ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


お笑いマンガ道場


ヨミ: オワライマンガドウジョウ
掲示板をミル!
6カキコ!

お笑いマンガ道場とは、1976年から1994年まで中京テレビCTV)で制作されたバラエティ番組である。最初の1年のみは中地区ローカルであったが、後に日本テレビ系列など全ネットされた。放送時間が地域によってバラバラながらも、全的に知られた番組でもある。単に『マンガ道場』と呼ばれる事が多い。


概要


出されたお題をテーマに関連したマンガを書くというのが基本構成で、『笑点』(日本テレビ)などで知られる「大喜利」を漫画によって表現するという形式にしたものである。

番組の流れは、OP→ゲスト紹介→一回戦→二回戦→三回戦→おまけコーナー視聴者のお便りコーナー)が基本となる。

会者は当初落語家丸が担当したが、タレントで後に(元)参議院議員・柏村武昭最終回まで担当するようになる。これは、丸の会がそつがなかったためで、村に変更してからは、村独特の毒舌を駆使しながらの会ぶりが番組の人気に火を付けるようになる。

また、プロ漫画家である鈴木義司富永一朗バトルも名物であった。鈴木富永を揶揄する時は、オバケナマコ&こじきの格好、富永鈴木を揶揄する時には、土管から首を出したこじきは番組の名物であり、その絵が出る時点で爆笑となった。なお、富永鈴木の仲は良好で漫画家になってから苦楽を共にした仲間で、鈴木富永に対して番組参加を呼びかけたほどでもある。またお約束ネタとしては、鈴木が気前のいい持ち、富永おっぱい、二コママンガも番組のお約束でもあった。

富永一朗の他に、初回から最終回までレギュラーだったのが、車だん吉である。当初からプロ並みの絵のレベルが高く、後に鈴木富永推薦プロ漫画家となる。

女性レギュラーは、4回変更となっている。初代はモデルのエバ、二代タレントひとみ三代目タレント女優川島なお美四代目タレント森山祐子(現・森山ゆうこ)で、特に川島なお美は一番長レギュラーを担当している。


番組の終焉


1993年4月日本テレビ系列において長らくローカル編成であった土曜夕方18時台後半が全ネットの放送へと切り替えとなり、「モグモグGOMBO!」が始まった。この時間帯で「お笑いマンガ道場」を放送していた中京テレビは放送時間を変更せざるを得なくなり、日曜日午前11時に移動をさせた。しかし、これによって急速に視聴率が低下。翌1994年3月で18年間続いた「お笑いマンガ道場」は終了に追い込まれた。

番組終了半年後、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)の初期の人気コントコーナー結婚前提戦士ラブラブファイヤー」で一度だけ番組が再現された。ゲスト回答者の役回りとなった松本人志が「あらかじめフリップに描かれたみかんを使って漫画を描け」というお題に、「果物屋の店先のみかん」というみかんをひねらず使った答えを出し、富永一朗松本の発想に感銘を受けた。
この再現企画は、松本人志自身が素人時代に「マンガ道場」へ投稿した経験も持っているほどの大ファンであったため実現したものだと言われている。 


放送時間・ネット状況



関連動画



■sm2477372[ニコ動]

■sm5982334[ニコ動]


関連商品


■azB000J8BWSC
■azB002TK1VOS


関連項目



最終更新日: 18/09/08 15:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社