ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ざわざわ森のがんこちゃん


ヨミ: ザワザワモリノガンコチャン
掲示板をミル!
10カキコ!

ざわざわ森のがんこちゃんとは、NHK教育テレビEテレ)で放送されている人形劇形式の幼稚園保育園小学校低学年向けの教育番組である。

放送20周年を迎えた2016年アニメ化が発表され、アニメ版『がん がん がんこちゃん』が2017年1月よりNHK BSプレミアムにて放送。


概要


原作・脚本は童話作家末吉子。キャラクターデザイン絵本作家武田美穂。ただし脚本は末吉子が2016年5月に死去したことに伴い、押理佐に変更されている。

題歌は放送開始から2010年度までが谷啓2011年度から2015年6月までが瀬川子、2015年7月以降は松平健が担当している。

ストーリー子供にも分かりやすいものとなっているが、世界観はかなりハードなものとなっている。


世界観


環境汚染の影世界中のどが砂漠化し、人類が滅んだ未来舞台。人類の滅んだ地球では人間によって遺伝子操作された高度な知を持った動物たちが独自の文明を築いて生活している。ざわざわ以外にも人間が築いた文明の跡で暮らしている恐竜たちがいる。

その中でも周囲を砂漠に囲まれたざわざわが湧き、植物の植生が多く見られる環境である。主人公のがんこちゃん一家は都会からこのざわざわへと引っ越し、の住人の面々と繰り広げる物語

2016年12月31日に放送されたスペシャル番組「『ざわざわ森のがんこちゃん』放送20周年スペシャル エピソード0~ざわざわとさばくのひみつ~」で人類が衰退し、滅んだ理由がられている(「関連リンク」参照)。


ざわざわ森


周囲を砂漠に囲まれている。中央にはドーナツ沼と呼ばれる沼がある。沼にはが湧いており、となってまで注いでいるが魃が続くと途中で干上がってしまうという。台風が襲来したり、地震が起きたりする。


ドーナツ沼


ざわざわのほぼん中に位置する沼。かつては満月沼と呼ばれる円形の沼だったが、人間が燃えないゴミの処分場所としてゴミを捨てたためにドーナツのように円環状の沼となった。そのゴミで出来たの上にマンナカ小学校があり、学校の地下には人間が捨てたゴミの化石が存在している。


マンナカ小学校


ドーナツ沼の中央にあるの上にある小学校学校として必要な機一通っている。学校の地下にある古時計は時とつながっており、過去へ行くことも出来る。


主要登場キャラクター



アニメ版


2016年アニメ化が発表。2017年1月23日より5分アニメ『がん がん がんこちゃん』としてNHK BSプレミアムで放送される。

担当声優人形劇版と同じだが、アニメオリジナルキャラクターとして2020年からタイムマシンでやってきた人間子供CV:小林由美子)が登場する。


関連動画



■sm16704374[ニコ動]


関連項目



関連リンク



最終更新日: 17/02/10 20:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ