ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ひびき(列車)


ヨミ: ヒビキ
掲示板をミル!
4カキコ!

ひびきとは国鉄で運行されていた列車名である。


概要


当時、特急東京大阪間には電車特急こだま2往復・客特急つばめ1往復・客特急はと1往復が運行されており、それに加えて急行が多数運行されていたが、それでも特に正月は輸送が足りない事により1959年に臨時列車として設定されたのが電車特急ひびきである。

使用車両準急日光で使用されていた準急用ではあるが特急並の設備がある157系を使用していた。稀に、こだま等で使われていた151系が使用される事もあった。尚、157系は後に特急そよかぜ特急白根特急あまぎでも使用される事となるが、157系特急として使用されたのはひびきが初である。また、157系関東近郊でしか運行されておらず、大阪駅京都駅157系の運用が見られたのはひびきのみであった。157系はビュッフェはおろか食堂車もなく食堂車しの特急列車は当時としてはしいことだった。

1960年つばめはと電車化されようと、1961年に前述の電化時に一時止されたはと復活及びおおとり富士が設定されようとひびきは臨時列車であったが、1963年には1往復が晴れて定期列車となっている。

しかし1964年東海道新幹線開業で、他の東海道特急と異なりひびきのみがあっけなく止されていまった。ちなみに、つばめはと新大阪駅新幹線と接続する山陽本線特急に、こだま東海道新幹線列車名に、おおとり北海道特急に、富士みずほの分離で誕生した東京駅大分駅を結ぶ寝台特急として存続していた。


停車駅及び時刻


時刻が空白は他の東海道本線特急が停する事はあったが、ひびきは通過していた。午前中に出発するひびきのみ他の東海道本線特急べて東京大阪間の所要時間が5分遅い(他の東海道特急は全てが東京駅大阪駅6時30分きっかりで結ぶ)

下り 定期ひびき 臨時ひびき 上り 臨時ひびき 定期ひびき
東京駅 7:45 15:20 大阪駅 7:45 15:20
横浜駅 8:07 15:41 京都駅 8:18 15:52
小田原駅 米原駅
熱海駅 9:07 16:37 岐阜駅 9:42 17:12
沼津駅 名古屋駅 10:06 17:36
静岡駅 9:59 17:29 豊橋駅
浜松駅 浜松駅
豊橋駅 静岡駅 12:10 19:40
名古屋駅 12:04 19:34 沼津駅
岐阜駅 12:25 19:55 熱海駅 13:01 20:31
米原駅 小田原駅
京都駅 13:50 21:20 横浜駅 13:57 21:27
大阪駅 14:20 21:50 東京駅 14:20 21:50

列車名の由来


き(ひびき)という感から。
似た意味の「こだま」の補列車という意味合いもあった。


列車名の変遷


1959年11月 東京大阪間に臨時特急ひびきが1往復設定される。

1961年10月 臨時のまま2往復に増発。

1963年4月 1往復が定期列車に昇格。

1964年10月 東海道新幹線開業のダイヤ正で定期1往復・臨時1往復共に止。


関連動画


直接関連する動画いようなので使用車両動画を貼る事で代替する

■sm11652412[ニコ動]

■sm1131215[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/12/23 15:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ