単語記事: Windows

編集

Windowsとは、Microsoft社が開発しているオペレーティングシステムサービスブランドである。

概要

ビル・ゲイツとかの努IBMMS-DOSをうまく売り込んだりとかいろいろ)の結果、WindowsPCOSナンバーワンシェア(約9割と言われる)を誇っている。そのお陰か、信者アンチが大量に存在する。しかし、最も多数なのは「使えればなんでもいい」というライト層であり、Windowsが多数である限りはそういう層はWindowsを使い続けるのであろう。

Mac OSのパクり(Mac OSゼロックスのパクリであるが)と言われようが、に独占禁止法違反と言われようが、今日MSは元気です。

現在の最新版はデスクトップ向けがWindows 10サーバー向けがWindows Server 2012 R2
なお、サーバー向けを除いてWindows 10が最終バージョンとなる予定である。

現在サポートされているOS

現在メインストリームサポートが行われているOSは以下の通り(リリース年表に記載されているデスクトップ向け、サーバー向けの要なOSのみ記載)。

延長サポートのみ

現在、延長サポートが行われているOSは以下の通り(リリース年表に記載されているデスクトップ向け、サーバー向けの要なOSのみ記載)。期限が迫っているため、めに新しいOS更新すること。

リリース年表

発売年 デスクトップ向け サーバー向け モバイル向け 組み込み向け
1985年 Windows 1.0
1987年 Windows 2.0
1990年 Windows 3.0
1992年 Windows 3.1
1993年 Windows NT 3.1
Windows for
Workgroups 3.11
1994年 Windows NT 3.5
1995年 Windows 95 
Windows NT 3.51
1996年 Windows NT 4.0 Windows CE 1.0
Windows 95 OSR2
Windows 95 OSR2.1
1997年 Windows 95 OSR2.5 Windows CE 2.0
1998年 Windows 98 Palm-size PC 1.1
1999年 Windows 98
Second Edition
Palm-size PC 1.2
2000年 Windows
Millennium Edition
Pocket PC Windows CE 3.0
Windows 2000
2001年 Windows XP Pocket PC 2002
2002年 Windows CE 4.0
2003年 Windows XP 64-bit
Itanium Edition
Windows Server 2003 Windows Mobile 2003
2004年 Windows XP + SP2 Windows Mobile 2003 SE Windows CE 5.0
2005年 Windows XP Professional
x64 Edition
Windows Server 2003 R2 Windows Mobile 5.0
2006年 Windows
Embedded
CE 6.0
2007年 Windows Vista Windows Home Server Windows Mobile 6
2008年 Windows Server 2008 Windows Mobile 6.1
2009年 Windows 7 Windows Server 2008 R2 Windows Mobile 6.5
2010年 Windows Phone 7
2011年 Windows Home Server 2011 Windows Phone 7.5 Windows
Embedded
Compact 7
2012年 Windows Phone 8
Windows RT
2013年 Windows 8.1 Windows Server 2012 R2 Windows Phone 7.8 Windows
Embedded
Compact 2013
Windows RT 8.1
2014年 Windows Phone 8.1
2015年
Windows 10 Windows 10
2016年
(予定)
Windows Server 2016

系列

Windowsは以下のように系列に分かれている。

1.0〜3.x系

1.0〜3.x系は、MS-DOS上にたつGUIラッパとして登場した。

当時はCUI (Character User Interface)が一般的で、画面にウインドウが出てマウスで操作できる!というだけで十分画期的であった。しかし、いかんせんコンピュータマニア向けのものであったこと、そもそもコンピュータGUIをばりばり使えるほど性かったこと、Windows上でできることがあまり多くなかったこと、PC-98を取り巻くコンピュータ市場が強かったこと、ホビーユーザーがいちばんやりたいゲームがほとんどできなかったことなどいろいろな理由から、それほど普及することはかった。

特に1.0ではウィンドウの重ね合わせすらできなかった(1つの画面に複数のプログラムが並んで表示されていた)。何のためにリリースしたのかはマイクロソフト製品の1つバージョンからも見向きされないのは昔も今も同じである。

3.1は386エンハンストモードで動作し、ファイルシステムどMS-DOS依存部分が減り内部的には9x系統に近い。日本では発売されなかったが、3.11 for Workgroupsはネットワークを持っていた。

9x系

バージョンは、9598Me (Millenium Edition)とあり、まとめて9x系と呼ばれる。

95MS-DOSと統合され、3.1系に対して大きくビジュアルを変えた。現在もある左下のスタートボタンデスクトップゴミ箱実装されたのもここからである。特にゴミ箱は、あまりにもMac OS(当時のsystem7.1/漢字Talk7.1)の機に似ていたことから、Mac OSをパクった!!と非難された。
しかしMac OSゼロックスのワークステーション、Altoデザインをパクっておりマイクロソフトとの訴訟でゼロックス社から訴訟を起こされそうになったため訴訟を断念、事実上容認されることとなった。 人のことは言えないね。

OS/2の開発から手を引いたマイクロソフトWindows95に社運を賭け、発売時には総額2億ドルとも言われる一大キャンペーンを行った。秋葉原での午前0時からの発売はマスコミも取材に来てちょっとした騒ぎになった。これ以降、午前0時の発売開始は秋葉原名物の1つになった。

95から本格的にDOSを使わず、Windowsでほとんどのことが可になった。WindowsさえあればPC-98でもFM-Townsでも海外DOS/V機でも同じアプリケーションが使えることで、海外の安いDOS/V機が内に大量に入ってくる状態を作り出した。結果として内ではPCハードメーカーの淘汰が起こった。

DOSを別途購入する必要がなくなったため、MS-DOSの互換OSを作っていたデジタルリサーチからクレームが付いたが後の祭りであった。ライバル企業はこのようにして潰していくか、買収してしまうか、エンジニアを引き抜くかが、現在生き残っている多くの大企業の常套手段である。

バージョンが上がる過程で、DirectXCD-Rドライブ動画USBデバイスInternet Explorerといった今日マルチメディアインターネットの基本となる機が追加されていった。DirectXの登場で、処理が速いという理由でMS-DOSにとどまっていたゲーム市場Windowsに取り入れることに成功し、また、強なVGAカードの登場で3Dゲームというジャンルを作り出した。一方で、Internet Explorerは「Windowsシステム自体を大きく変更する上にアンインストールできない」という危険な大規模アップデートがあったこともある。これは多くのユーザーを困惑させた。

元がMS-DOSを引き継いだ結果か、度重なる新技術への対応処置か、バージョンが上がるたびに青画面ブルースクリーン)を見る機会が増えていった。ついには「安定性に定評があるとまで言われるようになった。「な、何を言ってるか(ry クリーンインストールして再起動したら青画面だった」とか「1日にxx回は青画面見るだろJK」だとか「Windowsに必要なキーAltCtrlとDelだけ」だとか、散々なネタにされたりもした。もう、どうにでもなーれ。

特に最後のMeはその尋常ならぬ安定性に熱狂的なファンが多くおり、Meたん(もちろんドジっ娘)として擬人化される始末である。一方で「Meたんはドジっ娘じゃねえよ!!チューニングすれば9x系の中で最も安定するなんだぜ!!」とし、日々チューニングしたMeたんを使う人々もいるらしい。ギタリストかよ。

NT系

バージョンNT3.1、NT3.5 (3.51)、NT4.02000XPServer 2003、VistaHome ServerServer 20087などなど。多い。単にNTというとWindows 2000より前の「内部バージョン=製品名」の時代のものをさすが、NTといった場合、一般的には個人向けであるXPVista7810と、なぜかユーザーが多い2000を示すことが多い。

NT系は9x系とは別にオブジェクト指向を掲げて設計されたOSである。しかし理想は高くても開発が進まないので結局途中で方針転換してやっとの思いで発売した。9x系とは異なり、32bitマルチタスクネットワークなどを標準的に備えるOSとして設計された。一方で当初はDirectXなどハードエア寄りで不安定な機が外されていたが、NT4.0からDirectXサポートされるようになった。結果として不安定になったものの、一般ユーザーにもマッチしたOSとなった。

9x系がバージョンアップする毎に「あまりの安定性」になってしまった結果、個人向けでもNT系を使用することとなり、XP Home Editionでそれが実現された。移行の際には、9x系とNT系の互換性問題が発生したが、劇的なほどではかったようである。

一方でXPからVistaへの移行の際は、セキュリティ/ユーザ管理/Aeroの大幅の変更によって、多くのアプリケーションで互換性やファイルアクセス権、グラフィック周りといった箇所で影が出てしまい、ユーザーの反感を買ってしまった。その理由だけとは断定できないが、XPからVistaへの移行は行われず、動作速度善が図られたWindows 7への移行が大きく行われた。

2012年に発売されたWindows 8では、従来のパソコンだけでなく、タブレットスマートフォンなどの小端末での利用を想定しており、インテルCPUだけでなく、ARMCPUでの動作が可になっている。

また、ユーザーインターフェースWindows 95以来の大変更を非常に多く含み、タッチスクリーンでの操作を想定したモダンUI(旧名称Metro UI)に変わった。パソコンマウスなどでの操作が不便であるため、くも批判が出ていた。
そこで、2013年Windows 8.1をリリース。半ばサービスパックのような存在であるが、マウスでもストアアプリModern UIの操作ができるよう機追加された。
デスクトップからはチャームスタート画面に移動する必要があったが、8.1からはスタートボタンが追加されて簡単に移動ができるようになった。また、右クリック再起動などの終了オプションなどが選択できるようになった。
しかし、スタートメニューは復活せず、多くのデスクトップユーザーには不満が残った。 

2014年に、 次期バージョンとなるWindows 10が発表され、デバッグ向けとしてのTechnical Previewの開と、2015年後半にリリース予定であることも併せて表された。
そこで、Windows 8.xのスタート画面を統合するようにスタートメニューが復活、設定切り替えでModern UIベースの画面に切り替えられるよう良がされている。 

なお、MSWindows 10が最終バージョンになると明言しており、Windows 10リリース後はOSアップデートで対応する方針としている。

余談だが、9x系ではブルースクリーンが現れても復旧が可だったりとたいしたことではないが、NT系ブルースクリーンが現れた場合はそのままシャットダウンするしかなかったりハードウェアに障が起きているなど、深刻なトラブルが発生している可性が高い。このことも9x系の安定性に関する興味深い較となるであろう。

Embedded系(旧:CE系)

Windows NTをもとにした、PDAスマートフォンカーナビ等への組み込み向けOSバージョン6まではWindows CEと呼ばれたが、バージョン7からWindows Embeddedとめられた。
PCWindowsとの互換性は基本的にない。
Dreamcastにもカスタムバージョンが搭載された。現在はこれをベースとしたWindows MobileWindows Phoneが有名である(現在の最新バージョンは8)。

なお、これらについては基本的にWindows 10に統合されることになっている。

Windowsムービーメーカー

MeからVistaまでのWindowsにはWindowsムービーメーカーというソフトウェアが付属する。

これは簡易な動画編集を行うことが出来るソフトで、ニコニコ動画にもこのソフトを使って編集つくられたと思われる動画がたくさんある。ニコニコ動画ヒットした影には、このムービーメーカーOSの付属品として広く一般に広まったことがあるんじゃないだろうか?一方で、出する動画の大きさや形式を自由に選べない仕様があり、多くのうp主の悩みの種となっているのではないだろうか?

しばしばニコニコ動画で問題とされるZip動画の多くはWindowsムービーメーカーで作られていることが多い。理由は使ってみれば分かる

海外での独占禁止による排除命令などにより、Windows 7からは付属されず、Windows Essentialsを別途ダウンロードインストールすることで使用が可となった。

コメントとWindows

コメントアートの中にはWindowsUnicodeまわりの処理、Windows付属のフォントでの表示を前提として記述されているものもあるため、他のOSで表示した際に崩れることがある。

これらの文字は、他のOS上では「□」などと表示されるようだ。

また、これらの仕様を逆に使い、ほとんどの環境では透明な文字になるが、特定OSでは文字が浮かびあがるといったコメントアートが存在する。

問題

Windowsの実体はMicrosoftマイクロソフト)が開発、販売するである。正確に言うとに貼り付けてあるプロダクトキーが書かれているシールである。

中身に付属しているCDやら分厚いやらが製品と勘違いされるが違う。が製品である。毎年、この事に気づかずに「騙された!」とMSを起訴するユーザー企業が絶えない。

現在問題とされてるのは、付属のCDの方が脚を浴びていてが評価されないというまるで付録付きのお菓子のような状況だ。

この状況を打開するためにMS2008年、わざと劣悪な付録CDを作りだしに注させようとしたところ、ユーザーに拒否されてしまった。

販売方法とライセンス形態

一般的な購入方法には以下の方法がある

起動音

PCMに標準対応したWindows 3.1より、起動や終了時の効果音が追加されるようになった。
Windows 95からは著名な作曲に依頼した効果音を採用している。 

ニコニコ動画では、Windows XP効果音のみで作られた「Hello Windows」、Windows Vista効果音のみで作られた「Hello Windows Vista」が開され、人気を呼んでいる。

ちなみにWindows 8以降は、初期設定で起動音を出さないようになっており、サウンドの設定で切り替えが可となっている。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/windows
ページ番号: 271594 リビジョン番号: 2368442
読み:ウィンドウズ
初版作成日: 08/06/22 23:52 ◆ 最終更新日: 16/06/02 21:47
編集内容についての説明/コメント: サポートについて
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


コード予想図Ⅱ

a

WINDOWS XP

ミ田

Windows起動

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Windowsについて語るスレ

262 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 20:45:18 ID: YI1A6uZ/E0
skylake搭載したらサポート期限短縮とか意味わからんのだが
てかどうやって判別するつもりなんだ
263 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 12:09:59 ID: 0PvZMfglVa
そこに必要な人員・コストカットするだけや
264 : ななしのよっしん :2016/06/02(木) 15:56:44 ID: Ih2WdPqCcl
概要の、
>最も多数なのは「使えればなんでもいい」
これがすでに成り立たなくなりつつあるな
アップデートするだけで大騒ぎと不具合が頻発(新バージョンの不具合じゃなくて、アップデート自体の不具合とゴタゴタ)するようなソフトウェアはさすがにまずい
265 : ななしのよっしん :2016/06/07(火) 09:47:10 ID: rXUJScHetG
若者のWindows離れ
266 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 10:53:30 ID: FX6nkWCzaW
>>256
ブラウジング中だけとかラップトップなら当てはまらないけど、「シグナルを検出できません」だと幾つかあるね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14111598159
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4284061.html

・モニターの設定ミス
PCとモニター間のケーブルの断線や接続不良
・安物コンセントの使用(や漏電の可性)
PC側の出端子の不良
PC本体の故障
・別のモニター(端子がついたテレビでも可)に接続しても同じ症状が出るかどうか

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
267 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 13:14:32 ID: Ves7TBZ2Ey
けっきょく7に半数近くが留まりそうな感じだし
MSが方針をめず実質10の次のOSでも今問題になってるような
姿勢を続けるならLinux系に本格的に人が流れちゃって
10が最後のWindowsではなくWindowsの最後になりかねない
268 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 11:04:09 ID: hbB3+M+OT2
Linuxに人が流れるってどの層が流れるの?ユーザーの大半占めるOffice利用者はまず動かないしゲーマーも現状Win以外の選択肢いっしょ。
動くとしたらブラゲ動画利用者位しか考えられいけどそれでも安定性考慮したらやっぱWin使い続けるんじゃないかな。
OOoは何時まで経っても本格的に普及する気配いしあれが劇的に動作安定・高機化するかOfficeブラウザでほぼ全機利用可になるかしない限りWinシェアは揺るがないんじゃね?
269 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 11:07:12 ID: 0PvZMfglVa
10強制移行でうろたえる層ってもっともWindowsから離れられない層なのよね
270 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 11:16:55 ID: 64w95VPGur
>>267
そもそもMicrosoftは今後は10のアプデを続けてアップグレードはしない方針なんですけどぉ・・・
もうちょっと調べてから口利いてどうぞ
271 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 00:26:13 ID: v3CXkzle00
正直今のWindowsが不満だと移住先のOSなんていんだよね
MacOSOSとHWのライフサイクルが切り離せないから
PCOSも今ので十分だからまだ使わせろって層とは正反対の方向
Linuxディストリビューションバージョン上がる度に
色々変わってそれに対処するのは当たり前でsystemdみたいにWindowsどころじゃない変更もあるいきなり数々のディストリビューションから消えたcompiz
UbuntuUnity 3DやLinusがブチ切れたGNOME3みたいな大規模な変更だって日常茶飯事
それが嫌だって人が*BSDの荒野を進めるとも思わないし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015