ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


νガンダム


ヨミ: ニューガンダム
掲示板をミル!
472カキコ!

RX-93νガンダム

RX-93 νガンダムとは、

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する地球連邦軍のニュータイプ専用試作モビルスーツ

アムロ・レイ宇宙世紀(U.C.)ガンダムシリーズでの歴史上において最後に搭乗した機体であり、シャア・アズナブルサザビー闘を繰り広げた。

名前の由来は「シャアえる」という意味合いを込めた「Hi-Sガンダム」がボツ案になった際に、仮称であった「NEWガンダム」の「NEW」の部分をギリシャ文字に置き換えたもの。
ちなみにこの名前がボツになったのは、シャアのイニシャルはSではなくCであるため。Hi-Sガンダムという機体名はHi-νガンダム及びSガンダムに再利用されている。


概要


ν GUNDAM
νガンダム
RX-93
頭頂高 22.0m
重量 27.9(本体) / 63.0t(全備)

2,980kw
97,800kg
搭乗者 アムロ・レイ
装甲 ガンダリウム合
特殊 サイコフレーム
武器

■im2080925(静画)

ネオジオンの総帥シャア・アズナブルが起こした「シャアの反乱」に対抗すべく、ロンド・ベル隊のMS部隊隊長であるアムロ・レイが専用機として自ら設計した機体。

TMSの変形機構や大出ビームなどグリプス戦役~第1次ネオジオン戦役において多く見られた機構・装備は採用されておらず、武装はサイコミュ兵器を除くとビームライフルハイパーバズーカビームサーベルなどといった極めてオーソドックスなものを採用している。

これはアムロMSを純な“歩兵としての”機動兵器であると考えていたためであり、当機はRX-78ガンダムコンセプトを受け継ぐ正当な後継機といえる。

戦乱が長期化した場合に備えて、各パーツ連邦軍規格品を採用し、整備性や運用効率も意識して設計されている。過去の開発データをふんだんに取り入れつつも、運動性・追従性を追求したシンプルな構造は機体の軽量化・堅性・内部構造の余裕の確保に寄与し、本来相反する「専用機のハイスペック」と「量産機の信頼性」を両立させている。

アムロ・レイMSパイロットとしての技量も相まって戦略上の兵器として見た場合「究極のガンダム」と言っても過言ではない。

フィン・ファンネル

νガンダムの特徴的な武装として挙げられる物は、地球連邦軍のガンダムタイプMSとしては初のサイコミュ兵器であるフィン・ファンネルだろう。
従来のファンネルとは発想を正反対とし、大化によって火力や稼働時間の大幅な増大を図っている。
また、複数のファンネル同士の間に場を展開する事で、あたかもIフィールドの様なビームリアる事が可であり、攻防一体のを持つ兵器である。

欠点として機体が急ごしらえのため、一度射出したフィン・ファンネルは回収できない(Hi-νガンダムでは再チャージ可になっている)。

開発の経緯

ロンド・ベル隊に配属された直後から、アムロガンダムタイプMSの配備を希望していた。これは設立直後のロンド・ベル隊が十分な戦を備えておらず、ネオジオン残党に対して遅れを取ることも多かったことに起因している。
当初はZガンダムの配備を要請していたが、ニュータイプガンダムの組み合わせを危険視する地球連邦軍上層部からなかなか許可が下りず、業を煮やしたアムロZガンダムフレームコピーした簡易生産であるRGZ-91リ・ガズィを強引に制作し、配備にこぎつける有様であった。

※そのリ・ガズィも、性的にはネオジオンのニュータイプ専用機と戦うには少々分が悪いと考えられており、後継機の開発が待ち望まれていた。

そんな中、シャアネオジオンを結成し、本格的な行動を起こした事に危機感を覚えた連邦政府タカジョンバウアー議員の後押しによって配備が認められたのが、最新鋭機RX-93 νガンダムである。

機体の組立てはアナハイムエレクトロニクスのフォンブラウン工場にて行われ、僅か3ヶという突貫工事で完成
さらに事態の急変によって納期を10日も繰り上げられたため、配備時は調整が不十分な状態であり、一部の武装も未完成だった。

劇中での活躍

この機体を手に入れたアムロネオジオン軍のギュネイの乗るヤクト・ドーガクエスの乗るαアジールなどを圧倒し、シャアサザビー相手にも優位に戦いを推し進め、最終的にサザビーを撃墜している。
その後サイコフレームからのによってアクシズを押し返した後、機体ともどもアムロは消息不明になった。

武装


量産型νガンダム


メカニックデザイン企画M-MSV」に登場。
シャアの反乱」が長期化する可性を考慮し、ジェガン以上の性を持つMSとして設計されたが、戦乱の期終結によって白紙に終わった。オプション(選択式)にフィン・ファンネルインコムが予定されている。

生産数は不明だがインコム装備のテスト中と思われる実機が確認できる事から、計画のみの存在ではいようだ。

→詳細は「量産型νガンダム」を参照。


ガンダムGファースト


公式外伝機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン」に登場。

量産型νガンダムの設計データを転用したMS。「ジェネレーターを搭載したバック・ウェポンシステムによるνガンダムの拡プラン」において技術検証機として製造された。GFタンクBWモード合体する事で「ガンダムGファーストDX」という形態になり、性が飛躍的に向上してある物の機が解放される。

→詳細は「ガンダムGファースト」を参照。


νガンダム ヘビー・ウェポン・システム装備型


CCA-MSV」に登場。略称は「HWS」。
νガンダムに追加装甲と追加武装を取り付けた形態である。言わばフルアーマーガンダムのνガンダム版。

高い機動性はそのままに追加装甲で防御も向上し、新たな追加武装として、肩部ミサイルランチャーハイパーメガライフルの二つを装備した他、メガ粒子砲を2門備え付けたしたハイメガシールドを従来のシールドに重ねて装備している。一説には胸部にIフィールド発生装置の取り付けも予定されていた。

歴代ガンダムにも見られた強化が施されたνガンダムといった趣ではあるが、 HGUC1/144「νガンダムHWS装備」のインストによれば、往年のフルアーマー機体にはない様々な実験的な武装の搭載が計画されていたようであり、肩部ミサイルランチャーのサイコミュ化内部のフルサイコフレーム化プランに挙がっていた。
上述のIフィールド発生装置の搭載も、その計画の一つであった。
これら全ては机上のプランのまま立ち消えたとされていたが(シャアの反乱の期終結、専属パイロットアムロ・レイ行方不明になったのも原因か)、研究課題として残存し、後の時代のガンダムに成果として実を結ぶに至った。

なお、この機体にあるハイパーメガライフルに酷似した武装を持ち、 設計思想までも受け継いだ真っ白い機体が、
シャアの反乱後に起きた事件で確認されている。

スーパーロボット大戦シリーズ」においても隠しユニットとして登場する事が多い。


νガンダム ダブル・フィン・ファンネル装備型


■im3711445(静画)

初出は旧キット「1/144 νガンダム フィン・ファンネル装備インスト。その後「CCA-MSV」に分類された。

バックパック部分のビームサーベルの格納ラックを取り外し、フィン・ファンネルを装着、ビームサーベルバックパックのサイドに増設。左右に3基ずつフィンファンネルを装着したνガンダム本来の姿と言えるMSである。
因みに、本バリエーションも設定上ではHWSを装着する事が可とされている。

漫画ガンダムReon」ではνガンダムの仕様と思われる機体が左右に6基ずつ、計12基装備している。
近年の設定資料・模型誌・ゲーム作品などで登場するのはにこちらと同タイプの12基を搭載したパターンで紹介されており、こちらの仕様の方が認知度が高い。


Hi-νガンダム


■im2701664(静画)

小説機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカチルドレン」および「CCA-MSV」に登場する機体。

→詳細は「Hi-νガンダム」の項を参照。


PX-00531


漫画機動戦士ガンダム ジオンの再」に登場。雑誌掲載時はRX-00531とも記載されていた。

非公式的な存在だがνガンダムの試作機であり、近藤プロトνガンダムと呼べる存在。00531は製造番号で登場した段階ではサイコフレームは搭載されていない。
輸送中にジオン軍の襲撃に遭遇。兵士の独断で戦闘に参加しジオン軍兵士を圧倒する火力を見せる。戦闘クルツ大尉が乗る陸戦サザビーを追い詰めるも、トドメをさす直前にオーバーヒートを起こしてしまい、逆に撃破されている。
連邦ガンダム神話を忘れられず作られたという経緯のためか「時代がつくり出した愚作」と言われている。

この機体が破壊されたせいでνガンダムの開発が遅れる事になった。アムロからすると迷惑な話である。


Gコマンダー


漫画「新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集」および「新ジオンの再」に登場。番:RX-92LASMF-92S


次へ»
最終更新日: 17/09/19 00:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ