単語記事: ViVid Strike!

編集  

少女たちは、何も持たずに生まれてきて
傷つきながら生きて行って
流されながら、抗いながら
手に入れたものも失ってゆく
少女はまだ出会わない
自分の未来と、運命に

ViVid Strike!』とは、2016年10月1日より放送を開始したテレビアニメである。
魔法少女リリカルなのはViVid』の1年後の世界であり、予告された第2期というわけではない模様。
ViVid原作の最新話より先のオリジナルストーリーである。

概要

ViVid系列ということで格闘技コンセプトとしているが、主人公高町ヴィヴィオではなく、新キャラクターであるフーカ・レヴェントンリンネベルリネッタを中心としたストーリーとなっている。
なお、ViVidはA1 Picturesが制作していたが、本作はViVid以外のなのはシリーズ制作していたセブン・アークス・ピクチャーズ制作している。

なお、本作はなのはシリーズであるが、「魔法少女リリカルなのは」の名前を冠していない。「StrikerS サウンドステージX」と同様、シリーズ主人公である高町なのはが登場しないためであると考えられる(登場したのは顔がで隠された状態の写真のみ)。

フーカとリンネは同じ孤児院で育った幼馴染だったが、あるきっかけから別れることとなる。
フーカはフリーターとして住み込みのアルバイトをしながら生活していたが、アインハルトから誘われ格闘技を始めることとなる。

主要人物紹介

ヒロインズ

フーカ・レヴェントンCV水瀬いのり
本作の主人公。孤児院出身で、現在アルバイトをしながら生活している。
リンネとは幼馴染だったのだが、現在では別れている。
不良との喧の後にアインハルトと出会い、そこで思わず殴りかかってしまったところでアインハルトから実を見初められ、格闘技を勧められる。
ナカジマジムで住み込みのアルバイトをしながら覇王流を学んでいくことに。魔法ベルカ近代か古代かは不明)。
広島弁のようなしゃべり方が特徴。
リンネベルリネッタ(CV小倉唯
フーカとは幼馴染フロンティアジム所属。
スタイルはトータルファイティングで、魔法はミッドチルダ
孤児院出身だが、ベルリネッタの養子となった後、格闘技を始める。
DSAAU15ランキング1位の実者で、ヴィヴィオに負けるまでは敗だった。

ナカジマジム

高町ヴィヴィオCV水橋かおり
St.ヒル魔法学院初等部5年生。
DSAAU15ランキング第7位。
ViVidでは主人公魔法ベルカ&ミッドハイブリット。
アインハルト・ストラトスCV能登麻美子
St.ヒル魔法学院中等部2年生。
DSAAU15ワールドチャンピオンで、U15では全試合KOの実績を持つ。魔法正古代ベルカ
フーカを格闘技に誘っており、フーカ次第だが自身は覇王流を教える気もある模様。
リオ・ウェズリー(CV喜多村英梨
St.ヒル魔法学院初等部5年生。
実家格闘技である「拳」とストライクアーツを組み合わせた全く新しい格闘技を駆使する。魔法近代ベルカ
総合魔法戦競技の選手なので、本編中では試合をすることはなかった(BD/DVD Vol.2のOVAでは総合魔法戦競技として練習試合をした)。
コロナ・ティミルCV福圓美里
St.ヒル魔法学院初等部5年生。
スタイルゴーレム創成とストライクアーツを組み合わせたマイスアーツであり、格闘技練習に付き合える程度と考えている。魔法はミッドチルダ
マネージャーとしての働きもしており、自己紹介では自身のことを「選手兼マネージャー」と言っていた。
リオと同じく本編中では試合なし。
ミウラ・リナルディCV伊藤かな恵
DSAAU15ランキング第5位。
ViVidでは八神経営の格闘技場に通っていた(そのため、格闘スタイルストライクアーツ八神流となっている)が、本作ではチームナカジマと同じナカジマジム所属となっている。
なお、ViVidではミッドチルダ式だったはずなのだが、なぜか本作の公式サイト魔法陣ベルカ式のものになっていた。現在はすでに修正済み。
ユミナ・アンクレイヴCV上坂すみれ
St.ヒル魔法学院中等部2年生。
アインハルトとは同じクラスの親友で、スポーツドクターしている。
現在は勉強の意味もあってナカジマジムバイトリーダーとなっている。
ノーヴェ・ナカジマCV斎藤千和
ナカジマジム会長
ヴィヴィオリオコロナの3人にストライクアーツを教えた師匠でもある。
ミカヤ・シェベルCV浅川悠
ナカジマジム顧問取締役
ノーヴェの友人で、瞳流抜居合師範でもある。

フロンティアジム

ジル・ストーラ(CV佐倉綾音
フロンティアジム所属の、リンネ専属トレーナー。選手育成について才こそすべてという考えで、ノーヴェとは180°違っている。
ヴィクトーリア・ダールグリュンCV遠藤綾
雷帝」ダールグリュンの血をほんの少しだけ引いている。U19選手会長フロンティアジム所属でリンネジルとも親しいがナカジマジムの選手たちとも打ち解けた友人。

その他の格闘選手

ライラカプリス(CV福原綾香
フーカが見に行った試合でリンネと決勝を戦った選手。1ラウンドKOされた上にリンネからは調子がよくなかったんじゃないかと体的にも精的にも圧倒的にやられてしまった。
キャリーターセルCV長谷美希
8位の人サニージム所属。非常に人気の高い選手。U15では敗だったがリンネ一方的に負けた上に「お疲れ様でした、8位の人」と精神攻撃までくらってしまった。
ファビア・クロゼルグ(CV瀬戸麻沙美
ミッドチルダ式ともベルカ式とも異なる魔法を使う魔女ナカジマジムにウラカンを届けに来た。アインハルトとはご先祖つながりの友人。ViVidアニメでしか見ていない人からするとインターミドルに出場していた選手と同一人物だとは到底思えないだろう。
ハリートライベッカ(CV内山夕実
エルセアの私立学校高等科2年。不良のような恰好をした3人の舎がいる。
スパーリング相手として登場。
エルス・タスミン(CV新井里美
非常にな性格。眼鏡をかけている。ハリーとはよきライバル関係。
スパーリング相手として登場。
シャンテ・アピニオンCV阿澄佳奈
王協会本部所属のシスターでシャッハ・ヌエラの子。
スパーリング相手として登場。ウィンターカップではイクスやセインとともに観客席で観戦している。
アディール・テルスターCV長谷美希
WGCジュニアリーグロータスナショナルチャンピオンヴィヴィオと初戦で対戦し、1ラウンドKO負け。
カルナメイブン(CV藤原夏海
話題のルーキーらしい。フーカと初戦で対戦。開始直後に覇王拳をくらって秒殺された。
ジャニス・ゴート(CV斎藤千和
WGCデンドロビウムワールドランカー。190cm180kgというとんでもない巨アインハルトと初戦で対戦し、底で防御を解かせるというパワーを見せるが、カウンター一発くらった後筋肉脂肪ガードできない延髄蹴りをくらってKOされた。なお、本作では1回限りの登場キャラにも変身時はバンクが用意されている(初めから変身して登場する場合もあるので全員にあるわけではない)のに、ジャニスには変身シーンがあったにもかかわらずバンクはなかった。なんでや。
ジークリンデ・エレミアCV中津真莉
DSAAU19格闘戦競技・総合魔法戦競技チャンピオン。少なくともViVidの時点では出場辞退以外負けたことがない。フーカとリンネの試合を観戦に訪れる。
ルーテシア・アルピーノCV桑谷夏子
管理局嘱託魔導師の総合競技選手。母親であるメガーヌ・アルピーノがホテルアルピーノを経営しており、フーカの合宿所及びリンネとの試合のために場所を提供した。

その他

ロイベルリネッタ(CV辻親八
リンネの義理の祖リンネとは彼女が孤児院にいたころに出会い、夫婦に養子とすることを提案した。
リンネ格闘技を始めたのは彼の(とその経緯)がきっかけ。
ダンベルリネッタ(CV高田裕司)&ローリー・ベルリネッタ(CV日髙のり子
リンネの義理の両親。ロイの紹介ページ夫婦と書いてある通り、ローリーがロイダン婿入り。
子供に恵まれなかったためにロイからの提案でリンネを養子にした。親子仲は問題ない模様。
クラスメイト3人組(CV小橋里美長谷美希千本木彩花
リンネが今の状態になった諸悪の根源リンネいじめ、またそれによってリンネが祖の死に立ち会えなくなってしまったことでフルボッコにされた。この暴力事案はちょっとしたニュースになったらしい。なお、このうちの1人はサラという名前で、家族に対しいじめをしていたことは隠して一方的暴力を受けたと話をしていたようで、まったく反していないことが判明した。
イクスヴェリアCV川澄綾子
冥王」の異名を持つ古代ベルカの王。称は「イクス」。StrikerSサウンドステージXで初登場し、機不全のため眠りにつく。ViVidでは小さなイクスが離れて動く程度にまで回復していたが、本作ではなんと普通に本体が起きて活動できるまで回復した模様。現在は協会所属の治療士となっている。なお、本作の4話終了後発売されたコンプエース掲載のMemory90では覚める場面が描写された。
シスターセインCV水橋かおり
ナンバーズNo.6王協会所属のシスターシャンテとは同期
イクスやシャンテの付き添いで登場。
男性アナウンサーCV:各務立基)
ウィンターカップリングアナウンサー

デバイス

ウラカンCV:???)
フーカのデバイス称はウーラ。アスティオンと同融合デバイス。名称は魔法少女リリカルなのはINNOCENTで先行して登場していた。
スクーデリア
リンネデバイスベルリネッタ宝石も扱っているようで、その宝石(見たブリリアントカットダイヤモンド)がベースとなっている。もともとはロイから妻、妻からローリー、そしてリンネへと贈られていった装飾品で、格闘技を始めた際にデバイスとしての機を追加したもの。
セイクリッドハート
ヴィヴィオデバイス称はクリスウサギの自立行動インテリジェントデバイスで、言葉はしゃべらないがジェスチャーで意思を伝えることができる。
アスティオン(CV阿澄佳奈
アインハルトデバイス称はティオに見えるが実際はの自立行動インテリジェントデバイス
ソルフェージュCVJamie Schyy)
リオデバイス拳の場のお守りがベースとなっている。
ブランゼル(CVKaoru Edo)
コロナデバイスルーテシア・アルピーノによって製作されたもの。
スターセイバーCVKaoru Edo)
ミウラデバイス。名前の通り八神作。

スタッフ

公式配信(Amazonビデオ)

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/vivid%20strike%21
ページ番号: 5446136 リビジョン番号: 2453139
読み:ヴィヴィッドストライク
初版作成日: 16/10/02 01:34 ◆ 最終更新日: 17/01/27 09:18
編集内容についての説明/コメント: OVA関連の記述
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ViVid Strike!について語るスレ

996 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 10:06:40 ID: jUxl6leDmk
>>995
それよく言ってる人がいるがVSとForceって何の関係性もないから
仮にVS続編出たとしてそれが最新時系列になっても不都合はないでしょう
Forceが途中で休止になったからといっていつまでも最新時系列扱いで置いておく理由もないし
997 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 23:37:56 ID: suAdyXVgFK
Forceが現状のままなら何ら問題いけど、大規模次元震が発生するレベルの事件とか起こせそうな面子だし、ミッドや近い次元StSレベルの事件が起こったら暢気に試合を開催してるのも…
結局のところミッドに関係ないくらいの世界で大事件になってればいいだけなんですけどね
998 : ななしのよっしん :2017/10/14(土) 00:48:56 ID: 1BFij75gYY
JS事件でさえ民間レベルだとそこまで影なさそうなのがなんとも……
普通が傾くレベルの事件のはずなのにそういった空気が全く感じられないというか。
999 : ななしのよっしん :2017/10/25(水) 15:12:36 ID: 1czqFjpvfo
>>983
事件後の話になるけど、同じクラスであれだけの仕打ちをした相手の名前が分からないってのもどう考えてもおかしいよね。

何か伏線があるなら話は別だけど「サラってどの子?」って台詞はわざわざ入れる必要あったか?
あと兄貴の「持ちなら示談が許されるのか!?」って台詞だとサラ持ちじゃない事になるし、上流階級の子供が多い伝統ある名門校という設定と矛盾してる事になる。リンネが孤児のくせにお嬢様扱いされてるのもリンネを「教育」しようと思った原因じゃなかったのか?

とにかく設定も扱いも余りに雑過ぎる。信者製作者は理矢理美談に持ってこうとしてるけど、いじめ問題は実際は何一つ解決してないだろ。
リンネは長年トラウマを背負う事になるし、リンネを追い詰めた当人は何の御咎めもなく、家族にさえ正確な情報が伝わることく、今ものうのうと生きてるし。
1000 : ななしのよっしん :2017/10/26(木) 23:22:09 ID: suAdyXVgFK
>>999
>>986>>989で結論出てるけど、いじめの話ってあくまでリンネ格闘技を始めるきっかけの要因の話であって本筋はフーカとの戦いに持って行く事なんだから全解決とかする必要いでしょう。
仮にそれを掘り下げるのならリンネ役にして2クールくらいの作品にしないと…何の作品だか訳が分からない物になりそうだが
というか美談になんてなってたか?
1001 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 11:14:28 ID: o7bgPKF90D
逆に言うと、「いじめっ子の本人と和解すること」がいじめ一の解決方法なのか?っていうとそうじゃいからな。
人生の間で本人と直接対面することになるが学生の間だけ、なんて事も多々あるし、後々の人生においてトラウマを再発させないこと、トラウマすることのほうが重要だったりする。
いくらその場で和解しても、別の人との人間関係を築いた時にトラウマで動けなくなるかもしれない、10年後にどうなるかもわからない。
それくらいなら「もしばったり再会しても普通に対処できる」くらいにトラウマを緩和するほうがかに有用だし未来のためになる。

フーカのリンネに対する行動はまさにそのトラウマの解消であって、極めて現実的な「いじめの解決法」なんだよ
都築さん、過去からしてずっと「理解し合える人間も居るし、絶対に理解し合えない人間も居る」ってのはずっと描いてるからな

ついでに言うとね「リンネが孤児なのにお嬢様扱いされることにイラつく」→「サラお金持ちではいorサラ持ちである」はイコールじゃいよ。がなくても嫉妬はす
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1002 : ななしのよっしん :2017/11/09(木) 14:41:25 ID: 90HpVScyfU
リンネいじめっ子の名前を把握していないのはリンネにとって「覚える価値のない人間」「興味のない相手」だからでしょう。
どんなに嫌がらせされようが所詮は自分と同じ土俵に立つ存在だとは認識していなかった。
キャリー選手を8位の人よばわりしていたのも根本的には同じ。

そこがリンネの破綻した部分であり恐らくは喧を吹っ掛けられる原因だったわけだけども。
1003 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 01:12:41 ID: RYj+SeVpJT
試合も団体戦のほうがまだスムーズにフーカVSリンネに持って来れたような気がする
1004 : ななしのよっしん :2018/01/19(金) 08:42:33 ID: 1czqFjpvfo
久しぶりに来たが全に過疎化してるな。

あの3人組はリンネの性格をませた最大の元なんだから、わざとらしく和解させなくてもいいから何らかの決着はつけるべきだった。
あのハイエースの話できっぱり締めればまだ良かったのだが、その後も回想シーンで散々引っっておきながら全にスルーするのは酷すぎる。
もちろんそれがリアルといえばリアルなんだろうけど、片方に一方的な憎悪や侮蔑を込めたところで良い作品が出来るとは思えない。
1005 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 23:42:14 ID: jUxl6leDmk
いじめの話はリンネがグレた原因ではあるがんだリンネを元に戻すのがこの作品の本題なのでそこ掘り下げる必要性は薄い
ドラマCDやらで掘り下げる余地があれば描写増えるかもしれんが高準でまとまってる本編に加えるのは野暮だ

それはそうとそろそろ続編発表ありませんかね
なのはがまだ展開するならViVidシリーズは終わらせるべきでないと思うけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829