Vやねん!タイガース (日刊スポーツグラフ)

  • 種別: 大型本
  • 作ったひと: 日刊スポーツ出版社
  • 販売数: 5
  • 発売日: 2008-09-03
  • 定価: 0
  • 値段: 0

商品記事: Vやねん!タイガース (日刊スポーツグラフ)

編集

Vやねん!(ぶいやねん!)とは日本野球史上に残るネタ逆転劇であり、阪神ファン最大のトラウマである。

概要

元ネタVやねん!タイガースという、日刊スポーツ出版で2008年9月3日に発売された、阪神タイガースの優勝を祝うはずだった本である。

そしてこの本は、プロ野球史上最大の負けフラグとして、今もなおネタにされている。

リーグ戦

2008年阪神タイガース先から好調を保ち続け、一時期は2位13ゲームを付けて独走。レギュラーシーズン優勝はほぼ間違いないと思われていた。それを受けて日刊スポーツ出版社が9月の頭に発売したのがこの本である。

しかし、後半戦になると2位読売ジャイアンツが破の勢いで接近。逆に首位の阪神先発が長いイニング持たないこと、好調だった新井貴浩が疲労折の影で戦線離脱したことでほど打線が繋がらなくなったことなどで失速。場以降は1位キープしているもののマジック→消滅を繰り返し、巨人に直接対決で大きく負け越すなどじわじわとその差を詰められていた。また、この本が発売された時点で巨人には5ゲームまで詰め寄られていたマジック24は点していたものの既に3度消滅済み)ため、ファンは「(『Vやねん!~』の発売は)見切り発過ぎでは?」と不安をつのらせた。

そして10月3日の東京ヤクルトスワローズ戦で、5点リードをひっくり返されての敗戦を喫し、ついに巨人が同率の首位に並びかける。一旦単独首位に戻ったものの、10月8日の直接対決で敗北首位陥落と同時に巨人マジック2が点した。その2日後、10月10日の横浜ベイスターズ戦巨人ヤクルトに勝ち、阪神横浜に敗れたため巨人レギュラーシーズン優勝が確定。13ゲーム差をひっくり返した巨人は11.5ゲーム差をひっくり返した96年の逆転劇「メークドラマ」になぞらえて「メークレジェンド」を残す。同時にひっくり返された阪神は「歴史的V逸」として名を残すことになった。後に残ったのは本商品の存在、および微妙な気まずさだけである。

クライマックスシリーズ

しかし「メークドラマ」達成時と違い、今のプロ野球にはクライマックスシリーズ(以下:CS)があることから、阪神ファンCSでの逆転日本シリーズ進出(2007年中日ドラゴンズが好例)に期待を掛けた。

CS1stステージ中日との勝負は第3戦までもつれこんだ。0対0で迎えた9回表、この回から登板した阪神の守護藤川球児タイロン・ウッズに痛恨の被弾。これが決勝点となり阪神は0-2(第1戦に続く封負け)で敗北。同時にCS敗退が決定した。藤川岡田彰布監督(当時)が絶対の信頼を寄せるストッパーであり、ペナント終盤では同点の時(セーブが付かない時)でも8回・9回から藤川登板するケースが多かった(更に言えばCS第2戦においても、4点リードがあったにもかかわらず藤川登板した)が、ここ一番でそれがアダとなる形となってしまった。

かくして巨人リベンジする機会すら与えられないまま、阪神2008年シーズンは閉幕。そして岡田監督はこのV逸の責任を取って逃げるように辞任した

その後

「絶対的守護が打たれて敗北」「全くかみ合わない打線」「結局V逸」「MAKE(まけ)レジェンド」とあって、この日の2ちゃんねる実況や各所のブログ掲示板お祭り騒ぎだった。そして事あるごとに本商品をネタとして宣伝・投下された。本商品の表をこのV逸後から「何がVやねん!タイガース」や「Vやねん!タイガース」と変された画像が出回り、物笑いの種となった。

またこれ以降、ネット上では野球に限らず「縁起物を出した結果、かえって悪い結果を招いた」ケース(下記参照)や、「前半は圧倒的な強さで独走するも、徐々に失速して最終的に逆転負け」という展開になったケースを、本書にちなんで「Vやねん!」と揶揄することがある。他にも、表に書かれていたフレーズ「(胴上げ)待ったなし!も汎用性が高くしばしばネタにされる。

なお、全ての元凶となった日刊スポーツ出版社は、巨人の優勝が決まるや否や「巨人奇跡の逆転V」という本をいけしゃあしゃあと出版している。

関連動画

類似の事例

この“Vやねん事件”以降に、日本プロ野球をはじめとするスポーツ界では縁起物を出して逆効果になった事例がいくつも起きている。この事から抜け出せているのは、2013年優勝した東北楽天ゴールデンイーグルスの「楽天 いくぞ初V」(サンケイスポーツ8月5日発売) などごくわずかにとどめられている。

2010年:読売ジャイアンツ

6月24日神宮球場でのヤクルト戦に勝利し、一番乗りでセ・リーグ40勝を達成する。
その翌日、サンケイスポーツが「日本中のG党のみなさま、リーグ4連覇は当確”でございます!!」という序文とともに、66試合終了時点での40勝到達は過去27度、うち26度が優勝なのでV率は96.3%であるというデータを用いて巨人の優勝を予見する記事を掲載する。(この「ただ1度きり優勝を逃した例」は前述のVやねんである)
しかし、この年リーグ優勝したのは中日ドラゴンズで、巨人はV逸どころか3位に終わり、CSでは2位阪神を破って第一ステージを突破するものの最終ステージで敗退。これにより、「当確(でございます)」というフレーズなんJにおけるそっ閉じの定番スレッドでよく用いられるようになった。

2011年:東京ヤクルトスワローズ

8月に野手の不振で中日巨人に追いすがられたが、9月に9連勝で優勝を決定的にした。
…と思われた矢先、日刊スポーツ出版社がおめでとうヤクルトスワローズなどという本の発売を決定する。
この後悪夢のように故障者が続出し、最終的に中日に優勝を攫われた。この他、公式でも「Vロードキャンペーンっており、関連グッズを積極的に売り出してしまっていた。

2012年:男子サッカーU-23日本代表

ロンドンオリンピック男子サッカーは、予選でメダル補のスペインを破るなどして、メダル獲得の機運が高まっていた。
そんな中、「週刊サッカーマガジン2012年8月2128日号(ベースボールマガジン社)にメダルだ!メダルだ!メダルだ!などという見出しが出た。当然Vやねんを初めとした前例が数多く残っているため、サポーターが不安がらない訳がない。
案の定、しかもよりによって竹島問題でちょうど険悪ムードにあった韓国に敗れてメダルを逃した。
一方、見出しで大きく取り上げられなかった「なでしこジャパン」こと女子サッカー日本代表は、並み居る強を撃破して初の決勝に進出し、 FIFAランキング1位アメリカにこそ惜敗したものの見事メダルを獲得した。

2012年:広島東洋カープ

序盤こそやや苦しい戦いが続いていたカープだが、交流戦あたりから阪神ヤクルトが不振に陥った隙に3位を奪取、久々に前半戦をAクラスターン。
しかし、8月後半に何を血迷ったのか公式CSスペシャルグッズを発売。
「優勝じゃなくてCSなら大丈夫だろう」という意見もあったが、やっぱり駄だった。9月に入ってから打撃が不振に陥り点が取れなくなり、故障者だらけでボロボロなはずのヤクルトに3タテを喰うなどし、結局15年連続のBクラスが確定した。

2012年:京都サンガ

シーズン最終節、J2所属の京都サンガJ1自動昇格圏の2位につけていた。しかし首位甲府との対決は痛恨のドローに終わり、三位の湘南が勝利したため順位が逆転。京都は昇格プレーオフにまわることになった。
…はずだったのだがその翌日、京都公式サイトJ1昇格記念特設ページオープンする。「監督からの感謝のたより」にはテキストテキストテキストテキスト」…という文字列で埋められており、どうやら予め用意していた昇格記念ページを誤って更新したものと思われる。
なお、その後京都プレーオフ初戦で有利な条件(京都ホーム90分間で決着がつかなければ京都勝利扱い)に恵まれていたにも関わらず、6位大分に0-4という大敗を喫してプレーオフ々に敗退。J1昇格の夢は潰え、特設ページが正式な形で更新される機会も失われてしまった。

2013年:第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本代表

ついにWBCでも発生。日本の準決勝進出が決まり、後2試合勝てば優勝となった時にデイリースポーツが『侍ジャパンWBC3連覇特集号』という敗北フラグの塊を3月21日に発売することを決定する。もちろん、優勝できなかった場合は発売されない
そんな中迎えた3月18日の準決勝戦、打線からの快音はなく、1-3で敗戦。当然だがWBCの3連覇とはならなかった。試合終了後はTwitterなどで戦犯デイリーなどと言われる。
なお、この事件によって「Vやねん!タイガース」もデイリースポーツの仕業であった(神戸に本社を置くデイリーは過度の阪神への傾向報道で知られておりそう取られても仕方がなかろう)と勘違いしている事実誤認者が見受けられるが、そちらは日刊スポーツ出版社の発行であり、デイリーと日刊は全くの別会社である。

2013年:横浜F・マリノス

2013年シーズンでは、2004年以来の上位争いを展開し、第33節で15位の新潟に引き分けるか勝てば9年ぶりの優勝確定・・・!と言う所まで来ていた。ちなみに前節32節の時点では、横浜Mは勝ち点62広島は勝ち点57もしも横浜Mが2連敗すれば、広島勝ち点1点差で逆転されてしまう位置でもあった。そんな緊迫した状況の中、何と週刊サッカーダイジェスト日本スポーツ企画出版社)が、増刊「Jリーグ横浜マリノス優勝記念号」を12月12日に発売する!と予告を出してしまった。

そんな中迎えた11月30日の第33節新潟戦、新潟に攻め込まれ0-2で敗戦。優勝の行方12月8日に行われる最終節となる第34節に持ち越されるも、ACL出場権がかかっていた5位川崎フロンターレに0-1でまさかの敗戦し等々力劇場に。そして広島鹿島アントラーズに2-0で勝利し2連勝した為、勝ち点57からの+6点で勝ち点63とし、横浜M勝ち点1点差で広島に逆転優勝を許す結果となった

なお、横浜M広島は後に第93回天皇杯全日サッカー選手権大会の決勝(2014年元旦)で直接対決するが、この時は2-0で広島を下し、21年ぶりの優勝を果たしている。

2014年:高梨沙羅(ソチオリンピック) 

ソチオリンピック日本代表で、女子スキージャンプ高梨沙羅も残念ながら悪夢フラグからは逃れられなかった。

高梨ワールドカップ世界選手権などでメダルを多く獲得しており、悪い時でもメダルであったため、大会前からNHKをはじめ民放マスコミや各メディアなどがこぞってメダル獲得の大本命にあげていた。

特にNHKは大々的に取材攻勢をかけ、五輪開幕前から高梨に密着取材。開幕後は海外メディアからも「高梨だろう」というを流し、過去の成績や当時の今季シーズン結果から予想してメダルの獲得率95という盛大なフラグをぶっ立てる。全地上波、それもNHKの一に加え、各種メディアの後押しもあり、「高梨メダル95、万が一ダメでもメダルは確実」という潮が世間やメディアには流れていた。

しかし、いざ本番を迎えてみると高梨は度重なる取材攻勢もあったのか本来のを出せず、またジャンプ台のシステムジャンプ時の風にも嫌われ、合計243.0点の4位に終わる。くしくも2位3位の選手とは僅差であり、本人にとって非常に悔いの残る結果となってしまった。試合後には涙を慢しながらコメントする高梨の姿が流され、視聴者の涙を誘った。一部の一般人インターネットユーザーでは、不本意な結果になった高梨や、異常なまでに取材攻勢をかけて期待をかけていたマスコミがあったものの、Vやねん悪夢を知る野球ファンからはおおむね同情的な対応をされており、取材攻勢を不安視するは大きかった。

ちなみに、ソチオリンピックは終わってみれば高梨に限らず波乱の多い大会となってしまい、他にもメダルは間違いなしと言われたアメリカ代表のショーンロジャーホワイトが、こちらも4位という結果に終わってしまっている。一方、メディアの取材攻勢をほとんど受けなかった男子ハーフパイプ(スノーボード)では、日本代表平野歩夢、平岡卓両選手がそれぞれメダルメダルを獲得し、日本人選手初の同競技・種におけるメダル獲得となった。

他にも、アイススケート男子個人戦ショートプログラムでは、前日自己ベスト叩きだし首位にたった羽生弦選手が、前日の冴えがのようにミスを連発。演技終了後に「メダルはダメかなと思ったと言われるほど落胆。しかし2位につけていたカナダ代表のパトリック・チャンが、メダルへのプレッシャーからか、こちらも本来のコンディションであれば軽く成功するであろうと思われるようなささいなミスを連発してしまい、結局羽生選手は五輪では日本人初となるメダルを獲得している。

2014年:阪神タイガース

阪神2014年シーズンは、ペナントレースこそ1位読売ジャイアンツに7ゲーム差を付けられ2位でフィニッシュするも、クライマックスシリーズでは、ファーストステージで3位の広島カープを1勝1分(規定により、引き分けの場合は上位球団の勝利となる)で下し、ファイナルステージでは1位巨人に4勝1敗(※アドバンテージによるもので、実質全勝)と、破の勢いで日本シリーズへと駒を進める。

一方のパ・リーグCS勝者は、福岡ソフトバンクホークス。こうして、10月25日から甲子園球場で開幕した虎対決は、25・26両日の時点で1勝ずつと言う着状態で、10月28日福岡ドーム戦へ・・・

…ところが、その28日に阪急阪神ホールディングス日本一の記念グッズ企画・セールを用意する!」と予告してしまう。6年前のあの悪夢の再来をしもが恐れた・・・が、ものの見事にその予感は的中してしまう

28日の第3戦では、先発出場したキャッチャー鶴岡一成が捕逸を繰り返したり、西岡フィルダースチョイスなどで5-1で敗北。続く翌29日の第4戦でも、2対2で迎えた10回表に1・3塁の状態でゴメスダブルプレーに倒れ、同裏にピッチャー呉昇桓へと変え、2アウトとした所で中村サヨナラ3ランホームランを打たれて5-2で敗北を喫し、まさかの3連敗を喫してしまう。

そして、阪神にとっては後が10月30日に行われた第5戦。この日は両軍投手戦となり、8回まで0行進を続けるが、8回裏に2アウト1・3塁の状態で、先発のメッセンジャー松田センタータイムリーを打たれてしまい、1-0とされてしまう。しかし、9回裏に登板したソフトバンクの守護ファテが大乱調、上本がフォアボールで出塁。三振に倒れるも、続くゴメス・福留が連続でフォアボール出塁、満塁となる。

ここで6番西岡り、1ストライクファール)で3ボールと、ストライクが全く入らないサファテ。同点・逆転も有り得る場面であった。

しかし、悪夢は唐突にやってきてしまう

西岡は、ストレートん中へ来た5球ファーストゴロとしてしまい、ホームへ向かっていた上本が本塁憤死。ここで、細川ファースト明石送球した際に、球が西岡を直撃。

ところがこの際、西岡はスリーフットレーン(一塁線上に並行に引かれている長方形のライン。打球走者は守備の邪魔にならないよう原則ここを走る必要がある)から外れて、一塁線の内側を走った末に送球が当たっていた事から、球審の白井一行審判に「守備妨害」を宣告されてダブルプレーとなり試合終了。福岡ソフトバンクホークス日本一が決定し、当の阪神タイガースにとっても後味の悪い最期となってしまった。

2015年:広島東洋カープ

カープは、2012年まで実に15年連続Bクラスと低迷していた。しかし、2013年・14年に2年連続でAクラス入りを決めたこと、さらには14年オフニューヨーク・ヤンキースからかつてのエース黒田博樹が復帰したこと、何よりカープ女子ブームを初めとするマスコミの猛プッシュもあって、2015年は多くの野球関係者がカープを優勝補に挙げていた。

そしてこの流れに乗ったサンケイスポーツが、開幕前の3月23日に「おかえり!黒田 カープ優勝するんじゃけぇ」という本を発売した。

しかし、これが見事にフラグとなってしまう。

前年本塁打王ブラッド・エルドレッドの故障などもあって、開幕直後から速躓いてしまい、3・4月で実に7つの借を作ってしまう。話題の黒田は11勝をあげるなど好投し、前田健太らも先発の柱として活躍したが、打線が振るわない時期が長く、貧打で投手を見殺しにしてしまうケースも多かった。
結果、なかなか借済することができず、9月24日には優勝の可性が全に消滅してしまった。その後は阪神CS出場をかけて3位争いを繰り広げたが、シーズン終戦、勝てばAクラス入りという大事な試合を1安打で封負け。

結局、優勝どころか3年ぶりのBクラスに転落してしまった。

2015年:阪神タイガース・横浜DeNAベイスターズ

この年の阪神5月までは低迷したが、交流戦ではセ・リーグ球団で一勝ち越しを決めるなど徐々に復調。後半戦は巨人ヤクルトとの首位争いを繰り広げ、8月8日以降は首位をキープ、一時は2位ヤクルトに3.5ゲーム差をつけていた。
とはいえ、この年のセ・リーグは稀に見る混戦であったため、阪神ファンは決して楽観視できない状態にあった。

しかし、そんな中動いたのが週刊ベースボールだった。9月14日号(9月2日発売)で、あろうことか阪神の大特集を組んでしまう。タイトルは「セ界制覇へ突き進め Vやで!タイガース」。

既視感しかないタイトルに、多くのファンは不安を感じたが、それは見事に的中してしまう。

この号発売から数日は持ちこたえたが、徐々にを重ねていき、9月11日には2位に転落。翌日には一旦首位に戻ったが、その後は見る見るうちに貯を減らしていき、最終的な成績は借1の3位。
見事に第二のVやねん!と言える状況を作り上げてしまった。

ちなみに週刊ベースボールは同年の6月8日号でも「17年ぶりのVへ突き進め! 熱き星たちよ!!」という、当時首位をキープしていたDeNAの特集記事を掲載した。

こちらもこの特集以降、交流戦で10連敗するなど低迷し、最終的には「前半戦を首位でターンしたが、最終的な順位は最下位」という史上初の不名誉な記録を残してしまった。

これらのことから、この年には週刊ベースボールの呪いというジンクスが生まれ、敵対するチームが好調な場合、「週ベ(敵チームの)特集はよ」と懇願する人も少なからず見られた。

2016年:福岡ソフトバンクホークス

この年のホークスは開幕当初は若干低迷していたが、4月中旬以降は徐々に復調し、交流戦では2年連続となる最高勝率となるなど一気に勢いが加速し、さらには3位の北海道日本ハムファイターズ11.5ゲームをつけ、一時は日本球界史上最速のマジックの可性すら出るほどの圧倒ムードだった。

そんな中、7月25日号の週刊ベースボールでは福岡ソフトバンクホークスの特集が組まれる。

この雑誌が発売された当初は何とか持ちこたえたが、徐々に失速していき、最終的には11.5ゲームあった日本ハム逆転優勝を許した。

2017年:東北楽天ゴールデンイーグルス

この年は西武の長年のエース岸孝之が加入。前年活躍の茂木栄五郎を1番、2番ペゲーロ・3番ウィーラー・4番アマダーという攻撃的オーダーを組み絶好調。7月7日まで首位の座を守り続ける。その後2戦ホークスに首位を明け渡すも再び取り返し首位を守る。

そこで7月21日サンケイスポーツから特別版として発売されたのが、
2017 4年ぶりリーグ制覇&日本一楽天V進撃という本である。

その後楽天は故障者が相次ぎ、勢いをくしていく。故障者が戻ってきた後も得点が大幅ダウン8月15日西武17失点で負けた後、糸が切れたように負け続け、6連敗のあと1勝を挟むもさらに5連敗。14日に首位だったはずが翌週の27日には9.5ゲーム差をつけられてしまう。

楽天は屋外球場なため中止が多く、そのため試合数が他のチームより多く残っているが果たして・・・・

関連タグ

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/i/az4817254130
ページ番号: 1027956 リビジョン番号: 2518648
初版作成日: 09/01/19 21:13 ◆ 最終更新日: 17/08/27 21:23
編集内容についての説明/コメント: 2017 楽天
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Vやねん!タイガース (日刊スポーツグラフ)について語るスレ

318 : ななしのよっしん :2017/06/08(木) 08:36:54 ID: j5AG39IfzA
縁起物が不幸をもたらしかねない出版業界こわい
319 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 20:45:15 ID: To/5LUKZam
他の色んな所でも話題を盛り上げようとすると勝てなくなるのは、出版社と言うより「マスゴミ」全般の取材のせいだろうね。
320 : 293 :2017/07/01(土) 02:36:59 ID: spBQJnidHT
>>316
特集されてから阪神の成績
5勝12敗
321 : ななしのよっしん :2017/07/15(土) 13:14:50 ID: fGQ/3t/U0A
ふむ・・・
http://www.sanspo-eshop.com/product/2429/
322 : ななしのよっしん :2017/07/15(土) 18:54:28 ID: DlM4GI1kL3
親会社の阪神電鉄戦前にVやねんやらかした
323 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 21:25:40 ID: IR6RFX0Dd8
あっ…
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170714/gol17071419290002-n1.html
324 : ななしのよっしん :2017/08/29(火) 17:54:25 ID: kbs/fxyvUe
>>323
楽天がやべーことになってると思ったら……
325 : ななしのよっしん :2017/09/16(土) 20:30:18 ID: tMNt/xSRYo
スポーツ記者野球賭博やっていて、負けて欲しい球団のVやねん雑誌を出している可能性が微レ存…?
326 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 20:30:48 ID: 2Zn+v1gZ/r
阪神ファン最大のトラウマって一体いくつ最大のトラウマのストックあるんですかねえ…?
327 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 19:42:51 ID: BhN6LTzmLC
今年の場所の豪栄道、11日の段階での差3つだった日馬富士千秋楽の本割で敗れ、優勝決定戦でも敗れて優勝を逃す。
の差3つからの逆転優勝」は15日制になってからは初の出来事で、豪栄道のV脱は歴史事となった。

11日
豪栄道10勝1敗、日馬富士7勝4敗
13日
豪栄道10勝3敗、日馬富士9勝4敗

千秋楽本割
豪栄道(11勝4敗) - ○ 日馬富士(11勝4敗)
優勝決定戦
日馬富士 ○ - 豪栄道
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829