ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


しめじ


ヨミ: シメジ
掲示板をミル!
40カキコ!

しめじ(占地・湿地)とは、本来はシメジ科のきのこの事。一般的にはホンシメジブナシメジすが、定義が曖昧なややこしい単である(後述)。

曖昧さ回避 

概要


ニコニコ大百科菌類
しめじ

[画像を見る]

分類[外部] ホンシメジ)ハラタケシメジ科シメジ属

ブナシメジ)ハラタケシメジ科シロタモギタケ属
学名[外部] ホンシメジ
Lyophyllum shimeji


Lyophyllum→離れた+ひだ
shimeji→和名より

ブナシメジ
Hypsizygus marmoreus

Hypsizygus→高い所に+生える
marmoreus→大理石のような(模様の)
ハラタケ Agaricales[外部]

シイタケ - シメジ - チチタケ- ドクツルタケ - ナメコ - ベニテングタケ - マツタケ

このテンプレートについて

と柄を持つ典的なきのこきのこで小~中のもの(特にシメジ科、あるいはかつて流通していたの小さいビン栽培のヒラタケ科ヒラタケ属)には「~しめじ」の名を冠するきのこが多い。ただし、単なる「シメジ」という和名をもつきのこは存在しない。

古くから「香り松茸、味しめじ」の名句で知られているホンシメジは、齢の若いコナラやアカマツの生木の根に着生する菌根性のきのこで、天然栽培のため非常に希少かつ高価であった。菌床による栽培が可になったのは2000年代初頭からだが、様々な事情により人工栽培物であっても流通数が少ない上にかなり割高なのが現状である。

したがって、通常スーパー屋などで売っている、1パック100円130円前後で購入可な「しめじ」は100%ブナシメジである。かつてはブナシメジが「本しめじ」の名で売られていることが多く、更にビン栽培により同様の形に生育されたヒラタケも「~しめじ」として売られていた(当然エノキタケを含め、しめじライクなきのこへの需要が依然として高いためである)点がややこしさに拍をかけていた。

しかし1991年林野庁そのような慣行をめるよう通達し(実質上の禁止宣言)、これを受けてホクトなど日本要なきのこメーカーではブナシメジには「ブナシメジ」の名称を使用するようになっている。ヒラタケは栽培方法をめられ、近縁種のエリンギのようにの大きく厚で天然物に近い形状のものが「ヒラタケ」として新たに出回るようになったが、食味や関心の点でブナシメジエリンギに及ばないため、生産量は伸び悩んでいる。


ブナシメジ


ブナシメジにブナなどの広葉の朽木や倒木に発生し、盛んに栽培される優秀な食菌である。の大理石模様が特徴である。買ってきたしめじは洗いしてから調理するのがよい。 煮たり、焼いたり、揚げたり(天ぷら)、汎用性の高い食材である。

ブナピーホクトが開発したブナシメジの品種(ホクト1号菌)のことである。応えが良く、甘みがある。同名のキャラクターも作られている。「ピー」とは、ごたえ「プルンプルン(pulun)」の"P"を表すという。ホクトきのこ達」http://www.toujirushi-unet.ocn.ne.jp/documents/HOKUTO_KINOKO.pdf[外部]


その他・豆知識


(゚д゚)シメジ ←2ちゃんねるでこのようなAAが一時流行していた。

 


関連動画



■sm623693[ニコ動]

[画像を見る]


関連商品


■azB0058RHHXS
■azB0068ENOTQ
■azB00UV6FJXG
■dw538133


関連項目



最終更新日: 19/11/09 15:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ