ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


うちはイタチ


ヨミ: ウチハイタチ
掲示板をミル!
440カキコ!

うちはイタチとは、漫画NARUTO』に登場する架キャラクターである。

CV - 石川英郎


概要


うちは一族の1人で、うちはフガクの長男うちはサスケである。
サスケが幼い頃に、里のサスケ以外のうちは一族を皆殺しにして里を抜け姿を消した。
その後はの一員となり、尾収獲の為に暗躍する。
同じの一員である干柿鬼鮫とはツーマンセルを組んでおり、共に行動することが多い。

うちは一族に伝わる血継限界の瞳術「写輪眼」、さらには一族でも開眼するのは極希と言われる「万華鏡写輪眼」をも使いこなす。
体術・手裏剣術術・幻術とあらゆるスキルで高い準を誇る一流の

イタチであるサスケは、家族と一族のを討つためイタチへの復讐に燃えていた。
仲間を裏切り木の葉の里を抜け、大蛇丸の下でを得たサスケは、ついにイタチを倒し復讐を果たす。
だが復讐を果たした直後、サスケうちはマダラから、イタチ真実を聞かされる。
犠牲になったのは木の葉やうちはではなく、イタチ自身だった。

うちはイタチは犠牲になったのだ・・・


真実と過去


※ 以下、ネタバレにつき読みたい人は反転

イタチが犯した罪の真実は、イタチ自身が当初サスケって聞かせたものとは全く異なるものであった。

九尾襲撃事件から始まるうちは一族への迫に耐えかね、うちは一族の中でクーデターを計画する者が現れ始めていたため、里の上層部ではうちは一族の粛清を唱えるが挙がっていた。
うちは一族は暗部に所属するイタチを里に対するスパイとして選び、クーデターの雰囲気に気づいていた里上層部は同じくイタチをうちは一族に対するスパイとして選ぶ。結果、二重スパイ状態になりイタチは苦悩する。

そんな苦悩の日々が続いた中、シスイの件が発覚し、イタチっ先に嫌疑をかけられる。何とかその場はいだものの、罵倒に対して反射的に手を出してしまった事、土下座した後も辛辣な言葉をぶつけられた事から、自分以外のうちは一族の傲慢さに絶望してしまった。

どんどん深まっていく里とうちはの間の溝のため、ダンゾウを始めとした里上層部のタカはついにうちは一族を滅ぼす事を決定。その実行をうちはの人間でもあるイタチに命じる。
イタチはこの時点でうちはとの対立問題について何ら結果を出せていなかったヒルゼンらハトを信用できなくなっていた事、上述のうちはに対する絶望、シスイに教わった「里のための自己犠牲」と言うの生き様に加え、ダンゾウより交換条件として「サスケだけは見逃せる」と提示された事により、うちは一族ではなく里につく事を決意。

こうしてうちは一族の皆殺しは実行された。

一人残されるサスケに対しては、私欲によって非に及んだ悪を演じてを騙り、万華鏡開眼しろと言い残して姿を消した。
これは、自分が一族殺を図った本当の理由が知られてしまうと里を守る事にならないと考えた事もあったが、何よりたった一人残される事になるサスケに、んだものであっても生きる的を与えるためのである。

先述の、親友であるうちはシスイを殺して万華鏡開眼した事については、事実である。
ただしそれもサスケなどが当初想像していたものとは全く違い、ダンゾウがシスイの右を奪う事件が発生した時点でシスイによりもはや助からない身体になっていた事、残る左が奪われる事態を防ぐ必要があったことから、シスイイタチに後を託す事を既に決意していた。
この時に万華鏡開眼条件をイタチに伝えた上で、自ら「を殺して万華鏡開眼しろ」とイタチに要請。シスイの意をんだイタチはシスイに突き落として殺、シスイの望み通りに万華鏡開眼したのである。


関連項目



最終更新日: 17/08/16 19:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ