編集  

THELAST単語

ザラスト

THE LASTとは、2014年12月6日開された劇場版NARUTO-ナルト-」のタイトルである。読みは「ザ・ラスト

この記事には重要なネタバレが含まれています

制作概要

 最後の物語は、はじめての

 正式名称は『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』(読みザ・ラスト ナルト・ザ・ムービー)「ラスト」の名前通りナルト主人公である最後の作品である。前作までがパラレル的な扱いだったのに対し今作は原作本編の699話と最終回である700話の間、「699.5話」として本編相当の扱いとなっている。

原作と今回の映画「THE LAST」はつながっているので

なるべくなら原作読み終わってから観に行って頂けるとありがたいです。

(読まなくても大丈夫だけど!笑)

今回の映画ぶっちゃけ恋愛です!

今までの映画にはNARUTOを楽しんでください。

ーー原作者・岸本斉史より 

ストーリー

 ナルトサスケの因縁の戦いが決着した木ノ葉隠れの里。それから2年の歳が流れた

 界大戦を経たうずまきナルトは既に里の英雄であり有名人として特に女の子たちから黄色援を受ける日々、そんなナルトに幼少の頃からずっと思いを寄せ続けてきた日向ヒナタは彼の為にマフラーを編んでいたがいざ渡そうしても勇気が出せない事とタイミングの悪さが重なり渡せないまま時間が過ぎていった。そんなある、ヒナタの前に謎の男トネリが現れヒナタを迎えに来たと言い彼女を連れ去ろうとする。間一駆けつけたナルトにより事なきを得たがその直後夜空から隕石が落下してきた。辛うじて里への直撃は逃れることが出来たが、それとほぼ同時期に日向の屋敷でヒナタのハナビが何者かに襲われ、偶々撃したサイの追跡も振り切りハナビは連れ去られてしまう。その後五影会談の場で新たに六代火影になったはたけカカシを含む五影は現在が少しずつ地球に近づいてきており、ある限界点を越えると崩壊したから数の隕石地球に降り注ぐという世界の壊滅の危機を知らされる。カカシの落下とハナビの誘拐が繋がっていると推測、奈良シカマルを班長としてうずまきナルト春野サクラサイ、そして志願してきたヒナタ達ハナビ奪還の任務を命じる。ナルトハナビ奪還チームハナビ跡が残る洞窟を発見潜入を試みる。その先に存在するの遺跡とトネリの居、そこでナルトは自身の思いと自身に思いを寄せる者に気付き最後の敵と対峙する事になるのだった。

主な登場人物

うずまきナルト

 お染み主人公、ではあるが今作は本編の二年後という事もあり身長がかなり伸びておりかなりしっかりした体格になっている、身長180cmストーリーで述べたように界大戦の英雄であり里の有名人となった為か里の後輩達、特に女の子達から慕われ多くの贈り物を受け取る毎日を過ごしており、彼の自宅の部屋は贈り物で一杯になっている。また慕ってくる後輩達に一楽のラーメンを奢ったりしているがランクは未だに下のままであり懐事情がばれる。実の方は更に上昇しており螺旋丸や螺旋手裏剣片手で簡単に作り出せるようになった他、木の葉にて最強日向ヒアシを重症に追い込んだ傀儡軍団をチャクラモードを使わず素手で蹴散らしている。反面恋愛に関してはLOVEとLIKEの違いがわからないどころか恋愛感情としての好きとラーメン美味しいから好きの違いも判らない朴念仁となっている。ハナビ奪還任務の最中とあるきっかけでヒナタの自分に対する想い、そして自分の彼女に対する恋愛感情を初めて自覚し任務を通して次第に彼女に惹かれていく事となる。恋愛偏差値30

日向ヒナタ

 本作のヒロインである木の葉のくノ一。2年前よりも大人びてスタイル抜群に成長しており、第一部と第二部を合わせたような髪型になっている。び装束ももさかわいいと表現されていた二年前とは異なりびとしての部分を残しつつも女性らしさを強調したデザインとなっている。本編の第一話からナルトの事を慕っているヒナタだが今作の映画の冒頭にて幼い頃に眼をして「妖怪」呼ばわりされいじめられていたところをナルト助けてもらったことがありそれ以来ずっとナルトに想いを寄せている模様。その時にナルトが身に着けていたマフラーは今でも大切に持っている。本作ではナルトマフラープレゼントするために心を込めて編んでいるが、自身の引っ込み思案な性格とタイミングが悪い事、そしてナルトかから渡されたのか既にマフラーを身に着けていた事でなかなか渡すことができないでおりその右往左往っぷりハナビに揶揄われている。ハナビ奪還任務に志願し、任務の最中にトネリの野望とハムラ達大筒木一族の真実を知る事となりそれを阻止し、かつハナビを救うため、あえてナルトに別れを告げトネリの元に向かう決心をする。

春野サクラ

 上にしてかつてのナルトと同じ第七班の医療忍者くノ一むっちりなヒナタとは対照的にスレンダーな美人に成長している。今作では既にサスケのことで一段落がついた為、現在はかなり落ち着いた性格になっている。自分もサスケに想いを寄せるが故にナルトに想いを寄せるヒナタに気付き応援している。自分もサスケナルト恋愛に関する価値観やヒナタの想いに鈍感なことに呆れつつもを想うのような心情で彼に接する。恋愛感情として好きとラーメン美味しいから好きとは彼女の談。今回の任務で彼女もまた、かつてナルトから慕われていた事と恋愛感情としての好きとの決着をつける事となる。師匠であり五代火影だった綱手譲りの怪も健在、またある場面にてサクラは幻術タイプという事が再認識される事となる。

奈良シカマル

 ハナビ奪還チームの部隊長を務める上。今回の作戦のもう一つの鍵であるの落下のリミット確認の為の特別な時計カカシから預かっている。事あるごとにとしてのカンというカカシの言に対しカカシ先生カンはあたると返してる。ナルトとヒナタの関係にはくから気づいていた為かヒナタに去られたうえにトネリにも敗れ心身ともにボロボロだったナルトに対し叱励する形で立ち直るように諭す。その後立ち直ったナルト達と共にトネリの元へと乗り込みをかける。

サイ

 間外で絵を描いていたからかの落下にく気づいており、その際ハナビが連れ去られる現場を撃、追跡するも見失ってしまうがその際に得られた情報からかハナビ奪還チームに抜され任務に臨む。場合に応じてゴーグルを使用したり専用術である鳥獣戯画の使用には巨大な巻物を使用している。以前にべ表情も大分豊かになっており、眼を抜かれたハナビを見た際「まだ子供なのに」と昂している。だが、毒舌を始めとする空気が読めない一面は相変わらずである。いのとの仲も結構進展しているようである場面では仲まじくしているシーンを見ることが出来る。

はたけカカシ

 六代火影に就任した今でもナルトたちからの呼び名はカカシ先生ハナビをさらったトネリの追跡任務を下す一方、接近という非常事態に里をあげて対処する。ベストにも「六」と「火」が書かれたスタイルとなった。今作では里長としての立場で奔走する事になり他里の五影達との連携に従事する。根拠を問われた際には事あるごとに「としてのカン」と切り返している。ほぼ棒立ち

うちはサスケ

 ナルトライバルであり親友。身長が伸びており、ナルトとは対照的に長になっている。また、身分を隠してを事が多い為かすっぽりと体が隠れるコートを着ている。ナルトとの戦いで敗北を認めた後、木ノ葉を離れ世界を見て回るに出ていたが、中で傷ついたヒアシと出会い事態を知って木ノ葉に舞い戻る。隻腕でありながら実も上がっており、リー達体術部隊が破壊しきれなかった巨大隕石の破片約半分を千鳥の一撃で破壊しており、カカシを驚かせている。ただしな出番はそれだけ、セリフもその時だけ

日向ハナビ

 ヒナタの修行をしていた幼少期と違い現在ではクナイにストラップを付けたりに悩むをからかったりなど引っ込み思案なとは対照的なお転婆な性格になっている。であるヒナタとの仲は良好でヒナタがナルトに想いを寄せていることも知っており、化しつつも路を応援している。そんな中トネリ拉致されてしまい眼を抜き取られてしまう。

日向ヒアシ

 日向は木の葉にて最強!でお染み日向物語序盤にトネリと接触し彼の計画を事前に知り、たちを差し出すよう要されたが断固として拒んだためトネリの傀儡軍団から攻撃を受ける。その後、瀕死の状態で木ノ葉に戻ろうとするが尽き行き倒れていたところを偶々通りかかったサスケに救われカカシ達のもとに辿り着く。そこでカカシにある事実を告げる。

大筒木トネリ

 今回の事件の首謀者にして黒幕、大筒木一族最後の末裔。一人称ボクで性格は基本的には礼儀正しく紳士的ではあるが手段を選ばず尚且つ自分の行っていることが正しいと信じ周囲の言葉にを貸そうとしせず何か意見を受けると即昂する身勝手な内面を持っている。作中ではまだ幼いハナビ眼を奪う、地球との和解を提案するヒナタの意見を一蹴する、ヒナタを洗脳して理やりオレオを食べさせようとする結婚式を挙げようとする等から伺うことが出来る。普段は瞼を閉じているが実は自身のを持っておらず瞼を見開いた際は伽洞のを確認することが出来る。ハナビを誘拐したのは彼女の眼を奪うためであり後に自身に移植している。ある事が原因で大筒木一族に代々受け継がれてきたハムラの教えを受け、結果「チャクラを争いの具に用いる地球の民」を悪と断じ滅ぼすことを決意。その前に眼を持つ日向であるヒナタをに迎え地球が滅んだ後で新たな世界の創造を論む。その過程で傀儡部隊を使ってハナビをさらい眼を奪って自らに移植し、転生眼に開眼する。

大筒木トネリの項も参照

傀儡部隊

 本作でトネリ遠隔で操る人形の軍団。砂隠れのが使用する傀儡の術とは異なりチャクラ糸で操るのではなく、チャクラを直接人形に入れて糸なしで動かしている。人形によって動きが様々であり、戦闘時に大きく見たが変わるタイプもあり、戦闘用だと並の以上の体術や術を使うことができ日向を圧倒した。生活用だと料理や掃除も熟すことが出来るだけでなく一部には話をすることもできる傀儡もおりトネリに代わってヒナタに色々と説明していた。今までトネリの身の回りの世話をずっとしてきたためトネリが今の儘な性格になった一因とも言える。

大筒木ハムラ

 六道仙人と呼ばれる大筒木ハゴロモ双子。事件の調の際に調べた遺跡で、精世界で大筒木の人々に導かれたヒナタの前に精体として現れる。ヒナタを眼のと呼びある真実を伝えた後トネリを止めハゴロモの築いた世界を守ってほしいと託す。

キーワード

転生眼

 今作の鍵を握る「」、写輪眼輪廻眼になるように眼の変化した眼である。その詳細は輪廻眼と対をなす最強瞳術の一つであり歴史上この眼を最初に開眼したのは六道仙人である大筒木ハゴロモ大筒木ハムラであり彼が最初に宿していた眼が変化したものである。今作で初めて名前と存在が明かされた通り現在地球には伝承すら残っていない輪廻眼以上の幻の瞳術である。

 その見た眼が文字通り白色だったのに対して特殊な煌めきを宿した水色状でありその中央部分に二重十時のい紋様が浮かび上がる。そして瞳孔部分がくなる。作中日ハナビから奪い大筒木トネリへと移植された眼が転生眼へと覚醒している事から。写輪眼がうちは一族と千手一族のチャクラが合わさって輪廻眼へと覚醒したように。大筒木一族と日向一族のチャクラが合わさる事で眼が転生眼へと覚醒する。眼ならのものでも良いという訳ではないがハナビ眼はトネリにとってもしっくりくるものだったようで彼の大筒木のチャクラに呼応し転生眼への覚醒に成功、時間の経過とともにそのを発揮していく。トネリが大筒木一族最後の一人である為事実トネリのみ使用できる瞳術であると言える。ただし全に覚醒するまでには時間がかかる上に一定の感覚で変化があるらしく段階的に来る反動に苦しむ場面も。

 覚醒した転生眼はペイン六道に酷似したを振るえるようになり、覚醒状態になったトネリナルトチャクラモードに酷似した見たになる。その強さは体術だけでも九喇嘛チャクラモードになったナルトと互以上に渡り合える上に六道仙人モードの浮遊や玉によく似た数珠を使用出来るようになる。に巨大なクレーターを作るほどの巨大なチャクラ竜巻輪転生爆っ二つに切り裂く巨大なチャクラである輪転生爆など単純な破壊範囲だけなら輪廻眼を開眼六道を得たうちはマダラをも上回る。このナルトを圧倒した、かに見えたが…。

白眼の姫

 本作において日向ヒナタトネリを始め大筒木一族の人たちから呼ばれる呼称。この事からヒナタには大筒木一族と関係する重要な事実があると思われる。

カニ影様

 ナルトがヒナタの思いに気付き、また自分自身の思いに気付くことになる切っ掛け。

カニ影様の項も参照

 原作においてハゴロモとハムラが実はカグヤであった十尾を地爆で封印した時にできた球体。ハムラは十尾の抜け殻である外道魔像を監視するためにに移り住み大筒木一族はの内部で生活していた。そこにかつては大筒木一族の居住区の町であったと思われる遺跡やトネリの居も存在している。ハナビ奪還の任務についていたナルト達が洞窟を抜けた先にたどり着く事となる。地球が見える面へも繋がっており面は何故か呼吸も出来るし重力も地上と変わらない








…覚えてるか? あの時のこと…


ずっと一人で生きてきた… けど仲間がいて、



守るべきものにやっと気づいた…



だから、オレは何度でも…!
 
 

 

大筒木真の歴史(重要ネタバレ注意)

 六道仙人たる大筒木ハゴロモである大筒木ハムラは十尾封印の後、にて十尾の抜け殻であり素体でもある外道を見守り管理する為にへの移住を決意する。その際ハゴロモは地上の人々に兵器ではなく正しい方法でチャクラの使い方を伝えるを教え導く為に地上に残る決心をする。今生の別れとなるであろうハゴロモに対しハムラは「千年待とう」と告げてへと渡って行った。その後へと移った大筒木一族の者たちは千年後の地上で人々が正しいチャクラの使用が出来るか、平和な世を創れているかを見極める為見守り続けると共に地球を滅ぼすこともらせることも出来るエネルギーの結晶である「転生眼」を作り上げる。

 だが事件はハムラが寿命で没した後に起こる事となる。それはハムラが一族に説いていた教えの解釈を巡り一族の間、つまり宗と分の間に争いが起こる事となってしまう。その争いの果てにでハムラの意をんで捉えた分が正しく理解していた宗を滅ぼすという結末になってしまう。その時の分の末裔がトネリである。

 このんだ教えを受け継いでいた事と本編うちはマダラに口寄せされる形でに封印されていた十尾の素体である外道を奪われ挙句最も忌み嫌われていた兵器として利用された事が引き金となり「六道仙人の創った世界失敗した」としてトネリが起こす今回の事件へと繋がっていく事となる。

 この真実を遺跡にあった大筒木一族宗の地下墓地にてハムラの精体から知らされ、トネリを止めハゴロモの築いた世界を守ってほしいと託された眼のである日向ヒナタは長らく思いを寄せていたナルトからの告白を振り切ってまでトネリを止める為、またハナビを救出する為にトネリの元へと向かう事を決心する。

ハムラの転生眼

 今作には二種類の転生眼が登場する。一つは先に紹介したトネリの瞳術である転生眼。そしてもう一つが兵器としての転生眼である。その正体はかつてハムラが開眼した転生眼を核にし彼の子孫達の千年分の眼球を封印し続ける事で誕生した非常に強エネルギーの球体である。トネリはこの転生眼を「大筒木の宝」と称している。

 かつてこの転生眼は兵器として使用されたことがある。それがハムラの教えの解釈を巡って大筒木の宗と分の争いである。この時分が持ち出した転生眼によって大筒木の宗は滅ぼされる事となる。その非情に強エネルギー体である為様々な用途があるらしくトネリによって地球に接近させる事で崩壊したの破片の落下により地上の人類を滅ぼすという計画に利用されていた。

 その見たは非情に巨大な球といったところか。ナルトとヒナタによって破壊されれ数の眼となって分散した。その際大筒木の傀儡部隊が全て動かなくなったことから傀儡へのチャクラ供給も行っていたと思われそのの強大さの一端が伺える。本来は日向一族の中でも眼のであるヒナタでなければ触れることもできないのだがヒナタだけのでは破壊しきれなかったためナルト彼女チャクラを借りて二人のを合わせて放つことで破壊に成功する。チャクラ兵器として利用する地上の人間達を忌み嫌っていたトネリだが自身も転生眼によって同じくチャクラ兵器として利用し同じことをしようとしていたという事実に気付いていなかった事は結構な皮である。

白眼の姫

 トネリハムラを始めとする大筒木一族から眼のと呼ばれていたヒナタ。実は彼女は大筒木ハムラの血を色濃く受け継ぎ、またハムラのチャクラをその身に秘めた存在である。地上の人間であるヒナタが大筒木の宝である転生眼を破壊できるのはこの為。今作では彼女チャクラ水色なのだがハムラのチャクラを使用する際は紫色になる。ただ何故彼女がそう呼ばれていたかは作中では明らかにされなかった。  

LAST

 が崩壊するほどの闘の果てに全ての決着がついた後、ヒナタ達によって大筒木宗墓地へと導かれたトネリは自身の受け継いでいた大筒木の教えが間違っていたという過ちを痛感。ナルト達が地球へ帰る際に一緒に行かないかと誘われるが、己の間違いから犯した罪を贖うために地球に近づくことはもうないと二人に言い残し自身は一人に残る為にへ続く洞窟へと消えていった。彼がハナビから奪った両は転生眼へと変化してしまったがナルトに敗れると同時にを失って元の眼へと戻り、直後ヒナタによって取り返された後はサクラの医療術でハナビの体に事戻された。ハナビも地上へ帰る際には既に回復し元気に動けるようになっている。

 そして本当に全てが終わりからの帰り道シカマル達が先行した後を追う最中めて互いの本当の想いを確かめ合ったナルトとヒナタは遂に…。

地球最期の日といたいかって聞かれた時 の名前も書けなかったんだ。

親のことは知らねーし、友達もいねーし…

でも 今ならはっきり言える。

…オレは───

関連動画

PV

MAD

関連商品

関連リンク

映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』公式サイト

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/thelast
ページ番号: 5409887 リビジョン番号: 2352870
読み:ザラスト
初版作成日: 16/03/25 00:46 ◆ 最終更新日: 16/04/22 20:28
編集内容についての説明/コメント: 制作概要の項目をシンプルに修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

THELASTについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 20:23:18 ID: AaqoKWuEMh
作成乙です。
NARUTOメインテーマ(曲名は「The LAST」だったけど)からの多重影分身で第一話思い出した。
個人的にはナルトが一度振られた事に対しての岸本先生コメントが良かった。
ナルトに試練を与えてやろうと思ってってw
ヒナタが何年も何年も想いを伝えようと頑ってた事に対してナルト何もしてねーじゃん!とは思ったし。
ナルトがフラレた時の男連中のサバサバした感じがまんま女の子にフラレた時の男友達の反応で笑ってしまったが。
2 : support06 :2016/03/26(土) 01:00:42 ID: 4kew9pt9py
単語記事: THELASTにおきまして他サイトからの引用部分が多く見られますので速やかに引用を用いない編集をお願いいたします。
編集のない場合記事削除になることがございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
3 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 11:42:34 ID: pA/CEW68Ph
>>1
だが実はあの2人、特にシカマルに関しては恋愛スキルナルト
同程度だったという。テマリ笑顔が掛け替えのいものだと気づいて
意識にデート誘って顔らめながらデートだってカカシに言ったのに結局自覚
してないとかビックリだわ。そらシカマル渇入れてもあんまかなかった訳だなと秘伝後妙に納得した。
4 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 05:45:35 ID: pA/CEW68Ph
あと率直な感想としては、ノベルと合わせてしっくりくる作りになってるのと
もうちょっと踏み込んで欲しかったなあと思った作品。
馬鹿にされると立つが、名作言われると?となる。
 あくまで個人的な感想だが。最後のトネリとのバトルからの流れは良かったんだけど
5 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 14:35:43 ID: bDUa/Ex+uW
そうは言ってもやっぱり「ヒナタのことが好きだからハナビを助けるわけじゃない」とか抜かしたくせにヒナタがトネリの手に落ちたらふて寝しだすナルトナルト眼発動を見られるの嫌がるヒナタの描写は擁護不可だわ個人的には

確かにナルトは常に前向きなキャラではいし情が重いけどあそこまで責任なことはしないと思ってた、サクラシカマルにケツかれなかったらどうするつもりだったのあれ
原作のヒナタはむしろ「ナルトくんの前でカッコ悪いところ見せられない!」とり切って使いすぎて倒れちゃうくらいのキャラでしょ、ベクトル逆過ぎる

あとサスケカカシの扱いも絶許
いくら恋愛映画だっつってもキービジュアルスターに描かれてるキャラくらいは全員等に見せ場与えるもんだと思ってたよ
6 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 00:33:09 ID: iMdR9tdA42
>>5
のために対しての擁護が必要なんだよw
君がどう思っていようが描かれたことが公式なんだから
自分のイメージで決めつけてキャラクターを動かそうとするんじゃなく、なぜそうなったかを考えなさいなw

でもまあキービジュアルからサスケカカシの活躍に期待していた人には気の毒だったね。気持ちは分かる。
7 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 00:03:56 ID: ZvdEeasJId
>>1
BGMからの一斉影分身って映画第一作のオマージュでもありますね
最後悪役をぶっ飛ばしてに大の字でめり込ますのも同じですし。
8 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 21:58:55 ID: pA/CEW68Ph
そういや開当時ノベル版見てから初見で思ってたけども言わなかったので
今更言ってみる

マフラー巻いたナルトが運命のマフラーつーか仮面ライダーに見えたのは俺だけ?
 しかもTHELAST開日近くに始まった仮面ライダーでも男女関係ミスリードをやるとは思わなんだ
9 : ななしのよっしん :2016/12/20(火) 20:32:58 ID: pA/CEW68Ph
あとついでにマフラーベルトさん(巻く部分い)の破損回数も同じ
10 : ななしのよっしん :2018/07/01(日) 15:35:24 ID: pR3K7XrIps
せっかくナルトの最後の物語なのに、原作矛盾してる箇所が多すぎて駄作のレッテルを貼られてしまった不遇な作品

とりあえず九喇嘛さん仕事してください...
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829