ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ねちっこく堂


ヨミ: ノウチョククリエイターネチッコクドウ
掲示板をミル!
4カキコ!

ねちっこく堂とは、SOUND VOLTEX譜面製作者の一人である。


概要


PHQUASEMAD CHILDTEK-A-RHYTHMと並び、エフェクターとしていまなお君臨している製作者の一人。

製作譜面数は少ないながらも、悪と言われるゆえんは、Hirayasu Matsudo(以下、Matsudoと表記)と並び列挙されるつまみエフェクターだからである。
ただし、Matsudoとはまた違った譜面構造をしており、プレイヤーのなかでは「Matsudoは(つまみが)芸術的、ねちっこく堂は直的(理論的)」と例えられている。

香港功夫大旋風」で初登場、初代ボス曲の一として猛威を振るい、KAC2012決勝ラウンドでも選曲された。IIでは「こちら幸福安心委員会です。」の譜面を担当。のちにと麗のスキアナに抜され、挑戦する衝、雷電プレーヤーを苦しめた。さらに烈風~麗キアナで、天狗の落とし文、ミライプリズム(INFINITE)、Profession#Fairy_dancing_lake、GAMBOL(INFINITE譜面)が抜されたことで、自動的につまみ地獄ロードの一端を担うこととなり、を狙うプレーヤーにとっては厳しいハードルとなった。

IIIにおいてはスキアナが変更され、地獄ロードは崩壊してしまったが、剛羅で「「伝」骸yksRemix」のINFINITE譜面が抜され、その次が大宇宙ステージという最悪なコンビの組み合わせとなったことにより、再び猛威を奮っている。そのほか、「FIRE FIRE(Kazmasa Remix)」も剛羅のスキアナとして登場しており、こちらは浮世マシーンとの合作エフェクトである。

さらに数ヵ後に「灼熱Beach Side Bunny」がポリシーブレイク。解禁してエフェクター欄を見てみると、そこにねちっこく堂の名前が。IIDXかまぼこ工場に対して、こちらはつまみ工場になっており、剛プレーヤー感満載の譜面となっている。

また、「HYENA」の譜面製作者としてもしられ、小腸つまみの第一人者である。登場当時は、羅がTRACK CLASHする事態まで陥った。また、登場後には「つまみが壊れた」「つまみの調子がおかしくなった」「つまみが硬くなった(つっかかる)」というが後を立たなかった。そのため、ろくろ回しを禁止するゲームセンターが出現する事態にもなった。のちにこの小腸つまみはSCバイオメトリクスなど他のエフェクターの参考にされた。


関連動画



■sm22488930[ニコ動]

■sm26217998[ニコ動]
■sm21270794[ニコ動]


関連チャンネル


■ch573


関連コミュニティ


■co1486980


関連項目



最終更新日: 18/09/06 22:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ