ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


のど自慢p


ヨミ: ノドジマンピー

のど自慢Pとは、ボカロPマサコイ氏のことである。
本項ではその由来について述べる。
ボカロPとしての詳細は、所属するサークル恋竹林の項を参照されたい。


概要


由来は、言わずと知れたあの長寿番組NHKのど自慢である。

2013年9月22日埼玉県上尾市開催・放送された大会に出場。
ブルーハーツ名曲リンダリンダ」を熱唱し、素晴らしいパフォーマンスを魅せた。
会場は大いに盛り上がり、
見事合格

さらには
今週のチャンピオンまで獲得してしまった。

恐らくボカロPとして初の快挙である。



チャンピオンまでの道のり


出場決定まで

もじゃもじゃマサコイ氏の地元である埼玉県上尾市上尾市文化センターのど自慢が開催されることとなる
 ↓
ある仕事から帰ると、机の上にのど自慢の応募はがきが。
ちなみに、曲と選曲理由以外はによって記入済み
 ↓
応募総数は3000組以上。
 ↓
抽選で250に選ばれ、前日の予選会に参加。
 ↓
見事勝ち抜き、本選20の一員に。

【爆散希望】毎週日曜、午後0時15分より放送のNHK総合、『NHKのど自慢』に明日の9/22に私が出ることが決定しました。皆様、私の未来黒歴史をどうぞお楽しみ下さい。

―― マサコイ@恋竹林(@masakoi92) 2013.09.21 22:26[外部]


私を識別する方法は非常にシンプルで、1番やばくてダメそうなのがそうです。

―― マサコイ@恋竹林(@masakoi92) 2013.09.21 22:54[外部]

放送当日の様子

12:15、放送開始。
ひな壇でも、一人大きな身振り手振りで立つもじゃもじゃマサコイ氏。

 ↓

合格者が多く出るハイレベルな戦いの中、満を持して14番に登場。
会・小田切アナからの紹介は「さあ続いては、30歳の営業マンです。高校時代、この曲で彼女を射止めました。」
それを受けて「14番、リンダリンダ低くいいで告げ、客席の笑いと共に、運命のステージが始まった。

 ↓

静かなイントロ(♪ドブネズミみたいに~)はかっこよく、魂の籠った熱唱をし、美声を披露。息をのむ会場。

そして、一気に盛り上がるサビ(♪リンダリンダ~)サビに入った途端、スイッチオン
いきなり
飛び跳ねステージ上をハイテンション所狭しと駆け回りだした
カメラや会場をこれでもかと煽ったりFoo!と合いの手を入れたり、
Aメロの一部(♪もしもがいつか君と出会い話し合うなら~)では、会席にいる小田切アナを見つめて歌ったり・・・と、素人とは思えないパワフルパフォーマンスを行なった。
そんな動き回っている中でも歌はしっかりとしていた。

お茶の間も驚きと笑いに包む中、2度サビに入ったところで鐘が打ち鳴らされる。

 ↓

まさかの合格の鐘。

きっと、一番驚いていたのは本人であろう。まさに「えっ」という顔をしながらインタビューに。
第一「お・・・オーマイガーですっっ!」であった。

インタビューでは前振りの彼女について問われ、「いま、そこで2人の子供と一緒に応援してくれてます」と、
幸せたっぷりのどや顔を見せた。
名前を告げ(なぜか小田切アナは爆笑「ロッケンロール!」と客席に叫び、
他の出演者とハイタッチをしつつ、ひな壇へ戻って行った。

 ↓

20組が歌い終わり、ゲスト都はるみ氏と小林旭氏の歌唱も終わる。 
いよいよ、審の結果発表。合格は8組

ドラムロールの後、小田切アナの口から「今週のチャンピオンは14番、 リンダリンダを歌われた・・・」と告げられると、「え、でいいの?」のような顔をしつつ、喜びを爆発させた。
小林旭氏からトロフィーを受け取り、堅い握手を交わすと、
「えー、絶対に、あの、一週間手を洗わないにします」と感動のひとこと。 
皆に囲まれながらトロフィーを掲げ、最高潮の盛り上がりの中、放送は終了した。

NHKのど自慢 上尾大会にてチャンピオンとなりました。来られた人、さん、子供スタッフさん、小田切さん、小林旭様、都はるみ様、今日を一緒に作った19組のみんな、本当にありがとうございました。ばあちゃん!見たか!!!pic.twitter.com/Vu4jUpcCeA[外部]

――マサコイ@恋竹林(@masakoi92) 2013.09.22 15:32[外部] 

実際の映像キャプチャなどは、こちら(Togetter)[外部]からどうぞ。


後日談


放送時の衣装は、上は半袖の純Yシャツネクタイ、下はスーツパンツを膝まで捲くり上げているという、
少しお調子者のサラリーマンという装であった。

実はこれ、予選では大好きなももいろクローバーZの「労働賛歌」の衣装リスペクトし、頭にネクタイを巻いていたが、
スタッフから”酔ったサラリーマンのただの悪ふざけにしかみえない”とのことで、NGを喰らい、この格好になったそうだ。
(予選の写真こちら[外部])

他にも曲に合わせた身振り手振りをオーバーにする、90代のおばあちゃんが席に戻る際に紳士的にエスコートしようとする、審結果発表の際にプロレス武藤敬司のマネをするなど、終始周囲をたのしませる行動をしていた。 
その明るい性格を買われて、学生から90歳をえるおばあちゃんまでいる20組の出場者の中で盛り上げ役名されていた、と当日ニコ生っていた。

会社には内緒で出場していたが、翌日出勤するとすぐに祝福を受けたそうな。
他にもNHKの効果はすさまじく、当人も驚きの連続であったようだ。 

チャンピオン大会での活躍もこうご期待・・・?!


そんなのど自慢Pの力作たち


ステージ上ではハイテンションであったが、楽曲はしんみりしたバラードからかわいらしいポップスまで、かなり幅広く手掛けている。


■nm9725280[ニコ動]

■nm8595374[ニコ動]
■sm9100218[ニコ動]
■nm10370343[ニコ動]
■sm12411273[ニコ動]
■sm18206081[ニコ動]

紹介しきれないのでこちらからもどうぞ。
■mylist/15423565


関連動画


出場2年前の歌ってみた動画でもその才の一端は発揮されていました
■nm13291222[ニコ動]

同じく恋竹林じーこば氏による、マサコイ氏に贈る一曲(のど自慢後に投稿)
■sm21937300?ref=search_tag_video[ニコ動]


関連コミュニティ


■co280030


関連項目



関連リンク



最終更新日: 13/10/22 00:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ