ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


お金


ヨミ: オカネ
掲示板をミル!
295カキコ!

お金(通貨、貨幣)とは、財やサービスとの交換に使われる物体及びその概念である。
 


概要


壱万円札お金とは、人間社会において、必要な財・サービスを手に入れるために使われる物体及びその概念である。また、「価値の尺度」「交換の媒介」「価値の保蔵」の機を持つ。

お金は浪漫ともいえる。人が生きていく上で重要な要素の一つでもあり、命そのものとする人もいる。人間が一生を懸けて追いめていく存在、それがお金なのだ・・・とか、お金とは、現在世界において最も大きな閥の宗教および、その神様の名前である・・・という感覚は、デフレが続いて通貨価値が高まったときにもが感じるだろう。

お金とは、的をえるための手段に過ぎない。お金だけ持っていてもしょうがない・・・という感覚は、インフレが続いて通貨価値が減っていくときにもが感じるだろう。


お金そのものは単なる金属であり、大した価値はい。加えて日本のお金は不換紙幣、つまりその紙幣が示す額の塊との交換が保されていない。そんなものが、なぜかお金として流通している。そのことを説明する学説は、に2つ存在する。

政府不換紙幣の価値を保しているから、皆がその価値を「信じ込む」ことができるようになり、皆が「お金はその同額のものと交換できる」と共同幻想を抱くことができるようになる。アメリカドルが流通しているのは、アメリカ合衆国政府が価値を保してくれると信用されているからである。不換紙幣を発行する政府が価値を保してくれないと思われると、ジンバブエドルのようなパニックに陥り、最悪の場合ただの切れや金属片になってしまう・・・というのは、商品貨幣論に基づく考え方である。

政府が罰則付きの法律を制定して民に対して不換紙幣を納税するように強要しているから、皆が不換紙幣に対する価値を感じるようになる。アメリカドルが流通しているのは、アメリカ合衆国政府の徴税権が健在だからである。不換紙幣を発行する政府の徴税権が内戦などによって弱体化すると、ジンバブエドルのようなパニックに陥り、最悪の場合ただの切れや金属片になってしまう・・・というのは、国定信用貨幣論に基づく考え方である。
 


日本の現金通貨


お金といっても大別して2種類がある。通貨と、預通貨である。

日本では、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)と、政府が発行する硬貨を合わせて現通貨と呼ぶ。

通貨は中央銀行政府が発行しない限り増殖しない。民間人が勝手に増殖させたら、偽札・偽貨[外部]を作ったことになり、刑法通貨偽造の罪[外部]でとっ捕まるのである。
 

紙幣

日本紙幣日本銀行券と言い、日本銀行(日本中央銀行)が発行している。このため、どの紙幣も表面に「日本銀行」と印字してある(画像[外部])。

日本銀行は、国立印刷局[外部]発注し、紙幣を作ってもらっている。このため、どの紙幣も「国立印刷局製造」と印字してある。

日本銀行券は、日本銀行負債として計上されている(平成30年度業務概況書34ページ[外部])。つまり、日本銀行以外の存在にとって、日本銀行券資産となる。ある人の負債が、それ以外の人資産になる、という考え方は、簿記貸借対照表(バランスシート)の知識が少しでもあると理解できる。

紙幣で買い物をするということは、日本銀行負債日本銀行以外の全員にとっての資産)を譲渡して、代わりに何かを得る行為である。

日本銀行は、何か資産を受け取ったときに初めて日本銀行券を発行することができる。塊との交換を義務づけた兌換銀行券の時代は、塊という資産を受け取ったときに日本銀行券を新規発行していた。塊との交換を義務づけられていない不換銀行券が流通する現代においては、国債を受け取ったときに日本銀行券を新規発行している。国債は、政府負債であり、政府以外の存在にとっては資産となる。日本銀行資産には、大量の国債が計上されている(平成30年度業務概況書34ページ[外部])。

明治時代には、政府が発行する政府紙幣が流通していた時期があった。次第に、日本銀行が発行する銀行券が通貨の役となっていった。最初は兌換銀行券が発行され、のちに不換銀行券が発行されるようになり、現代に至っている。

紙幣については個別記事がある。

現在流通している紙幣については、個別記事がある。1000円2000円5000円10000円


[画像を見る][画像を見る][画像を見る]
日本で最も有名な三人

余談だが、日本紙幣には最新技術を駆使した偽造対策がテンコ盛りである。中には、日本企業が開発し、日本はもちろん世界紙幣に導入されているものも。世界を向けると、オーストラリアプラスチック紙幣など、によらない紙幣も存在する。
 

硬貨

日本の硬貨は、政府財務省)が発行している。このため、どの硬貨も表面に「日本国」と印字してある(画像[外部])。

財務省は、造幣局[外部]に硬貨を製造させて、できあがった硬貨を製造原価に近い額で買い取る。財務省が製造済み硬貨を日本銀行に交付して、その引き換えに政府(いつでも日本銀行券を引き出せる債権)を受け取る。これが、硬貨の発行の流れである(通貨法第4条第1項~第4項[外部]UFJ総合研究所2003年5月12日調査レポート2ページ[外部])。

交付した分だけ得た政府は、税外収入として政府の一般会計に入る。毎年度の予算の、歳入という項の、「その他収入」に入る(平成31年度予算[外部])。

硬貨の額面額と製造原価をまとめた表は以下の通り(このサイト[外部]を資料とした)。

額面 製造原価 通貨発行益
1円 約2円 1円
5円 約7円 -2円
10円 10円 0円
50円 約20円 30
100円 25 75
500円 30 470

 
昭和61年には、昭和天皇御在位60年記念10万円金貨[外部]を発行した。このときの製造原価は約4万円なので、通貨発行益は6万円となった。このように、政府が高額な硬貨を発行すると、その分だけ政府の税外収入が増えて、政府通貨発行益(シニョリッジ)[外部]となる。

硬貨は、政府が発行するもので、発行した分だけ得られた日本銀行券が税外収入となり政府資産となる。このため、政府紙幣とよく似た存在である。


現在流通している硬貨については、個別記事がある。1円5円10円50円100円500円
 


日本の預金通貨


現代社会において上記のような現通貨(紙幣、硬貨)は、もはや「お金」の一部でしかなくなっているのが現実である。現在のお金の大部分は通貨と呼ばれるものが占めている。

通貨は、銀行の預のことである(本項では預貯金取扱金融機関[外部]をすべて「銀行」と呼ぶことにする)。

銀行は、銀行の手によって勝手に増殖させることができる。増殖させてもお巡りさんにしょっ引かれることがない。銀行の貸出によって、貸し出した分だけ銀行が増えていく。これを信用創造(預金創造)という。

銀行が融資をすると、その間、世の中の銀行の総量が一気に増える。銀行から融資を受けた人が返済するたびに、世の中の銀行の総量が少しずつ減っていく。このように、銀行の総量は貸し出しによって増えて、返済によって減り、経済調子に伴ってダイナミックに変動する。好気になると貸し出しが増えて銀行の総量が増え、不気になると貸し出しが減って銀行の総量が減る。
 


マネタリーベースとマネーストック


経済論議では、マネタリーベースベースマネーハイパワードマネー)とかマネーストックマネーサプライ)といった用が出てくる。

マネタリーベースは、中央銀行民間に向けて発行したお金の総量である。中に流通する現通貨と、日銀当座預金民間機関が現通貨を日銀に預けたときに発生する預)を合計した数値である。

マネーストックは、融部門から離れて経済全体に供給されたお金の総量である。マネーストックの多くを占めるのが、預通貨である。


だから、マネタリーベース=現通貨マネーストック=預通貨、と考えておけば、だいたい合ってる
 


国債


国債というのは、通貨建て国債と他通貨建て国債に2分される。2020年現在日本国政府が発行している国債は、その全てが通貨建て国債である。

通貨建て国債は、お金に非常によく似た存在である。

政府国債を発行して民間銀行に買わせた上で、得られた政府を担保にして小切手を発行しつつ共事業に使うたび、その国債と同じ額だけ、民間銀行銀行が増える(国債の記事で解説されている)。10兆円の国債を発行して銀行に保有させたら、10兆円分だけ民間銀行銀行が増えるのである。

国債政府債務なのだが、満期になる前に日銀民間銀行から買い取ることができる(買いオペレーション)。日銀が保有している国債について、政府は元本や利子の支払いを考えなくてよい。なぜなら、日銀に対して政府55出資しており、日銀政府子会社だからである。また、日銀政府の意向に逆らうことができない(日銀法第4条、第8条[外部])。

政府国債を発行して民間銀行銀行を増やし、日銀が通貨発行権を行使して国債を買い取り政府の返済義務を事実上消滅させる。こうした姿を見ると、「国債=お金」という印が強くなるだろう。


ちなみに政府は、「利子・返済期限期限の永久国債」というものを発行することができる。もちろん、そんなものを買う民間銀行はいない。国会の議決を受けた上で、日銀が引き受けるしかない(中央銀行の国債直接引き受け)。そうなったら政府政府をまるごとタダで手にしたようなものである。タダで手にした政府を担保にして小切手を発行しつつ共事業に使えば、またしても民間銀行銀行が増える。

利子・返済期限期限の永久国債」というのは、紙幣と非常によく似ている。紙幣というのは日本銀行にとって債務だが、利子は付かないし、元本の返還義務はない。
 


簿記で出てくる用語 フローとストック


簿記世界では、フローストックといった用が出てくる。いずれも、お金の単位を使って計算される。

フローは、ある期間での財務状況を構成する要因のことをいう。支出・収入、消費・生産などがフローとされる。フローを示す財務諸表の代表例は、損益計算書である。

ストックは、ある時点での財務状況を構成する要因のことをいう。資産債務ストックとされる。ストックを示す財務諸表の代表例は、貸借対照表バランスシート)である。
 


インフレーションとデフレーション


お金の価値が下がって物価が上昇していくことをインフレーションという。

お金の価値が高まって物価が下落していくことデフレーションという。
 


法律や学界における呼び方


日本国内で販売されている辞書において、「お金(銭)」と「通貨」と「貨幣」は同一の意味を持つ言葉だと説明されていることが多い(辞書例1[外部]辞書例2[外部]辞書例3[外部])。

ところが、法律や学界では、それらの言葉を区別するようにしている。
 

通貨法や日銀法や刑法


次へ»
最終更新日: 20/03/01 19:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ