ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ふなっしー


ヨミ: フナッシー
掲示板をミル!
445カキコ!

ふなっしーとは、2000年に一度だけ現れる奇跡の梨の妖精である。
千葉県船橋市込沢のの木から生まれた子。中の人などいない

ニコニコ動画にもアカウントを持っていて、2012年6月から自分撮り動画アップしている。
■user/3028139

⇒公式サイト(ふなっしー劇場)[外部]     ⇒Twitter(@funassyi)[外部]

概要

船橋市と名産のモチーフにしたご当地キャラ
何を考えているのかよく分からないような表情をしていながら、キメちゃってるとしか思えない震えっぱなしの動き荒ぶる跳躍を見せるギャップが人気の秘

2011年11月Twitterを開始。
2012年になるとの命により人間界に降り立ち、着ぐるみマスコット動画投稿者としての活動を開始した。生IDニコニコ動画(RC)時代に取得したみたいな番号だけど気にしてはいけません)

自治体等の公式PRキャラクターではなく、カメムシ駆除のバイトをしながら自で地なドサ回りをしたり、YouTubeニコニコ動画に活動PR動画踊ってみたうpして売り込みをかけている様子。
2012年には船橋市役所と商工会議所に公式キャラとして採用してもらえるよう掛け合ったが、「は今、そんなに推していないので…農協に行ってみてよ」などとたらい回しにされたあげく、東京駅の地元PRイベントにドタ参して居合わせた船橋市長を困惑させた。

ゆるキャラグランプリ2012」にエントリーしていた。
エントリー情報によると、性格は、口が悪く虚言癖があるが、案外素直らしい。
グランプリでの順位は506位で、千葉県内順位でも「うなりくん」「きみぴょん」「チーバくん」の3強などには遠く及ばず20位にとどまっていた。

しかし、からにかけてYouTubeTwitterイベント等で(色んな意味で)暴れまわって存在感を高め、2013年に入ってからはCMアサヒ飲料、WILLCOM)に脇役として出演したり、2月以降は民放各局の全区番組で紹介されるなどして知名度を急上昇させた。

そしてついに、ご当地キャラ総選挙2013[外部]にて優勝を果たした。 なお、同年11月開催の「ゆるきゃらグランプリ2013」については、まだ埋もれているキャラクターが優勝して地域を活性化させてほしいという理由から、「辞退するなっしー」と表明。らしさを魅せつけた。
これらの活躍が評価され、2013年10月24日船橋市から感謝状が贈られることになった。同30日には表式が行われ船橋市と正式に「和解」した。ただしふなっしー本人の意向もあり今後も認せず自由にやってもらうとのこと。その様子は船橋市公式ホームページ[外部]にのっている。

大みそかには「紅白歌合戦」に出演し、2013年という年を代表するキャラクターとなった。しかしNHKによる本人へのインタビューによると、「あくまでこの人気ブームであり一過性のもの。ブームが終わっても幼稚園などへの訪問などの根の活動を通して船をPRし続けていきたい。」などと冷静にとらえているようだ。

関連動画

公 式 動 画


■sm18022869[ニコ動]

■sm19485345[ニコ動]


イ ベ ン ト 参 戦


■sm20210662[ニコ動]
■sm20308689[ニコ動]


T V (CM, バラエティ) 出 演


■sm20106631[ニコ動]
■sm20126358[ニコ動]


ゲームセンター進出


■1372834553[ニコ動]
■1375769580[ニコ動]


動画製作者たちに遊ばれるふなっしー


■sm20094979[ニコ動]
■sm20166184[ニコ動]
■sm20094938[ニコ動]


テ ー マ ソ ン グ


■sm21188977[ニコ動]

ふなっしーの原曲に、ほぼ日PMIXを施した上で2番まで作ったもの。ふなっしー認となった。
詳しくは「ふなふなふなっしー」を参照。

関連静画

■im2832039(静画)
■im2832391(静画)
■im2833213(静画)

関連コミュニティ

■co1518

関連商品

■azB0091N4PT4

船橋市の近隣・白井。実は、船橋市よりも近くの市川市白井のほうが生産量は多い。

■azB00CU1240G

↑ふなっしー初のDVD船橋市内を自由奔放に紹介したり、ガチャ〇ンのごとく様々なことにチャレンジする。
今となってはお芸となった”イリュージョン”の片鱗が既に!?ふなっしーの実が感じられる名盤。

■azB00HF50300

↑ふなっしーと、ふなっしーの友人である練馬区非公認ご当地ヒーロー・そたいくん(Q)[外部]によるアニメトークバラエティ"ふなQ[外部]"がDVD化。
YouTubeで一年間にわたって無料配信された(現在も視聴可ふなQ[外部]の中でも厳選した珠玉のトークや、
新録トーク実写ふなQin船オートマザー牧場での二人のチャレンジ等を収録。
特にマザー牧場のチャレンジ爆笑必至の必見モノ。
テレビイベントでは見せないふなっしーの素の部分や裏話が聞けるのはこの作品(番組)だけ。

著作権について

認という事で著作権フリーだと勘違いする人が多いと思われるが実はかなりガチガチである。

自身の公式サイト【ふなっしー劇場】には『Copyright (C) ふなっしー  北見 健二 2011-2014 All Rights Reserved. 』とある。

これは『北見健二氏にふなっしーの著作権が存在する』という意味である。ちなみにほかにも北見健二氏の名で二つほどふなっしーに関する著作権が出願されているのでいずれは『ふなっしーが許可を出したもの以外で明らかにふなっしーとわかる全てのものが違法』となる可性がある。「ふなっしーの文字キャラクター全身のカラー写真」の結合商標(文字+図形)で28類と35類に対し出願されている。詳細は特許庁で調べることが可である。

なぜ、北見健二氏がふなっしーの著作権を持っているのかはお察しください。

関連項目


最終更新日: 14/09/28 10:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ