ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


あめP


ヨミ: アメピー
掲示板をミル!
14カキコ!

あめP[動]ame_P)とは、VOCALOID-PVVOCALOID曲のPV)のプロデューサーの一人である。

やわらかな線の絵と淡い、明るい色使い、PVの中でのファッションセンスのよさ、人物の美しいきに定評がある

自称「永遠の17歳」(『クローバークラブ』配布zipのreadmeより)女性。一時期「現役女子中学生」説が流れ、野郎どもワクテカさせたが、「not義務教育」(同)と、公式に否定されテカテカはとまった。

しかし今後のあめPの活躍に対する「ワクワク」は、なおも高まり続けている。

以上のように作品が好評を得ていたあめPだったが、2009年2月20日、すべての動画削除、個人ブログ閉鎖したことが分かった。動画削除の跡地には「HP閉鎖しても動画削除しないつもりだったのですが、やはりけじめとして」という一文が添えられた。各動画では突然引退を惜しむコメントが寄せられている。


これまで


現在確認できる最古の投稿は、2008年1月21日「『不思議な幸せPV完成版」。完成前のver.は既に削除されている。原曲自体がかなり大人向けの、場的な名曲である。この曲のVOCALOID-PV制作すること自体に、Pのセンスの一端が見て取れる。ややもすれば色物路線に落ちそうになりがちだが、絵の構成と見せ方で、曲の持つ奇妙な色っぽさを描き出すことに成功している。前述の色彩感覚とファッションセンスも、この頃から既にいかんなく発揮されている。

またPV中に拳銃イスラエル軍軍用拳銃 ジェリコ)が出てくるシーンがあるが、これも相当マニアックな拳銃[外部]である。アニメカウボーイビバップ』の影なのか、ご本人が本当にガンマニアであるかはわからないが、きちんとディテールを捉えた描写がなされている。この「物の特徴を捉えて描き出すの高さ」も特筆に価する。

2月6日には最初の『クローバー♣クラブ』PV[動]投稿。この段階で十分高レベル完成度ではあったが、
イントロ部分がカットされており、「カットフルver.を」という視聴者も多かった。

その期待に応えて、1ヵ半後の3月24日に「『クローバー♣クラブPV full+最終修正版」を開した。視聴者の大多数は、「旧ver.にイントロ部分の作画をしたものを繋げたものだろう」と思い込んでいたが、そうではなく全体に手を入れてきた。追加シーン論、前回と同じように見えるシーンの絵にも、微細な修正が加えられた。この動画に使用された絵は全部で438枚にも及ぶ。(なお、5月2日にはpvの一部を使用した料理動画[動]がUPされた。)また動画ループ視聴に対応する形になっているので、ぜひ一度ループさせてみることをお奨めする。

4月13日鏡音リン・レンオリジナル曲下克上PV Short ver.を発表。(現在は自削除
5月26日には鏡音リン・レン『下剋上』2/3完成版+おまけ[動]投稿され、おまけではPV中に出てくるパイプの解説で「パイあめ」「妖怪けむり」と発言している。(「パイあめ」「妖怪けむり」を知っている辺りで、昭和空気で育った人物のようにも見える。 )

7月28日鏡音リン・レン「下上」PV(完成版)を開した。この動画に使用された絵は全部で786枚に及び、
今までのPVよりも絵画枚数が多い上、構成・色彩設計のレベルが上がっており、新しい「日本」の絵も登場。なおかつ細かく絵が動く。


制作PVと原曲


不思議な幸せ


■sm1636933[ニコ動]

■sm2092774[ニコ動]

クローバークラブ

■sm1937053[ニコ動]
■sm2766452[ニコ動]
 

■sm2871474[ニコ動]
■sm4103924[ニコ動]


関連項目



関連リンク



最終更新日: 09/02/21 01:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ