単語記事: WRC

編集

WRC(世界ラリー選手権)とは、1973年からFIA催するラリー世界選手権である。

競技としてのラリーについては当該記事を参照のこと。

概要

1924年から行われている伝統のラリー・モンテカルロで開幕し、ヨーロッパ、南アジアオセアニアを13戦ほどで転戦する。各イベントは4日間10001500㎞のステージで争われる。

競技場や広場などの観客が見やすいコースで2台のマシンが同時に走るSSSスーパースペシャルステージ)というSSが1イベントに1~2つほど存在し、人気を集めている。また最終SSパワーステージと呼ばれ、イベントの総合順位に加えてこの1つのSSの順位によってボーナスポイント1位5pts~5位1pt)が加算される。これはデイリタイアを喫したドライバーの救済とともに、催者としても台数が減少するのを防ぐ意味がある。

姉妹カテゴリとしてWRC2、WRC3、JWRCが開催されており、WRCへの登竜門となっている。

車両規定

現在WRCマシン1998年に導入されたWRカーという規定で、年間25000台以上生産されたモデルで、年間2500台以上生産されているホモロゲ―ション対グループAの反から、一定の規則のもとにからの大規模な改造が認められている。エンジンGRE(グロバルレースエンジン)規定の1.6リッター直4ターボのみ、ギアボックスはパドルシフトの6速セミATタイヤマルチメイクで、ほとんどがミシュランを履く。

なお現在のWRカーベース車両は全てヴィッツやフィエスタのような、小回りの利くBセグメントハッチバックである。また2017年からは迫を増すためにに関する規定が緩くなっており、オンロードでもおにかかれないような手なエアロパーツがついている。

WRC姉妹カテゴリではグループR規定に則って改造したマシンが用いられており、排気量や駆動方式などでおおよそ速い順にR5R1に分けられている。ざっくり言うとWRC2では四輪駆動R5R4WRC3では二輪駆動のR3R1規定が用いられる。またこれ以外にはGTラリーカーであるR-GT規定、からほとんど改造しないグループN規定、現在R5規定の原であるスーパー2000なども存在し、同一あるいは異なるクラスで争う。

かつて人気を博したグループBグループA規定に関しては当該記事を参照のこと。

エントラント

2017年現在出場しているマニュファクチャラートヨタシトロエン、Mスポーツフォードセミワークス)、ヒュンダイの4社。VWセバスチャン・オジェが圧倒的な速さで4連覇中だったが、VWが排ガス不正問題の影で撤退しており、オジェはMスポーツへ移籍している。

過去の代表的な選手には、9連覇を果たしたセバスチャン・ローブ、引退後の彼を継いで4年連続王者となり、現在更新中のセバスチャン・オジェ、ジムカーナ動画で人気を誇るケン・ブロックなどがいる。F1レーサーキミ・ライコネンロバート・クビサも参戦していたことで有名だが、彼らは表台にも上がることはできなかった。ただしクビサ2013年WRC2で圧倒的な強さで王者を獲得している。女性ドライバーではグループB時代にタイトルまであと一歩の所まで上り詰めたミシェル・ムートンが有名。

旧くはカルロス・サインツ、トミ・マキネンコリン・マクレー、ユハ・カンクネン、マーカスグロンホルム、ペター・ソルベルグといった日本を駆っていた王者たちも日本人には染みが深いだろう。

日本との関係

日本勢では過去トヨタスバル三菱日産マツダが複数回総合優勝をしており、このうちトヨタスバル三菱は3回以上タイトルを獲得している。またスズキダイハツいすゞなども下位カテゴリクラス優勝やタイトルを獲得しており、WRCは数あるFIA世界選手権の中で最も日本が成功したシリーズだといえる。特にスバル三菱は、WRCで大幅にブランドイメージの向上に成功したメーカーとして知られる。

なお日本メーカーホンダが参戦したことのない理由について「本田宗一郎がラリーを泥遊びだと馬鹿にしていたから」という話がまことしやかにられているが、明確なソースは存在しない。ちなみに二輪ではモトクロスなどのダートレースワークス参戦している。

リーマン・ショック日本メーカーはしばらく参戦していなかったが、2017年トヨタヤリスで復帰し話題を集めた。放送は全SSを生で見られるWRC公式の有料サービスWRC+、最終SSの生中継やダイジェスト放送を行う有料放送のJスポーツ初心者向けWRCの魅を伝えるTV朝日の「地球の歩き方」などで見ることができる。GAZOOレーシングとしてのトヨタWRC活動についてはヴィッツの記事を参照のこと。

日本人ではWRCで優勝を収めたのは篠塚建次郎だけである。またかつて存在していたPWRCグループN規定のラリー世界選手権)では、新井日本人で初めてFIA世界選手権のタイトルを獲得している。現在新井息子新井全日本ラリー王者勝田息子勝田元、範のコ・ドライバーとして栄を支えた足立さやかトヨタGAZOOレーシングのもと欧州で修行している。

日本でのWRCイベントも、2004年から2010年までの間に北海道で「WRCジャパン」の名で開催されていた。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/wrc
ページ番号: 5248252 リビジョン番号: 2481389
読み:ダブリューアールシー
初版作成日: 14/07/09 19:50 ◆ 最終更新日: 17/04/20 18:07
編集内容についての説明/コメント: 日本メーカーについて補記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

WRCについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • WRCについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015