単語記事: TPP

編集  

TPPとは……

要編集記事 この記事は要出典記事です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協ください。
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

概要

現在議論されている際的な経済協定。名前の由来は「環太平洋」の文字どおり太平洋に面している、囲んでいる々のあいだで結ぶ協定であるため。

加盟間の経済制度、すなわち、サービス、人の移動、基準認などにおける整合性を図り、貿易関税については、 例外品を認めない形の関税をめざしている。環太平洋経済協定、環太平洋連携協定、環太平洋パートナーシップ協定とも呼ばれる。

アジア太平洋地域の広域経済圏をす、FTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)の実現に向けた取り組みの1つであると位置づけられている。

参加している 参加していない
参加検討国 / 参加表明国
不参加表明国

2017年1月現在

歴史と動向

2006年 シンガポールニュージーランドチリブルネイの4カによる環太平洋戦略的経済連携協定
通称「P4協定」発効。P4協定」が拡大して「TPP協定交渉」になった。
2010年 3月 さらにアメリカオーストラリアペルー・ベトナムの4カを加えた全8カで「太平洋パートナーシップTransPacific Partnership)協定」の交渉開始(これが「TPP」のこと)
2010年 10月4日 TPP第3回会合からマレーシアも新規参加 →全9ヶに。
2013年 7月 日本が交渉参加
2015年 6月 アメリカで「貿易促進権限法」が成立
2015年 10月 アトランタにて会合を経て大筋合意
2016年 2月 署名式(ニュージーランドにて)
2016年 4月 日本TPP承認案と法案の審議開始
2016年 11月8日 アメリカ大統領選挙
ドナルド・トランプ勝利宣言
2016年 11月10日 日本TPP承認案および法案が衆院を通過
2016年 11月21日 ドナルド・トランプが就任初日でのTPP離脱を通告するとの
2016年 12月 日本TPP承認案と法案が参院通過、成立
2017年 1月20日 日本TPP承認を通知
ドナルド・トランプ大統領就任 + TPP離脱を正式表明
2017年 3月 アメリカ政権高官からの二間協定(FTA)に言及する発言相次ぐ
一方でTPPに復帰する可性も示唆

2010年ごろからの発足以降、参加は協議を重ねてきたが、2015年10月アトランタ会合にて大筋で合意に至ったことが発表された。

決定した内容をアメリカが分析した結果、日本が最も利益を得ることが判明[1]。その為、アメリカ議会から、交渉のやり直しをめるが上がった。しかし、交渉を担当した甘利明が、この要を拒否[2]

TPPアメリカにとって好ましくない条件となってしまったためか、2016年アメリカ大統領選挙では、TPP賛成をマイナス材料として補者たちは自分が如何に反TPPであるかを競っており[3]、最終的に大統領選を制したドナルド・トランプは、約として掲げていたTPP離脱を、大統領就任の初日に宣言することを明言したため、アメリカTPPに参加しない可性が高まっている。
バラク・オバマ大統領アメリカ自由貿易の阻グロバル戦略が覆ることを懸念しており、「TPPは(アジアとの連携強化のためにも)アメリカには不可欠なものだ」としていたが、議会での支持が得られていないことから年内での議会承認獲得を断念している。[4]

安倍晋三総理は、大統領選における期間中もTPP承認に関する法案を可決させている。「アメリカTPP離脱の動きを見せているのになぜ可決するのか」と野党から質問を受けた際には、保護義的な動きを牽制するという旨の返答を行っており、日本導による期発効でTPP・多間の貿易推進をはかりながらアメリカの離脱を牽制する姿勢を見せている[5]。しかしペルーのクチンスキー大統領中国ロシア参加でアメリカを除いた新しい組みを意見している。[6]

TPPの大筋合意については、日本が他に参加している経済協定「東アジア地域包括的経済連携」(RCEP)を交渉している中国なども歓迎の意向を示している。しかしRCEPも各間の隔たりが多く、TPPの大筋合意のあとにTPP否定ドナルド・トランプ大統領選に勝利して離脱を表明しており、それに影したのかRCEPの方も年内の合意を断念し先送りとなっている(ただしTPPが停滞していることで逆にRCEPが進展すると報じているところもあるため、現況は不明である)。

漫画・アニメへの影響は

い。「各の判断に任せる」という形で決着がついたので、「漫画アニメ同人の創作活動に影が出ない条文」となった[7]

 要するに、甘利明は、重要な所は、しっかりと守りきったのだ[8]

各国のスタンスと議論・主張

スタンスについて

ともしたい点と排除したい点が異なっており、当初の広範囲に渡る貿易自由化は達成しづらくなっている。

アメリカ

オバマ大統領
アメリカアジア太平洋地域での輸出拡大により経済回復を狙う」
ロン・カーク通商代表
日本とのTPP交渉判断慎重に」「日本は検討の末、交渉参加への筋を描いたと理解する。 非常に歓迎される進展だ」
バーバラワイゼル首席交渉官(米国通商代表部副代表・東南アジア太平洋担当)
「(日本を意図して)真剣に妥結する意志のないの参加は望んでいない」と途中離脱を牽制。
通商代表部
「医薬品へのアクセス拡大のためのTPP貿易目標」と題した文書を提出。

ニュージーランド

ニュージーランド政府
TPPにそれほどのメリットがあるとは考えていない」

オーストラリア

サイモンクリーン貿易相 (韓国FTAとTPPを推進
TPPは、アジア太平洋地域の自由貿易圏というAPECの長期的な標に向けた通過点の一つである。そしてTPPは、地域における経済統合を強化する意欲的な21世紀の貿易協定となるであろう。オーストラリア政府は、WTOドーハラウンドを補する高準かつ包括的な協定をしている。米国TPPへの参加は、オバマ政権の同地域へのコミットメントを示す重要なサインであり、米国が貿易政策により幅広い関わりを持とうとする拠と言える」
連邦外務貿易(DFAT)スポークスマン
「日本がTPP参加に関心を示していることを認識しており、その動きを歓迎する」

日本における是非(賛成/反対)

→「TPP推進派と反対派のまとめ」を参照

ISD条項

→「ISD条項」を参照

ラチェット規定

→「ラチェット規定」を参照

関連動画

関連生放送

関連項目

関連リンク

条約の原文と日本語訳

なお、TPP参加後の4年間、最終決定された条文以外の各の提案や交渉文書を極秘扱いとする合意があった事が判明[9]

脚注

  1. *SanKeiBiz2015.11.7 「TPP最大の受益日本 研究」
  2. *産経新聞2015.11.10 TPP再交渉、甘利担当相「ありえない」 
  3. *毎日新聞2016.2.26 「 米大統領選 両党候補、「反TPP」競い合う
  4. *TPP発効極めて困難に (共同通信 47NEWS 2016/11/12 23:04)
  5. *「TPP大変厳しい」 安倍首相、早期発効主導する考え重ねて強調 (11/14 22:15)
  6. *米国抜きの「新TPP」を=中ロ参加の枠組み提案-ペルー大統領 (JIJI.COM 2016/11/12-08:24)
  7. *参議院議員・山田太郎さんちゃんねる2016.2.24 「「二次創作の分野は大丈夫山田太郎議員がTPP法廷賠償制度を解説」
  8. *IT media2016.4.11 「2次創作、同人誌は非親告罪の対象外」 安倍首相が国会答弁で見解
  9. *TPP交渉に「守秘合意」発効後4年間、内容公開せず - しんぶん赤旗

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/tpp
ページ番号: 4548603 リビジョン番号: 2471626
読み:ティーピーピー
初版作成日: 11/01/20 01:03 ◆ 最終更新日: 17/03/23 22:09
編集内容についての説明/コメント: 動向と歴史を統合、テーブルの更新、
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

TPPについて語るスレ

7738 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 01:23:28 ID: HG2cboLu52
TPP会合が大幅遅延 カナダが来ず、足並み乱れ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000071-asahi-pol

えぇ・・・(困惑)
土壇場でこれとか残りのらもどんだけやる気があるのかこれもうわかんねぇな
7739 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 01:28:15 ID: WDwRtV4MM/
>>7738
というかカナダTPP大筋合意してないとか言ってるけど、なんかもう色々情報が交錯しててこれもうわかんねえなあ……。
7740 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 06:00:02 ID: a/QN7gMvgu
>>7737
http://www.cas.go.jp/index.html

http://www.cas.go.jp/jp/tpp/kouka/pdf/151224/161122_tpp_bunyabetsu02.pdf
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/qanda/pdf/161102_tpp_qanda_zentai.pdf
7741 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 11:26:09 ID: 2kp4F8L7x3
>>7740
情報どうもです。ただ、これも2016年11月の物ですからね…。
もっとも、日本以外で非親告罪化に興味があるのも、確かあと一程度だったから、議題になってるかどうかっていうのも確かに怪しいですけど。
7742 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 16:36:41 ID: q5q6hwcqR1
新協定、20凍結=6カ締結で発効-名称は「包括・先進的TPP
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3062115
マレーシアしていた企業の優遇禁止の凍結や、カナダめていた文化産業の著作物保護の例外扱いといった4項が合意に至らず、今後調整が必要となった。
凍結の扱いでは、各から合わせて50以上の要望があったが、大筋合意では20に絞り込んだ。このうち、11が知的財産権関連だった。残る9項には、企業と進出の紛争解決手続き「ISDS」条項の一部や、電気通信事業の紛争処理などが入っている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201711/CK2017111102000237.html
>離脱した米国の要で入った著作権の保護期間の七十年(日本現在五十年)への延長など二十項を一時的に棚上げ。
http://www.sankei.com/smp/economy/news/171111/ecn17111100
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
7743 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 23:06:31 ID: 8RoO//+XJA
こんなに条項を凍結して実質の形骸化じゃないのか?何のために長い間交渉したのやら…
7744 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 09:41:04 ID: PCXOG5Ra7A
凍結された20を具体的に報じているニュースが見当たらなかったので、
(11/12 9:30現在
以下のリンクを参照のこと。
平成29年11月ダナンベトナム)におけるTPP閣僚会合について(内閣官房)
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/naiyou/tpp_kaigou.html#vnd
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/naiyou/pdf/danang/171111_tpp_danang_annex2_jp.pdf
7745 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 19:51:08 ID: 2kp4F8L7x3
>>7744
情報ありがとうございます
非親告罪関係は18条の77のようなので、やはり凍結とは違うようですね...。

しかし、政府HPアクセスしないと内容もわからんとは、不便なものです。
めて情報提供感謝です!
7746 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 20:01:39 ID: WDwRtV4MM/
個人的に一番凍結してほしい非親告罪化がしないとか……。
ていうかカナダが首会議出席せず、首合意見送りなんてニュースもあったしなあ……。
なんだよもうって感じ。
7747 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 03:00:06 ID: 1FkW1mnq8E
あ~もう滅だよ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829