道小樽市(ぜにばこ)出身。RSR2010ご本人の発言により札幌出身銭育ち。

the pillowsどすべての楽曲の作詞作曲担当。近年は、DELICIOUS LABEL所属バンドプロデュースTHE PREDATORSにもVo.Gt.、ソロでの活動も行う。(ソロとして3枚のアルバムリリース)

アマチュア時代にやっていた印刷業でのバイト故か、浮世絵収集とTシャツ作りが趣味。そのセンスツアー毎に発売されるTシャツグッズなどに遺憾なく(?)発揮されている。

40過ぎのオッサンするも、実はバンド最年少。兄貴分の先輩として怒髪天の増子直純がおり、いろんな意味で頭が上がらないのとラジオ言。RSR2010でも増子に命じられるままステージから観客にダイブなどしている。いや、そのほかにも東京へ出るのに悩みを聞いてあげたりとか、ほんといい体育会系先輩後輩のようだ。
たまにライブ中にキレるのはデフォ。変なコールしたりして怒らせないようにね。あとネギが苦手。某元グラビアアイドルタレントといい仲らしいが周囲はぬるーくスルーしている模様。

1962年10月2日生まれ。北海道札幌市出身。RSR2010山中さわおの突っ込みにより北見出身札幌育ち。

札幌では知る人ぞ知るアマチュアバンドギタリストとして有名(だった)。現在趣味レゲエ鑑賞を起点としてNINE MILESというソロプロジェクトも行っている。the pillowsに参加するまでは、札幌の某デパートの雑貨売り場(実はモー娘某元メンバー父親経営)で商品仕入れも担当していたなかなかのやり手だったとか。
the pillows結成時に山中さわおギターに不安を覚えた?初期リーダー上田ケンジに怒髪天の増子直純がバンド解散直後の真鍋を紹介したことが参加のきっかけ。
the pillowsの名前が決まったのは9月11日真鍋が当時住んでいた(自称高級)マンションの一室だった。

サウンドエンジニアとしてのも高く某音楽ソフト動画でその巧みな手腕を見せつけている。そのギターテクニックは評価が高くマーティ・フリードマンから天才とも言われた。

もうすぐ50代突入だというのに、そのあまりの美肌・もち肌っぷりにはファン女性たちも嫉妬である。昔はあまりのモテっぷりが災いして、怒髪天の増子直純などにその長を狙われていた…などといった逸話が残されている。

柔らかそうなのトーンから想像すると、ものすごーくっぽく見えるが意外と「適当な所もある」、とは山中談。ライブ中ににも伝わらないセリフを言ってはさわおを困らせている模様。

ソロアルバムとして本人が好きなレゲエアルバム、そしてギター中心のインストアルバムリリースしている。

1964年8月16日生まれ。茨城県出身。

初期リーダー上田ケンジと参加していたKENZI&THE TRIPSからthe pillowsへ。
実はその来歴と実績は数多く、当時の有名だったTHE BLUE HEARTSサポートドラマー(正式にバンド参加もオファーされてもいたらしい)やO.P.KINGでもDr.Vo.を担当するなど数多い。現在the pillowsのほかにThe ピーズのにもドラマーとして参加。

上田ケンジが脱退を決めたあと、彼のバンド解散瀬戸際に山中にかけた言葉がなければ、恐らく今のthe pillowsかったと思われる。…が現在バンド内でのボケ担当。ただしトークメンバーで一番上手く、インタビューではん中に座っていることもある。

常にを飲んでおり、ラジオでは「ジョン・ボーナム度」を測る企画さえ行われた。当然ライブ中にも飲むため、MCの時にはベロンロンになっている。しかしドラムプレイは全くブレないという圧倒的なリズムキープを持っている。

また、ある時期をに突如としてピザ化・オッサン化が進行し、今では立オヤジきゃr…パワードラマー変身した。どう見てもの飲み過ぎです。本当にありがとうございました。普段のスタイルである「でもビーサン(ビーチサンダル)・ジャージ」に磨きがかかったとも言える。草野球チーム監督もしているため、貫が出てきたということなのだろうか。

2012年、通になったので色々大変だったらしい。現在プリンゼロビール飲中(お気に入りはサッポロの『極ゼロ』とのこと)

関連動画

関連商品

オリジナルアルバム

その他

関連コミュニティ

関連タグ

関連項目

音楽関連

関連ミュージシャンは多岐に渡るため、一部を紹介する。

漫画・アニメなど

その他


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/the%20pillows
ページ番号: 961538 リビジョン番号: 2360532
読み:ピロウズ
初版作成日: 09/01/15 21:02 ◆ 最終更新日: 16/05/11 00:02
編集内容についての説明/コメント: 頭の部分を少しなおしました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

the pillowsについて語るスレ

263 : ななしのよっしん :2015/04/14(火) 21:16:51 ID: 49sp0MpSGA
昔から気になってるんだが
公式HPとかCDでの曲名の表記と
Amazonとかの表記ってなんで違うんだろうな?
264 : ななしのよっしん :2015/05/16(土) 23:21:49 ID: HFnsk7x5LN
都会のアリスPVって何に入ってるんだ?
265 : ななしのよっしん :2015/05/21(木) 00:12:54 ID: WFzceCPgur
サン解雇とかまじかよ・・・
266 : ななしのよっしん :2015/07/17(金) 05:03:05 ID: IenFUaSzBq
いや……"漫画アニメthe pillows"とかいう項がわざわざあるんなら、
さっさとか『惑星のさみだれ』についてもっと詳しく書けよ!
主人公が「バビロン」で、
世界を滅ぼす巨大浮遊物体の名前が「ビスケットハンマー」で、
それに対抗する一の武器が「ブルースドライブモンスター」だぜ!?
ヤバいだろ
267 : ななしのよっしん :2015/09/16(水) 19:19:05 ID: znSTEBL2SY
サビの終わり?だかどっかで
「不安なんてない♪」って歌ってる曲って何でしたっけ?
268 : ななしのよっしん :2015/09/16(水) 19:34:15 ID: 9QJu1qnXRP
サビの終わりではないがサビ
「飛べなくても 不安じゃない 地面は続いてるんだ」
って歌ってるのは

funny bunny
ピロウズの曲の中ではもっとも有名な部類

イメージしてた曲と違ったらスマソ
269 : ななしのよっしん :2015/09/23(水) 02:38:38 ID: nkVXohvGGn
に見たニコニコ動画で流れてたBlues Drive Monsterが気に入って、そこでthe pillowsを初めて知った
んでこのシルバーウィーク店員のオススメと紹介されてたムーンダストを試しに借りてみたんよ

ハマりました
オススメした店員マジ感謝
270 : ななしのよっしん :2015/09/30(水) 22:12:19 ID: 9gFThB4Mep
>>267
Crazy Sunshineじゃないかな?
271 : ななしのよっしん :2015/10/20(火) 18:31:53 ID: 5sNB9O+rOb
ピーズがビーズになってるところあるよな
272 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 06:01:42 ID: jZLsDWp9DN
本来はカバーは嫌いなんだけど、pillowsに関しては、トリビュートカバーされてるバージョンのが好きなの多いな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015