ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


のと鉄道


ヨミ: ノトテツドウ
掲示板をミル!
26カキコ!

のと鉄道とは、石川県穴水町に本社を置く鉄道事業者(第三セクター)である。


概要


会社設立は昭和62年1987年4月。当時の国鉄能登線が「第3次特定地方交通線」での止対路線に認定され、JR西日本に継承後止される所を、地域交通の存続維持を的として昭和63年1988年3月にのと鉄道が継承し鉄道営業を開始する。

出資率では石川県が全体の約1/3を出資し、沿線自治体分を含めるとその率は約45%に及ぶ。

能登線単独営業時代は列車の増発等の増収策が功を奏し収支も順調に推移していた。1991年平成3年9月にはJR七尾線電化開業(津幡~和倉温泉間)に伴い、非電化区間(和倉温泉輪島間)をのと鉄道がJR西日本より営業継承したことにより、総延長キロが100kmを上回る路線を保有するに至った。しかし、継承した七尾線非電化区間についてはJR西日本が「第3種鉄道事業者」として線路等の施設を保有し、のと鉄道は「第2種鉄道事業者」として自社車両を運転する方式としたため、施設使用料を毎年JR西日本へ支払う負担が発生したことに加え、石川県能登地方道路整備が進んだこと、そして沿線人口の過疎化が深刻化したことなどで収支は悪化の一途を辿る。

特に深刻だったのが七尾線穴水輪島間で、営業係数200を上回る(100円を稼ぐのに必要な経費を計数化したもので、100を上回れば収支はマイナスとなる)非効率な収支が続いた結果、2001年3月末で同区間が止された。営業開始当初から保有していた能登線も、収支悪化が影して2005年3月末で全線止となった。

現在七尾線七尾穴水間の約33.1kmで鉄道営業を行っているが、前述の通りJR西日本が線路施設を保有している状態に変わりはなく、自社の線路を保有しない鉄道事業者に至っている。


路線一覧



能登線


1988年JR西日本から分離された区間であったが2005年止されている。のと鉄道は初期はこの路線の運営のために設立された会社である。詳細は能登線を参照。現在は地元の企業が土地を買い取り線路を敷きなおす形でのとトロッコ鉄道運営されている。


七尾線


1991年七尾線和倉温泉駅以南電化に伴いJR西日本より分離された石川県七尾市七尾駅から穴水町穴水駅までの路線である。かつては輪島輪島まで路線が延びていたが、前述の通り2001年止されている。

七尾~和倉温泉間はJRとの共用区間であるが、JR特急列車のみ運行しており、普通列車は全てのと鉄道が運行している。

かつては全線走破する急行列車金沢駅より運行されていたが、2001年穴水駅以北での運転を取りやめ2002年には能登線に乗り入れていた急行列車自体が止となっている。その為、七尾~和倉温泉間を除き全て普通列車での運転となっており、下り1本が能登中島駅七尾駅方面に折り返す他は七尾穴水間の運転となっている。

2015年3月14日北陸新幹線金沢まで開業したことを機に、観光客誘致のため、同年4月29日より観光列車「のと里山里号」(2両編成)の運行を開始。眺望が良い区間での減速または一時停止、途中でのミニイベントに参加できるように約10分間停アテンダントのお出迎え・お見送り、観光案内、車内販売、記念撮影サービスなどを実施しており、このほか食事付きコースも設定されている。
平日は団体旅行客向けの貸切運行とし、土休日など多客期は個人客も利用可となるように定期運行(2~3往復)となる。

「花咲くいろは」関連

2011年に放送されていた花咲くいろはに登場する湯モデルが当路線の西岸駅であった事から、2011年7月23日より10月10日まで一部普通列車アナウンス花咲くいろはバージョンとなっていた。
(当初は9月30日までの運用予定だったが前日行なわれたぼんぼり祭りに参加した人が聴けるように期間を延長した)。

2012年3月24日NT201アニメ花咲くいろはラッピングを施し、オリジナルヘッドマークを取り付け車内放送リニューアルして運行を開始した(西岸駅穴水方面側1箇所の駅名標も「湯」に掛け替えられた)。
当初は5月6日までの運用予定だったが好評に付き、現在でもラッピング車両及び日中の一部の時間帯のみ花咲くいろはバージョンアナウンスが運用されている。
NT201ラッピング列車運行は2014年10月13日をもって終了した。
 2013年3月9日花咲くいろは劇場版映画HOME SWEET HOME石川県先行開に合わせNT202
花咲くいろはHOME SWEET HOMEラッピング列車として運用を開始した。
3月29日までは車内放送2011年度の車内放送第一弾復刻版で運用し3月30日より2013年バージョンアナウンス及び内装飾を実施)
2014年8月1日よりNT203花咲くいろは及び富山県南砺端がモデルtruetears福井県坂井市町がモデルグラスリップキャラが描かれた新デザインラッピング列車が運行開始した。
花咲くいろはバージョンアナウンスラッピング車両のみの運用)
NT201花咲くいろはラッピング車両2014年8月31日をもって運行終了予定であったがファンの強い延長要望により2014年10月13日まで延長された。
(全から約100件の延長を要望する手紙や要望書が届いた事と第4回湯涌ぼんぼり祭りに来る参加者が乗出来るように配慮したと思われる)
2016年10月8日NT204に新ラッピングを施した車両が運行しこれまで運行してきたNT203
ラッピング運用は第6回湯涌ぼんぼり祭り翌日の10月10日にて終了した。
なお運用最終日となった10月10日にはNT202NT203NT204ラッピング列車3両編成が一往復
運用された(関連動画参照)

ラッピング列車当てに来られる方は事前に外部リンク公式HP[外部]にて運行日を確認してください。
花咲くいろは車両アナウンスが収録されたオリジナルCD2011年度版・2012年度版・2013年度版)が
一枚500円穴水駅で販売中(通信販売は行なっていません)。(販売は終了しました)

駅名一覧

所在地はシベリアを除き全て石川県




J
R




乗り換え  ○備考 所在

七尾駅
Nanao
JR西日本 七尾線羽咋駅津幡駅金沢駅方面)
2002年まで急行能登路の停
七尾市
和倉温泉駅
Wakuraonsen
JR西日本特急大阪駅名古屋駅越後湯沢駅方面)
2002年まで急行能登路の停



Tatsuruhama
師保
Kasashiho
能登中島駅
Nato-Nakajima
2002年まで急行能登路の停
郵便オユ10  2565の保存
花咲くいろはに登場する小松崎モデル
西岸駅
Nishigishi
花咲くいろはに登場する湯モデル
能登鹿島駅
Noto-Kashima
穴水町
穴水駅
Anamizu
2002年まで急行能登路の停
2005年までのと鉄道能登線と接続
能登三井
Noto-Mii
2001年 輪島
能登ノ瀬
Noto-Ichinose
2001年
輪島
Wajima
2001年
○跡地は道の駅輪島
シベリア
Siberia
輪島跡にある駅名標に書かれている隣 ロシア

関連動画



■sm26458710[ニコ動]

■sm15125597[ニコ動]

■sm20469487[ニコ動]
■sm21823670[ニコ動]
■sm22298253[ニコ動]
■sm29835132[ニコ動]


外部リンク



関連項目



最終更新日: 17/06/04 01:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ