ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


きららファンタジア


ヨミ: キララファンタジア
掲示板をミル!
2863カキコ!

かわいい日常と、はるかな冒険と。

きららファンタジアとは、2017年12月11日よりiOSおよびAndroidで配信中のスマホ向けRPGである。


概要


まんがタイムきらら」系列の人気キャラクター達が大集合するRPG2017年6月25日に開催された「まんがタイムきららフェスタ」にて発表された。

略称は「きらファン」。


ストーリー


わたしたちの過ごした日々は、
世界を癒す物語になる。

豊かな自然に満ちた幻想的な世界――『エトワリア

世界の中心には言の葉のがそびえ立ち、
その上に浮かぶ殿から、心優しい女神ソラなる世界を治めていた。
その恩恵を受けて、人びとはあたたかく、しあわせな暮らしを送っていた。

――しかし、その平和は突如として崩れ去ることとなる。

ある者によって、女神ソラはそのを封印されてしまったのだ。
その者の名は筆頭アルシーヴ。
女神ソラの右腕だったはずの彼女の謀略により、エトワリア平和は乱されようとしていた。

この世界危機に、立ち上がった1人と1匹。

殿に務めていたランプマッチ女神を救う方法をめて、に出る。
そして、長い路の果てに辺の村で、とある不思議なを持つ少女――きららと出会う。
なんと彼女は、「まんがタイムきらら」のキャラクターたちに呼び掛け、彼女たちを召喚する伝説魔法コール』を使える召喚士だったのだ。

――わたしたちと一緒に世界を救ってくれませんか?

ランプの願いを聞いたきららは、共にアルシーヴを止める決意をする。
世界平和を取り戻すため、少女たちの冒険がいま、始まる。

World | きららファンタジア 公式サイト[外部]」より引用


シナリオ


シナリオ関係について、シナリオに関わるきららキャラ原作作家の監修が行われていることが、2018年11月開催の「まんがタイムきらら展」のきらファンコーナーで解説されている。


メインシナリオ


クエスト画面の「メインクエスト」から行ける、まんがタイムきららキャラクター達と、きららを始めとしたゲームオリジナルキャラクター達が織り成す、世界を救うためのはるかな冒険。
2019年8月現在プロローグおよび1〜8章、外伝がある。

2018年12月以降、プロローグや第1章から順次フルボイス対応された。クロモンやモブ村人など、元からボイスが設定されてないキャラボイス対応されていない


イベントシナリオ


10〜14日間開催されているイベントを進めることで読める。
基本的なイベント形式としては、収集クエストイベント素材を集め、トレードショップで各種アイテムと交換する形式である。というよりイベント形式はだいたいこれ。
収集クエストイベントミッションで手に入るクエスト挑戦アイテム(挑戦券)を使用してプレイする「強敵クエスト」や「乱戦クエスト」ではよりイベント素材が入手でき、場合によっては高難易度の「極クエスト」やより高難易度の「高難易度クエスト」もある。

頻度は少ないが、所謂BOXガチャ形式でアイテムを入手するものや、ユーザー総出でポイントを稼ぎ、その総計獲得ポイントで追加報酬がもらえる形式もある。

イベントシナリオの内容としてはおおまかに、新たに参戦する作品のキャラクター中心のシナリオ、2つ以上の作品を中心に繰り広げられるイベント公式ではクロスイベントと呼んでいる)、クリスマスバレンタイン水着などの季節モノイベントがある。


キャラクターシナリオ


図書館画面の「物語ふりかえり」→「キャラシナリオ」から読める、「まんがタイムきらら」のキャラクターたちが過ごす日々を描いたエピソード

キャラクターごとの「なかよし度」を上げることで読めることができ、きららと対キャラ+αの交流が見れるシングルシナリオ、作品の垣根を越えたキャラクター間の交流が見れるクロスシナリオがある。
シングルシナリオは1キャラクターに2種あるが、クロスシナリオについては異なる作品のキャラ同士の掛け合いになる都合上、解釈の齬がないか気を遣うためなのか、キャラによってまばらである(クロスシナリオは不定期ではあるが追加されている)。


メモリアルシナリオ


クエスト画面の「メモリアルクエスト」から行ける、レアリティ5が存在する特定キャラクター軸とした特別な物語全編フルボイスでお送りされる。こちらもクロモンやモブ村人など(ry

一度にシナリオを全部読めるわけではなく、対キャラ5を召喚する→そのキャラ進化させる→そこからLV100にすることで入手できるその5キャラ専用ぶきを強化・進化させていって順次解放される。


作家シナリオ


クエスト画面の「作家クエスト」から行ける、きらら作家プロデュースクエストを進めて読めるシナリオ。このシナリオは、監修の立場だったきらら作家プロットからシナリオを手掛けている。場合によってはクエストで登場する敵も手掛けていたり、作家描きおろしの4コマも交えながらストーリーが進められたりする。

ストーリークエストを最後まで進めるとイベントクエストと同じく収集クエスト強敵クエスト・極クエストが解放される。収集クエストで低確率ドロップするクエスト挑戦アイテムを使用して挑む強敵クエストでは、低確率で希少素材の「エトワリウムのかけら」がドロップする。確率×低確率なので最終的な入手率はお察しください

2019年11月現在、以下の作品の作家クエストプレイできる。公式サイトでは、きらら作家シナリオ制作にあたる開発裏話なども聞けるインタビュー開されている。


バトル


味方キャラクター3人と敵キャラクター最大3体(Wave毎)で行う。味方はサポート2人・フレンド1人と交代可キャラクター編成画面では各キャラにつき1種のぶきを装備でき、戦闘中にはぶきに応じたスキルを使用できる。

ゲームは「タイムラインバトルシステム」を採用しており、画面中央よりやや下に位置するバーの一番右端に位置するアイコンキャラクターから行動する。
通常攻撃やクラススキル、ぶきスキルを使用して行動したキャラクターアイコンバーの左へと移動し、再び右端に位置するまで行動できない。使用したスキルによってバーの移動位置が異なり、左へ行けば行くほど次の行動が遅れてしまうため、味方や敵の行動順や、どの場面でどのスキルを出すかなど、先を見据えた判断が重要となる。


とっておき


画面下部には「とっておきゲージ」というゲージがあり、一定量溜まるとり(最大3つ)、を1つ分消費してそのキャラクターならではの「とっておき」が発動することができる。発動には時間がかかる分大ダメージを与えられたりと強が複数溜まっていれば、タイムライン上で隣接した味方と連続してとっておきを使え、2番手以降のとっておきの効果も大きくなる。

とっておきの内容について、3キャラクラス共通のモーションであるが、4以上のキャラはそのキャラ固有のとっておき演出で行われる。固有の内容は原作エピソードに因んだものが多く、

など正統なものもあれば、

などいやそうはならんやろやや奇なものまで多種多様。


キャラクターの育成


経験値を与える強化素材(種や新芽など)や、レベル上限を+5する限界突破素材を使用してキャラクターを成長させていく。強化素材は後述する曜日クエストなどで、限界突破素材は所持済みのキャラが召喚でダブったときやイベントなどで入手できる。

限界突破素材レアリティ毎(3:つぼみ4:果実、5:結晶)かつクラス毎に種類がある(例えば「まほうつかいの果実」なら4のまほうつかいにのみ使用できる)。また、結晶はクラス毎の他にも、作品毎に使用できるコンテンツ結晶(例えば「ひだまりスケッチ結晶」は、5のひだまりスケッチキャラにのみ使用できる)や、すべての5に使用できる名の結晶石(課金アイテムの「キャラ強化支援パスポート」から入手できる)がある。特に結晶はイベントで入手できるコンテンツ結晶がメインとなるので、育てているキャラに対応したコンテンツ結晶が報酬にあるイベントは忘れずにプレイしておきたい。

キャラクターにはクラススキル2種と「とっておき」があり、これらにもレベルが設定されている。バトルでそのスキルの使用を重ねていくとレベルが上がり、スキル再使用までのターン数減少やとっておき効果の増加などの恩恵を受けられる。(ちなみにこれらスキル名ととっておき名は原作中のセリフであることがほとんどなので、原作を見て元ネタを探すのも一。)


進化


レベル70(5)または604)になったキャラは、進化素材を使うことで進化できる。進化させたキャライラストポーズSDキャラ外見・とっておき演出が一部代わり、レベル上限が+10される。限界突破素材も再び使用でき、最大でレベル1005)または904)まで成長する。

なお、進化させたキャラ進化前の外見やとっておき演出に戻すことはできないステータス画面で進化前のイラストを見ることは可)ので注意。


専用ぶき


一部の5キャラレベル100になった際、本人専用のぶきを入手できる。基本的に専用ぶきの意は、その5キャライラストに描かれているものとなっている。ぶきスキル普通に手に入るぶきのそれとは強になっている。

専用ぶきはぶきレベル及びスキルレベルを一定値まで上げ切る毎に進化できるようになる。進化にはイベント報酬や課金アイテムの「専用ぶき強化支援パスポート」で入手できる希少素材「エトワリウム」が複数必須となり、最大で4回進化させることができる。


次へ»
最終更新日: 20/02/02 15:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ