ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ぱんつはいてない


ヨミ: パンツハイテナイ
掲示板をミル!
370カキコ!

ぱんつはいてないとは、紳士淑女ロマンである。

ぱんつはいてない」と「ノーパン」は似て非なる概念である事を中心に以下記述をする。


概要


はいてない初音ミク by ほんわ・かれす[画像を見る]

↑「ぱんつはいてない」の例

ぱんつはいてない」についてるためには、そもそも「ぱんつ」が何であるかを説明する必要があるだろう。

ぱんつ」は所謂上着(アウターウェア:outer wear)であるボトムス(bottoms)サンライズアニメ作品「装甲騎兵ボトムズ(Votoms)」ではい。としての「ズボン」と、下着(インナーウェア:inner wear)の「パンティ」「ショーツ」ショーツは丈の短いズボンの意味も持つ。の二種類の意味を持つ。本稿で扱うぱんつ論、後者の意味である。

ぱんつは通常、スカート等の遮蔽物内部に存在し、遮蔽物が十分な学遮断性を有する場合、遮蔽物外部の観測者が可視線帯域での学的観測することは不可能である。

ところがそれが何らかのアクシデント(オー!モーレツ!、どんがらがっしゃーん!等)により衆の元に露わになることがある。このような現は「パンチラ」と呼ばれ古来より重されてきた。

パンチラのチラはチラリズムのチラである。つまり、本来人に見せてはならないもの=ぱんつが見えてしまったこと、そしてそれに伴う女性の羞恥などがしんぼうたまらんわけである。

しかし、パンチラはやがて商業的価値を見出され量産されるようになる。で作られた養殖パンチラや、盗撮等の違法パンチラの台頭である。この動きは萌え業界にも影を及ぼし、粗悪なパンチラが量産されることとなる。明らかパンツが見えないような状況であっても、不必要にスカートを動かし「ぱんつを見せればお前らは喜ぶんだろう?」とでも言いたげな生地をすことが日常茶飯事となっていた。このようなパンチラには女性羞恥心が存在しない点が問題である。しかし、それをよしとする消費者が多数存在することも事実である。

このような動きに逆らうべく登場した概念が「ぱんつはいてない」である。ぱんつはいてないとは明らかぱんつが見えそうなのに、ぱんつが見えないという状態である。あくまで確認することが出来ないだけで、ノーパンとは全に異なる概念であることに注意されたい。

ノーパンではあまりに露いやらしい。しかし、はいていることが確認できる⇔見えてる状態はパンチラになってしまう。そのどちらとも言えない極限のラインぱんつはいてないとなる。またこれにより、健康的なラインにとどまりつつ最大限のエロスを放つことができることになる。このような手法はギリギリズムと呼ばれ、三次元写真集などでも用いられる。また、はっきり描かれるよりも想像が掻き立てられ、見る者にとって都合のいい(より萌える)状態を想像させるなど、汎用性にも優れる。

論、パンチラを否定するわけではない。むしろ、パンチラぱんつはいてないを生み出したとも言えるだろう。今後もぱんつと正しい距離を保ちつつ、紳士的なぱんつライフを送ろうではないか。ぱんつぺろぺろしたい。


「ぱんつはいてない」の歴史


写真集などでは近縁の概念「ギリギリズム」が古くから用いられていたが、「ぱんつはいてない」は二次元のもの(漫画アニメゲーム)に使用される。
この概念自体は所謂サブカルチャー明期から存在したとされるが、これを積極的に利用したイラストレーター駒都えーじ氏である。彼がキャラクターデザインを手がけたPCゲーム蒼い海のトリスティア』(工画堂スタジオ、ちなみにシリーズ全作どれもぱんつはいてない)のキャラクター達が、明らかに「見える」アングルなのにも関わらず「見えない」ため、ユーザファンたちは自然発生的にこの様態を「ぱんつはいてない」と呼んだ。その結果、当時「ぱんつはいてない」でgoogle検索するとトリスティアオフシャルホームページ検索結果トップに表示されるという現が起きた(現在は当ページトップ)。
これにより「ぱんつはいてない」の概念は広く知られるようになり、現在ではあらゆる方面の作品で見ることができる。

余談だが駒都えーじ氏は他の作品でもやっぱりぱんつはいてない


近年のぱんつはいてないについて


近年では、前述のエロスや萌えなどとは関係なく、他だ単に倫理規制のためだけに「ぱんつはいてない」が行われることがある。特にテレ東系のアニメに多い。

具体的には、ミニスカート女性が非常にアクロバティックなポーズを取っているにもかかわらず、ぱんつが一切見えない、など(→鉄壁スカート)。物理的にパンツが存在しなければならない座標を肌の色で塗りつぶしたのではないか? とも思えるシーンも多い。


そもそもぱんつをはいているかについて


女性下着というものはあくまで見えたときに初めて着けていることが分かるのである。故にぱんつはいてないorパンチラを確認するまではそのスカートの下にぱんつが有るか否かは全に二択。つまり世の中の全ての女性ははいてるかはいてないかの二択である。より正確には、はいてる状態とはいてない状態が半分ずつ重なり合って存在している。

類似の観測問題として「パンツの色」に着した「シュレディンガーのぱんつ」という命題が存在する。


関連動画



■sm4030813[ニコ動]

■sm5431230[ニコ動]

■sm6196765[ニコ動]
■sm5309071[ニコ動]

■sm2085553[ニコ動]
■sm19467812[ニコ動]


関連静画


■im5117481(静画)
■im4552711(静画)
■im5947469(静画)
■im5389174(静画)


関連商品


■azB000R5OQ3A
■az4829132809
■azB002ORWGHC
■az4047270709
■azB00009MN4R


関連項目


[画像][画像]


最終更新日: 19/04/12 00:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社