エルシャダイ原作小説

  • 種別: 単行本(ソフトカバー)
  • 作ったひと: 竹安 佐和記,イグニッション・エンターテイメント・リミテッド
  • 販売数: 445
  • 発売日: 2012-04-27
  • 定価: 0
  • 値段: 0

商品記事: エルシャダイ原作小説

編集

久しぶりだな。覚えているか? 私だよ、ルシフェルだ。
速だが、今日はみんなに伝えたいことがあって来た。

といっても話は簡単だ。「すべてをるときが来た」ということだ。

正直、私はどうでもよかったんだが、がちゃんと説明しろとうるさいんでね・・・。

ん? 何だって?
セタとは何か? セムヤザの夢とは? メタトロンかだって?

まあ、そんなに焦るな、時間はたっぷりある。
それよりもまずは、り継がれることの許されなかった偽典の物語

それをすべて私がる時が来た、ということだけをまずは知っておいてくれ。

 

イーノックそんな装備で大丈夫か?

大丈夫だ、問題ない

「さあ、行こう。イーノック

 

「最後のの始まりだ・・・」

 

出典:エルシャダイ原作小説 公式サイトより

 

概要

かつて2011年4月28日に発売、ニコニコ動画でも発売に先駆けて大ブームを巻き起こし1つの伝説を残したゲームエルシャダイ』。その翌年の2012年4月27日に、同作を基にした小説版が発売となった。

ゲーム中でりきれなかった設定や作中の描写・説明だけでは不明瞭な部分、及びゲームでやり残した(と思わしき)ストーリー展開、そしてゲームストーリーの後日談(後述の、タワー解放後のエピソード)に至るまで一通りの内容が補されている。そのため、ストーリーも全543ページというかなり壮大な内容となっており、ゲームを未プレーの人にもゲーム版をプレーした人にも充分読み応えのあるものに仕上がっている。
(『そもそも最初からこの内容でゲーム製作してくれればよかったのに』という意見も多いようだが、これだけのストーリーゲーム内へ全て収めるにはさらなる開発期間や資が必要になった事だろう・・・)

ストーリーゲーム版と同様で、ルシフェルり手の役回りを担当しているので物語は基本的にルシフェル視点ストーリーられるという形で展開する。何よりイーノックゲームと違って普通に喋る。
さらにはゲーム版に登場しない(入り切らなかった?)ストーリー玉として、タワー解放後の後日談『ルシフェルの堕』というエピソードが追加されている。それに伴い、プロローグではある理由からを裏切り堕天使となったルシフェル冥界の王・ベリアルと手を結ぶために彼の元へ赴くという驚きの展開で幕を開けるのである。文字通りの最初からクライマックス

2014年にはイーノックルシフェルの出会いを描いたコミック作品「El Shaddai ceta」が発売。全3巻。
また2015年からは原作小説の設定を元にしたコミック版作品「エルシャダイ グリゴリ7」が執筆・販売中。(こちらは電子コミック作品なので、読むにはkindleiBooksなどが必要。)

 

ゲーム版だけではりきれなかった竹安佐和記の壮大な世界をぜひ、めて見届けて頂きたい。

話をしよう。あれは今から三十六万・・・ いや、一万四千年前だったか・・・

関連動画およびレビュー動画

関連商品

また、ニコニコ市場には陳列できないがkindle版「エルシャダイ グリゴリ7」はこちらから。

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/i/az4569803857
ページ番号: 4902613 リビジョン番号: 2492676
初版作成日: 12/06/06 17:10 ◆ 最終更新日: 17/05/23 22:01
編集内容についての説明/コメント: 項目を追加。(ザ・ロストチャイルド)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エルシャダイ原作小説について語るスレ

15 : ななしのよっしん :2013/06/15(土) 01:53:22 ID: e7lLf8eVN9
>>14
crimにエルシャダイの全権利が壌土されたよ
16 : ななしのよっしん :2013/12/20(金) 22:03:23 ID: 4APZWt/Ok4
これアマゾンでは1500くらいしたよ。買うのに苦労した
17 : ななしのよっしん :2014/02/11(火) 12:03:57 ID: NP3p2OafeN
これ全部ゲームに入れるのはほぼ不可能だろうけど、
やっぱタワーラストのセムヤザ戦まではなんとか入れてほしかった
アルマロスラスボスじゃなく
18 : kei :2014/09/26(金) 14:25:09 ID: 5muq2Q8fR2
イーノックルシフェルコンビも良いと思うが。
最後まで読んで、ルシフェルコンビも良いのではないかと思ってしまった
19 : ななしのよっしん :2014/09/28(日) 20:57:39 ID: Yd+2152x/Y
後半の展開がかなり熱い
20 : ななしのよっしん :2015/01/10(土) 03:36:30 ID: GIEPnrPEsw
イーノックという人物が良く分かる作品だったと思う。
ゲームはほとんど喋らなかったし心理的描写もなかったから「なんで急に迷いだしたんだ?」ってなっちゃってたけど、小説読んだらその辺のもやもやが解決してよかった。
21 : kei :2015/02/13(金) 13:48:58 ID: 5muq2Q8fR2
ふと思ったがバベル崩壊の時、ルシフェル電話神様に言った事に思う所あって別作品のバベル救世主を用意したのかねは。
22 : ななしのよっしん :2016/12/27(火) 23:10:31 ID: 333crbgWP0
ゲーム未登場のアラキエルが既に死亡していた事は、
チャプター名だけではく、
この小説イーノック300年のの中にあった、
6つのクレーターができた場所で、
かつて、7つの彗星(地上界に降りる途中の堕天使達)が降り、
その中の一つ(アラキエル?)が別の方向に流れ、それが途中で消えたと、
彗星撃者が言ってたから、
イーノックタワーを発見する前から、
アラキエルが既に死亡していた事が把握できる。
23 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 13:29:42 ID: KVuWzDmfUi
あらきえてる
24 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 13:45:18 ID: a3jxYiZVTG
>>22
実際、流星と化したアルマロスをキャッチするために死んじゃってたけどね。

セタといいグリゴリ7といい、アラキエルの人物像が漫画版でやっとわかってきたからな
終戦争でのアラキエルは一番かっこいい「ここはに任せて先に行け!」だったと思う
相手の考えの逆を行くというひねくれた性格をしてたのが個人的に好きで
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829