単語記事: To LOVEる -とらぶる-

編集

To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗漫画)・長谷見沙(脚本)による
漫画、及びそれを原作とするテレビアニメ作品である。
また、スピンオフ作品『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』が
ジャンプスクエアにて連載中である。

概要

2006年2009年集英社週刊少年ジャンプ』で連載。全18巻。
外伝作品『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』が、集英社ジャンプスクエア』で2010年11月号より連載されている。既刊10巻。累計発行部数は1000万部をえており、ジャンプ作品の中でも人気の高いラブコメディ作品の一つである。近年規制の厳しくなった少年ジャンプではかなり際どい美少女のお色気シーンが頻繁に出てきており、『BLACK CAT』から培われた矢吹作画により当時の同誌では異を放つ存在であった。

ニコニコ動画では『水周りのToLoveる』や乗馬マシンシリーズ釣り動画にも多く使用されている。

あらすじ

純情な高校生結城リトの元に、宇宙人デビルーク王女ララがやって来た!

偶然と勘違いもあって、ララはリトを好きになり、2人は同棲することに。

その2人と周りの人たちが織り成す、ちょっと(?)エッチなドタバタラコメディ

登場人物

主要登場人物

彩南高校

結城家

その他

アニメ

2008年4月9月に、テレビアニメ第1期『To LOVEる -とらぶる-』が放送。全26話。原作単行本第13巻以降の限定版に、OVATo LOVEる -とらぶる-』が同梱。全6巻。2010年10月12月に、テレビアニメ第2期『もっとTo LOVEる -とらぶる-』が放送。全12話。2012年10月12月に、テレビアニメ第3期『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』が放送。全12話。

特徴

第1期(To LOVEる)

全26話。ギャグテンポ重視でアニメオリジナル回が多く、話のオチいという丸投げな回も多々見られ、原作キャラの性格の変更、アニメオリジナルキャラ(宇宙人)も登場させた。「何故こんなカオスな内容なんだッ!絶望した!と思ったら脚本家達が構成の大和屋暁をはじめ『人造昆虫カブトボーグV×V』とほぼ同じ布そりゃそうなりますわ。

放送がTBSだったこともあり規制が厳しく、ちょっとエッチな描写を特徴としているアニメなのにブラジャーパンツが出て来なかった(感や構図的には十分エロいが)。DVDでは色々と解禁されていて、それなりに売れているが原作ファンからの評価は低い(アニメ単体としてはともかく?)。

OVAにおいては色気要素が少し増強されている。

第2期(もっとTo LOVEる)

こちらは2010年に再アニメ化したもので、いわゆるリブート作。スタッフを全体的に入れ替え(ダークネス以降も1期から継続しているスタッフも存在する)、較的原作に忠実なラブコメを展開する。また放送局が1期とは違いTBSではない独立局系であるため(但し、製作委員会にはTBSの名前はある)パンツ乳首と言ったお色気シーンも解禁されているため、全体的に概ね好評である。話数は1期の半分となった。1話ごとにサブタイトルが細かく区切られたショート形式で進む。

しかし第1期に登場していないキャラが何の説明もなくいきなり存在したり、既存のキャラクターの説明も一切ないため、全に新規お断り状態で、第2期だけを視聴しても理解し難い作品となっている(最も変が多い1期経由でも混乱を招く恐れがある)。

第3期(ダークネス)

もっと-、と監督を始め一部同じスタッフ制作。全12話。ネット配信はこちらから開始されている。ラブコメは従来通りだが、ダークネスでのアダルティっくな絡みや心、シリアスシナリオを織り交ぜた展開となっている。

第4期(ダークネス2nd)

スタッフ

監督 加戸誉夫(第1期)
大槻史(第2・3期)
シリーズ構成 大和屋暁(第1期)
山田靖智(第2期)
キャラクターデザイン 勇一
音楽 渡辺剛
音響監督 三間雅文(第1期)
明田川仁(第2・3期)
アニメーション制作 ジーベック

関連動画

関連チャンネル

関連静画

関連商品

電子書籍についてはこちらモノクロ)かこちらカラー
ダークネスに関してはこちらモノクロ)かこちらカラー

関連項目

TBS木曜25:55枠
2007年10月
2008年3月
2008年4月9月 2008年10月
2009年3月
CLANNAD To LOVEる
-とらぶる-
CLANNAD
AFTER STORY
TBS木曜25:59枠

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/to%20love%E3%82%8B%20-%E3%81%A8%E3%82%89%E3%81%B6%E3%82%8B-
ページ番号: 367902 リビジョン番号: 2245387
読み:トラブル
初版作成日: 08/07/18 11:47 ◆ 最終更新日: 15/08/12 12:08
編集内容についての説明/コメント: 登場人物追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


とらぶる

caution

とらぶりゅう

うっさ

とらぶる

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

To LOVEる -とらぶる-について語るスレ

626 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 04:42:13 ID: SsLpRnDWzC
担当編集と共謀してストレートセックスする回を載せて打ち切りとか最高にハッピーエンド
627 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 02:45:03 ID: xknjtUU3eo
いまさらなんだが、昔『ニセコイ』で鶫初登場の時に「こいつなんかレンに似てる(メインヒロイン幼馴染主人公を敵視など)な…」と思ったんだが、よく考えるとレンも「実は女の子だった」で十分成り立つ(女装写真伏線にすればいい)のに、わざわざルンがらみのややこしい設定を考え付いたのは作者すごいのかアホなのかどっちなんだろう?
628 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 22:06:49 ID: YR+RXXSm9S
ルンやキョーコは宇宙人であることを世間にカミングアウトしたんだよな
この作品の作的にありえないだろうけど、宇宙人地球での在住を快く思わない人間の思惑によるシリアスな長編バトルものとかに展開したら面そう
宇宙人をあぶり出して排除しようとする魔女狩り的思想の人間による暴動とか、X-MENに出てくるセンチネルみたいに宇宙人排斥用の戦闘ロボットを人類側が造り出したりとか
あの世界観なら理なくできそうだし
そして宇宙人人権(?)をかけて宇宙人ヒロイン)連合+リトVS人類義者みたいな構図の物語
629 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 08:51:05 ID: TDBnNoBGfy
もう手塚世代で散々やった内容だし
そういうのいいよ
630 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 13:31:22 ID: Bzc0UCKxOY
8巻OVAOVAなのに放送禁止制限が入るレベル
631 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 09:40:30 ID: MZecOUJcpy
SQ最新号を読んだが、久しぶりにクロが出てきたな。
(これはまさかクロもリトハーレムの一員になるということか…?)
(いや…もう少し様子を見よう。予感だけでみんなを混乱させたくない)
632 : ななしのよっしん :2016/09/04(日) 16:33:43 ID: Z/IHEtDG6w
レイ…クロさんやっぱかっけぇわぁ
次の回で終わりかな、どう締めるのか楽しみ
633 : ななしのよっしん :2016/09/06(火) 19:43:45 ID: jDglYJwFwx
リトは、こち亀の麗子にまでラッキースケベを、やらかしやがったな。
他作品の美女にまで手を出すとは、けしからんだ。
634 : ななしのよっしん :2016/09/07(水) 23:27:32 ID: qJHjLf+iUp
クロ様登場は嬉しいがやっぱ三人組の中でスヴェンだけはどうあがいても
ヤミNTR展開っぽく受け取られるから理なのかなあと思うと残念・・・
635 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 15:30:40 ID: TelH6xbwff
なんだかんだでまだまだ終わらない気がするけどなあ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015