単語記事: TRPG

編集

もしかしてSRPG

テーブルトークロールプレイングゲームテーブルトークRPGTRPG)とは、サイコロなど専用の具を用いた対話の卓上遊戯である。

概要

TRPGRPGとは、ある人物を演技する(Role-Playing)遊び(Game)である。それをテーブル(table)を囲いながら談話形式(talk)で遊ぶのでTRPGテーブルトークRPG)と呼ばれる。
つまり、RPGとは参加者それぞれが自らのキャラクターを演技するゲームである。

本来の「RPG」はこの種のゲームであり、これをコンピュータ相手に1人でもプレイにした物が、現在流となっているコンピュータゲームRPGである。

なおTRPG自体は和製英語であり、海外ではTRPGのことを、そのままRPGと呼んだり、コンピュータRPGと区別するためにtabletop RPGPen & Paper RPG(P&P RPG)と呼ばれている。

複数の人間がテーブルを囲いながらプレイヤー側と進行役(ゲームマスター=通称GM)と呼ばれる人間に役割を分け架の冒険を会話の中で行う。
プレイヤーは、ゲームマスターの処理に従って自身が操作するPCプレイヤーキャラクター)を動かし、仲間プレイヤーが操るキャラクターと協して、物語を進めていくことになる。

そこでは敵と戦ったり、魔法を使ったりと様々な行動を行うことができる。
ゲーム進行の際には戦闘やスキルの成否などの臨場感を出し、さらに乱数による変化を取り入れるサイコロ等を用いて判定を行うことが多い。

これらの処理を速に行うためのルールおよびゲームの舞台となる世界設定を一般にシステムといい数多くのシステムが書籍形式で発売している。
TRPGでは、GMとなる人間がシステム世界設定とルールを元にシナリオを作り、PLに役割を与える。そして、PLたちは自らに与えられた役割を演じながらシナリオを進めていくことになる。
それらは記述が多くなる性質から、一般の書籍と較すると高額、大判の商品が多く、中にはゲームに必要なツール(専用カードフィギュア等)を含めたBOXで販売されているものもある為、一般書店では手に入りづらい場合もある。気になる人は専門店・通販等も調べてみよう。

歴史

世界初のTRPG1974年アメリカで発売された『ダンジョンズ&ドラゴンズ』である。これはTRPGだけでなくRPG全体の原でもある。

ダンジョンズ&ドラゴンズ』は元祖ファンタジー小説指輪物語』の影を受けて作られたため、その後のRPGの分野は魔法世界ファンタジーが基本となる。

因みに元はアメリカ発祥の文化である為、アメリカの方が日本より圧倒的にTRPG文化は長く、盛んである。インド趣味の子なら大抵先輩から教わるものらしい。

日本TRPGが遊ばれるようになるのは遅く1980年代から少しずつ、少しずつ遊ばれるようになった。しかし海外産のTRPGは、和訳出版されないものも多いため、ヘビプレイヤーの中には、英語で書いてある海外ゲームを個人的に入手して遊んだりする人もいた。

日本産のTPRGで一番初めに火が付いたのは1989年の「ソードワールドRPG」である。これによって今までTRPG興味なかった日本人TRPGの魅に引きこまれた。

TRPGの特徴

TRPGの最大の特徴はその高い自由である。
ゲームシナリオ作成も、進行も生の人間が相手となるため、非常に自由度が高い。この自由度と役割を演じる(ロール)の楽しさこそがTRPGの最大の魅である。
GMであれば、ドラクエでもFFでもリングでもどのような物語でも作ることが可であり、PLならばその世界の中で最低限の規範を守ればあとは自分の思う行動を取ることができる。そのように世界物語を作り、役になりきることがTRPGの楽しさである。

しかし、その反面TRPGの高い自由度がプレイヤー達を惑わしたり、逆にPLの儘(マンチ)やGMの横暴(吟遊詩人GM)を発生させやすいという問題もある。
またゲームの大半が演技とコミュニケーションで成立しているため、黙りこんでしまったりするとシナリオの進行にまで支障をきたすこともある。

このようにTRPGは良くも悪くもその人次第であることも大きな特徴である。

参照

システム

TRPGを行うための世界設定とルールである。
大抵の場合、世界設定とルールは一セットで一システムとなっている。
なぜなら、各システムには、どのようなロールを表現したいのか、何をどのようにして楽しむのかという意図があり、それが世界設定およびルールに色濃く反映されているからである。

例えば、ソード・ワールドドラクエプレイFEARゲーム厨二プレイクトゥルフ神話TRPGホラープレイを楽しむために設計されている。論、クトゥルフ神話TRPGで大活劇をやったり、ソード・ワールドホラーをやることも可ではあるが、特に事情がない場合は自分のやりたいこととに見合ったシステムを選ぶ方が難である。

GM(ゲームマスター)

TRPGにおけるゲームの進行役である。コンピューターRPGにおけるコンピューター役と例えられることが多い。
GMシナリオ作成とゲームの進行を担っており、おおまかなあらすじを作り、それを管理するのがな役割であり、そのゲームのホストである。
PLたちの行動について、判断しその効果を判定する役割を担う。その場合、臨場感と乱数性を導入するためダイスを用いることが多い。

GMの名称はシステムによって、DMD&D)、キーパー(クトゥルフ神話TRPG)、UV様(パラノイア)、ルーラー(トーキョーN◎VA)など非常に様々である。

なおGMの言う事は基本的に絶対である。例え納得がいかないことでも、一定程度の抗議は卓をグダらせるだけなので、止めましょう。(それでも言いたい意見があるならゲーム終了後に、それでも善されないなら次回ゲームを不参加にすれば良いのです)

PL(プレイヤー) PC(プレイヤー・キャラクター)

TRPGにおけるゲームキャラクターPCであり、それを演ずるのがPLである。
例えば、ゆっくり妖夢と本当はこわいクトゥルフ神話において水瀬 妖夢PCであり、それを演じるゆっくり妖夢がPLである。自由奔放ティダーンズにおいて、ハルカアマーミンがPCであり、天海春香がPLである。

PLたちは、ゲームゲストとして、PCの役割を演じ、GMが作成したシナリオ攻略するのがな役割である。

シナリオ

シナリオそのゲーム物語ベースとなる基本的な筋とそれを支える設定などである。GMゲームの前にあらかじめシナリオを作成する。基本的にどのようなシナリオにするかはGMが一任されており、ほぼGM自由に作って良い。

ルールブックリプレイシナリオ集に収録されているシナリオをそのまま流用したり、自分なりのアレンジを加えやり、ニコニコなどで開されているリプレイ動画を流用することも可である。
さらにルールに習熟すれば、(ヒロイン・敵モンスターボスキャラ物語の舞台になるフィールド、洞窟・迷宮等全てオリジナル)自分独自のオリジナルシナリオ製作することも出来る。

しかし、人と人の対話で進行するゲームである以上、同じシナリオであっても、GMやPLやその時の流れに応じて物語の展開は変化する。
なにせ行動する方も人間なら、行動を処理する方も人間なので、自由度がとても高いのだ。

プレイヤーの性格・趣味嗜好、キャラの設定、時にはその場の会話のノリで、物語は用意された展開から大きく変化していく。
こうした、自分達で協して物語を産み出し、それを共有する快感は、他のゲームでは味わえないものとして、TRPGの大きな魅の一つとなっている。

……ただ、1人でシナリオ作ってプレイヤーの行動を処理するGM役は大変な作業である。

遊ぶ為に

TRPGは遊ぶに手間がかかるゲームであるとされる。
原則として2人以上(推奨4~6人程度)の人間が必要である。いかんせんマイナージャンル趣味であることは否めないため、まずプレイヤーを確保するのに難儀する場合が多い。

プレイするためのな手段としては、友人を誘って遊ぶ、TRPGサークル等、定期的にTRPGを行っているコミュニティへの参加や、不特定多数が集まって行うゲーム会「TRPGコンベンション(コンベ、○○コン)」への参加、オンラインセッションへの参加などが挙げられる。コンベンションはTRPGサークル等有志が催するモノ以外にも、TRPG制作会社が催しているものもある為、興味があれば調べてみる事をオススメする。

現在ではネット環境の整備に伴い、オンライン上でTRPGを行う場合も増えてきているが、言いたいことをチャットで伝えなければいけない都合上、オフラインTRPGより時間がかかってしまう事が難点である。(昨今ではskype等の利用も試みられている模様)

参照

リプレイ

リプレイリプレイとは、TRPGプレイした様子を読み物として編集したもので、TRPGの紹介を的としている。

ようは「TRPG小説融合体」である。かのプレイ風景を読むことによって自分がTRPGに参加しているような気分になれる。

日本TRPGリプレイは、ゲームプレイした様子を、演劇の台本のような形式で収録する形が流である。ゲームプレイするGMプレイヤー達のやりとり・プレイの様子、物語の展開を娯楽作品として楽しむ事が出来る為、現在ライトノベルの一種のような扱いを受けている。

日本でこういったリプレイ本が販売されるようになったのは1980年代に「ロードス島戦記」が「ダンジョンズ&ドラゴンズリプレイ」として製作されたのが火付け役とされる。これが一大ブームとなった事も相まって、日本では数多くのリプレイ製作、出版されるようになった。
現在では、TRPGプレイしないけど、リプレイは読んでいる、という「読み専」なる購買層も存在し、一説によるとルールブックよりよっぽど売れているという。

ニコニコ動画でも、有志が制作したリプレイ動画は数多く投稿されており、大手で出版されているような有名な作品から、どう考えても出版されないような知名度が低いもの・古い作品も投稿されている為、リプレイ好きの視聴者は要チェックである。また、実際にはプレイしていないがリプレイ」に構成された動画も数多く投稿されており、人気を集めている。

詳しくは、「リプレイ」、「リプレイ風動画」、「卓ゲM@Ster」、「東方卓遊戯」、「ゆっくりTRPG」などの各記事を参照。

なりきり? ロールプレイ?

なりきり

Role-Playingを英英辞典で引けば、その意味は「特定の状況のふりをする」「ほかのかのふりをする」ことである。

「A君は戦士担当、B君は魔法使い担当」というような、「役割を演じる」と言う事は本来のロールプレイではない事は、興味があるなら覚えておきたい豆知識である。

上述のようなリプレイ盛の影もあり、「TRPG=漫画ラノベキャラになりきって遊ぶ、なりきり遊び」という認識を持っている人も多く存在しており、「なりきりごっことか演技とか恥ずかしいし…」と敬遠する人もいる。

もちろん、「思い思いのかっこいいキャラになりきる」というのも、TRPGの楽しみの一つである。そうした時、かっこいい台詞や熱の入った演技があれば場が盛り上がり、プレイが楽しくなる、というのは確かにあるだろう。そういったプレイが推奨されるゲームもある。

ただ、かっこいい台詞や熱の入った演技ではなくとも、そのキャラクターが何を感じ、どう行動するかが周囲に伝えられれば、それは十分にキャラクターを演じているといえる。

ゲーム小説みたいにかっこいいセリフが言えなくても、サイコロ2、3個持つだけで冒険の旅に出ることは出来るのだ。

関連動画

TPRGを実際に遊んでいる様子(オススメ) 反面教師にする部分もあるよ

習うより慣れろまずはリプレイ動画を見るべし

TRPGの解説動画

関連商品

関連コミュニティ

関連生放送

関連項目

TRPGシステム

 

TRPG(他媒体からTRPG化されたもの)

TRPGと他ジャンルとのコラボタグ(リプレイ)

TRPG用語

TRPG製作・出版

その他


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/trpg
ページ番号: 327410 リビジョン番号: 2374861
読み:テーブルトークロールプレイングゲーム
初版作成日: 08/07/07 23:23 ◆ 最終更新日: 16/06/19 21:10
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」>「TRPGシステム」に、「朱の孤塔のエアゲトラム」「ゴリラTRPG」「フィルトウィズオンライン」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

TRPGについて語るスレ

1441 : ななしのよっしん :2017/03/08(水) 17:29:58 ID: jKPjTvuWzl
>>1440
それは重畳。楽しむことが何より大事。
ダブルクロスか。現代異ものが好きなら気にいると思う。
とあるシリーズとか、最近でいうとアマルガムとか。

コンベンションとか、調べれば意外と近くでやってる可性があるので探してみると吉。オンセならTwitter探せば転がってるし。
1442 : ななしのよっしん :2017/03/13(月) 14:23:55 ID: xoqRvJOG5a
>>1435-1441
コピペしてそのままTRPG初心者向け紹介に使えそうなくらい美しい流れに感動したw
1443 : ななしのよっしん :2017/03/13(月) 16:04:14 ID: xoqRvJOG5a
1年ほど前の書き込み読んで考えていたんだが、TRPGの「自由度の高さ」ってのは「一般判定」システム徴されるように思う。
よく「GMは必要があれば適宜状況とPC値から適切な難易度を決めて以下のように判定をする事~」みたいな感じで載ってるやつ。実質的に安いボードゲームと変わらんやっつけシステムでもこのルールがあるだけでTRPGっぽくなる…気がする。
これはシステムシナリオ事前に想定しないちょっとした事態がPL発案の行動やダイス運次第で起きうる事が前提になっているって事だと思う。(サイフィクとかだとちょっと別の話になるが…)

単純なダンジョンシナリオでいきなり依頼人を殺するとかはTRPG向きの自由ではないと思う。治安組織に追いかけられたらどうなるとか、ダンジョン行く以外のシナリオ用意してないとか、状況が大きく変わって必要なデータも多く、現場個人の処理と想像では手に負えない。
一方でCRPGとしては、一度状況が分岐した後は憲兵が追っかるとかシナリオ失敗にするとか分かりきった次の大きな処理に移るだけだから、準備は必要だがデザイ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1444 : ななしのよっしん :2017/03/13(月) 16:08:35 ID: xoqRvJOG5a
逆にTRPG向きの自由ってのは、依頼人の裏付けをとったりとかで活きる。近くの人や公式設定組織を利用したり、会話を工夫したり、PCが設定したコネを利用したり。GMがその場で判断してそれっぽい情報を作るのは較的簡単。
余計な疑いを持たずにとっととシナリオを進めて欲しければ太鼓判押すし、疑心暗鬼を望むならはぐらかしたり、GM的に合わせて一貫した情報を出せる。PL側もGMが想定していないだろう方向から攻めて反応見るメタ的なテクニックが使える。
これがCRPGだと、想定外の方法では碌な情報を得られないし、情報が出るならシナリオ側が想定した(当然対策された)方法って事になる。また、PLの行動を逐一想定して準備するのは困難が大きく、裏付け調の類だと作品的な見返りも少ない。
1445 : ななしのよっしん :2017/03/13(月) 16:18:53 ID: xoqRvJOG5a
長々と失礼する。これで最後

サイフィクシリーズとかデータ処理優先なシステムだとシナリオ中でPCの行動選択肢は基本的にシステムの範囲を大きくは出ないが、その分演出面での自由度がとにかく大きい。WIZとか演出控えCRPG妄想プレイ的楽しみに近い部分もあるが、他PCNPCの反応が演出によって変わるのは真似できない部分だ。
時にはシナリオ世界観に採用される事もある。
また演出といえど、シナリオ前の動機づけやエンディング内容には大きく関わる。
さらに例えば敵に負けそうな時に、危険を冒して戦うか、犠牲を許容して撤退するか、撤退するならを優先して逃がすかみたいなシナリオ中の行動選択にまで関わってくる。シナリオ一つが一個の判定みたいなもので、特にPC間に対立要素のあるようなシナリオでは重要になると思う。
そこまで極限状況でなくとも負けたらリセットは大抵できないから、例えGM茶番シナリオでもロスト敗北の可性がPL視点でぬぐいきれない限り、クライマックス突入の演出的決断などにも必ずPL体の意味付け余地が残るように思う。
1446 : ななしのよっしん :2017/03/13(月) 18:49:52 ID: WCgp80JiRM
人によってはTRPG自由度の高さがすべてって思ってる人もいるみたいで、
CoC自由度高いから面いとか言い出すのがいるからなぁ。
ほかのほとんどのシステム縛り多すぎてリプレイ見ても楽しくないとか言っちゃってる人もいる。
なんつーTRPGCRPG真似事(ようは戦闘)されても面くないって思われちゃってるんだろうな。

まぁ日本TRPG文化は復してきてるとはいえ、最盛期にべたら認知度は相変わらず少ないから、何も知らない人には口プロレスで何とかできるように一見見えるCoC系よりのリプレイが受けちゃうのかなって考えてしまう。

まぁ価値観の違いだから、合わない人に外のシステムを勧めていくのは理なんだろうけど。
1447 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 23:00:29 ID: xoqRvJOG5a
反応されるとホイホイ長文返してしまうが、

反論を恐れず言えば、TRPGの隣接ジャンルCRPG、BG、AVGなりきり、共同創作とか色々あると思うが、TRPGの持つ自由は「一般判定」みたいな細な物でも他ジャンルではほとんど再現不可能だと思う
逆に言えば、CRPG自由創作、○○な全てがTRPGでしかできないジャンルとして存在するから、色々な楽しみ方をめる人が集まって、摩擦も生じるんだと思う
(摩擦回避の具体的方法はそれこそ色々な場で議論されてると思うが)

例えば、データマンチ的には、CRPG再現みたいなTRPGでもそれがCRPGでできない要素を少しでも含むなら、TRPGである事に大きな意味がある。むしろその方が自分のノウハウを使えて嬉しい

CRPG中に感じるちょっとしたかゆい所にいつでも手が届く
リアクション多かったり状況依存強くてCRPGTCGシステムしづらい戦闘や、それに伴う膨大なデータ構築
なりきり遊びに判定が付き、データで活躍を再現できる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1448 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 23:04:09 ID: xoqRvJOG5a
まあ、その人が単にTRPG認識狭いって事は多々あるだろうけど…
1449 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 07:15:24 ID: IIrcj+JGWu
初プレイで困や性格の悪い人と遊んで
二度とこんなゲームやらないってなった人って
その後そのシステムの強アンチになる
でもそれもtrpg自由の結果だから仕方ない
一人でも多くの善良な人間がプレイヤーになり
一人でも多くの悪質な人間が辞めるように
仕向けていかないとなあ
1450 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 02:06:56 ID: tKLQ0KFg8t
世の中、善人が2割・困人が3割・どちらにも染まり得る中立の人間が5割だと実感するよ
閉鎖的とか選民思想とか揶揄されても慎重に善人を見極めてメンツを集めないと鳥取は容易く崩壊する
「来る者拒まず去る者追わず」って信条だったけど現実はそれで回るほど甘くないよ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015