ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


そうりゅう型潜水艦


ヨミ: ソウリュウガタセンスイカン
掲示板をミル!
290カキコ!

そうりゅう型潜水艦とは、海上自衛隊が保有している潜水艦である。


概要


[画像][外部]

世界最大のディーゼル潜水艦で、潜航時間を伸ばすことができる非大気依存推進(AIP)機関海上自衛隊として初めて搭載した。

AIPは10番艦まで搭載され、11番・12番艦はAIPの代わりにリチウムイオン蓄電池を搭載している。

計画通り12番艦まで進しており、2020年に後継である「たいげい」が進している。


動力


AIP「特集・新型SS「そうりゅう」のすべて」世界の艦船2009年11月号

AIP(Air Independent Propulsion:大気に依存しない推進)を実現するシステムとしては原子力の他に、燃料電池、スターリング・エンジンクローズド・サイクルディーゼル、MESMA等のシステムが実用化レベルになっている。そうりゅうではこのうちのスターリング・エンジンAIP機関として採用している。(技術研究本部ではAIPシステムとして燃料電池の研究を行っていたのだが、この時は採用を見送っている。)

そうりゅうには従来のディーゼル発電機に加え、スウェーデンのコックムス社のスターリング発電機(タンクに保存した液体酸素からの酸素とケロシンを燃焼させて発生した熱を利用する)をライセンス生産したものが搭載されている(60kW✕4台)。

従来の通常動潜水艦では、シュノーケル面上に出しディーゼルで発電し、バッテリー充電した電の範囲内で潜航を行うが、スターリング・エンジンシュノーケルが使えない潜航中でも発電が出来るため、そうりゅうは一旦潜航を開始してから浮上するまでの航続が飛躍的に伸びている。水中航続の具体的な数字は開されていないが、同じくスターリング・エンジンを搭載しているスウェーデンゴトランド級(水中排水量1599t)ではAIPを使用して速5ノットで14日間の潜航が可とされている。もし液体酸素やケロシンを使いきれば、後は通常のディーゼルエレクトリック潜水艦と同じになる。

スクリューを回す電動機もそうりゅうでは新しく永久磁石交流電動機(5900kw)が採用されている。

AIPシステム自体の発電はまだまだ低いため、戦闘時等、水中で高速が必要な場合はバッテリー充電した電と合わせで電動機を駆動することになる。

リチウムイオン電池

防衛省では平成14年度から潜水艦用のリチウムイオン電池の研究を行っていた。平成20年度に建造する潜水艦に搭載を予定していたが、これは予算の問題から先送りになり、平成27年度予算で建造するそうりゅう11番艦ではスターリングエンジンくし、リチウムイオン電池を搭載することが決まっていた。潜水艦とスマホの悩ましい共通点 静かにしたい潜水艦は増える電力消費にどう対処?2018.3.24[外部]

スターリングエンジンの代わりにGSアサリチウムイオン蓄電池を搭載したそうりゅう11番艦「おうりゅう」は2020年3月海上自衛隊に引き渡された。12番艦「とうりゅう」も2019年11月に進しており、2021年3月には海上自衛隊に引き渡される。


その他


外見的特長は、前級である「おやしお葉巻の船体を引き継いでいるが、艦尾がこれまでの十字から新たにXに変更されている。Xに変更したことで十字よりも手動操作時のの扱いが難しくなったが、高い水中運動性を得られるほか、一つのが故障しても他のを効かせることで艦の操が可になるため、損傷に強くなるというメリットがある。

また他にも、それまでの学式潜望だけではなくカメラモニタの組み合わせによる非貫通の潜望や、メンテナンスのほとんど不要な交流モーター推進機など、様々な新機軸を搭載している。

されないが戦闘システムそのものが大きく更新されており、ファイバーで構築された艦内LANに様々な機器やコンピュータがつながる分散コンピューティング構造となっているため、どこかの機器が壊れても、全体でカバーし合うことで機を維持するので損傷に強く、また新機の追加が容易になっている。

武装は潜水艦の基本的武装である魚雷89式長魚雷)のほかに潜対艦ミサイルハープーンblock2を搭載。実はこのハープーンblock2巡航ミサイルとまではいかないが対地攻撃をもつ。つまり「そうりゅう」は既存の護衛艦が持ちえていない地上攻撃をもったということになる。なお機の敷設も可

搭載するZQQ-7ソナーシステムは、前であるおやしお型潜水艦の搭載ソナーのZQQ-6の発展であり、艦首ソナーアレイだけでなく、船体側面に設置されたフランクアレイソナーや航式ソナー、逆探ソナーなど船体各所に設置された複数のソナーをまとめて一つのソナーシステムとする大規模なソナーシステムであり、強な長距離精密探知を持つだけでなく、高度な標の動きを解析するも持っているとされており、探知した6標の同時追尾・同時攻撃すら可と言われる。


新装備


そうりゅうは建造途中からいくつかの新装備への変更・追加が行われている。

2番艦「うんりゅう」からはソナーをの「ZQQ-7B」に変更。
7番艦「じんりゅう」からは高速通信が可な新通信衛星に対応した「Xバンド衛星通信装置」を搭載。
8番艦「せきりゅう」からは「潜水艦魚雷防御システム」(Torpedo Counter Measures:TCM)を搭載。


オーストラリアへの輸出?(コリンズ級後継)


オーストラリアでは6隻保有している潜水艦2030年代に世代交代させ、最大12隻まで増強する計画を立てており、当初は日本と共同開発を行い、代替艦を日本国内で製造することを検討していた。しかしオーストラリアではその後政権が交代、2015年2月フランスドイツ日本の3の提案を較する入札に変更、2016年4月フランス案(5000tの原子力潜水艦バラクーダ」の動ディーゼルに変更)、ドイツ案(2000t級の「214」を大化)、日本案(そうりゅうベース)の中からフランス案を採用することがターンブル首相より発表された。豪潜水艦の共同開発相手は仏に軍配、日本敗れる[外部] 2016.4.26


艦名について


それまで潜水艦は「~しお」という名称基準があったが、2007年に行われた海上自衛隊の名称基準の正で、潜水艦に「瑞祥動物(縁起の良い動物)の名」が使用できることになった。これにより今まで使われなかった鳳凰、雉、麒麟などの命名が可となった。

五行思想の五(五)に由来する「そうりゅう蒼龍)」の名前が艦名に使われるのは、海上自衛隊とその前身の大日本帝国海軍において、通算で三代目となる。(初代は明治時代で御召艦として使われた木造船。二代言わずと知れた大日本帝国海軍空母蒼龍」)

二番艦「うんりゅう」も大日本帝国海軍空母雲龍」から艦名を継いでいる二代である。と言えば、大相撲横綱の土俵入り二つのの一つが「」で知られている。

三番艦「はくりゅう」は五行思想の五(五)の一つである、「」に由来するもので大日本帝国海軍の艦艇名を引き継がない、日本の艦艇名として初登場の艦名である。

四番艦の艦名「けんりゅう」も同様に初登場の艦艇名となった。

瑞祥動物青龍(=蒼龍)・黒龍の五(五)の内、「蒼龍」と「」、「黒龍」と「」が使用済みとなったため、五の他の瑞祥動物は「」のみであり、今後命名に利用出来そうな「~りゅう」名前の数はそれ程さそうだ。

他に命名の可性がある「~りゅう」は、「瑞」、「昇」と言った感じのいかにも縁起が良い・幸運そうな名前が想定される…。


同型艦


艦名 艦番号 所属 艦名(漢字
そうりゅう SS-501 2009年3月30日 第1潜隊群第5潜隊(基地) 蒼龍
うんりゅう SS-502 2010年3月25日 同上 雲龍
くりゅう SS-503 2011年3月14日 同上
けんりゅう SS-504 2012年3月16日 第1潜隊群第3潜隊(基地)
ずいりゅう SS-505 2013年3月6日 第2潜隊群第4潜隊(横須賀基地)
くりゅう SS-506 2015年3月9日 同上 黒龍
じんりゅう SS-507 2016年3月7日 第1潜隊群第1潜隊(基地)
せきりゅう SS-508 2017年3月13日
せいりゅう SS-509
しょうりゅう SS-510
おうりゅう SS-511
とうりゅう SS-512

関連動画



■sm6597944[ニコ動]

■sm12790171[ニコ動]


関連商品


■azB07QMC85Z5
■az4802203934
■azB002P67BSQ


関連項目



最終更新日: 21/01/16 22:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ