単語記事: UFC

編集

Ultimate Fighting Championship (UFC) とは、アメリカ合衆国ズッファLLC運営する団体・MMAイベントである。

1993年に、コロラド州デンバーUFC1が開催された。PRIDE現在世界一総合格闘技の団体・イベントとして名高い。 日本国内ではWOWOWUFCを放送している他、PPVで世界へ配信されている。

現在の代表はデイナ・ホワイト。CEOにはズッファLLCのロレンゾ・フェティータが就任している。アメリカ格闘技業界誌『レスリングオブザーバー』が催するレスリングオブザーバー・アワード2位以下を引き離し、断トツ1位ベストプロモーター賞を獲得する凄腕。アメリカ格闘技業界ではボクシングWWEと並ぶ人気があり、PPVでの売上件数はWWEえることもある。

現在男子がフライ~ヘビーまでの8階級制を採用しており、初期UFCの中心となったホイスグレイシーケンシャムロックをはじめ、PRIDEなど日本でもお染みのミルコ・クロコップヴァンダレイ・シウバマーク・ハントアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、マウリシオ・ショーグンなどが参戦。
他にもWWEからMMAに転向したブロックレスナーや、2006年から2013年まで7年近くミドル級王者に君臨していたアンデウソン・シウバなどが有名。日本からも五味隆典宇野須藤元気、高阪剛、秋山成勲山本"KID"徳郁といった選手が参戦している。近年では女子選手の躍進も覚ましく、ストロー級、バンダム級の2階級で々しいファイトを見せている。

ルール

時間規定

1R5分制。ノンタイトル戦は5分3Rタイトル戦は5分5Rで、インターバル1分が制定されている。

反則

  1. 頭突き
  2. 潰し
  3. 噛み付き
  4. を引っる行為
  5. 体腔
  6. 体の開口部へのあらゆる攻撃
  7. 体の開口部を入れること、また相手の傷口にを入れること
  8. 小さな関節への攻撃
  9. 後頭部への攻撃
  10. 下方向へ垂直に振り下ろす形の肘打ち(斜めに振り下ろす肘は反則に取られない)
  11. あらゆる種類の喉への攻撃
  12. 相手を引っ掻いたり、つねったり、を掴む行為
  13. 鎖骨を掴む行為
  14. グラウンド状態の相手の頭部への蹴り
  15. グラウンド状態の相手の頭部への膝蹴り
  16. グラウンド状態の相手を踏みつける行為
  17. 腎臓を踵で蹴る行為
  18. グラウンド状態で相手の頭部・頚部をキャンバスに押し付ける行為
  19. 相手をオクタゴンの外に投げ出す行為
  20. 相手のグローブ・スパッツ等を掴む行為
  21. 相手に唾を吐く行為
  22. 相手を負傷させるような非スポーツマン行為に関与すること
  23. ロープまたはフェンスを掴む行為
  24. オクタゴン内で相手を口汚く罵る行為
  25. ブレイク中の相手への攻撃
  26. フェリーに保護されている相手への攻撃
  27. ラウンド終了後、ブザーが鳴った後の相手への攻撃
  28. フェリー示を意図的に視する行為
  29. 故意に相手との接触を避ける行為、またはケガを装う行為
  30. セコンドによる干渉
  31. 競技中にタオルを投入すること

勝敗

試合場

網で囲われたオクタゴン(八形)の舞台で行われる。ケージの直径は9mで、フェンスの高さは約1.83m。
オクタゴンは地の黙示録の脚本などを手掛けた、ジョンミリアス(映画監督)によって考案された。

コスチューム

スパッツトランクス、規定の4〜6オンスのオープンフィンガーグローブファールカップ以外の着用は禁止。

階級・王者(2015年6月現在)

階級名称 規定体重 現王者 暫定王者
フライ級 115pounds-125pounds52.2kg-56.7kg) メトリアス・ジョンソン
バンダム 125pounds-135pounds(56.7kg-61.2kg) TJ・ディラショー
フェザー級 135pounds-145pounds(61.2kg-65.8kg) ジョゼアル
ライト 145pounds-155pounds(65.7kg-70.3kg) ファエルドス・アンジョス
ウェルター級 155pounds-170pounds(70.3kg-77.1kg) ロビー・ロウラー
ミドル級 170pounds-185pounds(77.1kg-83.9kg) クリスワイドマン
ライトヘビー級 185pounds-205pounds(83.9kg-93.0kg)
へビー級 205pounds-265pounds(93.0kg-120.2kg) ファブリシオ・ヴェウドゥム
階級名称 規定体重 現王者 暫定王者
女子バンダム 125pounds-135pounds(56.7kg-61.2kg) ロンダ・ラウジ
女子ストロー 115pounds-125pounds52.2kg-56.7kg) ヨアナ・イェンジェイチック

関連項目

外部リンク 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/ufc
ページ番号: 4158786 リビジョン番号: 2227209
読み:ユーエフシー
初版作成日: 09/09/13 03:31 ◆ 最終更新日: 15/07/03 15:31
編集内容についての説明/コメント: 階級・王者(2015年5月現在)を階級・王者(2015年6月現在)とし、ヘビー級王者をファブリシオに更新しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

UFCについて語るスレ

33 : ななしのよっしん :2015/04/26(日) 22:07:11 ID: zhZtXbEhOr
堀口負けちまった!!
34 : ななしのよっしん :2015/05/13(水) 23:18:31 ID: 9+I9GPn7PG
WOWOW見てると女子選手の試合も見れて嬉しいな。
35 : ななしのよっしん :2015/06/08(月) 20:25:43 ID: ixZpkaY3wL
>>32
ランペイジはベラトールかどっかで揉めて渋々戻ってきた。ジョシュはストライクフォース参戦の流れからUFCビジネスライクな交渉して出場した感じ。一応弱くはないし集客もそこそこあるからUFC契約したんだと思う。
ミルコも集客かな。個人的な分析だけどヘビー級は層が薄いからフロントも全盛期過ぎててもネームバリューのある選手は欲しいんじゃないかな
36 : ななしのよっしん :2015/12/22(火) 11:32:10 ID: iUuMzNeGa0
ヘビー級王者ヴェラスケス→ヴェウドゥム
ライトヘビー級王者JJDC
ミドル級王者ワイドマン→ロックホール
ライト級王者ペティス→RDA
フェザー級王者アルド→マクレガー
女子バンタムウジー→ホルム
女子ストローエスパルザ→イェンジェチック

今年タイトルを防衛できたのはロウラー、ディラショー、マイティマウスのみ。
しかもロウラー、ディラショーは1試合しかしていない。
JJアンデウソンの大失態、さらにリーボックのスポンサー独占で一時はUFCどうなっちゃうの?と思ったけど、マクレガーとロンダ、さらにDC、イェンジェチックの健闘でなんだかんだ盛り上がった一年だった。
37 : ななしのよっしん :2015/12/22(火) 17:08:50 ID: zhZtXbEhOr
年の終わりにアルド、ロンダワイドマンが立て続けに負けたのは結果も内容も衝撃的だった。特にワイドマンはあのアンデンソンを下して王者になった男だからもうちょっと長期政権を築くと思ってたわ。
38 : ななしのよっしん :2016/01/01(金) 16:44:55 ID: qRwFYZ+T8v
東方×UFC
>>sm27911619
39 : ななしのよっしん :2016/01/13(水) 18:12:00 ID: zhZtXbEhOr
>>38
北米版かと思ってはっきり言って、あまり期待しないで再生してみたんだけど
すごいわ。鳥肌立った。
40 : ななしのよっしん :2016/01/17(日) 16:48:45 ID: SLl8cDWBX5
ヘビー級のチャンピオンコロコロ変わるのはラッキーパンチがあるからだろうな
重量級のパンチは威があるから運良くに入ったら倒れるしね
41 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 09:54:42 ID: LYlJeVRfVI
明らかに失ダウンした相手にここぞとばかりに打ち込むのは、勝つための行動なんだろうけど
殺しに行ってるよなぁ、と思った一般ピーポーでございます
42 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 10:15:44 ID: LYlJeVRfVI
すまん。他に動画漁ってたらレフェリーが選手をふっ飛ばしてまで追撃止めてたわ
止める止めないの判断がファジーなのは他の競技でも同じか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015