単語記事: X-MEN

編集

X-MENとは、アメリカマーベル・コミックが刊行しているアメリカン・コミック(アメコミ)の一つである。

概要

1963年に連載が始まり、当初は人気があまりかったが、現在ではアメコミの中で一番の出版数を誇る大人シリーズであり、多くのメディア展開も行われている。
日本でも翻訳本が出版されており他にもアニメ映画カプコン格闘ゲーム等で有名である。

基本的なストーリー

ある日、突然変異によって超能力を持った人間「ミュータント」が生まれた。その数が増えるに従ってミュータントはそのを恐れられ、人間に迫されるようになっていった。
その中で自身もミュータントである「チャールズ・エグゼビア」はミュータントの保護や犯罪を防ぐための学園を作る。
その内に彼は「プロフェッサーX」と呼ばれるようになる。
一方チャールズの親友であった「エリック・マグナス・レーンシャー」は、自身のミュータントへの迫ホロコーストの体験から『人類はミュータントによって支配されるべきである』という思想を持つようになり、チャールズと決別。
「マグニートー」と名乗り、同じ思いを持つミュータント達と共に動き始めた。
プロフェッサーX」はこれに対抗するため、自身の学園のミュータントを鍛えた集団「X-MEN」を結成した。

これは、彼ら「X-MEN」が迫されながらも人類を守るために戦う物語である。

派生ストーリー

上記で基本的なストーリーと書いたが、このX-MENはかなりのストーリーが描かれている。
個人キャラにスポットを当てた物や、長期連載によってごちゃごちゃになったストーリーを再設定したもの、学園物やパラレルワールド等、多くのストーリーが描かれている。特にパラレル物は有名で人気なものが多い。

近年の展開

現実を持つスーパーヒロインスカーレットウィッチが正気を失い暴走(M-DAY)。
彼女が「ミュータントなんてもういらない」と望んでしまったことから、約200人弱を除いた全世界ミュータントがそのを喪失してしまい、新たなミュータントも生まれなくなってしまう。

ミュータントという種族自体が滅亡の危機する中、プロフェッサーXがかつて自らの失敗(自らの責任でチームを一つ壊滅)を隠蔽するためにX-MENを含む周りの人々の記憶を断でざんしていた(壊滅したチームメンバーの記憶を削除)ことが発覚。

居なかったことにされた中にサイクロップスヴァルカンの存在もあったためサイクロップス激怒プロフェッサーは学園から放逐され、サイクロップスが新たな学園長に(後に和解してプロフェッサーも復帰するが、実権は変わらずサイクロップスが維持)。

サイクロップスの実権握後、学園はサンフランシスコに移転するが、住民との折り合いが合わず関係は悪化。
X-MENサンフランシスコに沈んでいた元マグニートーの居アステロドMを浮上させ、そこに残ったほぼ全てのミュータントと移住、ユートピアと名付けて独立を宣言。

現在ユートピア維持のためのサイクロップスたちの奮闘と、M-DAY後ただ一人生まれたミュータントホープの争奪戦が行われている。

登場人物

50年近く連載されており、登場人物はかなり多いので要人物のみ。

X-MEN

コードネーム 本名 ・特徴
プロフェッサーX チャールズ・エグゼビア 世界最強の精感応者である。
近年は自らの独善的行動が次々明るみに出てしまい、がだだ下がり。
ユートピアにてサイクロップスの補佐をしているが、関係は未だにぎくしゃくしている。
サイクロップス スコット・サマーズ X-MEN最初期メンバー(ファーストファイブ)の一人。
幼少期の事故によりを負っており、その影で上記のゲート開放は制御不(常時開きっぱなし)。そのため、ルビークォーツバイザーを掛けることでオプティック・ブラストを制御している。
内に、どんな強なテレパシストでも中を見ることが出来ないブラックボックスを作り上げている。師匠や歴代の彼女が軒並み世界最強クラスのテレパシストなのでさもありなん、なのだが、実は何気に世界最強の耐テレパシー者なのかもしれない。
現在X-MENリーダー兼、ミュータント国家ユートピア」の代表を勤める。
ジーングレイ ジーングレイ X-MEN最初期メンバー(ファーストファイブ)の一人。
X-MEN第1話で、男4人だったX-MEN紅一点として加入した。
サイクロップスことスコット人、後の二人の妻。
マーベルガールフェニックスジーングレイフェニックス、とよくコードネームを変える人でもある。
現在は故人。フェニックスフォースと融合し、高次元の存在となっている。
その際、エマフロストサイクロップスことスコットのことを託しているのだが、ジーンスコットエマの3人しかそのやりとりを知らない。
そのため、スコットは周りから「さん亡くした直後に別の女に乗り換えた」と誤解を受けている。
エンジェル ウォーレン・ワージントン X-MEN最初期メンバー(ファーストファイブ)の一人。
大財閥の当であり、X-MENを資面でバックアップすることもたびたび。
稀代のプレイボーイとしても有名である。
負傷によりを失ったところにアポカリプスによって鋼をつけられ、アークエンジェルと名乗った時期もある。
現在エンジェルアークエンジェル双方の姿に変身
ビースト ヘンリーマッコイ
  • 獣のような容姿とい体毛
  • 人的な身体
X-MEN最初期メンバー(ファーストファイブ)の一人。
見たは獣だが優秀な科学者。
元々はゴリラのような体ではあるものの人間に見える姿だったが、自作品を用したことにより、日本実写版でよく知られるい毛むくじゃらの姿になった。現在ミュータントの強化により、のような顔になってしまっている。
アイスマン ロバート(ボビー)・ドレイク
  • 周囲の気温を操作し、空気中の分を凍らせて操る
  • 自身の体そのものを氷に変換できる(アイスフォーム)
X-MEN最初期メンバー(ファーストファイブ)の一人。
アイスフォーム状態ではほぼ不死身分があれば、体が砕けても氷で補填、再生が可となっている。
実は地球最強オメガレベルミュータントの一人であるといわれているが、未だにその才全に開してはいない。
個人的にスパイダーマンとは仲がよい。炎を操るスーパーヒロインファイアスタートリオで活躍する「スパイダーマン&アメイジング・フレンズ」というアニメ制作された。
コロッサス ピョートル(ピーター)・ラスプーチン アーマーモードでは身体自体も強化され、最低でも70の物体を持ち上げるほどの腕と約204kg相当のダイナマイト爆発にも耐えられる耐久を得る。見たに反して敏捷性も大幅に向上。
ウルヴァリンを敵に投げつける「ファストボールスペシャル」が有名。
ナイトクロウラー カートワグナー 三本い肌と、瞳のない黄色悪魔的な容姿だが、敬虔なクリスチャン職者になろうとしていた時期もあった。
悪魔的な容姿は、大昔の悪魔側のミュータントの末裔だから、ということが最近明らかになった。
後述のミスティークの実子。
テレポートは一異次元を通過するという原理のため、出現時には破裂音と硫黄臭(異次元の大気の臭い)が伴う。
ローグ 不明
  • 肌を直接触れることで、触れた相手の記憶・・人格・生命を吸収する
吸収したものは時間が経つと持ちの元に戻るが、長時間の接触は相手の生命に危険を及ぼす。
初登場時はヴィランだった。
アニメ・ゲーム等で有名な飛行と怪は、ミズ・マーベルというスーパーヒロインから奪い取ったもの。この際ミズ・マーベル正義の志をも吸収したことが、彼女をヴィランから転身させるきっかけとなっている。
シャドウキャット キャサリン・”キティ”・プライド
  • 原子の振動数を制御することで、固体物をすり抜けることが出来る
コロッサスの元同級生にして人。
地球に発射された惑星サイズ弾をその地球をすり抜けさせることで、地球危機を救うもそのまま弾もろとも宇宙の果てに。
最近、救出された。
はじめてX-MENと出会ったのが当時ヴィランだったホワイトクイーンことエマ拉致されているときだったため、エマとの関係は未だによろしくない。
ストーム オロロ・マンロー
  • あらゆるを操る。その応用で飛行も可
長く続くアフリカ巫女系。
少女期には女神と崇められていた時期も。
レザースーツモヒカンという世紀末ファッションに身を包んでいたこともあるファンキーお姉さん
近年X-MENを離脱してアフリカに戻り、ワカンダの王ブラックパンサーことティチャラ結婚。基本はワカンダで女王をやっているが、夫婦ファンタスティック・フォーの代理メンバーをやったり、X-MENもちょくちょく出張中。
ウルヴァリン ローガン(ジェームズ・ハウレット) ご存じX-MENキャラ随一の人気者。
ただし、初登場は「ハルク」誌だったりする。
M-DAY前は3チームに分かれたX-MEN全てに所属+アヴェンジャーズにも(成り行きで)参加、M-DAY後もX-MENとX-forceに同時所属、などやたらと忙しい。
長らく記憶を失っていたが、実は記憶喪失の原因はプロフェッサーX。
暗殺者として現れたウルヴァリンX-MEN入りさせるため、記憶と人格をまるっと消去していたことが近年発覚した。
ただ、この仕打ちに対しウルヴァリンは「自分をヒーローにしてくれた」とむしろ感謝している模様。
エマフロスト エマフロスト サイクロップスの現人にして実質的なX-MENナンバー2。
かつてはヘルファイヤークラブという犯罪組織にてホワイトクイーンを名乗るヴィランだったが、ある時X-MENに救助されてから行動を共にする。
ヴィラン時代から若手の教育に並々ならぬ意欲を見せており、ヘリオンズ(ヴィラン時代)、ジェネレーションXなどの教師を務めていた。
ジーンとの仲がうまくいかなくなっていたサイクロップスに近づき、不倫関係に陥るもジーンに発覚。
しかしその後ジーン死亡、彼女が高次の存在に生まれ変わる間際にサイクロップスのことを託される。
以降はサイクロップス私ともにサポートしているが、上記のジーンとのやりとりが当人達以外に知られていないため、「スコットを寝取った」「実はスコットテレパシーで操ってるんじゃ?」などと疑いので見られがちである。

X-MENメンバー以外の関係者・組織

コードネーム 本名 ・特徴
ケーブル ネイサン・クリストファー・サマーズ サイクロップスと最初の妻マデリーン・プライアーとの間に生まれた息子
マデリーンジーンクローンなので、遺伝子上はジーンとも子と言える。
アポカリプスからその身を守るため、未来世界で育てられた。
そのため、体年齢は父親であるスコットより上になっている。
ホープ ホープ・サマーズ M-DAY後、ただ一人新たに生まれたミュータント
その特殊性から各方面に狙われるが、ケーブルに連れられて未来世界へ逃亡。その結果、すっかりティーンエイジャー少女に成長している。
ミュータント救世主とも、地球を破滅させる存在とも言われるが今のところはどういった存在になるかは未知数。
フェニックスフォースの片鱗が見え隠れしているが……?
デッドプール ウェイド・ウィルソン ウエポンX計画の被験者の一人。
射撃及び近接戦闘のエキスパートでもあるが、基本的に狂人……というか、変なである。
近年ではX-MEN入りたさに暴走、反X-MEN一般人TV中継中に殺しようとしたりして大顰蹙を買う。
スカーレットウィッチ ワンダマキシモフ マグニートーのにしてアヴェンジャーズの古参メンバー
アンドロイドのヴィジョン結婚し、双子の子供をもうけたがその子供達が幻であったことが発覚。それにより正気を失い暴走し、アヴェンジャーズ解散の原因を作る。
その後であるマグニートー(この当時はジェノーシャの国家元首)のもとで静養していたが、が責任を追及されることを恐れたクイックシルバーにそそのかされ現実変。マグニートーの一族が世界を支配する世界を作り出してしまう(ハウスオブ・M)。
この世界一元の世界の記憶を持っていたウルヴァリンによって打破されるが、その際「ミュータントなんてもういらない」と願ってしまったことから、全世界の9割以上のミュータントからが消滅することとなってしまった(M-DAY)。
クイックシルバー ピエトロマキシモフ
  • 音速で行動可
マグニートーの息子にして、ワンダ
X-MENにも在籍経験がある。アヴェンジャーズにも参加している。
極度のシスコンで、本人は結婚してまでいたのだがのことを気に掛けるあまりに破局。
さらには精衡を失ったをそそのかし、ハウスオブ・M、ひいてはM-DAYの引き金を引いた。
近年のミュータント全体を襲っている窮状全ての元凶である。
現在は自らの行いを悔いめ(?)ヒーロー活動に復帰している。
ニューミュータンツ プロフェッサーXが結成した、若年版X-MENとでも言うべきチーム
メンバーキャノンボールダニ・ムーンスターなど。
オリジナルメンバーは後にX-Forceに参加する。
X-Force ニューミュータンツの初期メンバー体にケーブルが結成したチーム
ミュータントの脅威に対して戦う兵士の集団。
ケーブルが離れたあとは英国諜報部員ピーター・ウィズダム揮を執り、より攻撃的な特殊部隊となっていった。
一旦解散したが、ユートピア独立の頃サイクロップスによって秘密裏に再結成。暗殺などの汚れ仕事専門の秘密工作部隊となっている

ヴィラン(悪役)

コードネーム 本名 ・特徴
マグニート 不明(エリック・マグナス・レーンシャー)
  • あらゆる種類の電磁を操る
X-MEN最大の宿敵の一人。
ホロコーストの被者であり、そのことが彼の人類への大きな不信のとなっている。
最大の宿敵の一人ではあるが、ミュータントの将来を憂う者同士、かつてのプロフェッサーの親友ということもあり、たびたび共闘もしている。一時期はプロフェッサーの代理としてX-MENを率いていたことも。
現在はM-DAYの影で一時期くしていたが復活。
サイクロップスの元に投降し、彼の補佐を行っている。
アポカリプス エン・サバー・ヌール
  • 原子構造の変換
マグニートーと並ぶ、X-MEN最大の宿敵。
5000年前のエジプト奴隷として生まれる。最も古くに生まれたミュータントの一人。
己の思想「適者生存」のもとに世界して戦争を引き起こし、「適者」たるものを探し続けていた。
パラレルワールドの一つ、「エイジ・オブ・アポカリプス」の世界では北を支配。正史世界にも多大な影を及ぼしている。
ジャガーノート ケインマルコ プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアの義理の兄弟
誤解されがちだが、彼はミュータントではない。
幼少時父親からDVを受けており、その原因になった(と思いこんでいる)チャールズのことを憎んでいる。
朝鮮戦争時代、従軍していた部隊に見捨てられ洞窟に迷い込み、そこで見つけた魔石のにより、今の姿に変貌した。
一時期チャールズと和解してX-MENに参加していたが、現在は再びヴィランに戻ってしまっている。
ミスター・シニスター ナサニエル・エセックス アポカリプスに雇われる怪人
マーズの遺伝子に執着し、スコットアレックスのサマーズ兄弟が幼少の頃から陰で暗躍、干渉してきている。
を別の体に載せ替える技術を持っており、今の姿が生まれついてのものなのか怪しい。
現在ホープ争奪戦の中で死亡し、女性体のミス・シニスターとして復活している。
オンスロー なし(チャールズ・エグゼビア?) シリーズ「フェイタルアトラクション」でのマグニートーとの戦いのさなか、プロフェッサーXのもつ不安や疑念、絶望感がマグニートーの怒りや復讐の念と融合して生まれた存在。
的にはプロフェッサーとマグニートーのいいとこ取り、人格的には両者の悪いところ取りという最悪の組み合わせである。
世界の大多数のヒーローの犠牲により倒されたが、M-DAYの影で復活。……が、あえなく異次元に捕らわれの身となっている。
ミスティーク レイブンダークホルム
  • どんな容姿にも変身できる
マグニートーの後で「ブラザーフッドオブイヴィル・ミュータンツ」を率いた。
国会議員グレイドングリードX-MENのナイトクロウラーの実
そしてローグの養でもある。
によってどんな年齢の容姿にもなれるため、相当な歳のはずだが年齢不詳。
近年はアイスマンをたぶらかしてベッドインしてしまっていたりする。
センチネル センチネル ミュータントロボット兵器。
リーダー格のマスターモールド、未来世界から来たプロトタイプのニムロッド、極小サイズナノセンチネル、人間と見分けが付かないプライムセンチネルなどがいる。またタイプと有人操縦タイプが存在するなど、一口にセンチネルといっても千差万別である。
バスオン セバスチャンジルティ 上述のマスターモールドとニムロッドが一体化した存在。
ぱっと見は普通の人間である。
オンスロート事件の後、際的反ミュータント計画「ゼロ・トレランス」を揮したが、ウルヴァリンにより殺される。
近年、反ミュータント組織「ピュリファイアーズ」によって再生され、テクナータ・ウイルスを用いてかつてのX-MENの敵を復活。X-MEN壊滅を企てた。
ブルー 昆虫宇宙種族。
日本ではアニメのOPに大量に登場するが、本編に出てこないのでブルードと分かっていた人はあまりいなかった。
他の種族にを産み付け、同類にしてしまうという形で宇宙に広がっていく。地球ではX-MENによって増殖阻止されている。
トライフ トライフ ケーブルのクローン
本来はケーブルことネイサンが死んでしまったときのために作られた存在だが、アポカリプスにより誘拐され、彼によって育てられる。
ちなみに当人は自分こそがオリジナルでケーブルがクローンだと信じている。的にはケーブルと同等だが、ケーブルがその身に感染させられているテクノオーガニックウィルスを押さえるためにそのの大半を使わざるを得ないのに対しストライフはその必要がないため、の使用に制限がない。
近年はホープ争奪戦にてビショップと共同戦線を組み、ホープを追跡していた。
ショップ ルーカス・ビショップ 未来世界警察組織、XSEに所属していた。
未来においてX-MEN全滅に追いやった裏切り者の犯人を探して現代へ。
当初ガンビットが裏切り者だと思いこんでいたが、実はプロフェッサーXがそうだった(オンスロート)。
ホープ争奪戦にて、ホープ未来世界を壊滅させた元だとしてX-MENと対立。片腕を失うが、その際闇に放った弾がプロフェッサーXに命中、瀕死の重傷を負わせる。
M-DAY以前は普通ヒーローだったのだが、ホープ誕生後その殺のために手段を選ばない外道に墜ちてしまっている。
近年は手を組んでいたストライフに裏切られ、さらに時の彼方にはじき飛ばされて行方不明

 アニメ版

90年代アメリカ制作された。日本でもテレビ東京で全76話中42話まで放送された。本編アメリカ、OPとEDは日本で作製された。その為ギャップがしい。後にトゥーンディズニーチャンネルで再吹き替えを行って全話が放送された。

2000年代にはキャラクターのほとんどがティーンエイジャーという設定変更がされたX-MENエボリューションがアメリカ制作された。

2011年には新作アニメアニマックス、他のテレビ局で放送が開始。制作マッドハウススタッフも一新されており(日合作クオリティも高い。余談だが、舞台が日本であることと、内容もかなり別ルートとなっているため本編とはあくまで別物である。

実写映画版

2000年開の『X-MEN』をはじめとして、2003年には『X-MEN2』、2006年には『X-MEN:ファイナルディシジョン』が開された。

また、スピンオフとして『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『ウルヴァリン:SAMURAI』が、新シリーズとして『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』が開されている。

2016年にはスピンオフ作品『デッドプール』と新シリーズ完結編の『X-MEN:アポカリプス』が開された。2017年には『ウルヴァリン』の三作開予定である。

関連動画

アニメ

 ゲーム(格闘ゲーム)

カプコン製作バランスに問題がある作品が多かったりするが人気は高い。マーヴル勢としての参戦もある。

関連静画

 

関連商品

アメコミ新潮は現在発売停止しているが一応。元々アメコミ翻訳本は入手しにくいので、詳しい方法はググってみると良いかも。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/x-men
ページ番号: 4292130 リビジョン番号: 2395902
読み:エックスメン
初版作成日: 10/02/24 01:13 ◆ 最終更新日: 16/08/18 22:00
編集内容についての説明/コメント: 実写映画を現在の状況に更新。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


まぐ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

X-MENについて語るスレ

117 : ななしのよっしん :2016/08/17(水) 02:50:28 ID: gaYtMrP81P
>>112
子供が来るかどうかはかなり違う。実際「ペット」かなり入っているしね。シン・ゴジラもかなり健闘しているんだけどどうしても親子連れが望める映画には分が悪い
118 : ななしのよっしん :2016/08/17(水) 02:56:25 ID: gaYtMrP81P
あと夏休み開は子供がいっぱい来るんでどうしてもお子様映画優先になる。デッドプールやシビル・ウォーも開だったらIMAXとられてた
119 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 18:10:06 ID: My2Wm0hKyS
シリーズ開始するならマシュー・ヴォーンを呼び戻した方がいい。
ファースト・ジェネレーションの伸び悩みは単にキャスト総入れ替えの影だし、
シンガーにスケールのデカい映画ドラマは撮れないことは明
120 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 21:52:25 ID: mEjkWjQFPK
アポカリプス見てきたので感想。ネタバレ多数含まれてるので注意


良かった点
ウェポンXとしての暴走ウルヴァリン。これまでとは違うまさに野獣全開状態は一周まわって新しかった
マーズ兄弟兄弟原作とはが逆だが、いろいろとねじくれてる家族が多い作品中で数少ないまともな兄弟

悪かった点
ストライカー乱入 正直これはいらなかったと思う。ウルヴァリンを登場させるにはしかたなかったのかもしれないが、ここで余計な時間を使ってしまった感がある
アポカリプスが強敵に見えにくい 原作巨大化が精世界だけでしか発揮されない、エリックチャールズに頼りすぎ、ラストフルボッコ必死に耐えるのが精いっぱいにしか見えない。
騎士の扱いの悪さ エリックでさえあまりよくないが、他の三人の扱いが悪い。特にアークエンジェルがひどい。

前2作とべるとやっぱり評価は厳しめになるなあ。
121 : ななしのよっしん :2016/08/19(金) 12:36:43 ID: VS/tEJghYx
スタッフは「旧3部作に繋がる内容」とか言ってたけど、
ストライカーを登場させて、フューチャー・パストの結末すら捨て設定にしてしまったというね・・
ジーン覚醒チャールズとの関係の描き方が表層的すぎてカタルシスい、というかご都合主義に見える。
アレックスだって普通アポカリプスに殺される展開にすれば良かったのに単なる自爆で退場させられたのは気のだった。
122 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 13:08:36 ID: PLbcU3ucm2
とりあえずエンドアの戦いを劇場スクリーンで観れたことの価値が分からないミュータントどもは滅べばいいと思いました(SW並感
123 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 01:21:09 ID: KWA/zaTTMB
観てきた
アポカリプスをそもそも大物として描こうとしてないなっていうのは感じた
強大なを持って自分をと勘違いしたり、みたいなこと言われる始末だし
それを踏まえて彼をであろうろうとする男としてみるとなんか可かったしいろいろしっくりきた
124 : ななしのよっしん :2016/08/23(火) 01:27:37 ID: E9q0KRyj4w
シンガーって本当に自分の都合しか考えてないんだなーって言うのが嫌になるくらい伝わってくる映画だった
125 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 00:12:46 ID: oQuzuF7EAX
キャラクターの多さと尺が釣り合ってない感じ、ストーリーで重要な所は大体ジーンに頼ってるし
過去作の続編設定をふんだんに盛り込むファンサービスは良いんだけど、そればっかりになると初見お断りになってしまうし…一区切りついたここで全に終わらせて新規でやった方が良いと思う、並行世界設定とかで
シビルウォーは本当にバランスの取れたオールスタームービーだったんだなというのを痛感した

あとアポカリプスが思いのほか上様に似てて吹いた
126 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 21:50:52 ID: pu74VlHaDZ
ナイトクロラーが復活すると聞いて観にいった俺氏
キャラ自体は良かったが、肝心のアクションシーンが薄暗がりの中という…

やっぱX2は最高だわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015