ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ご当地アニメ


ヨミ: ゴトウチアニメ
掲示板をミル!
92カキコ!

ご当地アニメごとうアニメ]とは、実在する特定の町・地域などを作品の舞台としたアニメ作品の総称である。

特に地域の観光化に貢献、あるいは観光需要の発掘を狙った作品がそう呼ばれることが多い。


概要


古くから、「ベルサイユのばら」を見てフランスに行くなど、アニメ作品の舞台モデルとなった場所を訪れる行為があった。1992年OVA天地無用!魎皇鬼」においては、メーカーであるパイオニア公式イベントとして、声優と一緒にバスに乗って舞台である岡山に赴く「聖地巡礼ツアー」が実施されている。

エヴァンゲリオン以降、いわゆるオタク文化のカジュアル化が進み、近年ではインターネットSNSでの場所の特定聖地巡礼情報交換が盛んになり、ヒット作の舞台ともなるとその経済効果は観光として視出来ない規模となりつつある。(「聖地巡礼」については当該記事に詳しい)

そして、従来の「聖地巡礼」がファン動的に動くのみで地域側は「受け身」の姿勢であったのに対し、地域の側から積極的に地元をPRする「攻め」の姿勢を持つ方向性の作品も登場してきた。自治体・商工会・企業フィルムコミッションなどが協・連携し、地域の側から「聖地巡礼」を活性化させる活動を行うこれらの作品が、いわゆる「ご当地アニメ」である。

「攻め」の姿勢で成功を収めた先駆的な存在が「らき☆すた」の舞台である埼玉県久喜市(旧鷲宮町)である。当初こそ受け身の姿勢であったが、聖地巡礼ファンが増えたことにより地元商工会が積極的なアピールを行いはじめ、鷲宮神社の参拝客が増するなど大成功を収めた。以後、この成功例を元に各自治体の動きも活発になり、近年では作品の企画段階から聖地巡礼が起こることを視野に入れている作品も増えてきてきた。さらに最近では各地域がアニメ舞台として作品を誘致する流れも起きはじめている。

以下に、近年のご当地アニメの特徴を列挙する。


近年のご当地アニメの特徴


聖地巡礼の「観光資源化」により地域の理解を得る

地方では深夜アニメは放送されていない場合が多く、モデルとなった地域でありながら住民のに入りにくいことが多い。そういった理由で地域住民がそのアニメの存在を知らなかったり、アニメに好意的でない場合は「なぜか観光もない場所に見知らぬ者が押しかけている」という状態になり、住民に迷惑がかかる場合もあった。
あらかじめ地域が「聖地化」を受け入れることで、地域住民とファンの双方が良い関係を築くことができ、新たな観光として地域に利益をもたらす可性がある。

待つだけでなく仕掛けることに意味がある

地域から積極的に PRを起こすことにより、まとまった来訪者を期待でき、アニメファンを意識したイベントや店舗、施設などフャンの受け皿を用意することでさらなる巡礼者の 増加やリピーターの増加、それによる経済効果も期待できる。アニメファンにとっても、受け皿が用意されていることでアニメ舞台がより近づきやすい存在に なっている。

重要なのは作品の質

ご当地アニメとして成功を収めたものは、そもそも作品自体がヒットしたからこそ多くのフャンを獲得していることが多い。当然ながら、作品がヒットしなければ結果として聖地巡礼も盛り上がりにくい。地域にとっては、地元が舞台となった作品がヒットするかどうかは運であるため、見切り発企画を起こすことにはリスクも伴う。また、作中で地域のPRを重視し過ぎることによる作品の質の低下を懸念するもある。

自ら探すことにも楽しみがある

モデルとなる場所が明示されていない場合、その場所を見つけるにはかなりの労を必要とする場合も多い(そもそも実在する風景でない可性もある)が、従来から聖地巡礼を楽しんでいるファンにとってはこの「探す楽しみ」こそが聖地巡礼醍醐味であると考える者もいる。そのため、地域側の取り組みとしては探索する楽しみを残しておくことも時には必要になるかもしれない。
また、作品の舞台となったそのままのを見たいというも多く、露アニメ色で染め上げるよりは、その土地らしい風景や物産をアピールすることが好まれることもある。


近年の代表的なご当地アニメ



かみちゅ!


2005年夏アニメ広島県尾道市モデルとした「日の出町」という物語舞台
尾道特有の坂の町並みや、向への渡船などが描かれている。登場する神社学校の校舎も、実在のものがモデルとなっている(校舎は作中では中学校として描かれているが、実際は小学校)。テレビ朝日系列での本放送時に、ご当地である広島県地上波放送局では未ネットであったが、翌年になって地元ケーブルテレビが放送した。
らき☆すた以前の作品であり、地域側からの積極的なアピールは行われていないが、その穏やかで美しい並みに憧れて多くの聖地巡礼者が尾道を訪れた。


■sm881064[ニコ動]


らき☆すた


2007年アニメ化埼玉県久喜市、特に旧北葛飾鷲宮町にある「鷲宮神社」が聖地巡礼の中心地となっている。
テレビアニメが地域に経済効果・刺を与える」と話題となった先駆者的存在。「鷲宮商工会」の活動により様々なイベントが開催されており、アニメ放送終了後のいまもなお多くのファンが訪れる。特に鷲宮神社で、2008年正月より毎年正月に開催されているらき☆すた輿※外部リンク[外部]は、初年度で前年13万人だった初詣参拝客を30万人にまで増加させ、そのことがテレビ報道された結果として神社の知名度が上がり、以降毎年初詣参拝客は増加している。

本作の成功事例は、その後のご当地アニメにとって大きな模範となっている。

■sm893627[ニコ動]


true tears


2008年冬アニメ富山県舞台
本社スタジオが同県に所在する「P.A.WORKS」が元請制作を担当していることもあって、地元の風景が美しく描かれており、多くのファンが訪れたと言われている。

ヒロインの「石動乃絵」を演じた高垣彩陽が訪れた際には、「おかえりなさい」の横断幕が掲げられたりするなど、地域側からも好意的に受け止められている。

■sm2420122[ニコ動]


たまゆら


2010年発売のOVAから始まったオリジナルアニメシリーズ広島県竹原市舞台竹原市の周辺地域や、大崎をはじめとした瀬戸内々も登場する。
竹原市では大規模なイベントが開催され、商店マスコットキャラクター石像が設置されたり、劇中にも登場したイベント憧憬の路」のポスターや、同成人式パンレットに作品のキャラクターが採用されるなど、竹原市側からも積極的なアピールが行われている。ラッピングバス電車は他の作品でも存在するが、フェリーラッピングしたのは本作くらいであろう。

第1話で描かれた主人公の転校元は神奈川県横須賀市入町が舞台となっており、こちらでもイベントが開催されたり、声優京急電鉄汐入駅の一日駅長を務めるなど「第二の聖地」として盛り上がりを見せている。

佐藤順一監督舞台となるを決定する際、補となる地域に足を運び、「実際にファンの方が行った時、がっかりする」ことがない場所を選んだ※外部リンク[外部]とのことで、企画当初から聖地巡礼を意識した作品であることが伺える。
NHK総合の「クローズアップ現代」の聖地巡礼特集にて、ご当地アニメの代表例として紹介された。

■sm11747566[ニコ動]


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


2011年春アニメ埼玉県西部秩父地方舞台
作品自体の大ヒットもあり、多くのファンが足を運んでいる。同地域に路線を持つ西武鉄道秩父鉄道が記念乗車券スタンプラリーなどの商品発売・企画を行ったり、地元警察のポスターキャラクターが採用されたりと、非常に大きな影を与えている。作中に登場した花火祭り勢祭」もタイアップし、作中で打ち上げたものと同じ花火を打ち上げた。

ちなみに「放送中は作品を楽しんでほしい」との制作会社の意向により作中でははっきりと地名を明らかにしていなかったが、実際には前評判の高さもあった事から1話放送直後から多くのファンが詰めかけたという。

■sm14744934[ニコ動]


花咲くいろは


2011年夏アニメ石川県金沢市の「湯涌温泉郷」をモデルとした、架の名称の温泉郷「温泉」が舞台
先の「true tears」同様、制作担当のP.A.WORKSスタジオから較的近い。湯涌温泉以外の要な舞台にも、ほぼ実在モデルが存在すると言ってもいい、丁寧かつ忠実な背景定評がある

作中の「湯温泉郷」で行われているとされた「」の祭事「ぼんぼり祭り」を、湯涌温泉で忠実に再現し、多くのファンが訪れた。ぼんぼり祭りは以後毎年行われている。作中に実在祭りが登場する作品は多いが、架祭りを実現してしまった作品は非常にしい。

■1302245549[ニコ動]


あの夏で待ってる


2012年冬アニメ長野県小諸市を中心に、その周辺の軽井沢などを舞台としている。
地元の小諸フィルムコミッション自治体制作に協しており、放送された年のには小諸でのイベントも開催。

また、本作の脚本家黒田洋介氏が過去に携わった「おねがい☆ティーチャー」では、上述地域から西に向かった同県大町市木崎湖周辺を舞台としており、放送から年数が経た現在でも、来訪するファンは少なくない。

■sm16553466[ニコ動]


輪廻のラグランジェ


2012年夏アニメ千葉県鴨川市舞台とする。
企画段階から鴨川市制作会社が連携を取り、従来のご当地アニメ以上に積極的にPRを仕掛けた作品。聖地化が予想される場所を事前に整備したり、菜の花に登場人物の等身大パネルを設置したりと、今までにはい様々な「攻め」の姿勢でのPR活動を展開している。

■1327915971[ニコ動]


夏色キセキ


2012年春アニメ静岡県下田市舞台。同当局、伊豆急行および同社の親会社である東急電鉄も「伊豆復権」に向け、手探りながらも懸命な各種プロモーションを行った(伊豆急および東急所有・管轄のほとんどの車両はもちろん、他社車両・船舶の一部などにも同作と伊豆急車両コラボしたポスターが掲出される、稀に見る底ぶりであった。東急所有の電車や「駿河湾フェリー」に出稿された中広告・ポスターは、乗り入れ先の地下鉄等各路線はもちろん、東武線を北に、駿河湾を西に「らき☆すた」「ちびまる子ちゃん」の「お膝元」である南栗橋駅久喜駅清水港までそれぞれ「営業」「」をしたことになる)。

下田へのな足となる伊豆急行でも、同社管轄各の「オモシロ駅長※外部リンク[外部]」のひとりとして、同作メインキャラのひとり「」を「伊豆急下田駅夏色キセキ駅長」として「任命※外部リンク[外部]。同年口までの期間限定ではあったが、所有列車の1編成を同作のラッピングトレインとし、自社線内ではメインキャラクター4人によるアナウンスが流されていた(アナウンス実施の有とは別個にダイヤ編成上、運転日は本作と直接関係なかったJR線終着である東海道線熱海駅まで一日数回「顔出し」する行路であった)。

■sm16855365[ニコ動]


TARI TARI


2012年夏アニメP.A.WORKS制作で、江ノ島鎌倉高校前駅など、藤沢市鎌倉市を結ぶ「江ノ島電鉄」沿線が舞台となっている(同社もエンドロールに名を連ねる)。同社は今までにも上述した「true tears」「花咲くいろは」など、所在地である北陸地方舞台にした作品は制作していたが、本作は同社の本社スタジオから遠く離れた地域をモデルとしている。

なお、湘南地域を舞台としたアニメ作品には、他に「つり球」などがある。


次へ»
最終更新日: 16/06/22 15:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ