ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


うみのイルカ


ヨミ: ウミノイルカ
掲示板をミル!
35カキコ!

うみのイルカとは、、漫画NARUTO』に登場する木ノ葉のキャラクターである。
CV関俊彦


概要


木ノ葉の里忍者学校アカデミー)の教師。鼻に横一文字傷跡がある。

教師以外にも雑務を兼任している。一人称は、「オレ」で、ナルトからは「イルカ先生」と呼ばれている。ナルトにとっては自分自身の存在を認めてくれた初めての相手であり、ナルトの数少ない良き理解者として物語の最序盤から寄り添い、見守り続けた。性格は基本的に明るく男らしいが、ナルトの「おいろけの術」には反応して鼻血を流すというスケベな部分も覗かせている。

かつて木ノ葉を襲った九尾との戦いで両親を喪い、孤独な心を隠して明るく振舞い続ける辛い幼少時代を送ってきた。このときそれを見かねた三代目火影から直接「火の意志」を伝授される。そのため、九尾の人柱であるナルトに対しては複雑な思いを抱いており、根は優しいもののやや厳しい態度で接する傾向があった。
その後、禁術の巻物の盗難騒動を経て自分と同じく涯孤独の身であったナルトの心情を深く理解し、九尾ではなく「一人の人間」としてナルトを受け入れ、影分身の術を成功させたナルトを一人前の忍者と認めて卒業祝いに自分の額あてを送った。

試験の際には自らナルト達の監視役を志願するなど、ナルトに対しては実の家族のように思い入れがある。また、ナルトにとっても父親的な存在後年ナルト結婚式ではナルト側のとして出席している(映画「THE LAST」、外伝「木の葉秘伝」より)。で、ナルトが一人落ち込んでいた時には度々助言をしている。
イン襲来から木ノ葉隠れの里を守ったナルトが、かつて忌み嫌われていた里の・住人たちから「里の英雄」と称えられているの当たりにし、感極まり涙を流していた。

第四次界大戦の際には、戦争の渦中に向かおうとするナルトを止めようとするも、ナルトの強い意志の前に失敗このときナルト手紙ばせており、「絶対に生きて帰って来い!!!」と励を贈っている。その際、キラービーの言葉から今もナルトの心の深くに自分の存在があることを知り、感動していた。

最終話ではナルト息子ボルトがイタズラしている様子を眺めて、かつてのナルトを思い出すかのように感慨を覚えていた。また、が自分に構ってもらいたいが故にイタズラをするボルトの行動に理解を示し、「彼もいつかわかってくれる」と木ノ葉丸に諭すなどボルトに対し孫に対する祖のような立場になっている。
カカシ先生より年下なのに老けすぎだってばよ・・・

本編立つ任務に出ることがないため出番は少ないが、上記のナルトに対する言動からも分かる通り、その慈あふれる人柄と優しさゆえに根強く熱ファンが数多く、人気投票でもメインキャラ達と肩を並べるほどである。疾風伝では、ナルトと出会ったばかりの時期についてもられている。


関連動画



■1436171547[ニコ動]

■sm25606714[ニコ動]


関連商品


■az4088728408
■az4087033600

■azB00007DXTF
■azB004HGYJYG


関連コミュニティ


■co3168


関連項目



最終更新日: 16/02/22 20:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ