単語記事: Z.O.E

編集  

Z.O.E(ゾーイ)とは、

  1. 2001年コナミより発売された、プレイステーション2ロボットアクションゲームである「ZONE OF THE ENDERS Z.O.E」の略称
  2. ZONE OF THE ENDERSシリーズ一連の作品群
  3. ナムコフライトシューティングゲームエースコンバット2に出現する敵AI。専用機の機体性も高く、かなりの強敵。

概要

第一作 PS2『ZONE OF ENDERS』

2001年3月に発売された第1作『ZONE OF THE ENDERS Z.O.E』(以下 Z.O.E)は、木星コロニーに住む主人公少年レオ・ステンバックが、偶然乗り込んだロボットオービタルフレームジェフティを操作しながら、戦火に包まれたコロニーの脱出をロボットアクションゲームである。

分類は「ロボットアニメ・シミュレータ」を謳い、ストーリーシーン監督に元アニメーター西村芳を起用するなどロボットアニメ的な作品を意識して作られている。また、『メタルギアソリッドシリーズを手がけた小島秀夫によるプロデュースということで注を集め、初回版に『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティー』の体験版が同梱された。

ゲーム発売前から同一世界観をもつアニメ作品の製作が決定し、ゲーム発売直前に特別番組が放映されるなど、メディアミックスによる宣伝も行われていた。

しかし、作品自体よりも上述のMGS2体験版のほうが注を集めたことや、ストーリー切れトンボであった事もあり、遠未来世界観やロボットデザインゲーム性などで一定の評価は受けつつも、広く高い評価を得るには到らなかった。

アニメ作品『Z.O.E2167 IDOLO』『Z.O.E Dolores,i』

アニメは、OVAZ.O.E 2167 IDOLO』(ゾーンオブジエンダーズ 2167 イドロ、以下 IDOLO)とTVアニメZ.O.E Dolores, i』(ゾーンオブジエンダーズ ドロレスアイ、以下 Dolores, i)の2作品が作られた。どちらも製作サンライズ及びバップによる。IDOLO は史上初のオービタルフレーム開発にまつわる作品として、Z.O.Eと同時に発売された。

2001年4月より放送されたDolores, iはIDOLOの続編にあたる。ヒロイン(ドロレス)がピンク色女性巨大ロボットCV:桑島法子)、主人公家族持ちの中年男性といった要素が情報誌などで注されており、原作ゲームの設定も活かしたストーリー展開を取った。

特にTV版に関しては当初はファンからもネタアニメと見られていたが、家族メインに据えた丁寧なストーリーであり、作画へたれる事にを瞑れば良作として評価されている。

余談であるが、オービタルフレームを始めとするZ.O.Eシリーズロボットはどれも股間部に大きくり出したコックピットユニットが特徴的であるが、本作におけるドロレスの描写においては極それが立たないようなアングルとなるような作画になっているとのこと。

GBA『Z.O.E. 2173 TESTAMENT』

2001年9月には、KCEJサンライズの双方のスタッフが参加した外伝作品『Z.O.E 2173 TESTAMENT』(ゾーンオブジエンダーズ 2173 テスタメント)も発売された。

こちらは過去スーパーロボット大戦(初代シリーズスパロボF等)を手がけたウィンキーソフトが手がけており、作大分似通っている。

PS2『ANUBIS ZONE OF ENDERS』

2003年2月に発売された前述作品の続編『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』(アヌビス ゾーンオブジエンダーズ、以下 ANUBIS)は、新たに開発された「Z.O.E シェード」とよばれる3DCG描画技術によるグラフィックゴンゾ・ディジメーションの制作によるアニメーションアクションパートストーリーパートシーレスに繋いだ演出、より多な操作感覚などが盛り込まれた。

初代ZOEで問題とされた点をあらかた良した本作は、飛躍的にスピード感、グラフィック、操作感、ストーリー展開など様々な面で向上、現在に到ってもニコニコ動画プレイ動画から購入する新規ユーザーが存在する高い評価を受けている。

また、株式会社アトラス所属の悪魔絵師こと金子一馬ゲストデザインとして参加している。ヒロインの掛けが話題となり、後に発売されたスペシャルエディションのパッケージ裏の説明にその一言が触れられている。

関連動画

関連商品


関連コミュニティ

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/z.o.e
ページ番号: 3701230 リビジョン番号: 2085081
読み:ゾーイ
初版作成日: 09/06/17 00:08 ◆ 最終更新日: 14/09/13 01:08
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Z.O.Eシリーズの兄弟姉妹

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Z.O.Eについて語るスレ

184 : ななしのよっしん :2017/11/22(水) 12:37:38 ID: eLHkqzQ4oD
まあ新作が出るだけでも嬉しい。と言うか多分小島本人がいなくなってMGSに回さなきゃならなかったに余裕ができたから色々やってくれてるんだろうな。

元の制作者が新作を出すための一番の障になってるのは皮ではあるが。この調子で更なる続編期待したいわ。
185 : ななしのよっしん :2017/12/13(水) 13:47:18 ID: mQGOpTSke8
これ海外の方が売れてたの。PS2時代ならではか
当時はコナミブランドも高かったよな
186 : ななしのよっしん :2017/12/13(水) 14:09:41 ID: nMwfCkax0k
確かに最近のコナミは元気良い、が、今回のはVR習作以上の意味はないだろう
187 : ななしのよっしん :2018/02/10(土) 11:14:29 ID: 7N0QyXNwih
プロデューサー岡村氏はまずポシャったエンダーズプロジェクトについてのコメントをだな…

続編出すこと自体は十中八九理だろうけど
例のラジオがまともな謝罪とは言い難いしせめてまともなコメント残して
ファンにちゃんと気持ちの整理を付けさせてくれ
188 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 16:37:33 ID: +P7Nhqb6e9
>>180
他にもAIロボット物で面かったのは、
アイアンジャイアント、ベイマックスタイタンフォール2は面かった。

そういや日本じゃ意思を持ったロボットの話が最近じゃ少なくなってるな。
ガンダムシリーズマジンガーZとかの影ロボット=乗り兵器っていうのが定着しちゃったし。
ヘボット!鉄腕アトムガルガンティア、ZOE、ニーアオートマタ以外思いつかん。
189 : ななしのよっしん :2018/05/20(日) 02:36:06 ID: XnXAGnmWNv
むしろ逆にアトムドラえもんロボコンといった作品のおかげで意思を持ったロボットの方が定着してるイメージ
190 : ななしのよっしん :2018/05/20(日) 02:51:16 ID: YyFAh3f0m6
・人間サイズなら意思があるタイプで大なら搭乗兵器って感じでサイズイメージが固定されてると思う
191 : ななしのよっしん :2018/05/20(日) 08:24:40 ID: 8u5eW6cEzQ
公式動画見てきたけど、これ映画製作の本職呼んで監修させた方が良いと思う。
ディティルアップとエフェクトにするのは手っ取りい宣伝方法なんだけど、
ゲームとしてみた場合、視界内に点が増えすぎて視認性が低下してストレスが溜まるんだよね。
PVはまさしくそのにはまってる見本みたいな状態だったし、これでVRとか酔うか最悪ポケモンショック起こしかねないんじゃないかと。
192 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 20:12:06 ID: +P7Nhqb6e9
>>189
すまん、よく考えたら多いわ・・。アラレちゃんとかロックマンとかね。ってかむしろドラえもんという民的キャラを忘れたはあほだわ・・。
多分日本ロボット作品って>>190の通りだと思う。
AI搭載の搭乗兵器としてのロボットってのが少ないのかな?

ガンダムシリーズでもAIってあんまし取り扱われているのが少ない気がする。
EX-Sガンダム「alice」ハロモビルドールデビルガンダムぐらいかな?
193 : ななしのよっしん :2018/06/13(水) 12:00:29 ID: HWaljmqhBy
>>192
イノベイドやヴェーダ、AGEシステムもあるぞ。

ところでテスタメントのリマスターまだ?
一未プレイなんだが。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829