ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


とある企業の産業廃棄物


ヨミ: トアルキギョウノサンギョウハイキブツ
掲示板をミル!
70カキコ!

とある企業の産業廃棄物とは


フロムソフトウェア製作ロボットアクションゲームアーマード・コアシリーズ11作アーマード・コア ラストレイヴン』(以降LRと表記)にて登場したAC用右腕武器『YWH16HR-PYTHON』(次項参照)にに用いられる蔑称

由来はこの武器が電磁投射レールガン)である事、どうしようもない駄性=『産廃』(後述)である事、
これらをアニメとある科学の超電磁砲』のタイトルと掛けたもの。

なお、同シリーズにおいてはタイトルを重ねる毎に『産廃パーツは増加の一途を辿っており、それに伴って広義にあってはそちらへも本タグが適用される場合がある事をここに明記しておくものである。


YWH16HR-PYTHONとは


LR以前は肩部ハードポイントにのみ搭載可であったLR以前のシリーズでは『撃時の衝撃を緩衝し切れない』という理由からレールガンを含む一部のキャノン系武器は(何故か兵器も)タンク脚部、接地した状態の四脚、そして『常人離れした情報処理で姿勢制御を可とする=脚部による使用制限のい』強化人間の乗機、の例外を除き機体を静止し撃姿勢を取らなければならない為、自然と機体構築(アセンブル)が制限される。重火器・レールガンを小化し、マニピュレーターで直接携行、運用可にした初の『ハンドレールガンカテゴリーの武器。

LRオープニングムービーにて中量二脚ACカスケード・レインジ』に搭載された本は、ただ一度の撃で強襲した駐屯部隊を周辺区画ごと(おおよそ100m四方以上を)爆砕せしめるという驚異的な威を披露。

しかしゲーム中での実際の性はと言えば
弾速は一般的なレーザーライフルのそれと変わらない鈍足、レールガンは投射前に1弱のチャージが必要かつその際特徴的なと音が生じる=察知され易く回避行動を取られ易く、それを補う『必中の弾速』こそがレールガンウリである。大な電を消費する機構であるからかEN武器扱いである、レーザーパルスプラズマ等の学(EN)武器&の射撃に使用するエネルギーは機体の移動、回避に使用するブースト用のそれと共用であり(伝統的に待機消費ENも多め)、乱発は即挙動の低下=被弾増に繋がる。挙げ句の果てには1発ではヘリすらまともに撃ち落せない低火力、という三重苦であり、
そもそも入手する為には全ミッション通じて1、2位を争う最高難易度ミッションクリアせねばならない。

鳴り物入り々しく登場しておきながら、ゲーム開始直後から入手、運用可安価な実弾ライフルや単発のミサイルにすら多くの面で劣るそのあまりといえばあんまりな性調整は、一説に依れば本ゲーム最強クラスの敵機の装備である事から来る難易度下方修正の弊であるとかないとか。所謂『3系』シリーズ2作品のPSPへの移植に際し、一部のパーツには修正、善が行われた為(拡散バズーカの弾頭分裂タイミングの修正等)、総スカンを喰らった本も汚名返上か!?…と思われていたのだが、蓋を開けてみれば『帯電エフェクトが追加されて見てくれが手になった“だけ”』に留まった。

いずれにせよ、実態判明直後より有を言わさずに貼られた『LRを代表する産廃』のレッテル、それですら到底らし難い念によって『がっかりレールガン』、『ハンデレールガン』等々と呼ばわれ続けた結果が本タグ誕生の苗床となってしまった事は想像に難くない。


産廃とは


アーマード・コアシリーズにあって『どうにも使い様がくどうしようもない不要パーツ』へ伝統的に使われるファン間のスラングの一種。
だったその定義は

であり、これら(特に前二項)を満たした駄パーツ群は皮と恨めしさを込めて『産廃産業廃棄物)』と呼称され、その中にあって尚強な印を与えたパーツは『YWH16HR-PYTHON』同様、蔑称めいた二つ名で呼ばれる。

産廃』が『産廃』たる所以は多くの場合、シリーズを重ねる毎に増加したパーツ群の間に必然的に生じる性差に端を発する格付けの結果、いは既存シリーズにて猛威を振るった強パーツより強な場合の呼称は韻を含んで『狂パーツ』とも。対戦・大会時には大抵『禁止パーツ』扱いとなる。 が下方修正の憂きに遭い続けた成れの果て、または仕様の変更による重要度の低下、等である。
それはある意味アーマード・コアシリーズ兵器史の変遷そのものであり、栄枯盛衰のしさの中に懐かしさを見出す無印シリーズブレード、3シリーズマシンガンなど。 レイヴンリンクスもいるだろう。

───『産廃』。それはかつての万さに、いは初見デザインの秀逸さに惹かれながらも、その幻想をぶち壊す厳しい現実に打ちのめされた者達の嗟そのもの。しかし、そこには同時に『まぁフロムからしかたない』『次作でこそは』『新レギュさえ来れば』『素敵性能元々は『索敵性』の誤字。長大な身を持つ上に変形機構まで持つグレネードや補助じみた鋭的な形状のレーダー、の如きデザインの3連装レーザー実在銃器を模したようなハンドガンアサルトライフルマシンガンなど、『産廃』同様にロマン溢れるデザインファン間の符丁。高いしカバー、その時君は(ry』と、苦笑混じりの生暖かさも含まれている気がするのは決して筆者だけではないと信じたい。も、それでもレールガンのパラ設定した人は駐車場呼び出しACプレイヤーにとっての最後の手段または死刑宣告レベル死亡フラグいは『ちょっと表に出ろ』or『屋上に行こうぜ…久(ry』。動きの素いor3次元機動が巧みで補足しづらい敵機を確実に屠る為、対戦ステージ天井までの高さが約AC2機分、敷地面積自体も最小レベルの地下駐車場マップを選び敵機の機動性を殺す事。多くの場合、さらに自機を重武装・重装甲のタンクに構築し、天井に引っ掛かった敵機を一斉射撃で殺する事も含まれる。 確定だろうが。


その他の産廃例(登場作品により程度に上下あり)



関連商品


■azB001DJ4XZA
■azB003HC8JYW

LROP登場機体、通称『カスケード・レインジ』の立体化モデル
右腕に装備している三又状の武器がYWH16HR-PYTHONである。

こちらはPS2AC第4作にしてPSPAC第3作アーマードコア3 サイレントライン』のOP機立体化モデル
LRにて他のOP機同様にVRアリーナに登場、プレイヤー火を交える事となる。
通称は『クレスト強襲』もしくはLRでのAC名『ラ・ルー』。
OP登場機の宿業である『見掛け倒し』『重量過多』の集大成、正に機体そのものが産廃とも言えるビジュアル良好な新パーツで構築された軽量機体に、アピール的で新機軸の兵装(ECM的効果をもたらすステルスダイレクトに推を向上する追加ブースター)を片っ端から搭載。結果として本機は、機動性が命の軽量二脚機体でありながらヘタをすれば重量機でも泣きを入れる程の重武装を背負い込まされる羽に陥り、ゲーム中での総合性は劣悪の一言。再現機体を構築したプレイヤー全てを絶望のどん底へと叩き落した。ネタ機体。


関連動画



■sm8431929[ニコ動]


恐らく本タグの元
格好良く見えたり性も承知で使ってみたくなったら多分あなたはOPマジックにとり憑かれている。

■sm9403308[ニコ動]

『と科新OP版。
“この想いくから”…ってくだけですね、判ります。

■sm8233704[ニコ動]

1:23~より運用場面。
タグコメントどころか動画そのもの字幕にすら論われる程の産廃っぷりを是非自分ので確かめてみよう。


関連キーワード



最終更新日: 14/05/27 20:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社