ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


このミステリーがすごい!


ヨミ: コノミステリーガスゴイ
掲示板をミル!
7カキコ!

このミステリーがすごい!とは、毎年12月宝島社から出版される、ミステリー小説の年間ランキングメインとしたムック本である。「このミス」とも。

以前の表にはギャグジョーク)が盛り込まれていることが多かったが、2007年版頃からはシンプルイラストになり、さらに2010年版からはキャラクター「ニャームズ」のイラストになっている。

2002年からは新人賞として「このミステリーがすごい!」大賞も設立されているが、ムック自体とは直接の関係はない。


概要


1988年12月に発行された「このミステリーがすごい! ミステリー者が選んだベストテン'88」から始まり、30年以上にわたって出版されている人気ムックである。

年間ミステリーランキング企画は、それに先んじて文藝春秋社の週刊誌週刊文春」が1977年から毎年行っていたが、そちらの投票者が日本推理作家協会会員だったためか、江戸川乱歩賞などの新人賞作品がほぼ条件で上位に来るなど権威義的であるという批判があり実際のところは権威義というよりは構造的な問題だったと思われる。日本推理作家協会は基本的に小説家が中心の作家団体であり、小説家で年間の新刊ミステリーを網羅的に読んでいる者はほとんどいない(忙しくてそんな暇はないから)。結果、出版社から送られてくるなどして較的を通している者が多い新人賞作品が強くなるという構図。、「このミス」はそれに対するカウンターとして、「在野の読書が本当に面白いミステリーを選んでやる」的なコンセプトで始まった企画である。今ではこのミス自体が権威と化してしまっているが……。

2冊の「'89」は1990年1月に発行された。3冊はその1年後の1991年1月に発売されたが「'91」となっており、タイトルが一年飛んでいる。刊誌の号数日付が1~2か前倒しになるのと同じで、新しさをアピールするための営業的判断だと思われる。1994年版以後は、タイトルに掲げている年の前年の12月に発行されている。

ミステリーエンターテイメント(広義のミステリー)を対にした本のランキングメイン企画にしている。ほかの企画としては作家へのインタビューや、各作家の刊行予定や構想を伺う『私の隠し玉』など(後述)。

ランキングの対は、タイトルに掲げている年の2年前の11月から前年の10月に出版された作品である(発売日ではなく付基準)。つまり2013年12月に発売された「2014年版」は、2012年11月から2013年10月までの作品を対としたランキングを掲載している。投票切が対期間の終わりからすぐの11月上旬なので、投票者も最近読んだ作品の方が印が新しく有利だろうという理屈でか、毎年9月10月にはミステリー系の話題作・注作が各社から刊行される。刊行が投票切ギリギリすぎて切までに読めないという本末転倒に遭う作品もある。

書評読書に関係したグループ大学ミステリ研究会など)にランキングが依頼されるが、投票の集計によって決まることと対作が広義のミステリー謎解き重視の本格に限らず、冒険小説ハードボイルドサスペンスノワールクライノベルなどを含む。これらの要素を含むホラーSF時代小説も入ってくる)であることから最終的なランキングには多種多様な作品が入り、1位だから2位だからと画一的にれるものではない。例えば、2007年度に1位になった短編集『独白するユニバーサル横メルカトル』では底した非人的な描写が評価されているものの、ミステリーとしてはごくごく薄味(日本推理作家協会賞を受賞した表題作はミステリーだが、それ以外の収録作はミステリーとは言い難い)になっている。

過去1位を獲った作品でも現在は忘れられてしまった作品もあれば、刊行当時は20位にも入れなかったのに現在ではオールタイムベストランクインする作品もある(西澤保彦七回死んだ男』とか)。
順位は必ずしも作品の優劣を示すものではない。紹介文や投票者のコメントなどを手がかりに好みの本を探し、読書の幅を広げていくのがこの本の正しい使い方……のはず?

同じ宝島社からはムックとして『このライトノベルがすごい!』、『このマンガがすごい!』、『この文庫がすごい!』などが出版されている。


ランキング以外の企画


過去ランクインした作家エッセイとともに翌年の刊行予定や進捗などを報告する『私の隠し玉』コーナーは、ランキングと並ぶ企画。好きな作家の刊行予定をいちく知ることができる一方、本が出なくなり、年に一度このコーナーエッセイを寄せるのが生存報告になっている作家もいる。

過去の名物企画として、書評匿名で参加する「覆面座談会がある。普段の書評ではなかなか口に出来ないようなに衣着せぬ意見が飛び交い、ここだけ抜き出した本が作られるなど人気コーナーだったが、作家サイド笠井潔とか)からの強い批判も多く、99年版で一度終了。座談会コーナー自体はリニューアルして継続したが、それ以前とはほぼ別物になり、2012年版で消滅した。その後は思いだしたように復活したりしなかったりしている。

また2008年版からは毎年「このミステリーがすごい!」大賞出身作家の書き下ろし短編が掲載されていたが、これも『『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしBOOK』の方に徐々に移行していき、2016年版を最後に終了している。


歴代1位(国内/海外)


年度 内編 海外
1988年 船戸与一伝説なき地』 トレヴニアン『夢果つる
1989年 『私が殺した少女 トマスハリス『羊たちの沈黙
1991年 大沢在昌新宿 ウンベルト・エーコ薔薇名前
1992年 夫『行きずりの P・D・ジェイムズ『策謀と欲望
1993年 船戸与一『砂のクロニクル レジナルド・ヒルと沈黙』
1994年 高村薫マークスの山』 ミッチェル・スミス『ストーン・シティ
1995年 山口也『ミステリーズ』 スコットスミスシンプルプラン
1996年 真保裕一ホワイトアウト ミネットウォルターズ『女彫刻
1997年 周『不 ジョンダニング『死の蔵書』
1998年 桐野夏生『OUT』 R・D・ウィングフィールドフロスト日和』
1999年 高村薫レディジョーカー セオドアローザック
『フリッカー、あるいは映画の魔』
2000年 童荒太『永遠の スティーヴン・ハンター『極大射程』
2001年 泡坂妻夫奇術探偵曾我全集』 ジムトンプスン『ポップ1280』
2002年 宮部みゆき模倣犯 ボストン・テラン『弾』
2003年 横山秀夫『半落ち』 ジェレミー・ドロンフィールド飛蝗の農場』
2004年 歌野晶午
葉桜の季節に君を想うということ
サラウォーターズ『半身』
2005年 法月綸太郎生首に聞いてみろ』 サラウォーターズ『荊の
2006年 東野圭吾容疑者Xの献身 ジャック・リッチークライム・マシン
2007年 平山夢明
独白するユニバーサル横メルカトル
ローリー・リンドラモンド
『あなたに不利な拠として』
2008年 佐々木譲『警官の血』 ジェフリー・ディーヴァーウォッチメイカー』
2009年 伊坂幸太郎ゴールデンスランバー トム・ロブ・スミスチャイルド44
2010年 東野圭吾新参者 ドンウィンロウ
2011年 貴志祐介悪の教典 キャロル・オコンネルおしい
2012年 高野和明『ジェノサイド デイヴィッドゴードン『二流小説家
2013年 横山秀夫64 スティーヴハミルトン『解錠師』
2014年 法月綸太郎ノックスマシン スティーヴン・キング『11/22/63
2015年 米澤穂信『満願』 ピエール・ルメートル『その女アレックス
2016年 米澤穂信王とサーカス ジェフリー・ディーヴァー『スキン・コレクター
2017年 竹本健治迷宮 アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ
と踊れ』
2018年 今村屍人荘の殺人 R・D・ウィングフィールドフロスト始末』
2019年 『それまでの明日 アンソニーホロヴィッツカササギ殺人事件』
2020年 相沢沙呼『medium 霊媒探偵翡翠 アンソニーホロヴィッツメインテーマ殺人

他社の似たような企画


同種のミステリー年間ランキング企画に、概要でも触れた「週刊文春」が行っている週刊文春ミステリーベスト10」探偵小説研究会が原書房から発行している本格ミステリ・ベスト10、また早川書房の「ミステリマガジン」が行っているミステリ読みたい!」がある。「ミステリ読みたい!」のみ集計期間が1ヶ異なり、前年10月~翌年9月。他はこのミスと同じで、同時期に発表される。

概要でも触れた通り、「週刊文春」のランキングミステリー年間ランキング企画の嚆矢である。当初は日本推理作家協会会員に対するアンケートで、徐々に書評・書店員などに投票を拡大していった。組織票問題が起こったことで2006年から推理作家協会会員へのアンケートを取りやめたため、近年の結果はだいたいこのミスと似たような形になり、このミスと週刊文春1位両取りもよくあること。強いていえば書店員票が多い文の方が、ややミーハーな(既に売れている作品が較的強い)結果になる。

2008年から始まった「ミステリ読みたい!」は集計期間が1ヶ異なるため、毎年10月に出た作品は他のランキングと年度が異なる年にランクインする(たとえば2018年版で「このミス」「週刊文春」「本ミス」の三冠を達成した『屍人荘の殺人』は2017年10月刊だったため、「ミス読み」では2019年版の2位になった)。この集計期間の違いで大きく結果に差が出たこともあり、2008年10月末に出た連城三紀彦『造の蜜』は、「このミス」「週刊文春」では刊行が切ギリギリすぎてランクインすらしなかったが、「ミス読み」では翌年の1位を獲得した。

本格ミステリ・ベスト10」は対を広義のミステリーではなく本格ミステリに限っているため、このミスなどとは大きく傾向の異なる結果がよく出る。このミスの上位作品を読んで「これはミステリーじゃねえだろ!」とお思いの方は、こちらのランクイン作品を読むのをオススメしたい。まあこっちはこっちでマニア向けの先鋭的な作品が上位に入ることが多いが。


次へ»
最終更新日: 20/09/19 03:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ