歴史について語るスレ

271 : ななしのよっしん :2017/06/17(土) 15:40:32 ID: 2LqMmcnHEa
>>DWEJeT1N1D
いい加減にしろよお前、余所でも暴れてただろ。成りすまし?様子を見る限り多分違うよなぁ・・・。
意見を述べるのは別に良いけど、訳の分からんレッテル貼ったり相手を貶めて良い訳ないだろ。感情的な流れを招くだけなんだから。
不寛容な態度が争いを生む例なんてそれこそ歴史上枚挙にいとまがないくらいじゃないか。歴史に学ぶってそういうことでもあるだろうに。
何度も手を差し伸べられてきただろ、なんでそんなやり方しか出来ないんだよ。
お前議論がしたいのか喧がしたいのかどっちなんだ。
272 : ななしのよっしん :2017/06/18(日) 02:29:31 ID: w7OyHtYrkP
>>271
 そんな末な問題以上に、「なぜ歴史科学ではないか」の根拠を全く説明していないことが問題だろう。辞書が科学の一部に人文社会科学を含め、歴史を含めている以上、「私は歴史学を科学と考えていない」と言えるだけの根拠を示さなければ妄想垂れ流しの域を出ないわけで。
273 : ななしのよっしん :2017/06/19(月) 21:23:13 ID: w7OyHtYrkP
個人のブログだが、面い内容があったので追記。「科学」という熟の原義がscience よりも discipline に近いという摘は意識してもいいかもしれない。その意味で、歴史サイエンスではあるが、ディシプリンではないから「科学」ではないというは成立する[cf. http://tsyokmt.exblog.jp/237103554/]。

もちろん、>>269氏がこの論点を踏まえているわけではないということは、「scienceという単はやはり見つかりませんでした」という一文に端的に顕れている。
274 : ななしのよっしん :2017/06/29(木) 19:32:12 ID: JOshK0kE9z
>>273
確かに面いね。フーコーが探究していた科学が成立する条件そのもの、知の条件にパラフレーズされるかもしれない。

科学という普遍的な営みが時間的制約を持つと同時に、真理への意志というイデオロギーが普遍的に営まれ続けてきたというのは刺的だったな。
275 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 15:14:43 ID: fudHe9cxdW
歴史を他人を貶す具にしないよう日々反の日々です
276 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 09:39:47 ID: GA6PQLVp5f
なんだっけ、あの江戸時代とかにやって来た
地方のお様とかを襲う山賊の宿の名前
アレが出てこない
277 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 02:05:37 ID: adSbpBP/g2
最近、まとめサイト歴史系のやつ読むと
普通戦前日本の滅っぷりを笑いのネタにしてたりするのが多くて驚く
2000年代初頭の世界史コンテンツの流行を知ってる身としてはなかなかの衝撃
あの頃、戦前日本批判すると自虐史観だの左翼史観だの袋叩きにされたものだがね
普通この手のやつは悪化していくと思っていたが、どうしたもんなんだか
278 : ななしのよっしん :2017/09/30(土) 22:58:51 ID: /nd/H6Yo3G
>>sm31904108
279 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 10:14:14 ID: w7OyHtYrkP
>>az4887084293
280 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 10:20:26 ID: a5EnrRWkxm
歴史とか脱糞じゃん
憶える意味あんのか?
281 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 00:00:29 ID: 7TsB5PJtOg
さも当然のようにられながらソースが乏しい3大項

楽市楽座
・切り捨て御免
・3C政策
・(次点)南下政策
282 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 00:14:27 ID: w7OyHtYrkP
3C政策は日本が初出とのこと。研究成果がCiNii Articlesに登録されているわけじゃないんで、今後研究が進めば評価が変わるかもしれないけども。

https://twitter.com/takumi_itabashi/status/810870608544272385
283 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 02:11:57 ID: XllMOvcKEm
タラス河畔の戦いによる製法伝来もいれとくと尚良。
284 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 11:10:53 ID: IZdSH4fSw+
>>277
前提が違うだろ
20年ほど前までは社会自虐史観に覆われてる状態で
さんざん戦前批判がされていたしされてきた状態
しかもその批判一方的かつ拠もあやふやなレベルも多かった
その時代にまず必要だったのは戦前日本の評価できる点であり、それによって戦前のより客観的な評価を下せるようにすることだった
現在は逆にネットに限ったとしても、かつての自虐史観時代と同じように戦前肯定が批判に行われがちな状態
それが行きすぎないように戦前の否定的な部分を出す必要がある
大事なのはこれを繰り返しながらより議論を深化させることだ
もはやかつての自虐史観時代のようなレベルの低い日本批判は通用しないし、これからはネトウヨのようなレベルの低い日本最高も通用しなくなる
それだけレベルの低い論が淘汰された結果だ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829