単語記事: Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!

編集

Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!とは、アニメYes!プリキュア5」の劇場アニメーション作品である。

2007年11月10日開。映画プリキュアの第4作である。

概要

ミラクルライトや敵方のプリキュアなどが初登場した作品で、現在映画プリキュアを定着させた記念すべき作品。

本作から登場するミラクルライト企画し取り入れたのは、後にフレッシュプリキュア!からスマイルプリキュア!プロデューサーを務めた梅澤稔氏である。梅澤Pによると、映画を見る子供は未就学児が多いことから、70分もじっと座ったまま見続けられるか?と思い、その対策としてプリキュアピンチになった時に見ている子供達が応援・参加できる具を作ろうと立案したのが始まりである。当時、映画館は静かに見るものであり、ライトで館内を明るくすることも含め、制作側からも猛反対されていた。しかし、子供達が一生懸命応援して、映画と客席が一体化したこのアイディアは大成功を収め、これ以降の映画プリキュアにも引き継がれていった。

これに伴い、本編が始まる前に妖精たちによるミラクルライトの説明シーンが挿入された。ココナッツの掛け合いは、どう考えても子供を連れて映画を見に来たお母さんを意識した作りとした思えないのは編集者だけではないはず。また、この前説ではココプリキュアシリーズで初めて流血シーンが見られる。あくまでもギャグ展開だが、なぜかこの場面だけ劇画調になっていてかなり怖い(ここで泣いた幼女も結構いたらしい)。

そして本編でも、悪のプリキュアであるダークプリキュア5は個性豊かな活躍を見せ、敵役ながら人気を獲得した(ダークプリキュア5は、言わば自分自身との戦いとも言えるものであり、トラウマ回の23話と続く神回の24話のエピソードに決着を付けた話でもある)。自分自身との戦いという点では、後にハートキャッチプリキュア!ミラージュプリキュアに受け継がれた。

中でも戦うことしか知らず、ラストで心を通わせたのぞみって悲劇的な最期を遂げたダークドリームには、多くの観客が涙した。ダークドリーム役の西村ちなみが、この5年後に本物のプリキュアであるキュアビューティ青木れいか)役となり、ファンを大いに喜ばせたのはご存じの通りである。

この他にも、ダークレモネード役の釘宮理恵が6年後に同じく本物のプリキュアであるキュアエース円亜久里)役を、ダークミント役の皆口裕子が5GoGo!のフローラ役を、そしてシャドウ役の朴璐美が同じく5GoGo!シロップ役と、いずれも後に重要な役柄を演じている(逆にダークアクア役の木内レイコは、初代プリキュアでキリヤ君を演じていた)。

なお、プリキュアオールスターズDX3では妖精達にミラクルライトで消されるなど情けない役回りにされたシャドウだが、オリジナルである本編ではダークドリーム腹パンを喰らわせるなど、なかなかの外道っぷりを見せている。それが、どうしてああなった・・・

また、ゲスト声優としてミギリン・ヒダリン役にザ・たっちの2人が出演している(幽体離脱ギャグもちゃっかり見せる)ことは結構話に上がることが多いが、実はピンキー役として題歌を担当した工藤真由宮本佳那子も出ている。宮本も6年後にキュアソード剣崎真琴)を演じたため、後に本物のプリキュアとなる声優が3人も出演しているわけである。

スタッフ

主題歌

キャスト(ゲストキャラクターのみ)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/yes%21%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A25%20%E9%8F%A1%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AB%E5%A4%A7%E5%86%92%E9%99%BA%21
ページ番号: 5159622 リビジョン番号: 2383238
読み:イエスプリキュアファイブカガミノクニノミラクルダイボウケン
初版作成日: 13/11/02 20:05 ◆ 最終更新日: 16/07/14 09:38
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/11/04(月) 02:39:31 ID: IL1tfBMHns
変身前と変身後では変身後にスペック全振り(特にカリスマ)と言われるのぞみ/キュアドリームの本領が見れる映画
説得シーン無敵女感、シャドウに対する攻撃の容赦なさが気持ちいい
ダークドリーム以外のダークプリキュアとの戦いも脚本、演出、作画、すべてハイレベル
喉元を手で狙うレモネードのガチっぷり(作画越)と敵を抱きとめるミントさんが素敵
2 : ななしのよっしん :2013/11/10(日) 23:45:57 ID: I2Vp9i5F9D
宮本さんってキュアエースじゃなくてキュアソードですよね?
プレミアムの方修正お願いします。
3 : ななしのよっしん :2013/11/13(水) 22:47:47 ID: sTHRQmNGke
ダークルージュハートキャッチプリキュアゲスト中学生演じていたな。
後のシリーズ
キュアレモネードvsキュアエース
キュアドリームvsキュアビューティが見てみたいと思う自分がいる。
4 : ななしのよっしん :2013/12/08(日) 10:11:41 ID: 6L1tjul+py
VSシャドウさんの蛇足感さえなければ最高の作品だよな。
エンディング前の寂寥感が素晴らしい

ザ・たっちは…まあ許すw
5 : ななしのよっしん :2014/02/04(火) 23:38:14 ID: JsOEwqQOte
>>4
あれは素晴らしい
ホント好きなんだけど、ピンキーが全部った事に一人として触れないのが未だに解せない
復活諦めてダプリ復活させるのかとか考えてる内にエンディング入ってポカーンってなったな
6 : ななしのよっしん :2014/02/05(水) 00:05:04 ID: tT9h2UOVDn
>>3
プリキュア同士で戦う、と見せかけての共闘の方が嬉しいですね。
まぁ公式はそんな声優遊びをしないから期待できないけど、
アイドル絡みでキュアレモネードvsキュアソード(+キュアエース)ぐらいなら可かも?
あるいは作中での強キャラ設定を持つキュアビューティキュアエースの共闘はあってもいい。
ダークドリームダークレモネードに接点はいが…)
7 : ななしのよっしん :2014/09/04(木) 01:21:51 ID: VQTyvJkQPm
>>5
事前ピンキー一匹捕まえたのが後にシャドウ論みを阻止する伏線になったのは良かったけど後のコレットの存在がいのはちょっとね……。
元々シャドウ理矢理ピンキー達を引き寄せていた為彼が倒されたと同時に中のピンキー達が逃げ出す展開とかスタッフロールの後とかに入れて欲しかったな。
8 : ななしのよっしん :2014/12/13(土) 20:36:51 ID: I54HoBSVft
来年ついにBD出るねえ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015