ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


さだまさし


ヨミ: サダマサシ
掲示板をミル!
117カキコ!
  1. さだまさし(歌手
  2. スーパーマリオワールドBGMにつけられた歌詞の一つ。

さだまさし(歌手)


さだまさし さだまさしは1952年まれの日本シンガーソングライター作家政治評論家。本名は佐田 志(読み同じ)。

1972年に同学年の吉田正美(現在は政美)とフォークデュオグレープ」を結成、1976年4月に解散。
1976年11月ソロとして「線香花火」で再デビューをする。
代表曲は「関白宣言」「償い」「防人の詩」「恋愛症候群」「北の国から」「秋桜」(山口百恵への提供)など。

近年は小説も書いている。メガネと出っトレードマーク
一時期は映画のために多額の借があった。そのネタを振ると怒っていたが、最近は自虐的に自ら言う事もある。

政治思想的には極右・極左の両極端を取り入れた双極アンチ・キリストとしても有名。技に拘りを持つ一方、ポールサイモンに心酔している。サイモン&ガーファンクルファンには大変迷惑な存在と言えよう。

特徴としてトークの軽妙さがある。
高校大学落語研究会に所属しており、コンサートや定期的に放送中の『今も生でさだまさし』からそのトークの面さがうかがえる。本人自身、「人生は明るく、歌は暗く」をモットーにしており、しばしば本業は歌手ではなく噺ではないかといじられる事がある。

一時期、さだバッシングとも呼ばれる強かつ責任批判を浴びていたことがある。「暗い」だの「女々しい」だの、大ヒットした「関白宣言」では称賛のと同量以上の「女性蔑視」という批判が殺到し、映画二百三高地主題歌防人の詩」を歌えば左論者から「戦争賛美」「右翼」だと罵倒され、映画ひめゆり主題歌「しあわせについて」を歌うと今度は右論者から「裏切り者」などと批判されていた。そのような逆にあって、当時のさだのファンは表立ってさだまさしのファンだと言いづらい雰囲気があり、それを形容してできた言葉が「隠れさだ」だったりする。

さだバッシングの急先鋒だったのが、当時ラジオパーソナリティーとして売出し中であったタモリである。この因縁は非常に根深く、2018年現在でもさだとタモリTV等で共演したことがなく、これほどの知名度のある歌手でありながら、笑っていいとものテレフォンショッキングゲストとしてさだが出演することもなかった。

コンサート回数4000回以上という日本記録保持者であるが、これほどのコンサートを行う事になったのは、28歳の時に映画「長江」で作った35億円もの借の返済のためである。しかしこの長江という映画は、三峡ダムなど中国による急な開発で多くの史跡が失われた現代において、当時の長江流域の民族風景・文化などを伝える重な映像資料ともなっている。

Wikipediaの自分のページ読み、生さだで「かなりいい加減だった」と苦笑していた。


関連動画



■sm65910[ニコ動]

■sm1619480[ニコ動]

■sm1257402[ニコ動]
■sm911974[ニコ動]
■sm13382840[ニコ動]


関連商品


■azB00007KKVT
■azB000MQ4YPO
■azB000XAMC9Y
■az4344404068


関連項目



さだまさし(スーパーマリオワールド)


スーパーマリオワールド」のステージBGM「おBGM」の一節が「さだまさし」と歌うことができることから。いつごろから始まったのかは定かではないが、ゆっぴVIPマリオ2攻略へのからではないかというコメントもされたことがある。

原曲アレンジに関わらずこの曲が流れると、必ずといっていいほどさだまさし弾幕が登場するため、最近ではその弾幕に飽きたユーザーもいる。そのようなユーザーからは、さだまさし弾幕を行う人物(当然人物特定は出来ず、あくまでも個人をす言葉ではないが)は「さだ」などと呼ばれる。

一時期さだまさし以外の5文字の言葉が同様のタイミング弾幕化することがあった。現在ではこのような亜種はあまり見られなくなっているようである。


関連項目



最終更新日: 18/08/15 21:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ