単語記事: V・HERO アドレイション

編集

V・HERO アドレイションとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。

概要

エド・フェニックスの使用するV・HERO融合体の1つ。自分フィールド上に存在する自身を除くV・HERO1体の攻守分、相手モンスター1体の攻守を下げる効果を持つ。

初登場はVS十代戦。
魔法カード「幻影融合」で、魔法ゾーンの「V・HERO マルティプリ・ガイ」と「V・HERO ミニマム・レイ」を融合素材として融合召喚された。
十代の「M・HERO ヴェイパー」の攻守を、「V・HERO ウィッチレイド」の攻守(攻2700・守1900)分ダウンさせた。その後、ヴェイパーに攻撃してフィニッシャーとなった。

その後、VS吹雪戦でも登場。
同じく「幻影融合」で魔法ゾーンミニマム・レイと「V・HERO インクリース」を融合素材として融合召喚される。
直後に召喚されたマルティプリ・ガイの攻守(攻800・守700)分、吹雪の「バーチャルスフィア」の攻守をダウンさせ、「バーチャルスフィア」を戦闘破壊した。
その後、吹雪の「The アトモスフィア」の効果でアトモスフィアに装備された。

VSトラゴエディア戦では、デュエルの経過が省略されているので詳細は分からないが、「The supremacy SUN」に戦闘破壊されていることが確認できる。

攻撃名は「アンビション・サンクションズ」。
攻撃する相手の場にの柱のようなものを出現させてダメージを与えるようである。


イラストの構図はどことなく「E・HERO The シャイニング」に似ている。

アドレイション(adoration)は英語で「崇拝、崇敬」を意味する。

OCG版

PREMIUM PACK 13」(ジャンプフェスタ2011【2010年12月28日~29日】で先行販売、一般販売日は2011年3月12日)でOCGに登場。

融合・効果モンスター
8/闇属性/戦士族/ATK 2800/DEF 2100
HEROモンスター×2
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体と、
このカード以外の自分フィールドの「HEROモンスター1体を対として発動できる。
その相手モンスターの攻撃・守備ターン終了時まで、
その自分のモンスターの攻撃ダウンする。

※「DIMENSION BOX LIMITED EDITION」収録のカードDBLE-JP044)による

OCGV・HEROがほとんど存在しないため、素材と攻守ダウン効果の定がHERO全般となっている。また、攻守ダウンの効果は、選択した自分モンスターの攻撃分相手の攻撃を、守備分相手の守備ダウンさせる効果であったのが、攻守どちらも自分モンスターの攻撃ダウンさせるように変更された。

素材定は「HERO」2体と、非常に緩いので融合召喚は容易。【E・HEROデッキであれば「融合」と適当HEROを2体で融合召喚できる。「E-エマージェンシーコール」や「E・HERO エアーマン」をはじめ、優秀なサーチカードを擁するので素材は簡単にそろうだろう。しかし、E・HEROではないので、「ミラクル・フュージョン」など、E・HERO関連のサポートは受けられない点に注意が必要。素材をそろえるのは簡単だが、それを融合する手段が少ない。
Dragoon D-END」の融合召喚を狙うタイプの【D-HEROデッキでは、D-END融合素材わない場合に適当HEROでこのカード融合でき、事故率を軽減できる。

HEROモンスターではあるので、「マスクチェンジ」などでM・HEROを特殊召喚することが可レベル8なので「フォーム・チェンジ」にも対応する。

効果は単体では意味を成さず、その点では単体で活躍できる「E・HERO Great TORNADO」などに劣る。
しかし、フィールドに攻撃の高い別のHEROがいる場合、大幅な攻撃の減少が望めるほか、複数ターンに渡って発動できる可性がある点では優れている。
E・HERO シャイニングフレアウィングマン」と組めば、シャイニングフレアウィングマンのダメージ効果とあわせてかなりの大ダメージを与えられる。

単体では機しない安定性の低さ、E・HEROではないゆえのサポートの少なさ(特に「ミラクル・フュージョン」が使えないのが大きい)から、少々扱いにくいカードではあるが、「融合」や「フュージョンゲート」を採用するタイプの【E・HEROデッキであれば、理なく融合召喚を狙えるので採用の余地もあるだろう。

ちなみに、E・HERO融合体と違い、生制限を満たせば(融合召喚を成功させれば)、墓地からの特殊召喚が可生系のカードを使用する場合の補として覚えておこう。


未来融合-フューチャー・フュージョン」でこのカード融合先に定することでデッキから好きなHEROを2体、墓地に送ることができる。現在未来融合エラッタによりこの用途では使いづらい。
この使い方であれば、「V・HERO トリニティー」の方が3枚墓地に送れるが、HEROの枚数が少ないデッキではこちらを優先できる(デッキHEROが2体しかいないとき、トリニティーではそれらを墓地へ送れない)。

2014年7月10日ルール訂で、「エンドフェイズ時」を「ターン終了時」に読み替えることになった1枚。
これまでエンドフェイズ時にダウンした攻撃を元に戻す処理を行っていたものが、エンドフェイズ中は攻撃を戻さず、次のターン開始時には元に戻っているようになった。

関連動画

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/v%E3%83%BBhero%20%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
ページ番号: 4714504 リビジョン番号: 2491501
読み:ヴィジョンヒーローアドレイション
初版作成日: 11/09/03 19:55 ◆ 最終更新日: 17/05/20 02:51
編集内容についての説明/コメント: テキストを最新のものに差し替え
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

V・HERO アドレイションについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2011/09/08(木) 07:26:39 ID: gbiyAwAjzd
作成乙です!
トリニティーより先にこいつの記事ができるとはwww
2 : ななしのよっしん :2012/03/22(木) 17:16:45 ID: BmruiWt2dM
イケメンすぎる
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829