単語記事: Undertale

編集

Undertaleとは、Toby Fox氏が中心として制作したも死ななくていい優しいRPGである。
2013/6/25Kickstarterにてクラウドファンディングを開始。当初に定められた標出資額は$5000であったが、最終的に約10倍となる$51,124もの出資が集まった。2015/9/15より、公式サイトSteamにてWindows版・Mac版・Linux版が販売されている。

発売から約2年間は英語版のみだったが、2017年8月16日日本語化されたものがPS4/Vita移植された。PC版8月22日日本語版が配信予定。翻訳ハチノヨン(8-4)。

概要

基本的な流れはマップ上のパズルや仕掛けを解いていき、中で出会った敵やボスと戦うという、一般的なRPG。しかし、公式ページに「In this RPG, you don’t have to kill anyone.」と書かれているように、プレイヤーの選択次第で全ての敵と和解したり、全てのボス友達になれるのが最大の特徴である。

一応倒すこともできるが…倒さなくてもクリアすることが可である。友達になる方法もモンスターによって様々で、コマンドでお話しをしたり、特定アイテムを使ったりと対応も全く違うので是非自分でプレイして試行錯誤してほしい。

また、もう一つの特徴として戦闘システムにおける敵の攻撃が少し特殊であることが挙げられる。敵の攻撃ヒットに回避率やすばやさなどの数値はなく、プレイヤーは用意された四エリアのなかで弾幕のごとく襲ってくる敵の攻撃を避ける、弾幕シューティングのようなシステムが取り入れられている。つまり、敵の攻撃を全弾回避すれば、傷で戦闘を終えることもできる。 (このシステムの戦闘を自作できるUnitaleという非公式エンジンも存在する)

日本でもじわじわとその知名度を上げてきており、TumblrTwitterを中心にファンアートが盛んに投稿されている。ドット絵」「RPG」「弾幕といった要素を持つことや「モンスターを倒さなくても良い」という作から、海外においてもMOTHERシリーズ東方真・女神転生シリーズmoonゆめにっきOFF_by_Mortis_Ghostといったタイトル較されることがある。作者Toby Fox氏も幾つかのタイトルに言及しており、特にMOTHERと東方からは強いインスピレーションを受けたっている。その後、TobyFox氏が来日した2016年5月13日に、MOTHERを手掛けた糸井重里氏との対面が実現した。

音楽面においてもファンによるリミックスカバーが数多く投稿されるなど、人気が非常に高い。音楽作者Toby Fox氏本人が手がけているため、シーンや演出とよくマッチしており、ゲームの展開も相まって印に残りやすいBGMっている。

ゲームという媒体を生かしたシナリオや演出が盛り込まれているため、もし興味を持ったら動画だけを見て済まさずに、予備知識し&自分の手でプレイして欲しい。

キャラ名の検索結果や、掲示板動画コメントにはネタバレが大量にあるので注意!

あらすじ

Long ago, two races ruled over Earth: HUMANS and MONSTERS.
昔々、地球には人間とモンスターというふたつの種族がいました。

One day, war broke out between the two races.
ある日、このふたつの種族の間に戦争が起きました。
After a long battle, the humans were victorius.
長い戦いの末、人間側が勝利をおさめました。
They sealed the monsters underground with a magic spell.
人間はモンスターたちを魔法で地下に閉じ込めたのでした。

Many years later...
それから長い年が経ちました…

MT.EBOTT 201X
201X年 イビト山
Legends say that those who climb the mountain never return.
それは「登った者は二度と帰ってこない」といわれる伝説の山でした。

ゲームより引用(意訳)

主人公は帰らずの山という伝説のあるイビト山に登り、モンスターを封印したとされるの前までやってきました。ですが、そこで生えていた植物に足を滑らせ、の中へ落ちてしまいます。

ゲーム本編に落ちた主人公を覚まし、元の世界に帰ろうと歩き出すところからスタートします。

キャラクター

Undertaleには個性的なキャラクターが沢山登場するが、ここでは要なメンバーのみを紹介。他のキャラクターは自分でプレイするか、Undertaleの関連項目一覧を確認して下さい。ネタバレの恐れがある部分は文字反転しています。
主人公
イビト山で足を滑らせ、モンスターたちが住む地底へと落ちてしまった人間。プレイヤーが操作することになるキャラクターで、地底から元の世界へ帰ることを試みる。ストライプ柄のを着ており、性別や人種が曖昧に取れる外見をしている。
Flowey (フラウィ)
主人公が地底で覚めてから一番最初に出会う、可らしい笑顔黄色いおフレンドリーな口調で話し、とても親切にこの世界の生き方を教えてくれる。さあ、ボクを受け取って!
Toriel (トリエル)
遺跡の守護者であり、落ちてきた主人公を助け、よりも愛してくれる母親のような存在。側にいて一緒に手を引いて歩いてくれる時もあれば、主人公を想ってあえて厳しい試練を与えたりもする。料理が得意で、彼女の焼くバタースコッチシナモンパイは一にして元気がみなぎるくらい美味しい。
Sans (サンズ)
Snowdinで暮らすスケルトンで人間がこないか見り番をしているやや怠け者なPapyrus兄弟。小ジョークとイタズラが大好きで、いつもポケットに手をつっこみニヤニヤと笑っている。Papyrusと違い実はなかなかの策士であり抜けない。Papyrusのことをとても大事に思っている。名前の由来はフォントの「Comic Sans」。
Papyrus (パピルス)
Snowdinで暮らすスケルトン。人間を捕らえようと企み、沢山のパズルを用意して待ち構えている。Sans兄弟であり、常にポジティブで自信に満ち溢れており大で喋る、要約するとすべきアホの子。名前の由来はフォントの「Papyrus」。Undyneとは仲のいい親友であり、何度も彼女の所属する騎士団に入団希望をしているが断られている。
Undyne (アンダイン)
Waterfallに住み、王騎士団のリーダーを務める魚人の女騎士。不屈の精を持ち、とても情熱的な性格であり、Asgore王やPapyrus、他の住民たちのことを心から大切に想っている。その分、モンスターたちの敵である人間に対しては情け容赦なく、無慈悲に攻撃してくる。Alphysとは趣味を共有するとても親密な仲である。
Alphys (アルフィー)
恐竜のような見たをした、Hotlandにラボを構える女性の王科学者。Mettatonの生みの親。アニメ漫画が好きで、内気で恥ずかしがりやのコミュ障といった典的な引きこもりオタク主人公に友好的で、地上のに帰るサポートをしてくれる。Undyneに特別な感情を抱いている。
Mettaton (メタトン)
Alphysによって作られたお喋りなロボット。元々のコンセプトは地下世界の人たちを楽しませるためのTVスターロボだったが、Alphysにより対人間用プログラムが追加され、番組を盛り上げるために主人公をあの手この手で殺そうとする厄介ロボットとなってしまった。
Asgore (アズゴア)
モンスターたちの住むこの地下世界を統治する王様モンスターたちが人間の封印を破って地上に戻るために、人間の魂を集めているらしい。

各種購入ページ

関連動画

 ニコニコ動画にはファンによるプレイ動画MAD動画が多く投稿されているが、ネタバレを含む動画が多いため、ここでは公式動画TobyFox氏がTwitterで言及した動画を幾つか記載する。

Youtube再生ページの関連動画にはネタバレが表示される可性が高いため注意!

ピコカキコ

※曲名の検索結果にはネタバレが含まれる可性が高いので注意

プレイヤー タイトル レス番号
13795
Megalovania #5
14077
Memory #309
14153
Pathetic House #366
14269
Tem Shop #1118
14270
Spider Dance(冒頭) #1121
14428
Once Upon a Time #1888
14482
Metal Crusher(FC remix) #2007
14569
Death by Glamour #2204
14735
hopes and dreams #2314
14750
Battle Against A True Hero #2332

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/undertale
ページ番号: 5377352 リビジョン番号: 2520295
読み:アンダーテール
初版作成日: 15/10/31 19:42 ◆ 最終更新日: 17/09/03 16:45
編集内容についての説明/コメント: アルフィスをアルフィーに変更しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Sans

papco

flowey

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Battle Ag...
hopes and...
Death by ...
Metal Cru...
Once Upon...

Undertaleについて語るスレ

3239 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 17:31:28 ID: j6Z3fUoCuq
>>3236
よし時効だからどの部分かまで言っちゃおうか
3240 : 名無し :2017/09/25(月) 20:05:17 ID: iq6H0v7NGX
公式翻訳にケチ付けてる連中はどんな出来にしろ公式翻訳くんだろうな
先にプレイした方が印に残るし本人にとってはそれが絶対になるから
非公式は中二臭いし意味捻じ曲げたりしてて公式トビー監修なのにな
3241 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 00:01:14 ID: +Fi9wIWpoq
原作者監修は考察する時、邦訳の正確さの保障にはなるけど
実際それが良く感じるかとは関係だしなぁ

終戦の「ふっかつ」とか、逆に解りづらくなってるし
3242 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 00:03:52 ID: V+ORzQcxbh
そう?ふっかつは流れ的に何もおかしくないと思ったけど
3243 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 00:12:26 ID: kaWCzhRYvH
たぶんあれは「セーブ」を「ふっかつのじゅもん」とかけて訳した結果なんじゃないかな
非公式訳版のSAVEへの思い入れが強すぎてやっぱりあっちが好き、と個人的には感じてしまうけど
公式訳版も公式訳版で、「SAVE」にいくつもの意味を持たせた原に対して
「ふっかつ」に複数の意味を見出せるようにした、日本語ならではの名訳だと思うよ
3244 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 00:31:23 ID: +Fi9wIWpoq
子供の頃は解らなくても、あとから知って印に残るって事があるからさ
たぶん「SAVE」自体に「守る・救う」の意味がある事を、プレイする子供が知らない事を想定して、変更したんだろうけど
ここで「SAVE」のままでも凄く印に残ったと思うんだけどな

……「ゆうしゃがあらわれた」とかもそうだけど、「ふっかつのじゅもん」もドラクエリスペクトなんだろうか
だとしても、今の子供が「昔のゲームセーブなんかできない、いちいちふっかつのじゅもんってパスワード打ってた」なんて知ってんだろうか
今、ふと思ったんだが、ひょっとして「SAVEは出来ないがふっかつならできるかもしれない」って子供への配慮じゃなくて、おっさん向けのネタなんだろうか?
3245 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 01:05:31 ID: 6IOeTLP+Kv
「他のものをセーブ出来るかもしれない」って文章好きではあるけど
単純に解りづらくね?と思ってたから、妥当かなとも思うわ
個人的には公式訳は柔らかくて好きだな、非公式は所々「公式じゃないからこそった表現が出来てた」って印持ってるからだけど。地の業火とか
3246 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 01:23:07 ID: 8r9+ITbl1S
今更感すごいけどPルートクリア。さあもう一週……と思ったけれど手が滑ってゲーム終了。その後も滑り続けてゲーム出来ない。

というか理。散々プレイ動画とか見たけれど、自分でプレイしてお金稼いでアイテム買って装備買って弾幕避けて皆と友達になってからの『フリスクと皆の幸せを壊さないで』は強すぎる。もう不可侵です。
3247 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 14:27:00 ID: o+zlSm/y+z
清々しいぐらいのハッピーエンド最高や
3248 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 22:00:49 ID: O3QJbBxQ3/
初めてGルートを見て想像の100倍くらいキツイ…とくにPapyrus
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829