ニコニコ大百科 トップページへ戻る
1.ニコニコ大百科とは
TOPページ

ニコニコ大百科は、オンライン百科事典です。オンラインである事の利便性を活かし、生きた情報を提供するものです。

オンライン百科の利便性とはなんでしょうか?

情報は生ものです。時間の経過と供に刻々と変化していきます。
その為には、絶えず情報が更新されて行かなくてはなりません。
この事により、情報の精度は上り、磨かれ成長していくのです。

そこで、広く情報を提供すると供に、情報を受け入れるものとして作られています。
そこで、会員のみなさんに情報提供への参加の道を与える仕様となっています。

会員のみなさんは、公序良俗を守った上で、利用規約を遵守することを前提として、あらゆる記事を自由に閲覧し、書き込み、転載する事ができます。
ニコニコ大百科は、情報を記事という単位で検索、編集を可能とする為のツールなのです。

1.ニコニコ大百科とは では、具体的にどんな事ができるのでしょうか?

ニコニコ動画で見たMAD、これの元ネタはなんだろう?
友達から聞いた動画について、内容はどういったもの?
これらの疑問を、ニコニコ大百科の検索によって、知る事ができます。さらに検索した記事内容について、あなたの知識で補足出来ると場合、 その記事内容を編集し、継ぎ足したり、間違った記述を訂正したりできます。
記事内容が、まだ存在しない場合、あなた自らが執筆者、もしくは編集者として、新たな記事として、あなたの手で新しい記事を作成することができます。
ニコニコ大百科は、会員みなさんの手により成長していくのです。

2.ニコニコ大百科の内容

これからニコニコ大辞典について説明をしていきます。
まず、画面上方の検索ウィンドウからです。

検索ウィンドウ
検索ボックス

① 記事検索
探したい記事の検索に利用します。

② 本文検索
記事の本文に含まれる語句を参照し、関連を持った記事を検索します。

ニコニコ大百科メインウィンドウ
メインウィンドウ

メインウィンドウには、「最近編集された記事」、「最近編集された動画」の項目があります。

① 最近編集された記事
最近、編集が行われた記事の内容が表示されています。

② 最近編集された動画情報
最近編集された動画の情報が表示されています。

③ 新しい記事を投稿
一番下に「記事名」と期された空欄ボックスと「新しい記事を投稿」と書かれたボタンがあります。ここから、新規記事を投稿することが出来ます。(記事作成は後述)

ニコニコ大百科メニューの内容

次に、画面右端にならんだ大百科メニューについてみていきます。

大百科メニュー

最近新しく書かれた記事
最近追加された新しい記事を、メイン画面に表示します。

最近更新された記事
最近、内容が更新された記事を、メイン画面に表示します。

全ての記事を表示
現在のすべての記事を、メイン画面に表示します。

ランダムに記事を表示
記事をランダムに抽出して、メイン画面に表示します。

最近新しく書かれた動画解説
最近、追加された新しい動画についての解説を、メイン画面に表示します。

最近更新された動画解説
最近、内容が更新された動画解説を、メイン画面に表示します。

ランダムに動画解説を表示
ランダムに動画解説を抽出して、メイン画面に表示します。

ログイン
記事の作成、記事内容の更新などの時はログインが必要です。ニコニコ動画のID、パスでログインします。検索を行う場合は、ログインは、必要ありません。

ログアウト
記事の作成、記事内容の更新などを終えた時は、ログアウトして下さい。

ヘルプ
使い方などのヘルプが書かれています。


3.検索
記事検索

では、まず左上の検索ボックスを使って検索してみます。
「テスト」と入力し、記事詮索を押して見ます。

記事検索

記事検索

① 「テスト」の記事の閲覧・編集

② 「テスト」での記事タイトルからの検索結果
「テスト」を、タイトル中に含むリストが、表示されます。 希望の記事をクリックすると、その記事内容が表示されます。


記事検索

この画面に、記事内容が表示されます。
(現在、テスト用の単文「これがテスト画面です」という短い文章が表示されています。)

ウィキペディアとの連動
wikipediaの記事

解説画面の右上方にはWikipediaがリンクされています。ここをクリックするとWikipediaの内容が表示されます。

大百科メニューへの追加項目
大百科メニュー 「記事の本文」下段には、「記事編集」、「記事編集の履歴を見る」のボタンがあります。
大百科メニューに、
ニコニコ動画で検索
ニコニコ動画タグで検索
が追加されています。

本文検索

調べたい記事の単語を含む記事のリストが、表示されます。

本文検索
掲示板

画面下段には、「掲示板にレスする」と言うボタンが配置されています。
ここで、記事の項目について語り合ったり、編集内容について相談したりすることができます。
「掲示板にレスする」ホタンから、掲示板に入ることができます。

掲示板
文章投稿とお絵カキコ

以下が、掲示板の入力画面です。
ここに二つのボタンが見えます。「書き込む」と「お絵カキコ」の二つです。
名前欄にタイトルを入力し、本文に文章を書き込むことでスレに書き込むことができます。お絵カキコボタンを押すと、お絵かき用の書き込み画面になります。

掲示板

以下がお絵カキコの画面です。
上段に文章とタイトル書き、下段の四角いマスに、絵を描くことができます。

掲示板

調整については、いろいろ試してみて下さい。

4.編集

ニコニコ大百科の、中核をなすものです。
まず、記事の編集から「記事を編集する」をクリックすると、内容表示の下にもうひとつのウィンドウが表示され、このウィンドウ内で、記事の編集が可能となります。

編集とは

ここで編集とは二つの意味を持ちます。
まずは、記事の作成著作としての編集作業です。
もうひとつは、他人の作成した記事に対する加筆、訂正とての編集作業です。

まずは、新規記事の作成から見ていきましょう。
記事の作成、修正にはログインが必要です。ID、パスワードは、ニコニコ動画と同様です。

ログイン画面
新規記事の作成

メインメニュー下段のブランクボックスに記事名を入力、新規投稿ボタンを押します。

新規作成

上のような、テキスト入力画面が表示されます。

まず、読みがなボックスに、ひらがなで、読みを入力をしてください。それから、テキスト入力ボックスに、文章を入力していきます。
※入力時に、Tabキーは使えません。

空白を作るにはスペースを利用してください。
HTMLを理解されている方は、直に、タグを打ち込んで行くことで、整形された文章を作ることができます。(HTML4.0)
しかし、上部にある 「htmlエディタの有効と無効」という項目を、クリックすることで、htmlのエディタ機能が、有効となります。 HTML形式で、文章を整形を手打ちより、簡単に効率的に行うことができます。

HTMLがよく分からない人は、そのままテキストを入力してください。
多彩な編集はできませんが、情報の提供には十分です。だれか、他の人が編集し、形式を整えてくれるかもしれません。

画面下の「編集についてのコメント」という空欄ボックスがあります。ここに、加筆訂正や制作に対するコメントを書いておくことができます。

記事の書き方

記事作成にあたり、客観性を念頭に置いて、事実の検証性にも配慮しましょう。
ニコニコ大百科は、あくまでも百科事典であり、個人の感想や思想を反映するものではありません。記事の内容については、特に制限は設けていません、 ニコニコ動画の範疇にのみ特化する必要はありません。あらゆる話題を記事とする事ができます。
ただし、ニコニコ動画の規約に則っている必要はあります。利用規約は必ず参照してください。

文章まとめの注意

一般的な記事の場合、余計な直しの面倒を避け、下書きを心がけましょう。
内容の範囲を決め、長い記述を一つの項目に閲覧するのでは無く、内容を複数に分離し複数の記事にする、リンクする構想などで、閲覧の利便性を考える事も大事です。

項目を考える。

以上、例として提示してみました。
このように、頭を整理しておくと効率よく編集が可能となります。自分なりのスタイルを考えておくと良いでしょう。

実際の記事の作成

デフォルトのメイン画面下部に、「新しい記事の投稿」と言うボックスがあります。
いま、「テスト2」と言う名前で記事作成をしてみます。ログインしてない場合は、まずログインメッセージがでますので、ニコニコ動画のID、パスワードでログインしてください。

新しい記事の作成

「テスト2」という仮の記事を作成します。
記事名を入力し、「新しい記事を投稿」をクリックします。
下図のような入力画面が現れます。ここに、記事の内容を書いて行きます。 下のコメント欄には、修正履歴などを書いておくと便利です。

投稿内容を確認

上のHTMLエディタの有効をオンにすると、HTMLエディタとして細かな文章整形ができます。
記事の作成が終わったら、「投稿内容を確認」のボタンを押します。

確認画面

上記の確認画面に、書いた文章と読みが表示されます。内容に間違いがなければ、投稿ボタンをおします。内容に誤りがあれば、修正ボタンを押すことで エディタ画面に戻ります。
投稿ボタンをを雄までは、記事内容は書き込まれることはありません。投稿ボタンを押すと、次の画面が一瞬表示され、投稿した記事のタイトル画面に戻ります。

投稿完了
TOP画面
記事内容の編集

オンラインは百科の真骨頂といえる部分です。 情報の鮮度は、この修正の繰り返しによって、絶えず最新のものとなります。 主観でなく、客観的事実として、実証される事実であることを心がけてください。

記事内容をについて新たな情報や記事の訂正が有効であると判断出来るなら、あなたは自らの手で、その記事内容の訂正を行うことが出来ます。
元の記事を書いた人がいることは、忘れないで下さい。マナーとして、編集についてのコメントは書くようにしましょう。
スレッドに簡単な修正の報告など書くのも良いかもしれません。

記事内容の編集
履歴の確認

編集操作を行う前に、今までどのような改訂が行われているのかを確認しましょう。どのように改訂されてきたかは、あなた自身のヒントにもなるはです。

過去記事
ニコニコ大百科 トップページへ戻る