単語記事: World of Tanks

編集

お知らせ

World of Tanks』には動画投稿・配信のガイドラインが設けられています。動画投稿生放送する際はこれらを順守するようにしましょう。

『World of Tanks』利用宣言 - ニコニ・コモンズ

World of Tanks 扉絵

World of Tanksとは、ベラルーシのWargaming.net社が開発した戦車好きの戦車好きによる戦車好きの為の戦車ゲームである。略称WoT。基本無料オンラインゲーム

ロシア2010年8月12日に正式リリース2011年4月12日よりヨーロッパと北でも正式サービスが開始された。ゲームクライアント日本語対応も既に了しており、2013年9月5日よりWargaming.net日本支社による正式サービスも開始されている。

2014年2月13日からは Xbox Live 上で Xbox360 Edition の提供も開始された。また、2014年6月26日からはiOS向けの World of Tanks Blitz提供も開始された。Android 版の WoT Blitz のリリースもされた。

概要

最大15対15での戦闘を行う。プレイヤー戦車を操作し、敵戦車の撃破や敵地の占領を行う。

肝心の戦車についてだが、見るものを唸らせる精巧なディテールを誇り、開発の戦車を余すことなく感じられるだろう。外見はもとより内部までしっかり作りこんである、撃破された際にハッチや装甲から中を覗き込んでみると良い。

操作

WASDで移動、マウスで視界操作、Shiftスナイパーモード、左クリックで発、ホイールでズームの切り替え。FPS等で一般的な操作がだいたい通用する。なおカスタマイズも可

戦闘メカニズム

簡単な操作性の割に、複雑な戦闘メカニズムが実装されており、よりリアルな戦闘が再現されている。一見すると難しく、最初から覚える必要もないが、これらを理解すると有利に立ちまわることができる。

装甲と

戦車には耐久である HP と 装甲 が設定されており、装甲厚以下の貫通弾のダメージは吸収する。装甲厚は正面・側面・背面の他、細かな部位によって異なる。また、弾の貫通ダメージにはばらつきがある。

避弾経始等も再現されており、傾斜装甲による弾の「滑り」などをシミュレートしている。これにより、浅い度で撃たれた弾は跳弾する。これを利用した装甲・戦術も通用する。(例:飯の度)

他に履帯・搭乗員などの部位が存在し、一定のダメージを受けると箇所に応じた障が発生する。

視界と通信

戦車ごとに視認範囲が設定されており、視界内に敵が入らないと敵が表示されない。そのため、視界がとれていないと一方的撃されることもある。また、小柄な車両は見つかりにくい、茂みに隠れると見えにくくなる、発すると見つかりやすいなど。

また、お互い線機の通信範囲内であれば、視界に入った敵の位置情報線経由で自動的に共有される。

地形と移動

このゲームにおいて地形を活かすことは重要である。時に茂みに隠れ、時に丘の上からだけ出して撃し、時に残骸を利用して一撃離脱を繰り返す。様々なマップで様々なシチュエーションが存在する。地形を生かしてみよう。

戦車によって加速度最高速度・登坂が違い、戦術や展開の仕方、立ち回りが変化する。

Ver8.0より物理演算エンジンが搭載され、地形によって戦車ジャンプしたり、崖から落ちたり、没して行動不になるようになった。

戦車の分類

第一次世界大戦終結後からベトナム戦争前半頃(1930~60年代)までに存在した戦車が扱われている。設計・試作段階で終わった戦車も数多く実装されているため、なじみのない戦車を見かけることもあるだろう。

車種

戦車は大きく5種類に分類される。

戦車 (LT - Light Tank)

偵察兵にして猟火力は低く、装甲も薄い。しかし侮ることなかれ。その隠密性を生かして敵を密かに監視し、その足の速さを生かして敵をひっかきまわす。時に敵後方に隠れた自走砲を急襲する戦場の猟

戦車 (MT - Medium Tank)

戦場の何でも屋。大まかに、そこそこの装甲・なかなかの走行・いい感じの視界・結構な高火力を持つ。素く展開することで地を構築し、堅戦車に対しては味方と協同して立ち回り、回して柔らかな側面を撃ち抜け。

戦車 (HT - Heavy Tank)

戦場役。重装甲を持ち、並の弾では貫通すら許さない。また、時に軽戦車や中戦車を一撃でほふる火力を持ち、まさに戦場と言える。しかし足が遅く、考えて動かなければ、戦線に加わったときには戦闘が終わっていることも。旋回が遅いため、重戦車と敵対した時にはうまく立ちまわろう。

駆逐戦車 (TD - Tank Destroyer)

同Tier帯では高火力を持つ。地形に潜み、燻り出された獲物を貫く、戦場狙撃手。その代償として旋回できないものがほとんどで、較的装甲の薄い戦車が多く、装甲が厚い戦車は機動がなく回り込まれやすいため、至近距離での戦いには向かない。

自走砲 (SPG / Arty - Self-Propelled Gun / Artillery)

戦場撃手。見下ろし視点を持ち、遠々距離から高威な榴弾を撃ち下ろすことができる。移動が遅かったり、装甲が薄い、次弾装填までが長いなど、他の戦車とは扱いが大きく異なり、近距離での戦闘は総じて苦手。

おおまかな特性は以上の通りだが、同種の戦車でも車両によって特徴が異なり、運用方法も違ってくる。運用前にスペックをよく確認しておきたい。

なお、v9.16現在中国日本は軽戦車、中戦車、重戦車チェコスロバキアスウェーデンは中戦車のみの実装となっている。将来的に未実装種も実装されることは発表されているので、気長に待つとよいだろう。

Tier (ティア)

車両ごとに決められている開発レベルのようなもの。1~10まであり、ランダムマッチ時は自分と±2ぐらいの敵と当たる。(ただしTier4以上の一部軽戦車は偵察要員として自分より大きく高いTierの試合に入れられるなど特例も)

所属国と研究ツリー

別に研究ツリーが設けられ、車両固有の経験値を貯めていくことで開発を進めていくことができる。同じ車両内でもパーツを開発していくことで、戦アップが図れる。何を優先的に開発するか考えることも重要。

フリー経験値車両固有の経験値とは違い、どの車両の開発にも使える経験値。1戦ごとにわずかに溜まる

実装中の国

 アメリカ 

そこそこの火力、過不足ない丁度いい機動性、高い地形適応を備えた、扱いやすいバランス戦車が多い。この事から較的初心者向きのツリーと言える。他ではど見られないを備えた駆逐戦車を多数ラインナップしているのも特徴のひとつ。また、最近になって自動装填装置を備えた戦車も登場した。

戦車・・・M3中戦車M4中戦車M26パーシングT28/95駆逐戦車M103ファイティグモスター

 ソ連 

良好な機動性、高い火力、被弾に強い傾斜装甲を備えた車両が多く、アメリカと並んで初心者向きと言えるツリー。特に火力の高さには定評があり、較的いうちから122mmや152mm級の大口の運用が可になる。一方で、他較すると装弾数の少なさやの精度の悪さ、HPが低い等の欠点も多いが8.6パッチにて弾がレティクルの中央により集まりやすくなったのでマシにはなった。

戦車・・・BT-2T-34KV-1KV-2、SU-100、IS-3T-54

 ドイツ

分厚い正面装甲、高いHP、高精度のを特徴とする、戦車ファンにとっては定番と言えるツリー。しかし、正面以外は装甲が薄めで、大柄な戦車が多く敵に発見されやすい、高精度と引き換えに単発火力では他べて一歩見劣りする、逆に火力は高いが装甲が低tierのさえ容易に貫通されるなど、長所短所がはっきりしている。

戦車・・・1号戦車38(t)戦車ヘッツァーⅢ号突撃砲Ⅳ号戦車パンターティーガーマウス

 フランス

低tierでは重装甲、低火力、鈍足、一転して高tierでは装甲、高火力高機動という、極端な変化が発生するツリー。特に、自動装填装置を活かした圧倒的な火力と、防御を捨てた軽量体から生み出される俊足は、高tierのフランス戦車が持つ特長のひとつと言える。しかし、低tierの間は開発が大変、中tierの戦車イマイチパッとしない(弱くはないのだが、他の同格戦車が粒ぞろいな為)、高tierではハマれば強いが、あまりにもピーキーすぎる体特性など、上級者向きの感が強い。ただし、駆逐戦車だけは較的バランスが良く、扱いやすい。

戦車・・・ルノーFT17オチキスH35、ルノーB1ARL-44AMX-13AMX-50

 イギリス

紳士紳士戦車。大変キm・・・個性的な外見の戦車が多い。特に駆逐戦車は序盤ではTierが上がるたびに大幅な仕様変更が発生する他、中盤以降は一度見たら忘れられない衝撃的な姿をしている。種を問わず長所短所が極端な車輌が多く、この事からフランスと並んで上級者向きだが、最序盤および最終段階でのの性に関しては他の追随を許さない。これは、自内に著名な製造業者である、ロイヤル・オードナンス社を擁しているためであろう。

戦車・・・カヴェナンターマチルダチャーチルクロムウェルセンチュリオンTOGⅡ戦車、トータス重駆逐戦車ファイアフライクルセイダー

 中国

に他からの鹵獲車両や、輸入車両コピー車両で構成されているツリー。性的には、良好な機動性、大口による高い火力、傾斜装甲など、全体的にソ連に近い車両が多い。特に高Tierの軽戦車は機動性、火力共に高く、そのtierの軽戦車トップクラスの性を持つものもある。欠点としては、中国らしくエンジン火災が発生しやすく、弾薬庫も爆発しやすい。また、それ以外のモジュールも他耐久が低く、すぐに壊れてしまうといった点が挙げられる。ちなみに、日本戦車導入に先駆けて九七式中戦車チハ鹵獲版)を実装しているのも特徴。一時期、低tierの戦場チハだらけになった事もあるほどの人気ぶりである。ちなみにそのチハだが、最終がえらく強い

戦車・・・九七式中戦車チハ鹵獲)、M5スチュアートレンリース)、IS-2(輸入)、59戦車62式軽戦車

 日本

v0.8.10より、日本プレイヤー待望の日本ツリーが実装された。
v0.9.9までは軽戦車と中戦車(軽戦車は低~中Tier車両のみ存在)体のシンプルなツリー構成であり、それらの戦車の性能面の利点としては、それなりの貫通パーツの互換性が高い、良好な俯信地旋回が較的くから可ディーゼルエンジンのためか他よりも燃えにくいといった所が挙げられる。欠点としては低いエンジン、それによる低速度装甲といった点が挙げられる。そのため他の中戦車とは違った運用をする必要がある。その他の特徴としては、課金弾が他と違い距離減衰が少ない、チハ中国ツリーと違い中戦車扱いになっている(最終的な性と見たはほぼ同じ)といったところである。なお中国鹵獲版同様、最終がえらく強い。

v0.9.10ではまさかの戦車ルートが追加された。特筆すべきはTier5以降の戦車群で、Tier5O-I Experimentalの時点で破格の重量100tを誇り、車両サイズはあのマウスにすら匹敵する。これらの戦車群は「前線に姿をし敵の攻撃を弾きつつ、大口の痛な一撃を敵に叩きこむ。」といった従来の日本戦車ではほぼ不可能快な戦闘を得意としている反面、運用するプレイヤーはその巨体故の機動の貧弱さや被弾面積広大さに頭を悩ませることとなるであろう。またこれまで実装されていなかった有名な日本戦車の一つである八九式中戦車もこのルートの出発点、Tier2戦車として実装された。O-I Experimentalに到達するまでは若干苦行

戦車・・・八九式中戦車、九五式重戦車九七式中戦車チハ三式中戦車チヌ、オイ車(試作含む)、61式戦車

 チェコスロバキア

v0.9.13より、チェコスロバキアツリーが実装された。
現在のところ一本道で、Tier3までが軽戦車、Tier4以降が中戦車というものすごくシンプルなツリー構成となっている。エンジンが高く機動が良い一方で、履帯が悪く小回りが利かないことが多い。俯はTier7のT-34/100を除いて良好。装甲は薄い。なお、Tier3、6、9の戦車オートローダーとなっているため、1マガジン辺りの火力は脅威。すでにドイツ戦車として実装済みの35(t)、38(t)やT 25も、新たにチェコスロバキア戦車として追加された。

戦車・・・LT-38(38(t)と同一車両)、シュコダT 25T-34/100、シュコダT 50

 スウェーデン

2016年9月現在テストサーバーにてテスト中。同中旬実装予定のv0.9.16にてプレミアム戦車Strv m/42-57 Alt A.2」が実装された。
Tier2から駆逐戦車ルートと重戦車ルートの二つに別れる模様。
かつて体からがはみ出てはいけないという法律があったらしく、そのせいで低Tierでは体に対して非常にが小さい。中Tier以降では並程度に戻っている。

戦車・・・Strv.m/42、ラーゴ、Strv.103Srtv.74、エミー

実装予定の国

2015年中に、ヨーロッパから2か、それ以外から1か実装される予定とのこと(参考:EUツリーの実装に関して / Panther 88は通常マッチング ほか - 2014/12/1 Q&A - FTR通信 WoT海外情報)。gamescom ゲーム産業見本 2015でプロダクトマネージャーったことによると、チェコスロバキア実装予定であり(上記のとおり現在はすでに実装を開始している)、その他にイタリアも調中であるとのことである(参考:[gamescom]マウス級の巨大戦車が日本の技術ツリーに登場。「World of Tanks」のプロダクトマネージャーが語る,今後の展望とモバイル展開 - 4gamer.net)。

課金形態

基本無料オンラインゲームで、課金をすることで以下の特典を受けることができる。課金通貨(Gold)を購入し、それを消費して各特典を購入する形。各種クレジットカードPaypalに対応。

2013年12月より¥Coinsに対応したため、クレジットカードを持っていない場合でも、携帯支払い(ドコモauソフトバンク)やウェブマネー・ビットキャッシュ・ネットキャッシュでの課金が可になった。※ASIAサーバーのみ

日本向け決済方法追加: ¥Coins | お知らせ | World of Tanks

課金でできること

課金時の注意点

立ち回りが重要なこのゲーム課金したからといって特別有利に立ち回れるわけではない。上にも書いてあるが課金戦車は基本的に同Tierの車両よりも弱く、またマッチングの関係上強い戦車を買うと、それだけ強い相手と当たることには注意したい。特に、プレイし始めて間もないうちに高Tierの戦車を買ってしまうと、性的に劣る車両戦錬磨の強者たちばかりの高Tier帯の戦いに放り込まれることになるため、おすすめできない。

課金に高Tierに行き着くためのではあるが、高Tierでは相応の立ち回りもめられることを忘れないように。

また最近は聞かないが、課金時に何らかのトラブルが発生した事例もある。
一応日本法人もあるため何かあったらこちらに連絡すればよいが、過去には日本法人が苦情を放置し返がされなかったという事態も発生していたらしい。
現在では心配ないとは思うが、万が一の場合には本家にも問い合わせる必要がある。
その際のやりとりは英語で行われるため、ある程度の英語の読解は持っておく必要がある。
また、ゲームチャットはRU以外ほぼ英語(ASIAだとその他の言も多いが)なので覚えておいて損はない。 

サーバー

現在以下の6つのサーバーが稼働中。アカウントサーバーごとに扱いが異なり、基本的にサーバー間でデータの移行をすることはできない。戦車セール・クレジット獲得量アップ等のイベントサーバーごとに異なる。

公式では日本からのアクセスASIAサーバーが推奨されている。プレイヤーが集中するピーク時間帯が違うため、住む地域に合ったサーバーを選ぶのがベストだろう。(参考:ASIA NA 接続数比較 - WoT戦技研) ASIAサーバー実装されて間もない頃はNAサーバープレイ人口が多かったが、ASIAサーバーへの移行キャンペーンが数回行われており、移行したプレイヤーも多い。

古参プレイヤーアメリカでのプレイを楽しみたい方などはNAサーバーを選ぶ人もいる。また、ハバロフスクにあるRU9も人によってpingが低いこともある。基本的に後でサーバー乗り換えることはできないため、友達と始める場合やクランを組みたい場合はあらかじめ打ち合わせておこう。

MOD・ツール

MODに対応しており、戦車のテクスチャの変更から、アイコンの変更、UIの変更など様々なMOD開されている。基本的に"World of Tanks"フォルダ内の"res_mod"フォルダにデータを入れることで導入できる。ただし導入は自己責任なので導入前にバックアップは取っておいた方が難。

よく使われるMODを挙げておく。

他にも日本語Wiki等にもまとめページがある。自分で探す場合は、公式Forumなどを中心に探すとよい。ただし、ほとんどの記事が英語ロシア語なので、一定の読解が必要となる点に注意。

MOD関連参考サイト

公式に禁止されているMOD

MODの中には公式に禁止されているMODもあるため、MOD導入には注意が必要。使用によりアカウント停止になったとしても自己責任

参考:禁止改造リスト - ASIAサーバー

※ただし、Twitterで確認したところ公式な告知はしていないという返答が返ってきた例もあり、事実錯誤が続いている。

  参考:https://twitter.com/grou_wot/status/632828893758517248

関連動画

Tier1 戦車 Leichttraktor

Tier1 戦車 T1 Cunningham

Tier7 重戦車 Tiger1

クランウォーズ(Clan Wars)

解説動画

痛戦車(スキン・ボイスパック)

ボイスパックについては、公式で配布されている分もあるので掲載はせず。

そういうゲームじゃねえからこれ!

トレーニング部屋の参考:http://seesaawiki.jp/tore-nong/

さらに、公式でもYoutubeにて珍プレー集として『RNG』が配信されている。

PV・MAD等

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/world%20of%20tanks
ページ番号: 4466932 リビジョン番号: 2430877
読み:ワールドオブタンクス
初版作成日: 10/09/20 16:34 ◆ 最終更新日: 16/11/23 14:37
編集内容についての説明/コメント: スウェーデン追加したでー
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Wotロゴ


この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

World of Tanksについて語るスレ

1872 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 18:20:21 ID: mlcWqoQL+g
>>1870
並の腕だと意図的に勝率を上げるプレイスタイルでないとソロ6割は100%不可能
ってかソロ専は一部のヤバイの以外どうあがいても6割はえないし勝率自体あんまり頼りにならないよ強車両でプラ組めば上げたい放題だからね
1873 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 20:17:29 ID: FF1Dhzc/Kq
>>1870
総戦闘数27005割キープならこれから相当伸びるはず
でも、全くMODを入れてないのなら、せめてXVMだけでも入れておいたほうがいい

試合中に他のプレイヤーの強さがわかる、というのはこのゲームにおいて重要な要素だと思う
例えば、勝率50未満のプレイヤーチャットは基本的にガン視していいし(何の役にも立たないから)、
敵を挟み撃ちにする時は、近くの仲間均以上のプレイヤーがいることを確認しておいたほうがいい(ヘタな味方は各個撃破されるまで建物の影に隠れて出てこないから)

敵とタイマンをはる時も、敵の勝率が悪ければゴリ押しわからん殺しできるカモだと判断できるし、逆にバケモノクラスの強敵なら、刺し違えてでも倒すことでチーム全体の勝利につながることもある

XVMは導入も簡単だし、noobでも使い始めてから勝率が上がったから(といってもソロ55程度だけど)、是非オススメする
1874 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 19:54:39 ID: EtOWczQS2c
>>1870
進言通りにXVMを導入してみました
確かにこれは初動どう動くか凄く頭を使うようになる…
勝つにしろ負けるにしろ生き延びる時間は増えました

WN8は863橙色でちょっと微妙な感じだった…
といっても自分以下の人達がごろごろいる世界なのね…ちょっと自信取り戻した
これってダメージ稼げるようになれば上げられるんですよね
せめて黄色以上の腕になりたい

うん、駆逐戦車で中戦車真似事をするのはもうやめよう…
1875 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 11:54:35 ID: X9L5h5wcZU
このまえヤクパン奇跡的にプール取れたが味方全滅した後に敵の迎撃の時の手の震えがやばかったわ…
1876 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 05:11:37 ID: aK1SM/WN6D
マッチングがいいかどうかは確率、いい初期配置になるかどうかも確率、弾がまっすぐ飛ぶかは確率だし、貫通するかどうかも確率だし、ダメージの量も確率モジュール破損も確率
パチンコと一緒だよな、確率っていってるけど結局内部でコントロールされてて、悪い設定だとどうにもならない
1877 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 20:13:04 ID: IRER2zSkpF
Wotクライアント起動したら「サーバーとPingMS)」ってあるじゃない?
れのPingがいつも297とか随分な数字になってるんで
プルダウンクリックしまくって80にする作業をいつもやってるんだけど
この作業って意味があるんかね? やらなくても変わらん気がするんだよな
1878 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 14:32:44 ID: +nF9RQsI+C
戦車好きだけど、高ティアの軽戦車ってチームにいらないんだよなぁ。
マップ変、除草、高ティア戦車の長視界のせいで偵察なんか出来ないし、微妙だからを差すくらいしかやることい。

正直、隠蔽も高くや機動もある高ティア戦車に乗ったほうが良い
1879 : ななしのよっしん :2016/10/17(月) 18:49:52 ID: KXvzNr7vO9
9.16で第六感の音が気軽に変更できるようになりましたぜ。
1880 : ななしのよっしん :2016/10/25(火) 12:54:34 ID: 5bz3Rz0O2Q
MODについている機実装しているのは評価するわ、ぶっちゃけMOD入れると有利ゲーだし
マップ減らす癖に調整して復活させたり新マップちっとも増やさないのはダメだわ、あと何でもかんでも除草してチーム組んでオッスオッス助長するのは止めろ
1881 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 01:16:46 ID: 4ft7RRrzxX
毎日はやらないけどある日やりたくなったときにやるってのを繰り返しているんだけど、そのたびに自走砲に嫌悪感しか抱かないんだよな・・・
自走乗りの言い訳とかもうどうでもいい・・・
ただただ嫌、本当に嫌
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015